FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

1月前半の重賞回顧
2020年の1月もそろそろ折り返し地点に入りそうですが、中央競馬の開催は13日を終えたところで5日消化されることとなりました。その中で4つの重賞が組まれていましたが、そこからどんなジャンプアップが見られるのでしょうか。

※第69回中山金杯

1着・トリオンフ(父タートルボウル)

2着・ウインイクシード(父マンハッタンカフェ)

3着・テリトーリアル(父Teofilo)

ラップタイム・12.6 - 11.1 - 12.8 - 11.7 - 12.0 - 11.8 - 11.7 - 11.7 - 11.4 - 12.7

昨年に続き、トップハンデの58kgを背負った馬が勝利を収めた中山金杯。勝ったトリオンフはチャレンジC・2着からのステップで結果を残すことになりましたが、右回りのハンデ重賞に関しては今回の勝利をもって3戦3勝とし、右回りの芝2000m戦に限れば(4-2-0-1)という成績を残しているので、しっかり腰を据えてローテーションを決めていけば、G1制覇のチャンスも出てくるのではないかと思われます。

※第58回京都金杯

1着・サウンドキアラ(父ディープインパクト)

2着・ダイアトニック(父ロードカナロア)

3着・ボンセルヴィーソ(父ダイワメジャー)

ラップタイム・12.1 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 11.9 - 11.9 - 11.4 - 11.7

2000年に現行の芝1600m戦となってから3回目の牝馬の勝利となった今年の京都金杯。勝ったサウンドキアラは2010年のフィリーズレビューを制したサウンドバリアーの子供で、母がそうだったように1600mを超える距離のレースは未経験となっています。一方で、今回は前回の牝馬による勝利を収めたウインプリメーラと同様に2000年以降では優勝馬の斤量としては最軽量である53kgの斤量で勝利を収めることとなりましたが、ウインプリメーラは後に牝馬限定重賞で二度3着以内に入り、芝1600mのオープンクラスを一度は勝利しているので、サウンドキアラにも同様の活躍は期待したいところです。

※第54回シンザン記念

1着・サンクテュエール(父ディープインパクト)

2着・プリンスリターン(父ストロングリターン)

3着・コルテジア(父シンボリクリスエス)

ラップタイム・12.5 - 11.1 - 11.8 - 12.6 - 12.2 - 12.2 - 11.5 - 12.0

前回の東京五輪イヤーにクラシック三冠馬となったシンザンの名前を拝命しているシンザン記念。近年は牝馬が3着以内入線、かつその中で最上位に入るとG1で活躍する傾向が見られますが、今回勝利を収めたサンクテュエールは昨年のアルテミスSで2着に入った牝馬で、後に3歳牝馬三冠とジャパンCを制したジェンティルドンナやアーモンドアイと同様に3戦2勝のシンザン記念優勝の牝馬となりました。ジェンティルドンナとアーモンドアイの2頭と異なるのはデビュー戦を勝っていることで、これが今後どういった影響をもたらすのか気になるところではありますが、ディープインパクト産駒によるシンザン記念制覇は2014年のミッキーアイルに次いで2頭目で、ミッキーアイルはNHKマイルC制覇を果たしていることから、桜花賞における有力候補となったことは間違いなさそうです。

※第36回フェアリーS

1着・スマイルカナ(父ディープインパクト)

2着・チェーンオブラブ(父ハーツクライ)

3着・ポレンティア(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.1 - 11.1 - 11.7 - 12.1 - 12.0 - 11.8 - 11.2 - 12.0

1月の中山・京都の二場開催体制としては最終日に行われた重賞・フェアリーS。今年はディープインパクト産駒のスマイルカナがレース史上2番目に速い時計で勝利を収めることになりましたが、中山芝1600m戦を連勝する形でフェアリーS制覇を成し遂げた例は、昨年のフィリアプーラに次いで2頭目となりました。フィリアプーラは春の牝馬クラシックで良いところがなかった中で、その後に使った中山芝の牝馬限定重賞2戦は共に掲示板に載る活躍は見せていましたが、中山芝1600mの1勝クラスの勝ち上がりを受けてフェアリーSを制したスマイルカナが今後どういった出世を果たしていくのか、注目していきたいと思います。

スポンサーサイト



テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 15:13:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
第36回ホープフルS回顧
東京大賞典を終えて国内における国際G1は全て終了し、2019年の日本競馬は地方馬による戦いが残されることとなりました。そうした中で、中央競馬は1日早く2019年の開催を終えていきましたが、中央競馬最後の重賞となったホープフルSはどんなレースになったでしょうか。

1着・コントレイル(父ディープインパクト)

2着・ヴェルトライゼンデ(父ドリームジャーニー)

3着・ワーケア(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.6 - 11.5 - 12.4 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 11.9 - 12.5

今回の上位3頭はいずれも芝1800mのオープンクラスを勝ち上がってきた2戦2勝の馬となりましたが、勝利を収めたコントレイルは東京スポーツ杯2歳Sからの参戦で、ホープフルSの勝利で重賞連勝という形を作りました。東京芝1800m戦から中山芝2000m戦にかけての重賞連勝という形となると、1992年以降かつクラシックまでのものに限れば、2007年の弥生賞優勝馬であるアドマイヤムーンを筆頭に5頭いたのですが、中山芝2000m重賞の勝ち時計が2分以上かかった時の優勝馬は過去に3頭いていずれも後に国内G1制覇を果たしていることから、今回のレースを2分1秒4で走破したコントレイルは来年のクラシックにおいて中心的な存在になることは間違いなさそうです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 20:44:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
第14回阪神C回顧
明日の開催で2019年の開催が終了する中央競馬。有馬記念が終わり、来年に向けての準備を着々と行っていきたいところもありますが、この記事では有馬記念前最後の重賞となった阪神Cについて振り返っておこうと思います。

1着・グランアレグリア(父ディープインパクト)

2着・フィアーノロマーノ(父Fastnet Rock)

3着・メイショウショウブ(父ダイワメジャー)

ラップタイム・12.3 - 10.5 - 11.1 - 11.3 - 11.4 - 11.3 - 11.5

昨年に続いて牝馬が勝利した阪神C。その上で、1分19秒台の走破時計となったのは2014年の皐月賞馬イスラボニータが勝利した時の2017年以来となりましたが、今回勝利を収めたグランアレグリアもイスラボニータと同様にクラシック優勝馬でした。今回のレースで3歳馬による阪神C制覇は3度目となりましたが、過去2回は3歳重賞未勝利馬が年末の馬鹿力を見せたような格好で勝利を収めたというところで、桜花賞をレースレコードで勝利し、今回のレースにおいても2着馬に5馬身差をつけたグランアレグリアが今後どうなるか、非常に楽しみです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 16:31:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
第5回ターコイズS回顧
有馬記念の開催まで残り1週間を切りましたが、一昨日行われたターコイズSが有馬記念前最後の中山競馬場における平地重賞となります。ここ2年はミスパンテールが勝利を収めてきたターコイズSですが、ミスパンテール不在の中で行われた今年のレースはどうなったでしょうか。

1着・コントラチェック(父ディープインパクト)

2着・エスポワール(父オルフェーヴル)

3着・シゲルピンクダイヤ(父ダイワメジャー)

ラップタイム・12.4 - 10.5 - 11.0 - 11.5 - 11.9 - 11.8 - 11.1 - 12.0

今年で重賞に格上げされて5回目を迎えたターコイズS。そういった中で、第1回、第3回に次いで3歳馬が勝利を収めることとなりましたが、今回勝利を収めたコントラチェックは今回の結果を受けて中山芝実績(3-1-0-0)とし、中山巧者ぶりをアピールすることとなりました。一方で、1着馬の鞍上がクリストフ・ルメール騎手、2着馬の鞍上がミルコ・デムーロ騎手となっていましたが、1着馬と2着馬の鞍上がJRA所属の外国人騎手となったのは昨年のホープフルS以来のことで、昨年はホープフルS以外にも5回あったので、今年は100勝を割り込みそうなミルコ・デムーロ騎手が復調できるかどうかが、この記録のカギとなりそうです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 18:40:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
12月8日の重賞回顧
先週の日曜日は、いろいろな方面で喜ばしい出来事があった日本競馬界。その一つ一つに詳しく触れてはいきませんが、その出来事を経た上で今後の日本競馬がどういったものになっていくのかは注視していきたいところです。

※第12回カペラS

1着・コパノキッキング(父Spring At Last)

2着・テーオージーニアス(父ゴールドアリュール)

3着・シュウジ(父キンシャサノキセキ)

ラップタイム・11.7 - 10.2 - 11.0 - 11.6 - 12.0 - 12.8

中央競馬で初めて女性騎手が重賞制覇を果たすことになった今年のカペラS。その勝者であるコパノキッキングは昨年に続いての連覇達成となりましたが、走破時計自体は良馬場で行われたものとしては最速の決着となりました。その上で、良馬場で1分10秒を切ったカペラSは過去に2回ありますが、その2回の優勝馬はいずれも地方交流重賞で5勝以上マークしており、コパノキッキングは既に存在感を大きく示しているダート短距離界においてさらに大きな存在になるものと思われます。

※第71回阪神ジュベナイルフィリーズ

1着・レシステンシア(父ダイワメジャー)

2着・マルターズディオサ(父キズナ)

3着・クラヴァシュドール(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.2 - 10.5 - 11.0 - 11.8 - 12.0 - 11.2 - 11.5 - 12.5

昨年に続いてファンタジーS優勝馬が勝利を収めた2歳牝馬G1・阪神ジュベナイルフィリーズ。今回の優勝馬であるレシステンシアは、阪神競馬場が今の形になってから行われた2006年以降では6頭目の無敗の勝ち馬となりましたが、無敗のファンタジーS優勝馬による阪神ジュベナイルフィリーズ制覇となると、2002年のピースオブワールド以来となります。ピースオブワールドは怪我の影響もあってその後一度も勝てずに現役を退くことになりましたが、阪神芝1600mの2歳レコードを更新したレシステンシアが今後どうなるかという点に関しては、ダイワメジャー産駒による過去の2歳G1制覇の例を見る限りにおいては、さらなるマイルG1制覇があっても不思議ではないように思われます。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 13:42:34 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ