■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2月第2週の重賞回顧
小倉競馬の月曜日の開催が積雪の影響で火曜日に順延となった2月第2週の中央競馬。そんな中で、月曜日までに3つの重賞が組まれていましたが、果たして先のG1にどう繋がっていくでしょうか。

※第111回京都記念

1着・クリンチャー(父ディープスカイ)

2着・アルアイン(父ディープインパクト)

3着・レイデオロ(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.5 - 11.5 - 13.3 - 13.0 - 12.7 - 12.6 - 12.2 - 12.2 - 12.2 - 11.8 - 12.3

昨年の日本ダービー馬レイデオロを筆頭に4頭の4歳G1馬が始動戦としていた京都記念。実際のレースにおいても上位4頭のうちの3頭が4歳G1馬となりましたが、勝利を収めたのは昨年の菊花賞2着馬であるクリンチャーでした。今回は菊花賞ほどの道悪ではないにしても重馬場の中で開催されましたが、クリンチャーは終始先行グループのインで馬場を苦にすることなく冷静に立ち回り、最後の直線における伸び脚は他の馬を圧倒していました。もっとも、今回のレースも含めて、クリンチャーが勝った時の上がり3ハロンは35秒台後半以上にかかっていることから、上がりの速いレースへの対応力に関しては明確に課題があると言えます。

※第52回共同通信杯

1着・オウケンムーン(父オウケンブルースリ)

2着・サトノソルタス(父ディープインパクト)

3着・エイムアンドエンド(父エイシンフラッシュ)

ラップタイム・12.9 - 11.1 - 11.7 - 12.3 - 12.2 - 12.4 - 11.7 - 11.5 - 11.6

ここ4年続けて優勝馬がクラシック連対を果たしている3歳重賞・共同通信杯。今回のレースでは京都2歳Sを制していたグレイルが1番人気に支持されていましたが、大外枠からのスタートとなったグレイルは内側優位の馬場に伸びあぐねて7着に敗れ、道中中団のインをついてきたオウケンムーンがサトノソルタスの追撃を4分の3馬身差凌いで勝利を収めました。オウケンムーンは2008年の菊花賞馬オウケンブルースリの2年目の産駒で、オウケンブルースリ産駒初の重賞制覇となりましたが、父系トニービンということを鑑みれば、初めての東京芝で本領発揮といった趣もありつつ、北村宏司騎手がデビューから継続して乗ってきていることから、日本ダービー以降の楽しみが大きい馬だと見ています。

※第53回クイーンC

1着・テトラドラクマ(父ルーラーシップ)

2着・フィニフティ(父ディープインパクト)

3着・アルーシャ(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.6 - 11.0 - 11.0 - 11.4 - 11.8 - 12.0 - 11.5 - 12.4

昨年、一昨年に続いて1分34秒0の壁を突破してきた3歳牝馬限定重賞・クイーンC。しかし、前後半の流れがほぼイーブンのものだった昨年、一昨年とは異なり、今回は前傾寄りのラップ構成となり、その分将来に向けての趣も変わったものとなりそうです。

その上で勝利を収めたテトラドラクマは一昨年のメジャーエンブレムと同様に逃げ切りで決着をつけました。ルーラーシップ産駒3頭目の重賞制覇に貢献することとなりましたが、現状では左回りのレースにのみ連対実績が集中しており、右回りのレースに課題があるといったところ。近親に1997年のNHKマイルCを制したシーキングザパールがおり、今回の条件がベストだったという可能性も十分にありそうです。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 19:59:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
第68回東京新聞杯回顧
逸材が次々と現れつつある3歳重賞に対し、古馬重賞は4歳馬の活躍が光っている部分がありますが、今回の東京新聞杯においては4歳馬によるワンツースリーが果たされました。この記事では、そんな東京新聞杯について簡単に振り返っていきます。

1着・リスグラシュー(父ハーツクライ)

2着・サトノアレス(父ディープインパクト)

3着・ダイワキャグニー(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.4 - 11.4 - 11.6 - 12.2 - 12.4 - 11.1 - 11.0 - 12.0

2015年から4年続けて勝ちタイムが1分34秒0を超えることになった東京新聞杯。もっとも、ここ3年よりも最初の3ハロンは速く、4年ぶりに最初の3ハロンの通過が36秒0を切ってきましたが、勝ったリスグラシューは近5年で2勝している牝馬たちと同様にエリザベス女王杯の敗戦をステップに結果を残してきました。リスグラシュー自身は芝1600m戦において(2-3-1-0)と3着以内率100%を確保しており、ヴィクトリアマイルの有力候補に躍り出た印象もありますが、現状では持ち時計が1分33秒6と芳しいものとは言えず、道悪になった時の方が良い結果を残せるのではないかと考えています。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 21:47:53 | トラックバック(0) | コメント(0)
第23回シルクロードS回顧
東ではフェブラリーSの前哨戦が行われていた1月27日の中央競馬重賞でしたが、西では高松宮記念の前哨戦とも言えるハンデG3・シルクロードSの開催がありました。今年は5年ぶりに1分8秒台の決着となりましたが、上位馬は今後どういった未来を描いていくのでしょうか。

1着・ファインニードル(父アドマイヤムーン)

2着・セイウンコウセイ(父アドマイヤムーン)

3着・フミノムーン(父アドマイヤムーン)

ラップタイム・12.2 - 10.9 - 10.9 - 11.1 - 11.5 - 11.7

アドマイヤムーン産駒による上位独占となった今年のシルクロードS。冒頭でも触れたように勝ちタイムが1分8秒台となった中で、勝ったファインニードルは昨年の高松宮記念優勝馬であるセイウンコウセイに対して2馬身差をつけて勝利しました。シルクロードSで2着馬に2馬身以上の差をつけて勝った馬というと、直近では2014年のストレイトガールが果たしていますが、ストレイトガールは2014年の国内G1において三度3着以内入線を果たした後、その翌年以降にG1を3勝しており、ファインニードルにも同様の期待をかけておきたいところです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 21:32:39 | トラックバック(0) | コメント(0)
1月21日の重賞回顧
先週は中京と中山でG2の開催があった中央競馬。両レースとも、時計自体の価値は微妙なところがありましたが、中身に関してはなかなか興味深いものがあった一戦であったように感じています。

※第35回東海S

1着・テイエムジンソク(父クロフネ)

2着・コスモカナディアン(父ロージズインメイ)

3着・モルトベーネ(父ディープスカイ)

ラップタイム・12.7 - 11.1 - 12.9 - 12.8 - 12.0 - 12.2 - 12.7 - 12.4 - 13.0

昨年のチャンピオンズCで2着に入ったテイエムジンソクが逃げの手に出た東海S。結果は最終コーナーで5番手以内にいた馬たちで1着から3着まで占めることとなりましたが、逃げ切り勝ちを収めることになったテイエムジンソクと2着のコスモカナディアンとの差は4分の3馬身にとどまったものの、そこから3着馬との差は6馬身も広がっており、上位2頭の走りの秀逸さが目立つ一戦となりました。その上で、勝ったテイエムジンソクは古川吉洋騎手とのコンビで(5-2-0-0)としましたが、次走予定しているフェブラリーSは初めての芝スタートのダート戦ということで、最初の3ハロンをどのようにレースするかがカギとなりそうです。

※第59回アメリカジョッキークラブC

1着・ダンビュライト(父ルーラーシップ)

2着・ミッキースワロー(父トーセンホマレボシ)

3着・マイネルミラノ(父ステイゴールド)

ラップタイム・12.8 - 11.2 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.0 - 12.2 - 11.8 - 11.8 - 12.1 - 12.1

2015年の有馬記念優勝馬であるゴールドアクターが昨年の宝塚記念以来となる実戦復帰を果たしたアメリカジョッキークラブC。しかし、ゴールドアクターは3コーナーから手応えが怪しいものとなり、最終的には最下位でゴールイン。マイネルミラノの逃げを少し離れた2番手で追走していたダンビュライトが、昨年のセントライト記念優勝馬であるミッキースワローに対して2馬身差をつけて勝利を収めました。ルーラーシップ産駒による重賞制覇は昨年の菊花賞に次いで二度目となったものの、その鞍上にはまたしてもミルコ・デムーロ騎手を迎えており、ルーラーシップ産駒とミルコ・デムーロ騎手との相性の良さに目を向けたくなる一戦となりました。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 18:08:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
1月前半の古馬重賞回顧
明日は中山と中京で古馬のG2が行われますが、先週までの開催の中で古馬重賞の開催は4つありました。そのいずれもがハンデ戦で、年始の開催に色を持たせたという感じもありますが、ここから出世してくる馬は現れてくるのでしょうか。

※第67回中山金杯

1着・セダブリランテス(父ディープブリランテ)

2着・ウインブライト(父ステイゴールド)

3着・ストレンジクォーク(父メイショウサムソン)

ラップタイム・12.3 - 11.0 - 13.2 - 12.3 - 12.7 - 11.3 - 11.7 - 11.5 - 11.6 - 12.2

1着から15着までが1秒0差以内で収まった中山芝2000mのG3・中山金杯。1着から4着までの差で見てもクビ、クビ、クビということで、ハンデ戦としては好レースとなりましたが、勝ったセダブリランテスはラジオNIKKEI賞以来の重賞2勝目をマークし、ディープブリランテ産駒の出世頭として躍進することとなりました。残念ながらレース後に骨折が判明し、半年以上は休養を余儀なくされるとのことですが、2013年の日本ダービー馬キズナや2014年の京都大賞典等重賞を3勝したラストインパクトと同じ”Pacific Princess牝系を持つ父系ディープインパクトの競走馬”なので、まだまだ奥はあると考えられます。

※第56回京都金杯

1着・ブラックムーン(父アドマイヤムーン)

2着・クルーガー(父キングカメハメハ)

3着・レッドアンシェル(父マンハッタンカフェ)

ラップタイム・12.2 - 10.6 - 11.4 - 12.6 - 12.4 - 12.1 - 11.4 - 11.6

こちらは最下位のウインガニオンを除いて1秒0差以内の決着を見た京都芝1600mのG3・京都金杯。上位2頭はいずれもキタサンブラック世代の出走馬でしたが、勝ったブラックムーンは8度目の重賞挑戦にして初めて重賞制覇を果たすこととなりました。鞍上の武豊騎手にとっては2年連続4度目の京都金杯制覇となりましたが、過去3回のうち4歳馬で勝利した2回は後にG1連対を果たしており、6歳馬のブラックムーンにとっては次のレースが正念場という趣を感じています。

※第55回愛知杯

1着・エテルナミノル(父エンパイアメーカー)

2着・レイホーロマンス(父ハービンジャー)

3着・マキシマムドパリ(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.2 - 11.3 - 12.1 - 12.3 - 12.4 - 12.6 - 12.1 - 11.8 - 11.3 - 12.0

中山、京都より1週間遅く開幕を迎えた中京の初日に行われた牝馬限定の芝2000m戦・愛知杯。勝ったエテルナミノルは京都金杯におけるブラックムーンと同様に8度目の重賞挑戦で初重賞制覇を果たすこととなりました。エテルナミノルはこの時の愛知杯が芝2000m以上のレースが2度目だったということで、やっと才能開花の場を見つけたという趣もある勝利となりましたが、2着馬が格上挑戦の馬だったこと等を考えると、すんなりと出世できるかどうかは微妙なように感じます。

※第65回日経新春杯

1着・パフォーマプロミス(父ステイゴールド)

2着・ロードヴァンドール(父ダイワメジャー)

3着・ガンコ(父ナカヤマフェスタ)

ラップタイム・12.9 - 11.4 - 11.7 - 13.0 - 13.0 - 12.6 - 12.3 - 12.5 - 12.3 - 11.6 - 11.4 - 11.6

前年の1着馬と3着馬が名を連ねていた京都芝2400mのG2・日経新春杯。レースは昨年の金鯱賞で2着に入ったロードヴァンドールが横山典弘騎手の手綱に導かれて巧みにレースを支配していましたが、最終コーナーまで逃げたロードヴァンドールと同じように内ラチの経済コースを通り続けてきたパフォーマプロミスが直線に入ってから息の長い脚を披露し、最後はクビ差パフォーマプロミスが先着することとなりました。ステイゴールド産駒による京都芝重賞制覇は2年前の京都金杯におけるウインプリメーラ以来のこととなりましたが、ステイゴールド産駒の牡馬による京都芝重賞制覇となると、2011年にクラシック三冠制覇を果たしたオルフェーヴルや天皇賞【春】連覇のフェノーメノ、あるいは2012年の菊花賞馬にして2015年の天皇賞【春】優勝馬であるゴールドシップがおり、彼らに近づけるかどうかに注目したいところでもあります。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 22:58:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad