■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第65回府中牝馬S回顧
先週の開催は牝馬重賞で盛り上がることとなった中央競馬。土曜日の東京競馬場では、エリザベス女王杯の前哨戦である府中牝馬Sが開催されましたが、今年のエリザベス女王杯は様々な観点から面白味のあるレースになりそうだと感じました。

1着・クロコスミア(父ステイゴールド)

2着・ヴィブロス(父ディープインパクト)

3着・アドマイヤリード(父ステイゴールド)

ラップタイム・12.9 - 11.6 - 12.3 - 12.7 - 12.4 - 12.5 - 11.2 - 11.0 - 11.5

今年のヴィクトリアマイルを制したアドマイヤリードを筆頭に3頭のG1馬が参戦していた府中牝馬Sでしたが、レースは昨年のローズS2着馬であるクロコスミアがハナに立ち、G1馬3頭の追撃を振り切って逃げ切り勝ちを収めました。クロコスミアは今年の6月に1000万下に降級しましたが、降級直後に勝利を収めた後に前走2017ワールドオールスタージョッキーズ第2戦においては56kgの斤量を背負いながら1番人気に支持されて逃げ切り勝ちを決めており、ワールドオールスタージョッキーズの権威を高めると共にクロコスミア自身の成長にも大きく寄与したといったところです。エリザベス女王杯に向けては今回のライバル馬とは斤量差がなくなる点がネックになりますが、前走の勝利も踏まえると、上位争いの可能性は十二分に秘めていると言えます。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 06:49:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
第52回京都大賞典回顧
明日には秋華賞の出走馬が確定する中央競馬ですが、一昨日の月曜日には3日間開催の最後の日ということで京都大賞典の開催がありました。京都大賞典は前日に行われた毎日王冠と同様に勝ち馬に天皇賞【秋】への優先出走権が与えられるものの、昨年の優勝馬であるキタサンブラックは京都大賞典の勝利をステップにジャパンC制覇に繋げていきましたが、今年はどうなるでしょうか。

1着・スマートレイアー(父ディープインパクト)

2着・トーセンバジル(父ハービンジャー)

3着・シュヴァルグラン(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.9 - 11.0 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.1 - 12.4 - 12.5 - 11.7 - 11.5 - 11.4 - 11.5

今回のレースでは3年前の優勝馬であるラストインパクトが逃げる格好となった京都大賞典。向正面から馬群が凝縮されていく中、最後の直線からの攻防では内から脚を伸ばしてきたトーセンバジルが抜け出しにかかろうとしていましたが、トーセンバジルが通ってきた進路を縫うようにしてスマートレイアーが後追いで脚を伸ばし、最後はスマートレイアーがトーセンバジルに対して半馬身のリードを取って勝利を収めました。牝馬による京都大賞典制覇は2010年のメイショウベルーガ以来の出来事になりましたが、平成に入ってから牝馬が京都大賞典を制した例は過去に3回あり、そのいずれもが年内のG1で1回は連対を果たしていることから、同じような期待をスマートレイアーにはかけておこうと思います。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 22:08:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
10月7日・10月8日の東京重賞回顧
今週は下半期二度目の3日間開催となりましたが、この記事では土曜日、日曜日に行われた東京競馬場の重賞レースを簡単に振り返っておこうと思います。

※第3回サウジアラビアロイヤルC

1着・ダノンプレミアム(父ディープインパクト)

2着・ステルヴィオ(父ロードカナロア)

3着・カーボナード(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.3 - 10.6 - 11.4 - 11.8 - 12.2 - 11.5 - 11.5 - 11.7

前日までの雨でやや重発表とされながらも、2歳の東京芝1600mのコースレコードが更新されたサウジアラビアロイヤルC。今回は宝塚記念当日の阪神芝1800m戦でデビュー勝ちを収めたダノンプレミアムが2番手からの抜け出しで勝利を収めました。東京の2歳重賞においてディープインパクト産駒が勝利を収めたのは、2011年の東京スポーツ杯2歳Sにおけるディープブリランテ以来2頭目となりましたが、母父Intikhabのディープインパクト産駒というと、2015年の日本ダービー2着馬であるサトノラーゼンと同じであり、まだまだ見どころがありそうな存在であると言えます。

※第68回毎日王冠

1着・リアルスティール(父ディープインパクト)

2着・サトノアラジン(父ディープインパクト)

3着・グレーターロンドン(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.8 - 11.0 - 11.8 - 12.2 - 12.2 - 12.1 - 11.1 - 10.7 - 11.7

今年のオークスを制した3歳牝馬ソウルスターリングが1番人気に支持されていた毎日王冠。そのソウルスターリングが逃げの手に出るという意外な展開に持ち込まれましたが、上がり3ハロンにおいて32秒台を出した馬が5頭もいる中で3歳時に同じコースの共同通信杯を制していたリアルスティールが今年の安田記念優勝馬であるサトノアラジンの追撃をクビ差凌いで勝利を収めました。リアルスティールにとって日本競馬における勝利は共同通信杯以来3度目となりましたが、そのいずれもが芝1800m戦で得意条件で巻き返したといった感じです。その上で、今回の出走馬の中で天皇賞【秋】において狙ってみたいのは、3着のグレーターロンドンと8着に終わったソウルスターリングの2頭と見ています。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 17:48:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月30日・10月1日のJRA重賞回顧
凱旋門賞が終わってからはや4日経ちましたが、先週行われたJRAの重賞はダート2000mのハンデG3・シリウスSと芝1200mのG1・スプリンターズSでした。日本ではこれからが下半期のG1シーズンに突入ということになりますが、そこで素質を開花させるのはどの馬でしょうか。

※第21回シリウスS

1着・メイショウスミトモ(父ゴールドアリュール)

2着・ドラゴンバローズ(父キングカメハメハ)

3着・ピオネロ(父ネオユニヴァース)

ラップタイム・12.8 - 11.3 - 11.5 - 13.5 - 12.5 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 12.5 - 13.2

昨年の上位2頭が再び出走してきたシリウスS。しかし、昨年の優勝馬であるマスクゾロは昨年と同様に逃げたものの7着に、昨年の2着馬であるピオネロは3着にそれぞれ敗れ、昨年のラジオ日本賞を勝利したメイショウスミトモがその時以来の勝利を収めることになりました。今回メイショウスミトモは11番人気という伏兵的評価で勝利をものにしましたが、血統的には2007年のユニコーンS優勝馬ロングプライドの弟であり、二代母からはジャパンCダートの初代王者であるウイングアローが輩出されていることから、ダート馬の家系としては名門と言っても良く、これから素質を開花させていく可能性もあるように思われます。

※第51回スプリンターズS

1着・レッドファルクス(父スウェプトオーヴァーボード)

2着・レッツゴードンキ(父キングカメハメハ)

3着・ワンスインナムーン(父アドマイヤムーン)

ラップタイム・11.9 - 10.8 - 11.2 - 10.9 - 11.1 - 11.7

一昨年と同様に前半よりも後半の方が速いラップ構成となったスプリンターズS。その逃げを打ったワンスインナムーンがゴール寸前までしぶとく粘っていましたが、内からレッツゴードンキが差すところを外からレッドファルクスが猛追し、最後はレッドファルクスがレッツゴードンキに対してクビ差リードを取って勝利を収めました。レッドファルクスはサクラバクシンオー、ロードカナロアに次いでスプリンターズS連覇を達成しましたが、今回の上位2頭はいずれも芝1400m重賞を勝ち上がってきたG1馬であり、芝1200m以下のレースで奮闘してきた馬にとっては辛いレースになったという見方もできそうです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 19:56:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
9月24日の重賞回顧
下半期最初のG1が来週行われますが、その1週間前の中央競馬では東西でG2の重賞の開催がありました。かたやG1馬の始動戦、かたやG1馬不在のレースになりましたが、先々への繋がりという部分では如何様なものになったでしょうか。

※第65回神戸新聞杯

1着・レイデオロ(父キングカメハメハ)

2着・キセキ(父ルーラーシップ)

3着・サトノアーサー(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.9 - 11.8 - 12.2 - 12.4 - 12.1 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 11.9 - 11.3 - 11.4 - 11.8

3年ぶりに日本ダービー馬の参戦があった神戸新聞杯ですが、その日本ダービー馬であるレイデオロが4番手追走から力強く抜け出し、キセキに対して2馬身差をつけて勝利しました。レイデオロの次走は菊花賞ではなくジャパンCとのことですが、現行条件となった2007年以降において2009年を除いて上位3頭のうちの1頭が後にG1勝ち馬となる中で、2分24秒台の決着となったのは過去に4回あり、そのうちの2回が勝ち馬が古馬G1を勝ってきていることから、レイデオロにもジャパンC制覇のチャンスがあると見ています。

※第63回オールカマー

1着・ルージュバック(父マンハッタンカフェ)

2着・ステファノス(父ディープインパクト)

3着・タンタアレグリア(父ゼンノロブロイ)

ラップタイム・12.8 - 11.7 - 13.2 - 12.9 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 11.3 - 11.2 - 11.6 - 12.0

こちらは10年ぶりにG1馬不在のレースとなったオールカマー。良馬場の開催としては14年ぶりに2分13秒をオーバーする結果となりましたが、昨年の毎日王冠優勝馬であるルージュバックが、今年の大阪杯2着馬であるステファノスを内から差し切って勝利をものにしました。牝馬でありながら、重賞4勝全てが牡馬混合戦となったルージュバックはエリザベス女王杯を目指すことになっていますが、昨年は自身と同じマンハッタンカフェ産駒によるワンツーフィニッシュとなった舞台で悲願のG1制覇も有り得るのではないかと睨んでいます。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 18:51:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad