FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第81回皐月賞の”三本柱”
登録馬が発表された段階でフルゲートである18頭しかいなかった今年の皐月賞。18頭の中からオーソクレースとボーデンが回避し、3年ぶりに16頭立てのレースになることが見込まれていますが、フルゲート割れとなった今年の皐月賞はどんなレースになるでしょうか。

(昨年の展望記事・第80回皐月賞の”三本柱”

1・鍛練と休息

2011年に東京開催を挟み、2012年から9年続けて中山開催が続いている皐月賞ですが、2012年から優勝馬を輩出し続けているのが”連勝経験持ち、かつ前走から2か月以上の間隔を空けて勝ったことがある馬(※)”です。

(※)…(9-4-3)

2・異文化交流経験

ドゥラメンテが勝利を収めた2015年は、ミルコ・デムーロ、クリストフ・ルメールの二人の外国人騎手が中央競馬の通年免許を取得することとなりましたが、その年から6年連続して連対馬を輩出しているのが”1勝目か2勝目に外国人騎手を起用していた馬(※)”です。

(※)…(4-3-3)

3・世代の中心

レース史上初めて1分57秒台の決着を見た2016年の皐月賞においては、”芝1600m以上の重賞で1勝以上、かつ3着以内率100%の馬(※)”が上位独占を果たしましたが、このデータに該当する馬に関しては23年連続して3着以内入線を果たしています。

(※)…(13-12-15)

☆昨年の上位3頭

1着・コントレイル(1・2・3に該当)

2着・サリオス(1・2・3に該当)

3着・ガロアクリーク(2に該当)

昨年は無敗の2歳G1勝ち馬2頭によるマッチレースとなった皐月賞。前走ホープフルSからの参戦となったコントレイルが2019年のサートゥルナーリアに次いで無敗でホープフルS、皐月賞の連勝を果たすことになりましたが、ホープフルSがG1に昇格してから最初に行われた2018年以降ではホープフルS出走馬による3着以内入線が必ず1頭はあり、そこを軸にしながら予想を展開させていくのが良いかもしれません。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当

・連勝経験持ち、かつ前走から2か月以上の間隔を空けて勝ったことがある馬

アドマイヤハダル、エフフォーリア、グラティアス、ステラヴェローチェ、ダノンザキッド、ヨーホーレイク

※2に該当

・1勝目か2勝目に外国人騎手を起用していた馬

グラティアス

※3に該当

・芝1600m以上の重賞で1勝以上、かつ3着以内率100%の馬

ヴィクティファルス、エフフォーリア、グラティアス、ダノンザキッド、ラーゴム、レッドベルオーブ

※該当なし

アサマノイタズラ、イルーシヴパンサー、シュヴァリエローズ、タイトルホルダー、ディープモンスター、ルーパステソーロ、ワールドリバイバル

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 09:31:47 | コメント(0)
第81回桜花賞の”三本柱”【一部修正有・4月9日更新】
「来年のダービー馬はもう見えている」と題している当ブログでは八大競走を重んじながら予想記事等を展開していますが、次の日曜日は八大競走の初戦となる桜花賞が行われます。2006年12月に阪神競馬場がリニューアルされてからの開催としては15回目となる今年の桜花賞ですが、どんなデータを持つ馬が優位に立てるのでしょうか。

(昨年の展望記事・第80回桜花賞の”三本柱”

1・連対率100%で大願成就

阪神競馬場が今の形になってからの開催としては14回行われている桜花賞。その中で、2009年から2015年まで7年連続で日本ダービー馬を父に持つ馬が勝利し、連対馬輩出という形でも2016年まで継続していましたが、その記録が一度途切れることになった2017年から4年連続している優勝馬を輩出しているのが”2歳時に1勝以上、かつ2勝目がオープンクラスでその時点で連対率100%の馬(※)”です。

(※)…(4-3-2)

2・芝1600m重賞で一発解答

今年の開催で現行のコースとしての開催が15回目となる桜花賞ですが、その最初の年となった2007年以降必ず連対馬を輩出していたのが、”芝1600m重賞初挑戦初連対を果たしていた馬(※)”です。

(※)…(10-10-7)

3・連勝経験で才気煥発

桜花賞で上位争いをするのに最も重要な資質として挙げられるのが勢いで、2007年以降の3着以内入線馬を見ていくと2頭以上は連勝経験を持っています。その上でさらにデータを深めていくと、”オープンクラスの勝利を連勝する形でものにした馬(※)”が必ず1頭は連対してきています。

(※)…(9-11-9)

☆昨年の上位3頭

1着・デアリングタクト(1・3に該当)

2着・レシステンシア(1・2・3に該当)

3着・スマイルカナ(2・3に該当)

昨年は1997年以来23年ぶりに雨中の開催となった桜花賞。前年の2019年に阪神ジュベナイルフィリーズを無敗で逃げ切ったレシステンシアを無敗のエルフィンS優勝馬であるデアリングタクトが差し切り、そこからデアリングタクトは日本競馬史上初となる無敗の3歳牝馬三冠馬となりましたが、2007年以降で3歳牝馬三冠馬が誕生したのは2010年のアパパネを皮切りに4頭います。アパパネ以外の3頭は3歳時に芝1600mのオープンクラスのレースで勝利を収めてきていますが、アパパネにしても前年の2009年に阪神ジュベナイルフィリーズを制していますし、ここ5年で見ても芝1600mのオープンクラスのレースで勝ち上がっている馬による連対は必ず1頭は果たしているので、そこから予想に入っていくのも良いかもしれません。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当

・2歳時に1勝以上、かつ2勝目がオープンクラスでその時点で連対率100%の馬

ソダシ、ファインルージュ、ブルーバード、メイケイエール、ヨカヨカ

※2に該当

・芝1600m重賞初挑戦初連対を果たしていた馬

アールドヴィーヴル、アカイトリノムスメ、エリザベスタワー、サトノレイナス、ソダシ、ファインルージュ、ホウオウイクセル

※3に該当

・連勝経験のある馬(オープンクラスの勝利を連勝する形でものにした馬は馬名に下線

アカイトリノムスメ、サトノレイナス、ソダシファインルージュブルーバードメイケイエールヨカヨカ

※該当なし

エンスージアズム、ククナ、シゲルピンクルビー、ジネストラ、ストゥーティ、ストライプ、ソングライン、ミニーアイル

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 19:22:25 | コメント(0)
第65回有馬記念の”三本柱”
新型コロナウィルスの感染拡大が心配される中、無事に枠順抽選会を終えることができた有馬記念。出走馬に関しては今年の牡馬、牝馬の三冠馬2頭が不在となっているものの、G1馬の数で言えば8頭と出走馬の半数を占めていますが、有馬記念において優位に立つデータとはいかなるものでしょうか。

(展望記事・第64回有馬記念の”三本柱”

1・重荷を負っても勝つ

古馬の牡馬が出走できる芝のG1としては高松宮記念、大阪杯、スプリンターズS、マイルCS、そしてジャパンCと同じ斤量設定となっている有馬記念ですが、ディープインパクトが引退レースに勝利をあげた2006年から14年連続優勝馬輩出中の”有馬記念よりも重い斤量で勝利経験のある、年内の重賞勝ち馬(※)”です

(※)…(14-8-10)

2・霜月から師走へ

2014年にスタンド改修工事が行われ、その際に芝の手入れ方法も変わったとされる中山競馬場ですが、その2014年から6年連続優勝馬輩出中となっているのが”11月のレースで優勝実績のある馬(※)”です。

(※)…(6-3-3)

3・始め良ければ終わり良し

今年はサンデーレーシング三銃士がレースの中心となりそうな有馬記念ですが、クラシック三冠馬ナリタブライアンが勝利した1994年から26年間継続して3着以内入線馬を輩出しているのが”年内初戦を勝ち上がってきた馬(※)”です。

(※)…(13-13-12)

☆昨年の上位3頭

1着・リスグラシュー(1・2に該当)

2着・サートゥルナーリア(1・3に該当)

3着・ワールドプレミア(1・3に該当)

昨年の有馬記念はG1馬の出走が11頭もある絢爛豪華な一戦となる中、宝塚記念、コックスプレートと国内外のG1を連勝中だったリスグラシューが2019年の皐月賞馬であるサートゥルナーリア以下を5馬身千切って勝利を収めました。今年の出走馬の中で年内の海外遠征戦を経た馬は皆無ですが、今開催の中山競馬場の芝は2014年以降では最も時計がかかるコンディションになっているように思われ、海外遠征で素質開花が見込める血統を持つ馬を狙ってみるのも一興です。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当

・有馬記念よりも重い斤量で勝利経験のある、年内の重賞勝ち馬

オーソリティ、クロノジェネシス、バビット、フィエールマン、ラッキーライラック

※2に該当

・11月のレースで優勝実績のある馬

オーソリティ、クレッシェンドラヴ、ブラストワンピース、ペルシアンナイト、ラヴズオンリーユー、ラッキーライラック

※3に該当

・年内初戦を勝ち上がってきた馬

オセアグレイト、クロノジェネシス、バビット、フィエールマン、ブラストワンピース、モズベッロ、ユーキャンスマイル

※該当なし

カレンブーケドール、キセキ、サラキア、ワールドプレミア

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 18:54:00 | コメント(0)
第40回ジャパンCの”三本柱”
2020年、日本競馬のクライマックスがここにあると言っても過言ではない、11月29日のジャパンC。無敗で牝馬三冠を制した馬と無敗でクラシック三冠を制した馬が同期にいて、その2頭が初顔合わせとなるのも偉業ですが、そこに一昨年の牝馬三冠馬であり、同じ年にジャパンCを制した上で、先日の天皇賞【秋】において日本調教馬としては初めてG1・8勝馬となったアーモンドアイの参戦もあり、ダービーコースである東京芝2400mで行われるドリームレースという様相を呈していますが、出走馬の中で優位に立つデータとはどんなものでしょうか。

(昨年の展望記事・第39回ジャパンCの”三本柱”

1・王者の証「芝2400m以上の重賞勝ちと東西で重賞勝ち」

2006年のディープインパクトから14年連続して日本調教馬が勝利しているジャパンCですが、2016年のキタサンブラックを最後に、日本人騎手を乗せた馬が勝てていません。

そんな2016年から4年連続優勝馬を輩出しているのが”芝2400m以上の重賞勝ちを有し、かつ東西で重賞を1勝ずつ以上している馬(※)”です。

(※)…(4-1-4)

2・秋競馬に親しみがあることが連対の秘訣

2008年のジャパンCを制したスクリーンヒーロー。今は中央競馬の通年免許を持っている外国人騎手の一人であるミルコ・デムーロ騎手を背にして結果を残しましたが、当時のスクリーンヒーローはG1への出走が初めてで、日本調教馬としては初めてG1初挑戦の馬によるジャパンC優勝馬が誕生しました。

そんな2008年から12年連続して連対馬を輩出し続けているのが”下半期の芝2000m超の重賞を勝ち上がっている馬(※)”です。

(※)…(7-7-6)

3・年内最初の芝2000m重賞好走歴が3着以内に入る方法

1996年はイギリスのシングスピールが勝利したジャパンC。外国人騎手として最も多くのジャパンCの勝利回数を誇っているフランキー・デットーリ騎手にとっては最初のジャパンC制覇でしたが、この時2着に来たファビラスラフインはその年に新設されたG1・秋華賞の勝利をステップに参戦してきた馬で、日本調教馬の3歳馬として初めてジャパンCの連対を果たしました。

そんな1996年から24年連続で3着以内入線馬輩出中となっているのが”年内最初の芝2000m重賞で3着以内に来た馬(※)”です。

(※)…(12-13-15)

☆昨年の上位3頭

1着・スワーヴリチャード(1・2に該当)

2着・カレンブーケドール(3に該当)

3着・ワグネリアン(1・2・3に該当)

昨年は2003年以来16年ぶりに良馬場以外の開催となったジャパンC。3枠から内側の馬でワンツースリーとなりましたが、ここ4年続けて1枠の馬が連対し、二桁馬番の馬による連対が2015年1着のショウナンパンドラを最後に途切れています。今年は15頭立てのレースになる中で三冠馬3頭が真ん中の8番枠より内側に入っており、1枠から4枠に入った7頭全てが近3走内に重賞連対実績とG1・3着以内入線実績を持っているので、この中から上位3頭を選ぶのが上策のように思えます。

☆今年の出走馬とデータマッチ【中央馬のみ】

※1に該当

・芝2400m以上の重賞勝ちを有し、かつ東西で重賞を1勝ずつ以上している馬

アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト、パフォーマプロミス、ユーキャンスマイル

※2に該当

・下半期の芝2000m超の重賞を勝ち上がっている馬

アーモンドアイ、キセキ、グローリーヴェイズ、コントレイル、パフォーマプロミス、マカヒキ、ミッキースワロー、ワールドプレミア

※3に該当

・年内最初の芝2000m重賞で3着以内に来た馬

アーモンドアイ、コントレイル、デアリングタクト、パフォーマプロミス

※該当なし

カレンブーケドール、クレッシェンドラヴ、トーラスジェミニ、ヨシオ

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 19:58:45 | コメント(0)
第162回天皇賞【秋】の”三本柱”
今年は一昨年と同様に12頭立てのレースとなった天皇賞【秋】。今の日本の現役馬において最も多くの芝G1を勝ち上がっているアーモンドアイが牝馬では初めてとなる天皇賞の連覇、そして日本競馬史上初となる芝G1・8勝馬に向けて挑戦しますが、天皇賞【秋】において優位に立てるデータとは一体どんなものでしょうか。

(昨年の展望記事・第160回天皇賞【秋】の”三本柱”

1・王道G1”初戦”ゆえ…

天皇賞【秋】は、古馬が出走できる秋の王道G1の初戦を飾るレースになっていますが、2015年のラブリーデイから5年連続で優勝馬を輩出しているのが”下半期の関西芝重賞で優勝経験を持つ馬(※)”です。

(※)…(5-2-1)

2・初めての東京競馬場のオープンクラス

次に近年連対馬を輩出しているデータですが、ブエナビスタが勝利した2010年から10年連続連対馬輩出しているのが”初めての東京芝のオープンクラスで3着以内に入ってきた馬(※)”です。

(※)…(6-9-8)

3・初めての芝2000m重賞

3年前から大阪杯がG1に昇格したことにより、古馬が出走できる芝2000mのG1が2つになりましたが、そういった中で天皇賞【秋】において優位に立てるのが”芝2000m重賞初出走初連対の馬(※)”であることで、26年連続して3着以内入線馬を輩出中となっています。

(※)…(14-20-14)

☆昨年の上位3頭

1着・アーモンドアイ(1・2・3に該当)

2着・ダノンプレミアム(1・2・3に該当)

3着・アエロリット(2に該当)

昨年は芝1600mのG1勝ちがある馬によるワンツースリーとなった天皇賞【秋】。出走当時はG1未勝利だったジャスタウェイが前年の牝馬三冠馬ジェンティルドンナに対して4馬身差をつけて勝利した2013年以降、芝1600m重賞で優勝実績のある馬が3着以内に入り続けていますが、レースレコードとなった昨年はそれが極まったという感じがいたします。

ちなみに、近5年に関しては年内にG1を勝っていた馬が4回勝利していますが、いずれも2走以上前に結果を出しているという点は注意が必要です。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当

・下半期の関西芝重賞で優勝経験を持つ馬

アーモンドアイ、カデナ、キセキ、クロノジェネシス、ダノンプレミアム、フィエールマン

※2に該当

・初めての東京芝のオープンクラスで3着以内に入ってきた馬

アーモンドアイ、キセキ、クロノジェネシス、ダイワキャグニー、ダノンキングリー、ダノンプレミアム

※3に該当

・芝2000m重賞初出走初連対の馬

アーモンドアイ、カデナ、クロノジェネシス、ジナンボー、ダノンプレミアム

※該当なし

ウインブライト、スカーレットカラー、ブラストワンピース

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 18:33:45 | コメント(0)
次のページ