■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

8月20日の重賞回顧
南で武豊、北で蛯名正義と、年男で同期のベテランジョッキー二人が熟練の味を見せつけた昨日の重賞。そのレース内容がどのようなものだったのかをこれから振り返っていこうと思います。

※第52回北九州記念

1着・ダイアナヘイロー(父キングヘイロー)

2着・ナリタスターワン(父ショウナンカンプ)

3着・ラインスピリット(父スウェプトオーヴァボード)

ラップタイム・11.7 - 10.0 - 11.1 - 11.5 - 11.2 - 12.0

今年のCBC賞で3着に入ったスピリッツミノルが逃げる展開となった今年の北九州記念。その直後につけていたのが今回の勝ち馬であるダイアナヘイローでしたが、上位3頭はいずれも4コーナーの時点で先行集団にとりついていた馬たちでした。また、2着馬と3着馬はCBC賞、アイビスサマーダッシュ共に着外に終わっており、本州で行われてきたサマースプリントシリーズレースとは大きく異なる一戦になったという趣もありますが、勝ったダイアナヘイローは今回のレースで4連勝をマークしました。このダイアナヘイローは、牝系で言えばステイゴールドやサッカーボーイと同じダイナサッシュ系であることから、まだ奥があるのではないかと見られます。

※第53回札幌記念

1着・サクラアンプルール(父キングカメハメハ)

2着・ナリタハリケーン(父キングカメハメハ)

3着・ヤマカツエース(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.7 - 11.0 - 11.7 - 13.0 - 12.3 - 12.1 - 11.9 - 11.9 - 11.8 - 12.0

上位5頭の中で4着に入ったサウンズオブアース以外の4頭がキングカメハメハ産駒となった今回の札幌記念。勝ったサクラアンプルールは今年の中山記念において昨年の札幌記念優勝馬であるネオリアリズムと対決して2着に入ってきた馬で、その時のパフォーマンスがフロックでないことを証明してみせた一戦となりました。一方で、昨年に続いて重賞未勝利馬による札幌記念制覇となりましたが、今回の2着馬は重賞はおろかオープン特別すら勝ったことがないナリタハリケーンということで、今後への繋がりという部分でははかりかねるところがあります。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 06:04:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
【4着VS8着】 阿賀野川特別回顧
7年ぶりに3歳馬が勝利した阿賀野川特別。その勝ち馬に対する評価に関しては菊花賞に向けてある程度高く据えておきたいと考えたくなりました。

1着・ポポカテペトル(父ディープインパクト)

2着・カレンラストショー(父タニノギムレット)

3着・デンコウインパルス(父バゴ)

(予想記事・2017年・十六の予想 「阿賀野川特別」(キークラッカーVSコスモジャーベ)

ラップタイム・12.8 - 11.4 - 11.9 - 12.1 - 12.4 - 12.1 - 12.0 - 11.7 - 11.9 - 11.6 - 11.8

◎・キークラッカー(4着)

スタートからハナを切り、平均的に速いラップを刻んでいきましたが、最後の直線半ばで失速していきました。最良の条件と見られた今回のレースで勝ち馬から0秒5も離されており、完全に力負けといった内容の走りとなりましたが、能力的にはこの1000万下でも上位クラスにあるように思われ、今後も油断できない存在ではないかと見ています。

キルトクール・コスモジャーベ(8着)

5着に敗れたショパンと共に上がり3ハロン最速をマークしていきましたが、位置取りが後ろ過ぎたのか、勝ち馬から1秒3離されてのゴールとなりました。この馬自身も1000万下の条件馬としてはそこそこ上位に位置してくる馬と見られ、今回より長い距離のレースで見直しておきたいところです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 16:03:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017年・十六の予想 「阿賀野川特別」(キークラッカーVSコスモジャーベ)
今週は札幌と小倉で重賞が行われますが、予想するレースは新潟の第10レースに組まれている1000万下特別・阿賀野川特別です。昨年は札幌記念と同時に予想を行いましたが、今回は下半期2回目となるキルトクール込みの予想レースとして勝負させてもらいます。

◇2017年阿賀野川特別のキーデータ

1・5年連続優勝馬を輩出している”前年、または当年に左回りの芝2000m以上のレースを勝ち上がっている馬”

(5-3-3)

【該当馬】カレンラストショー、キークラッカー、コスモジャーベ、ネイチャーレット

2・5年連続して連対馬を輩出中の”1年以内に芝2200m戦を勝ち上がっている馬”

(4-1-0)

【該当馬】キークラッカー、コスモジャーベ

3・現行の新潟芝2200m戦として開催された2005年と2006年及び2008年以降の計10回のうち、2005年を除いた全ての年において3着以内入線馬を輩出している”年内に勝利をあげている4歳以下の馬”

(9-4-5)

【該当馬】キークラッカー、コスモジャーベ、ゴールドスミス、ショパン、ポポカテペトル



さて、今回のキーデータは昨年と同じものを使用していますが、昨年と同様に2頭が全てのキーデータに該当する格好となりました。この両者を本命、キルトクールに据えていこうかと考えていますが、2のキーデータに該当していた2頭が馬群に沈むことになれば、データ上としては波乱の決着であることが言えます。



◎・キークラッカー(◇1、◇2、◇3)

キルトクール・コスモジャーベ(◇1、◇2、◇3)



その上で、本命に推したキークラッカーは、新潟芝2000m以上のレースで3戦全勝としています。昨年のセントライト記念においてキルトクールに指名した馬で不思議な因縁を感じる馬ですが、前走の内容からはセントライト記念の時よりもパワーアップしている印象で、連勝に期待して本命に推すことにしました。

一方で、キルトクールに指名したコスモジャーベは、キークラッカーと同期の4歳馬で、前走芝2600m戦を勝ち上がってきています。こちらはG1への出走経験があり、キャリアの豊富さという部分ではキークラッカーを上回っていると見ていますが、福島芝2600m戦の実績を(1-1-0-0)としているのがネックと見て、評価を下げることにしました。

そして、相手候補としてはカレンラストショーとショパンの2頭。血統的な評価と叩き2戦目で本領発揮の感があるショパンを上にとることにしましたが、カレンラストショーも今年に入って(1-2-1-0)としており、安定感ではトップクラスの存在と見ています。



単勝

キークラッカー

馬連

キークラッカー-ショパン

☆勝負のワンツースリー

キークラッカー→ショパン→カレンラストショー

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2017年のレース予想 | 23:55:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
第22回エルムS回顧
ダート1700m戦の日本レコードが樹立された今年のエルムS。上位2頭の父はゼロ年代の日本ダート競馬に革命を起こした馬たちでしたが、先々への楽しみはどれほどのものでしょうか。

1着・ロンドンタウン(父カネヒキリ)

2着・テイエムジンソク(父クロフネ)

3着・ドリームキラリ(父Giant's Causeway)

ラップタイム・6.8 - 10.6 - 11.8 - 12.3 - 11.9 - 11.6 - 11.7 - 11.8 - 12.4

函館ダートのオープン特別を連勝中だったテイエムジンソクをゴール前で差して勝利したロンドンタウン。2005年と2008年のジャパンCダートを勝ったカネヒキリ産駒としては初めて中央競馬のダート重賞勝ちとなりましたが、ロンドンタウン自身は佐賀記念に次いでダート重賞2勝目となりました。その上で、4歳馬によるエルムS制覇は今回で10頭目となりましたが、過去にはJBCクラシックを3連覇したアドマイヤドンもその1頭として名を連ねており、父に続くダートG1制覇も見えてきたように思われます。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 22:11:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
【0頭】 第52回関屋記念回顧
今年は先行した3頭で決着がついた関屋記念。今年で6年目を迎えたサマーマイルシリーズにおいて初めて関屋記念終了時点で優勝の資格を得る馬が現れる結果にもなり、今までとは趣の異なるレースであったことをまざまざと見せつけられる格好となりました。

1着・マルターズアポジー(父ゴスホークケン)

2着・ウインガニオン(父ステイゴールド)

3着・ダノンリバティ(父キングカメハメハ)

(予想記事・実験予想・2017年#2 「第52回関屋記念」

ラップタイム・12.4 - 11.1 - 11.7 - 11.4 - 11.3 - 11.1 - 11.0 - 12.2

※”大黒柱”の結果

5年連続連対馬輩出中の”関西芝外回りの1600m重賞で連対実績を持つ馬”

→3着以内入線・0頭、最高着順・4着(ヤングマンパワー)

今回は該当馬2頭のデータを柱に据えていきましたが、昨年の優勝馬であるヤングマンパワーは4番手追走のダノンリバティを追いかけるだけにとどまり4着、3年前の朝日杯フューチュリティSを制していたダノンプラチナは5着という結果に終わりました。今回の上位2頭は今年の重賞勝ち馬であり、そういった意味では現在の勢いに押し込まれてしまったという趣があります。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 18:24:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad