■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第48回マイラーズC&第52回フローラS回顧
先週はG1の開催が一段落ついた週となりましたが、日曜日には勝てば次のG1への優先出走権が得られる重賞が東西で行われていました。開幕週の馬場に対してどう向き合うのかについても問われる舞台にもなりましたが、この記事では日曜日に行われた東西の二つの重賞について振り返っていきます。

※第48回マイラーズC

1着・イスラボニータ(父フジキセキ)

2着・エアスピネル(父キングカメハメハ)

3着・ヤングマンパワー(父スニッツェル)

ラップタイム・12.4 - 11.2 - 11.7 - 12.1 - 11.4 - 11.3 - 10.8 - 11.3

出走頭数が11頭と、現行の京都開催となってからは最も少頭数で行われることになった今年のマイラーズC。2年前のレースで逃げ粘って2着に入ったサンライズメジャーが逃げる展開となる中で、前半800mの通過が47秒4と落ち着いた入りになりましたが、3コーナーからの下り坂から一気のペースアップが図られ、後半800mの44秒8は、2014年にワールドエースがレコード勝ちした時と同じ走破時計となりました。

こうした中で勝利を収めたイスラボニータは、2014年のセントライト記念以来となる重賞勝ちを収めましたが、ここ3戦続けて2着に敗れている中での勝利ということもあり、近走実績が問われる安田記念に向けては良いステップになったと言えます。

※第52回フローラS

1着・モズカッチャン(父ハービンジャー)

2着・ヤマカツグレース(父ハービンジャー)

3着・フローレスマジック(父ディープインパクト)

ラップタイム・13.0 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 12.6 - 12.8 - 12.3 - 11.5 - 11.2 - 12.0

道中2番手でレースを進めたハービンジャー産駒と1枠1番のハービンジャー産駒でワンツーフィニッシュとなった今年のオークストライアル・フローラS。勝ったモズカッチャンはデビュー戦こそ6着で敗れたものの、その後3着、1着、1着としており、このフローラSにおいては12番人気の伏兵的評価でありながら見事に3連勝を飾ることとなりました。そのモズカッチャンは、血統的にはサンデーサイレンスの血が全く入っていない一方で、Danzigとノーザンダンサーのクロスを有しており、ラスト1ハロンの伸び脚は血統が為した業とも思えるものでした。

その上で、フローラSの内容からオークスの展望を行うのはなかなか難儀なことのようにも思えますが、仮に今回の上位2頭がオークスでも好走した場合は、日本ダービーにおいて同じハービンジャー産駒のペルシアンナイトへの評価は高まるばかりと言えそうです。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 23:18:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
第22回アンタレスS&第14回福島牝馬S回顧
皐月賞を終えて、今週から東京・京都の開催が始まりましたが、先週のアンタレスSの回顧をまだ行っていませんでした。今回のこの記事では、先週のアンタレスSに加えて、今週の土曜日に行われた福島牝馬Sの回顧を行っていきます。

※第22回アンタレスS

1着・モルトベーネ(父ディープスカイ)

2着・ロンドンタウン(父カネヒキリ)

3着・ロワジャルダン(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.5 - 10.8 - 13.0 - 12.5 - 12.4 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.5

今年の東海Sを勝ち上がってきたグレンツェンドが1番人気に支持されていた今年のアンタレスSでしたが、2着から14着まで0秒5差の中でひしめき合う中、道中5番手の内側を進んできたモルトベーネが、最後は力強く抜け出しを図って、2着馬に2馬身差をつけて勝利を収めました。2012年から現行の阪神開催となり、2014年以外は全て1分49秒台の決着を見ていますが、2015年のクリノスターオー以外の3頭は後に交流G1制覇を果たしており、モルトベーネがキタサンブラック世代のダートのエースとなれるかどうか、注目してみたいところです。

※第14回福島牝馬S

1着・ウキヨノカゼ(父オンファイア)

2着・フロンテアクイーン(父メイショウサムソン)

3着・クインズミラーグロ(父マンハッタンカフェ)

ラップタイム・12.4 - 11.1 - 11.4 - 12.0 - 12.0 - 11.8 - 11.8 - 12.1 - 12.2

昨年は15番人気馬が勝利し、13番人気馬が3着に入る波乱の決着となった福島牝馬S。今年から斤量設定がグレード別定となりましたが、過去にG3を2勝していたウキヨノカゼが後方からの差し切りを決めて重賞3勝目となりました。ヴィクトリアマイルとの繋がりで言うと、2009年の優勝馬であるブラボーデイジーが同じ年のヴィクトリアマイルで2着に入ったり、2014年の優勝馬であるケイアイエレガントが翌2015年のヴィクトリアマイルで2着に入ったぐらいで、さほど繋がりが深いわけではありませんが、ウキヨノカゼは過去にクイーンCでヴィクトリアマイルの舞台である東京芝1600m戦を勝ち上がっており、メンバーと馬場状態次第では躍進のチャンスがあるように思われます。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 18:34:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
4月8日の東西芝1600m重賞回顧
3日後に皐月賞の開催が迫り、今日その枠順が発表された中央競馬。そうした中、先週の土曜日には東西で芝1600m重賞の開催がありましたが、この記事ではその2つのレースについて簡単に振り返っていきます。

※第60回阪神牝馬S

1着・ミッキークイーン(父ディープインパクト)

2着・アドマイヤリード(父ステイゴールド)

3着・ジュールポレール(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.5 - 11.5 - 11.6 - 11.9 - 11.8 - 11.2 - 11.8 - 12.0

桜花賞には1頭しかいなかったディープインパクト産駒が4頭参戦していた阪神牝馬S。”小雨・重”という条件の中で、”晴・良”の昨年と同じ父を持つ馬によって上位が形成されましたが、昨年2着のミッキークイーンが、今回のレースで2着に入ったアドマイヤリードに対して1馬身4分の3の差をつけて勝利を収めました。3着馬と4着馬の差が3馬身離れており、ヴィクトリアマイルが今回と同じような馬場で行われるのであれば、今回の上位3頭はかなり優位に立てるのではないかと思わせましたが、勝ったミッキークイーンに関しては牝馬限定戦において未だ4着以下に沈んだことはなく、古馬牝馬路線に関してはミッキークイーン以上の馬が現れるかどうかという部分に注視した方が良さそうです。

※第35回ニュージーランドトロフィー

1着・ジョーストリクトリ(父ジョーカプチーノ)

2着・メイソンジュニア(父Mayson)

3着・ボンセルヴィーソ(父ダイワメジャー)

ラップタイム・12.9 - 11.6 - 11.8 - 12.1 - 12.3 - 12.0 - 11.7 - 11.6

上位3頭にNHKマイルCへの優先出走権が与えられる中、その上位3頭全てが前走ファルコンS組という組み合わせとなった今年のニュージーランドトロフィー。勝ったジョーストリクトリは2009年のNHKマイルC優勝馬ジョーカプチーノの初年度産駒で、今回がジョーカプチーノ産駒初となる重賞勝ちとなりましたが、父が持っていた意外性と優れた先行力をそのまま引き継いだといった趣がありました。もっとも、今回の走破時計である1分36秒0は、現行条件となった2000年以降では最も遅い決着であり、元々のレース質を鑑みてもNHKマイルCとの繋がりという部分では不安が残る結果となりましたが、過去に1分34秒0より遅い決着となったニュージーランドトロフィーでは、上位3頭の中で1頭は古馬混合の重賞勝ちを収めてきているので、将来性という部分では油断ならないところがあります。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 22:57:08 | トラックバック(0) | コメント(0)
第49回ダービー卿チャレンジトロフィー回顧
今年から大阪杯がG1に昇格した影響か、18年ぶりに土曜日開催となったダービー卿チャレンジトロフィー。一昨年の勝ち馬であるモーリスは、ここから国内外のG1を6勝していきましたが、今年はどんなレースになったでしょうか。

1着・ロジチャリス(父ダイワメジャー)

2着・キャンベルジュニア(父Encosta De Lago)

3着・グランシルク(父ステイゴールド)

ラップタイム・12.8 - 11.6 - 11.8 - 12.0 - 11.8 - 11.5 - 11.6 - 11.6

レース当日の第5レースまで降っていた雨の影響でやや重の中で行われた今年のダービー卿チャレンジトロフィー。1着から最下位の馬まで1秒1差の中で収まり、1着から5着までが1分34秒台で走破していきましたが、勝ったロジチャリスは3週間前に行われた東風S・3着からの巻き返しに成功し、昨年5月のメイS以来となる勝利を収めました。5歳以上の関東馬によるダービー卿チャレンジトロフィー制覇は5年前のガルボ以来のこととなりましたが、ガルボは後に2年連続して阪神Cで2着に入り、2年後には函館スプリントSを制していることから、今後もしぶとい活躍が見込まれそうです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 07:35:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
高松宮記念以外の三重賞回顧
高松宮記念の開催があった先日の日本競馬は高松宮記念を含めて4つの重賞が行われました。このところ、競馬に対する情熱や勘みたいなものに陰りが見られなくもなかったりしますが、そのリハビリも兼ねながら高松宮記念以外の三重賞を簡単に振り返っておこうと思います。

※第64回毎日杯

1着・アルアイン(父ディープインパクト)

2着・サトノアーサー(父ディープインパクト)

3着・キセキ(父ルーラーシップ)

ラップタイム・12.5 - 11.1 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.1 - 11.3 - 12.0

現行の芝1800m戦となってからは史上初、それ以前のものを含めても13年ぶりに出走頭数が10頭を割った今年の毎日杯。結果としては、池江泰寿厩舎所属のディープインパクト産駒によるワンツーフィニッシュとなりましたが、前走シンザン記念で6着に敗れたアルアインが、前走きさらぎ賞2着のサトノアーサーの追撃を半馬身差振り切って勝利を収めました。勝ちタイムは3年ぶりに1分46秒台となりましたが、過去に1分46秒台で毎日杯を勝ったキズナとマイネルフロストは、いずれも日本ダービーで3着以内を確保しており、この時点で今年の日本ダービーにおける好走馬の1頭を見つけられたような気がしています。

※第65回日経賞

1着・シャケトラ(父マンハッタンカフェ)

2着・ミライヘノツバサ(父ドリームジャーニー)

3着・アドマイヤデウス(父アドマイヤドン)

ラップタイム・6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

昨年の皐月賞馬ディーマジェスティ、一昨年の有馬記念優勝馬ゴールドアクターを筆頭に、レース史上初となるフルゲート16頭立てのレースとなった今年の日経賞。勝ったシャケトラはキャリア6戦目にして初めての重賞勝ちを決め、天皇賞【春】への優先出走権を獲得しましたが、4歳馬によるワンツーフィニッシュはフェノーメノが勝利した2013年以来となります。フェノーメノは日経賞に続いて天皇賞【春】も制していきましたが、シャケトラも父が天皇賞【春】優勝馬であることから、好走の可能性は大いにあると見ています。

※第24回マーチS

1着・インカンテーション(父シニスターミニスター)

2着・ディアデルレイ(父キングカメハメハ)

3着・アルタイル(父カネヒキリ)

ラップタイム・12.7 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 12.7 - 12.3 - 12.5 - 13.8

高松宮記念の10分前に発送時刻を迎えていた中山ダート1800mのハンデ重賞・マーチS。今年の川崎記念で3着に入ったコスモカナディアンが1番人気に推されていましたが、57.5kgの斤量を背負っていたインカンテーションが、3番手からの抜け出しを図って、2015年5月の平安S以来となる勝利を収めました。1着から13着まで1秒0以内の差に収まっており、ハンデキャッパーのいぶし銀的な仕事っぷりも冴えていましたが、インカンテーション自身のキャリアから言えば、オープン入りを果たしてから初めて直線で上り坂のあるコースで勝利を収めたということで、7歳馬ながら新境地に達したという趣があります。もっとも、マーチSの優勝馬が更なる重賞制覇を果たした例は、中山開催で限った話をすれば2009年のエスポワールシチーまで遡らねばならず、今回の勝利が最後の花道となる可能性も捨てきれません。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 07:04:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad