FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2月第3週の重賞回顧
今週は2019年最初のG1を含めて、ここまでで最多の4重賞開催となった中央競馬。G1・フェブラリーSにおいては藤田菜七子騎手が日本の女性騎手として初めてG1に参戦するという歴史的な出来事に立ち会うことになりましたが、今週の重賞勝ち馬とその騎手は日本の競馬史にどれほど意義のある存在となれるでしょうか。

※第54回京都牝馬S

1着・デアレガーロ(父マンハッタンカフェ)

2着・リナーテ(父ステイゴールド)

3着・アマルフィコースト(父ダイワメジャー)

ラップタイム・12.2 - 11.2 - 11.3 - 11.6 - 11.8 - 11.0 - 11.9

芝1400m戦としての開催となった2016年以降のレースで初めて単勝1番人気以外の馬が勝利することとなった京都牝馬S。結果として三連単が153万馬券となりましたが、北海道の芝1200m戦で優勝経験のあった馬によるワンツーフィニッシュとなる中で、勝ったデアレガーロは昨年2着の雪辱を晴らす形となりました。サンデーレーシング所有馬と池添謙一騎手とのタッグによる重賞制覇はオルフェーヴルの引退レースとなった2013年の有馬記念以来のもので、ドリームジャーニー・オルフェーヴル兄弟以外の馬では初めての勝利となりましたが、池添謙一騎手の最初のG1勝ちが牝馬G1だったことを考えると、デアレガーロによるG1制覇の可能性は少なからずあるように思われます。

※第69回ダイヤモンドS

1着・ユーキャンスマイル(父キングカメハメハ)

2着・サンデームーティエ(父タニノギムレット)

3着・カフェブリッツ(父マンハッタンカフェ)

ラップタイム・13.3 - 11.6 - 11.9 - 12.3 - 13.0 - 12.4 - 12.7 - 13.8 - 13.3 - 13.1 - 13.0 - 12.6 - 12.1 - 12.0 - 11.3 - 11.4 - 11.7

2011年のコスモメドウ以来8年ぶりに重賞未勝利の4歳馬が勝利することとなった、東京競馬場の平地重賞における最長距離戦のダイヤモンドS。今回勝利を収めたユーキャンスマイルは、2012年のダイヤモンドS優勝馬であるケイアイドウソジンに次いで2頭目となるキングカメハメハ産駒による芝3000m以上の平地重賞勝ち馬となりましたが、ユーキャンスマイルの母父であるダンスインザダークは種牡馬としてダイヤモンドS優勝馬を3頭輩出しており、近年のキングカメハメハ産駒の傾向からすれば納得の結果と言えるものでした。もっとも、ダンスインザダーク産駒による天皇賞【春】制覇は一度も果たされておらず、それを考えるとユーキャンスマイルによる天皇賞【春】制覇は難しいように感じていますが、今回の勝利でユーキャンスマイルは芝3000m以上のレースの成績を(1-1-1-0)としており、芝3000m以上の重賞の連覇実績があるアルバートやフェイムゲームの後釜になる可能性は十分にあると見ています。

※第53回小倉大賞典

1着・スティッフィリオ(父ステイゴールド)

2着・タニノフランケル(父Frankel)

3着・サイモンラムセス(父ブラックタイド)

ラップタイム・12.2 - 11.1 - 12.3 - 12.0 - 11.8 - 11.9 - 11.7 - 11.6 - 12.1

フェブラリーSの裏で行われたハンデG3・小倉大賞典。昨年の宝塚記念において逃げの手に出たサイモンラムセスが後続を引き離す逃げを展開し、最低人気ながら3着に粘り込む味な競馬を見せましたが、勝ったのは前走福島記念を勝ち上がってきたスティッフィリオでした。スティッフィリオとコンビを組んだ丸山元気騎手は藤田菜七子騎手の兄弟子にあたり、今回の勝利で重賞6勝目ながら中央競馬にある10競馬場のうち5競馬場での重賞制覇を果たすことになりましたが、来週は中山記念において昨年のマイルCS優勝馬であるステルヴィオに騎乗するとのことで、騎手としての正念場を迎えたといったところです。

一方のスティッフィリオに関しては、芝1800m戦の3勝目が自身にとっての重賞2勝目となりましたが、今後の出世に関してはローカルのハンデキャップホースからの脱却が図れるかどうかに全てがかかっていると言っても過言ではないように考えています。

※第36回フェブラリーS

1着・インティ(父ケイムホーム)

2着・ゴールドドリーム(父ゴールドアリュール)

3着・ユラノト(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.4 - 11.5 - 11.9 - 12.2 - 12.2 - 11.6 - 11.4 - 12.4

G1となった1997年以降では最少の14頭立てのレースとなったフェブラリーS。G1初騎乗となった藤田菜七子騎手がコンビを組んだコパノキッキングは後方の外から追い上げを見せて、上がり3ハロンがメンバー中2位となる中で5着に入りましたが、そんなコパノキッキングの奮闘を尻目に勝利を収めたのは、日本競馬界のレジェンド・武豊騎手が跨ったインティでした。インティは2013年のグレープブランデー、2015年のコパノリッキーと同様に東海Sからの連勝という形でフェブラリーS制覇を果たすことになりましたが、武豊騎手とのコンビで東海SとフェブラリーSを連勝したコパノリッキーは、2015年のフェブラリーS優勝後にダートG1級のレースを7勝しており、最終的にダートG1級のレースを10勝したコパノリッキーに比肩する活躍ができるかどうかが、インティに対する期待値といったところです。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 19:04:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
第53回共同通信杯と第54回クイーンCの回顧
9日に行われる予定だった東京競馬場の開催が雪の影響で11日にずれ込み、日曜日と月曜日を使って冬の東京競馬場開催第3週目が行われることになりましたが、冬の東京競馬場開催第3週目には二つの3歳重賞が組まれていました。今年はどちらのレースも出走頭数が一桁に割り込みましたが、それでも昨年の2歳G1で好走した馬が出走してきており、少数精鋭の趣がありました。果たして、そういったレースの中で存在感を示していけたのはどの馬だったでしょうか。

※第53回共同通信杯

1着・ダノンキングリー(父ディープインパクト)

2着・アドマイヤマーズ(父ダイワメジャー)

3着・クラージュゲリエ(父キングカメハメハ)

ラップタイム・13.1 - 11.7 - 12.3 - 12.4 - 12.0 - 12.0 - 11.2 - 11.0 - 11.1

平成はおろか、グレード制導入後においては最少となる7頭立てのレースになった共同通信杯。その中で、昨年の朝日杯フューチュリティSを無敗で制したアドマイヤマーズが参戦してきていましたが、勝利を収めたのは2戦2勝のディープインパクト産駒であるダノンキングリーでした。ディープインパクト産駒が共同通信杯を制したのは今回で3回目となりましたが、過去の優勝馬2頭は皐月賞において(1-1-0-0)としており、ようやく今年の牡馬クラシックにおいて好勝負を演じられそうなディープインパクト産駒が現れたといったところです。

一方で、今回が初黒星となったアドマイヤマーズですが、朝日杯フューチュリティSが重賞2勝目だった馬による3歳戦2戦目はフサイチリシャールを除いた6頭全て連対を外しており、皐月賞制覇に向けては黄色信号が灯ったように思えます。ただ、3歳戦3戦目となるとコスモサンビームが2004年のNHKマイルCで2着、ローズキングダムは2010年の日本ダービーで2着、そしてグランプリボスは2011年のNHKマイルCを勝利しており、この3頭は後に古馬になってからも重賞を勝っているので、アドマイヤマーズの浮沈に関しては、おそらくは3歳戦3戦目となるであろう日本ダービーが正念場になるのではなかろうかと思われます。

※第54回クイーンC

1着・クロノジェネシス(父バゴ)

2着・ビーチサンバ(父クロフネ)

3着・ジョディー(父ダイワメジャー)

ラップタイム・12.7 - 11.5 - 11.9 - 12.3 - 12.0 - 11.5 - 11.0 - 11.3

1996年以来23年ぶりに一桁頭数のレースとなったクイーンC。共同通信杯と同様に、レース全体の上がり3ハロンが33秒台となりましたが、地方から参戦したアークヴィグラスを除いた8頭が1分34秒台で走破する中で、前走阪神ジュベナイルフィリーズ組が上位独占を果たし、そこで2着に入ってきていたクロノジェネシスが勝利を収めることとなりました。阪神ジュベナイルフィリーズ連対馬によるクイーンC制覇は2000年代に入ってからではホエールキャプチャ、メジャーエンブレムに次いで3頭目となりましたが、過去の2頭が関東馬であったのに対し、今回のクロノジェネシスは関西馬であり、1976年のテイタニヤ以来となるクイーンC優勝馬による桜花賞制覇も有り得るかもしれません。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 19:13:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
【2頭】 第112回京都記念回顧
1着から7着まで0秒2差という比較的僅差の争いの中で芝2200m重賞勝ちがある馬たちによるワンツーフィニッシュとなった今年の京都記念。その中で勝利を収めたのは、昨年のアメリカジョッキークラブCを制してきたダンビュライトでした。

1着・ダンビュライト(父ルーラーシップ)

2着・ステイフーリッシュ(父ステイゴールド)

3着・マカヒキ(父ディープインパクト)

(予想記事・実験予想・2019年#2 「第112回京都記念」

ラップタイム・12.9 - 11.2 - 13.1 - 13.1 - 13.0 - 12.2 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.1 - 12.1

※”大黒柱”の結果

15年連続3着以内入線馬輩出中の”国内G1で3着以内に入った経験を持つ馬”

3着以内入線馬・2頭、最高着順・1着(ダンビュライト)

出走頭数12頭ながら4歳馬から9歳馬まで幅広い世代が集うメンバー構成となった今年の京都記念。そういった中で8歳馬は不在だったものの、出走馬の中でただ1頭の5歳馬だったダンビュライトが勝利を収めることになりましたが、ダンビュライトは一昨年の皐月賞で3着に入って以降はG1における3着以内入線はなく、同世代の位置づけとしては最上位クラスにいるとは言い難い存在でした。ただ、今回の勝利でダンビュライトは松若風馬騎手とのコンビにおいて3戦全勝とし、このコンビであるならば今後のG1において上位争いをする可能性があるように思えます。

”大黒柱”についてはダンビュライトが勝利し、マカヒキが3着ということでまずまずの結果。その中で、2年前の日本ダービー馬であるマカヒキが芝2200m重賞勝ちがある馬たちに先着を許すという形になったのは適性の差という部分もあるかと思いますが、上位2頭が1年以内にG1で3着以内に入った実績がないことを鑑みれば、現状ではG2で上位争いを演じるのが精一杯といったところで、G1で好走を望むのは酷であるように感じています。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 20:04:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
実験予想・2019年#2 「第112回京都記念」
今日開催される予定だった東京競馬場の開催が中止になり、実質的に3日間開催となった今週の競馬。そんな今週の開催の中で最も格が高いレースに位置付けられているのが、古馬の強豪が集うG2・京都記念です。今年は2016年の日本ダービー馬マカヒキが2年前に3着に入った時と比べてどうなったかについて注目したいところでもありますが、他のライバル11頭にはどれほどのチャンスがあるでしょうか。

※第112回京都記念の”大黒柱”

15年連続3着以内入線馬輩出中の”国内G1で3着以内に入った経験を持つ馬”

(9-8-9)

【該当馬】タイムフライヤー、ダンビュライト、ノーブルマーズ、マカヒキ

ここ3年続けてワンツーフィニッシュが決まっている今回の”大黒柱”。そういった中で1着2回、2着1回の実績を有しているのが”中山芝2000m重賞を勝ち上がり、かつ3歳時に東京芝のG1で着外になった経験を持つ馬”であり、それに該当するタイムフライヤーを最上位評価としたいと思います。



単勝

タイムフライヤー

ワイド・馬単(ボックス)

タイムフライヤー、ダンビュライト、ノーブルマーズ、マカヒキ

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

実験予想・2019年 | 22:33:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
追跡・アドマイヤマーズ 「2歳王者が臨む展望」
今週はクイーンC、共同通信杯、京都記念の3つの重賞が組まれていますが、どのレースもフルゲート割れとなっており、いささか寂しさを感じさせるメンバー構成となっています。そういった中で、昨年の朝日杯フューチュリティSを無敗で制したアドマイヤマーズが共同通信杯から始動していくことになりますが、今回の追跡ではアドマイヤマーズについてピックアップしていこうと思います。

※立派な2歳王者による”次の一歩”

朝日杯フューチュリティS史上初めてデイリー杯2歳Sからの連勝で結果を残したアドマイヤマーズ。マイルCS連覇を果たしたダイワメジャーの産駒としてはメジャーエンブレムに次いで2頭目の2歳G1制覇を果たしましたが、メジャーエンブレムは後にNHKマイルC制覇しており、アドマイヤマーズにも更なるG1制覇に期待がかかっています。

◇1・朝日杯フューチュリティSが重賞2勝目となった馬による、その後の国内G1制覇【現レース名となった2001年以降】

コスモサンビーム(2003年)…なし

マイネルレコルト(2004年)…なし

フサイチリシャール(2005年)…なし

セイウンワンダー(2008年)…なし

ローズキングダム(2009年)…ジャパンC(2010年)

グランプリボス(2010年)…NHKマイルC(2011年)

ダノンプレミアム(2017年)…なし【現役】

そういった中で、アドマイヤマーズと同様に朝日杯フューチュリティSが重賞2勝目となったのは過去に7頭いますが、更なるG1制覇を果たせたのはローズキングダムとグランプリボスの2頭だけにとどまっています。もっとも、アドマイヤマーズはローズキングダムやグランプリボスと同様にノーザンファーム生産馬であり、競馬学校非卒業騎手が主戦騎手となっていることから、G1制覇のチャンスは十分にあると言えますが、上記の7頭の明け3歳初戦について触れると、(1-1-2-3)となっており、あまり芳しいものとは言えません。その上で、連対を果たしたのはフサイチリシャールとダノンプレミアムの2頭ですが、フサイチリシャールについては今回のアドマイヤマーズと同様に明け3歳始動戦が共同通信杯でした。その時の共同通信杯の勝ち馬は札幌2歳Sを無敗で勝ち上がってきたアドマイヤムーンでしたが、今回の共同通信杯においてアドマイヤマーズ以外の重賞勝ち馬は昨年の京都2歳Sを勝ち上がってきたクラージュゲリエ1頭だけで、重賞となった京都2歳Sの優勝馬による更なる重賞勝ちがないことを考えると、今回の共同通信杯においてアドマイヤマーズがクラージュゲリエ以下6頭を相手に後れを取る可能性は低いということが言えそうです。

また、上記の7頭の中でただ1頭、明け3歳始動戦を勝ち上がったダノンプレミアムはアドマイヤマーズと同様に二代父がサンデーサイレンスであり、そういった意味でも、アドマイヤマーズが今週の共同通信杯における優勝馬になる可能性が高いことが窺えます。

※共同通信杯を勝つことで見える道

◇2・2歳重賞勝ちのある共同通信杯優勝馬によるその後の国内G1制覇【2004年以降】

ストーミーカフェ(2005年)…なし

アドマイヤムーン(2006年)…宝塚記念(2007年)、ジャパンC(2007年)

フサイチホウオー(2007年)…なし

イスラボニータ(2014年)…皐月賞(2014年)

前段では、朝日杯フューチュリティSが重賞2勝目だった馬によるその後について触れていきましたが、仮にアドマイヤマーズが共同通信杯を勝つとどうなるのかという観点でピックアップしたのが◇2のまとめです。共同通信杯優勝後に春のクラシックに参加できなかったストーミーカフェを除いた3頭は後にG1において最低一度は3着以内入線の経験を持っていますが、アドマイヤマーズが歩もうとしている”共同通信杯優勝の次走に中山芝2000m重賞に参戦”というデータに関しては(2-0-1-0)となっており、アドマイヤマーズと同様に無敗で2歳G1を制したサートゥルナーリアよりも共同通信杯も制する形となった場合のアドマイヤマーズの方が皐月賞における勝利の可能性は高いということができます。

ただ、◇2のまとめの中で実際に皐月賞制覇に漕ぎ着けたただ1頭の存在であるイスラボニータは、共同通信杯の前に東京芝1800mの重賞勝ちがあった馬でした。アドマイヤマーズもイスラボニータと同様に1勝目と2勝目が左回りのレースとなっており、イスラボニータに次いで共同通信杯制覇からの皐月賞制覇は十分に考えられますが、日本ダービーに関しては今回が東京競馬場初参戦というのが足枷となる可能性もありますし、ダイワメジャー産駒で芝2000m以上の重賞を制した例が一度もないことを考えると、共同通信杯を勝ったところで今年の牡馬クラシックにおける最有力候補と見立てるにはリスキーな判断であると考えています。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

馬雑談【追跡】 | 23:41:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad