■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

6月17日の重賞回顧
今週から函館競馬の開催が始まり、夏競馬も本格化といった感じの中央競馬。そんな中で、今週は函館競馬から一戦、東京競馬から一戦、重賞が組まれる形となりましたが、果たしてそこからどんな馬が躍進してくるのでしょうか。

※第25回函館スプリントS

1着・セイウンコウセイ(父アドマイヤムーン)

2着・ヒルノデイバロー(父マンハッタンカフェ)

3着・ナックビーナス(父ダイワメジャー)

ラップタイム・11.8 - 10.4 - 10.9 - 11.3 - 11.3 - 11.9

サマースプリントシリーズ第1戦として組まれている函館スプリントS。今年はレース史上2番目に速い1分7秒6の決着を見る中で、1着馬から15着馬までが1秒0差以内の中で収まる格好となりましたが、勝ったセイウンコウセイは昨年の高松宮記念以来となる重賞2勝目をマークすることとなりました。鞍上の池添謙一騎手にとっては4回目の函館スプリントS制覇で、池添謙一騎手とのコンビで函館スプリントSを制した過去3回の優勝馬は後に芝1200m重賞をさらに勝利していることから、今回の優勝馬であるセイウンコウセイが短距離界の主軸として活躍する可能性が出てきたように思われます。

※第23回ユニコーンS

1着・ルヴァンスレーヴ(父シンボリクリスエス)

2着・グレートタイム(父キングカメハメハ)

3着・エングローサー(父トランセンド)

ラップタイム・12.2 - 10.8 - 11.8 - 12.3 - 12.3 - 11.9 - 11.5 - 12.2

レース史上初めて重馬場の中で開催された3歳ダート重賞・ユニコーンS。今回は昨年の全日本2歳優駿優勝馬であるルヴァンスレーヴがレース史上最速となる1分35秒0をマークして勝利を収めました。今回のレースで4年連続の1分35秒台の決着となりましたが、ユニコーンSにおいて1分35秒台の決着となったのは過去に6回あり、そのうちの4頭は後に国内ダートG1で連対してきていることから、ルヴァンスレーヴの更なるダート戦線における活躍に期待が持てます。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 16:14:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
6月10日の重賞回顧
今週の中央競馬は7週間ぶりにG1のない開催週となりましたが、日曜日に東西で中距離の重賞が行われました。かたや斤量バラバラのハンデ戦と、斤量が1頭だけ58kgで他が56kgだった別定戦が組まれていましたが、先への展望はいかなるものでしょうか。

※第23回マーメイドS

1着・アンドリエッテ(父ディープインパクト)

2着・ワンブレスアウェイ(父ステイゴールド)

3着・ミエノサクシード(父ステイゴールド)

ラップタイム・12.7 - 10.5 - 12.1 - 12.3 - 12.0 - 12.7 - 11.8 - 11.5 - 11.6 - 11.9

今年は10年ぶりに二桁人気の馬が勝利することとなった牝馬限定のハンデG3・マーメイドS。その勝者となったアンドリエッテは1600万下条件からの格上挑戦でしたが、3年前のチューリップ賞で2着に来ていた馬で、自身9度目の重賞挑戦で初めての重賞制覇を果たしました。一方で、ディープインパクト産駒によるマーメイドS制覇は今回で3度目となりましたが、良馬場のマーメイドSにおいて日本ダービー馬の産駒が勝利したのは過去に4回あり、そうなった年の宝塚記念においては有馬記念優勝経験馬が連対していることから、今年の宝塚記念においてはサトノダイヤモンドを警戒する必要がありそうです。

※第35回エプソムC

1着・サトノアーサー(父ディープインパクト)

2着・ハクサンルドルフ(父アドマイヤムーン)

3着・グリュイエール(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.8 - 11.1 - 11.5 - 12.3 - 11.9 - 11.9 - 11.6 - 11.8 - 12.5

今年は11年ぶりに良馬場以外の開催となったエプソムC。今年は3年ぶりに4歳牡馬が勝利することとなりましたが、勝ったサトノアーサーは今回の勝利で芝1800mの重賞における成績を(1-2-0-0)とし、まずは芝1800m適性の高さをはっきりと示すこととなりました。母系にデインヒルが入っているディープインパクト産駒というと、2年前の朝日杯フューチュリティS優勝馬サトノアレス(母父)や昨年の朝日杯フューチュリティS優勝馬ダノンプレミアム(母母父)、あるいはディープインパクト産駒初の国内G1・2勝馬ミッキーアイル(母父父)等がおり、将来的にトップマイラーとしての道を歩みそうな気配がありますが、3年前の優勝馬であるエイシンヒカリは後に海外の中距離G1を2勝しており、中距離馬としての可能性も視野に入れておきたいところでもあります。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 18:00:59 | トラックバック(0) | コメント(0)
6月第1週の重賞回顧
今週から来年のクラシックを占う2歳戦が始まりましたが、メインレースについて目を向けると、東京芝G1連続開催の最終週であり、土曜日の平地重賞開催も来週以降はしばらくお休みになります。夏競馬の到来とも言えますが、暑い季節を乗り越えて出世していくのはどんな馬でしょうか。

※第71回鳴尾記念

1着・ストロングタイタン(父Regal Ransom)

2着・トリオンフ(父タートルボウル)

3着・トリコロールブルー(父ステイゴールド)

ラップタイム・12.1 - 10.5 - 11.6 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.7 - 11.6 - 12.0

池江泰寿厩舎所属馬が4連覇することとなった今年の鳴尾記念。今回勝利を収めたストロングタイタンは昨年のステイインシアトルと同様に重賞初制覇を果たすこととなりましたが、鳴尾記念の勝利までに古馬オープンクラスのレースにおいて(0-2-0-5)と苦戦し続けており、古馬オープンクラスとしては最も少ない出走頭数だった今回のレースで結果を残したことから、今後は多頭数のレースでも同様の走りができるかどうかが出世の成否を分けることになりそうです。

※第68回安田記念

1着・モズアスコット(父Frankel)

2着・アエロリット(父クロフネ)

3着・スワーヴリチャード(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.2 - 10.8 - 11.2 - 11.3 - 11.3 - 11.4 - 11.4 - 11.7

1着から6着まで4歳馬が独占した今年の安田記念。東京芝1600mのコースレコードタイという決着になる中で勝利を収めたモズアスコットは、2011年のリアルインパクト以来となる安田記念制覇が重賞初制覇という記録を打ち立てました。今回モズアスコットは安土城Sからの連闘で挑んできていましたが、連闘でのG1制覇は1998年の阪神3歳牝馬S(現・阪神ジュベナイルフィリーズ)を制したスティンガー以来の出来事で、史上稀に見る形でのG1制覇ということになりました。

一方で、Frankel産駒によるG1制覇は今回で3回目となりましたが、いずれもクリストフ・ルメール騎手とのコンビで結果を残しており、この相性の良さについても今後注目していきたいところでもあります。

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

実験予想・2018年 | 17:47:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
第1回葵S回顧
先週は日曜日に日本ダービーと目黒記念の開催がありましたが、土曜日には京都競馬場で新設重賞の葵Sが行われました。21世紀に入ってから、カルストンライトオやシンボリグラン、あるいはカノヤザクラやティーハーフ、そしてロードカナロアといった短距離の強豪を勝ち馬として輩出してきたレースですが、重賞となったことでより多くの出世馬が輩出されるようになるのでしょうか。

1着・ゴールドクイーン(父シニスターミニスター)

2着・ラブカンプー(父ショウナンカンプ)

2着・トゥラヴェスーラ(父ドリームジャーニー)

ラップタイム・12.1 - 10.8 - 11.0 - 11.0 - 11.2 - 11.9

さて、2着が同着となった第1回の葵Sですが、勝ったゴールドクイーンと2着のラブカンプーは先行押し切りの形で結果を残すこととなりました。その上で勝利を収めたゴールドクイーンはダートの活躍馬を多く輩出してきたシニスターミニスター産駒としては初めての芝の重賞勝ち馬として名乗りを上げることとなりましたが、昨年のフェニックス賞を無敗で制した後に小倉2歳Sを故障で断念し、今年3月の復帰初戦でフェニックス賞から-24kgという苦境に追い込まれて惨敗を喫しながら、そこから立ち直りを見せての勝利ということで、今後に期待が持てる勝利だったように感じています。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 19:36:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
【1頭】 第132回目黒記念回顧
3年ぶりに2分29秒台の決着を見た2018年の目黒記念。サウンズオブアース、フェイムゲームといったG1連対経験のある馬が揃って二桁着順に沈む中で勝利を収めたのは、前走東京芝2400mの準オープン特別で2分22秒9の好タイムで勝利したウインテンダネスでした。

1着・ウインテンダネス(父カンパニー)

2着・ノーブルマーズ(父ジャングルポケット)

3着・パフォーマプロミス(父ステイゴールド)

(予想記事・実験予想・2018年#7 「第132回目黒記念」

ラップタイム・7.3 - 11.4 - 11.5 - 12.7 - 12.4 - 12.0 - 12.0 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.4 - 11.3 - 11.8

※”大黒柱”の結果

7年連続連対馬輩出中の”前年11月以降にオープンクラスのハンデ戦で3着以内入線を果たした馬”

→3着以内入線・1頭、最高着順・3着(パフォーマプロミス)

今年は前走東京芝2400m戦の馬によるワンツーフィニッシュとなった目黒記念。阪神芝2400mのハンデオープン特別として長年親しまれてきた大阪-ハンブルクCが昨年から阪神芝1400m戦に変わったことに加え、東京芝2400mのオープン特別・メトロポリタンSも昨年から5月開催になったのとハンデ戦から別定戦に変更されたことで、目黒記念のレース傾向に変化の兆しがあったのは事実ですが、今年は”大黒柱”の結果を見ても分かるように変化が明確な形になって現れました。その上で、今回の上位2頭は現代のステイヤー血統であるトニービンを父系に持つ馬で、今後も今回のような条件下での活躍に期待が持てそうです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 20:40:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad