■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2月第2週の重賞回顧
小倉競馬の月曜日の開催が積雪の影響で火曜日に順延となった2月第2週の中央競馬。そんな中で、月曜日までに3つの重賞が組まれていましたが、果たして先のG1にどう繋がっていくでしょうか。

※第111回京都記念

1着・クリンチャー(父ディープスカイ)

2着・アルアイン(父ディープインパクト)

3着・レイデオロ(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.5 - 11.5 - 13.3 - 13.0 - 12.7 - 12.6 - 12.2 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 12.3

昨年の日本ダービー馬レイデオロを筆頭に4頭の4歳G1馬が始動戦としていた京都記念。実際のレースにおいても上位4頭のうちの3頭が4歳G1馬となりましたが、勝利を収めたのは昨年の菊花賞2着馬であるクリンチャーでした。今回は菊花賞ほどの道悪ではないにしても重馬場の中で開催されましたが、クリンチャーは終始先行グループのインで馬場を苦にすることなく冷静に立ち回り、最後の直線における伸び脚は他の馬を圧倒していました。もっとも、今回のレースも含めて、クリンチャーが勝った時の上がり3ハロンは35秒台後半以上にかかっていることから、上がりの速いレースへの対応力に関しては明確に課題があると言えます。

※第52回共同通信杯

1着・オウケンムーン(父オウケンブルースリ)

2着・サトノソルタス(父ディープインパクト)

3着・エイムアンドエンド(父エイシンフラッシュ)

ラップタイム・12.9 - 11.1 - 11.7 - 12.3 - 12.2 - 12.4 - 11.7 - 11.5 - 11.6

ここ4年続けて優勝馬がクラシック連対を果たしている3歳重賞・共同通信杯。今回のレースでは京都2歳Sを制していたグレイルが1番人気に支持されていましたが、大外枠からのスタートとなったグレイルは内側優位の馬場に伸びあぐねて7着に敗れ、道中中団のインをついてきたオウケンムーンがサトノソルタスの追撃を4分の3馬身差凌いで勝利を収めました。オウケンムーンは2008年の菊花賞馬オウケンブルースリの2年目の産駒で、オウケンブルースリ産駒初の重賞制覇となりましたが、父系トニービンということを鑑みれば、初めての東京芝で本領発揮といった趣もありつつ、北村宏司騎手がデビューから継続して乗ってきていることから、日本ダービー以降の楽しみが大きい馬だと見ています。

※第53回クイーンC

1着・テトラドラクマ(父ルーラーシップ)

2着・フィニフティ(父ディープインパクト)

3着・アルーシャ(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.6 - 11.0 - 11.0 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 11.5 - 12.4

昨年、一昨年に続いて1分34秒0の壁を突破してきた3歳牝馬限定重賞・クイーンC。しかし、前後半の流れがほぼイーブンのものだった昨年、一昨年とは異なり、今回は前傾寄りのラップ構成となり、その分将来に向けての趣も変わったものとなりそうです。

その上で勝利を収めたテトラドラクマは一昨年のメジャーエンブレムと同様に逃げ切りで決着をつけました。ルーラーシップ産駒3頭目の重賞制覇に貢献することとなりましたが、現状では左回りのレースにのみ連対実績が集中しており、右回りのレースに課題があるといったところ。近親に1997年のNHKマイルCを制したシーキングザパールがおり、今回の条件がベストだったという可能性も十分にありそうです。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 19:59:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
第68回東京新聞杯回顧
逸材が次々と現れつつある3歳重賞に対し、古馬重賞は4歳馬の活躍が光っている部分がありますが、今回の東京新聞杯においては4歳馬によるワンツースリーが果たされました。この記事では、そんな東京新聞杯について簡単に振り返っていきます。

1着・リスグラシュー(父ハーツクライ)

2着・サトノアレス(父ディープインパクト)

3着・ダイワキャグニー(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.4 - 11.4 - 11.6 - 12.2 - 12.4 - 11.1 - 11.0 - 12.0

2015年から4年続けて勝ちタイムが1分34秒0を超えることになった東京新聞杯。もっとも、ここ3年よりも最初の3ハロンは速く、4年ぶりに最初の3ハロンの通過が36秒0を切ってきましたが、勝ったリスグラシューは近5年で2勝している牝馬たちと同様にエリザベス女王杯の敗戦をステップに結果を残してきました。リスグラシュー自身は芝1600m戦において(2-3-1-0)と3着以内率100%を確保しており、ヴィクトリアマイルの有力候補に躍り出た印象もありますが、現状では持ち時計が1分33秒6と芳しいものとは言えず、道悪になった時の方が良い結果を残せるのではないかと考えています。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 21:47:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
【1頭】 第58回きさらぎ賞回顧
過去57回の歴史の中で一度も優勝馬を輩出したことがなかったキャリア1戦馬が4頭も出走していた今年のきさらぎ賞。そのうちの2頭は最下位とブービーとなりましたが、残りの2頭が掲示板を確保し、キャリア1戦馬の中で唯一距離短縮ローテを敢行してきたサトノフェイバーが勝利を収めていきました。

1着・サトノフェイバー(父ゼンノロブロイ)

2着・グローリーヴェイズ(父ディープインパクト)

3着・ラセット(父モンテロッソ)

(予想記事・実験予想・2018年#2 「第58回きさらぎ賞」

ラップタイム・12.8 - 11.9 - 12.1 - 12.5 - 12.0 - 12.1 - 12.2 - 11.5 - 11.7

冒頭でも触れたようにレース史上初めてキャリア1戦馬が勝利を収めることになった今年のきさらぎ賞。勝ったサトノフェイバーはデビュー戦の時と同様に逃げの手を打ってきましたが、今回はデビュー戦よりも1000mの通過が3秒以上も速いものとなりました。最後の直線ではグローリーヴェイズの追撃に苦しみ、ハナ差の決着となりましたが、3着以下には2馬身以上の差をつけており、今回のきさらぎ賞における走りが上々なものだったと共に、前走からの大きな飛躍も見せることとなりました。

さて、今回は1勝馬のみのメンバー構成でしたが、きさらぎ賞を勝った時点で連対率が100%だった馬は、クラシックレースが現行の日程となった2000年以降では10頭目となります。この中で後に国内のG1を勝てたのは、2年前の優勝馬であるサトノダイヤモンドただ1頭ですが、サトノダイヤモンドは今回のサトノフェイバーと同様に芝2000m戦デビュー馬であることから、サトノフェイバーが順調な出世を果たすと考えるのであれば、サトノダイヤモンドぐらいの活躍は見積もっても良いかもしれません。

※”大黒柱”の結果

9年連続優勝馬輩出中の”G1以外で3着以内率100%、かつ2戦以上消化している馬”

→3着以内入線・1頭、最高着順・2着(グローリーヴェイズ)

一方で、9年連続して優勝馬を輩出し続けていた上記のデータについてはグローリーヴェイズの2着が精一杯でした。グローリーヴェイズの血統を見ていくと、ジェンティルドンナやトーセンラー・スピルバーグ兄弟と同様にLyphardのクロスを持ったディープインパクト産駒なので、まだまだ奥はあるように思いますが、きさらぎ賞の走破時計が1分48秒0以上かかっている時は、負けた馬が後にG1で好走する難易度が高いので、現状では2018年クラシックの脇役程度の見積もりとしたいと思います。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 21:06:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
実験予想・2018年#2 「第58回きさらぎ賞」
今年は6年ぶりに出走頭数が二桁に達したきさらぎ賞。出走馬の顔ぶれを見ていくと全て1勝馬で、何やら波乱の気配も感じ取れなくはないですが、今回のレースをステップに出世する馬は果たして現れるのでしょうか。

※第58回きさらぎ賞の”大黒柱”

9年連続優勝馬輩出中の”G1以外で3着以内率100%、かつ2戦以上消化している馬”

(9-5-2)

【該当馬】カツジ、グローリーヴェイズ



さて、今回”大黒柱”に据えたデータは、先週の根岸Sと同様に優勝馬を継続して輩出しているものとなりましたが、根岸Sよりも期間が長いものとなりました。その上で、該当しているのは上記の2頭だけで、二者択一といったところですが、このデータに該当していた過去の優勝馬9頭のうち、カツジのように”前走11月のレース”という馬は2014年のトーセンスターダムと2015年のルージュバックの2頭だけで、両者共に11月のレースでは勝利を収めていました。カツジの場合は前走デイリー杯2歳Sで2着に敗れており、今回の1800m戦が初めてとなることから、優勝争いから一歩後退と見ており、関東から遠征してきたグローリーヴェイズの方を上に取りたいと思います。



単勝

グローリーヴェイズ

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

実験予想・2018年 | 20:43:50 | トラックバック(0) | コメント(0)
いざクラシックへ!注目の一頭 2018年3歳戦【1月】
今日は川崎競馬場で交流G1・川崎記念の開催がありましたが、この川崎記念を皮切りに、中央競馬でもG1の開催がどんどんと行われるようになります。その上で、今年のクラシック本番までは残り3か月を切ることとなりましたが、ここでは皐月賞には間に合わなくとも日本ダービー、菊花賞において要注意の存在になりうるかもしれない3歳戦の勝ち馬について触れていこうと思います。

※1月20日中山芝2000m未勝利戦より、ホリデーモード

1月の中山開催最終週に行われた芝2000mの未勝利戦を勝ち上がってきたホリデーモード。デビュー戦において後の京成杯3着馬イェッツトの2着に来た外国産馬ですが、牝系を辿ると1977年の桜花賞を制したインターグロリアや、皐月賞、天皇賞【春】などで2着に来たロングホーク等と同じ牝系馬で、古くから日本に馴染みのある血統馬でもあります。管理している矢野英一調教師はこの一週間前にジェネラーレウーノで京成杯を制しており、少しずつ頭角を現している厩舎でもあることからも、これからが楽しみな逸材です。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 21:34:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad