■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第77回皐月賞の”三本柱”
今年は69年ぶりとなる牝馬による制覇に大きな関心が寄せられている皐月賞。前走フラワーCまで3戦全勝とし、そのフラワーCでは2着馬に5馬身の差をつけて圧勝したファンディーナが、金曜日発売終了時点で断然の1番人気に支持されていましたが、ファンディーナの皐月賞制覇は有り得ることなのか、はたまた牡馬による反撃があるのか、例によって過去の好走データを検証していきます。

(昨年の展望記事・第76回皐月賞の”三本柱”【一部修正有】

1・”トライアル勝ち馬”に勝るとも劣らぬ主流派

”トライアルレース優勝馬(※)”が1頭も3着以内に入ってこなかったのが弥生賞、スプリングSの優勝馬2頭が回避した1996年を最後に途切れるほど、トライアルレースとの関連性が強い皐月賞。その上で、2010年以降の中山競馬場で行われた皐月賞においては”同一距離での連勝を果たしたことがあった馬(◇)”が毎年2頭以上3着以内に入ってきています。

(※…9頭)

(◇…5頭)

2・もう一つの主流派は”重賞初挑戦初勝利の馬”

3歳牡馬にとって最初のクラシックレースである皐月賞において、14年連続連対馬輩出を果たしているのが”重賞初挑戦初勝利の馬(※)”です。優勝馬に関しては過去10年で4頭と半数にも達していませんが、2007年以降では”弥生賞以前の重賞で結果を残している馬(◇)”が1頭以上3着以内入線を果たしています。

(※…6頭)

(◇…3頭)

3・次代の主軸を担う”年跨ぎの連勝馬”

2012年の6月から「ダービーウィークの翌週から2歳戦開始」の取り組みが始まった中央競馬ですが、その最初の世代である2013年から”2歳戦最終戦と3歳戦初戦を勝ち上がってきた馬(※)”が勝ち続けており、ここ3年はワンツーフィニッシュを決めています。

(※…4頭)

☆昨年の上位3頭

1着・ディーマジェスティ(2・3に該当)

2着・マカヒキ(1・2・3に該当)

3着・サトノダイヤモンド(1・2・3に該当)

昨年は3歳重賞を勝ち上がってきたディープインパクト産駒による上位独占が果たされた皐月賞。昨年の皐月賞上位3頭は、日本ダービーにおいても上位3頭を形成することとなり、ディープインパクト産駒の”本気”を見せつけられた印象がありますが、今年のレースにおけるディープインパクト産駒の参戦はファンディーナを含めて4頭おり、いずれも重賞勝ち馬ということから、今年も上位独占となる可能性は十分にあると言えます。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当

・皐月賞トライアル優勝馬

アダムバローズ、ウインブライト、カデナ

・同一距離での連勝を果たしたことがあった馬

アダムバローズ、アルアイン、ウインブライト、カデナ、キングズラッシュ、サトノアレス、ファンディーナ、プラチナヴォイス、レイデオロ

※2に該当

・重賞初挑戦初勝利の馬【弥生賞以前の重賞で果たしていない馬は馬名を()で囲う】

(ウインブライト)、カデナ、コマノインパルス、サトノアレス、トラスト、(ファンディーナ)、レイデオロ

※3に該当

・2歳戦最終戦と3歳戦初戦を勝ち上がってきた馬

カデナ

※該当なし

アウトライアーズ、アメリカズカップ、クリンチャー、スワーヴリチャード、ダンビュライト、ペルシアンナイト、マイスタイル

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 10:58:24 | トラックバック(0) | コメント(0)
第77回桜花賞の”三本柱”
昨日の午後2時に出走馬と枠順が発表された桜花賞。7枠に入った3頭がいずれもマイル重賞勝ち馬で、個人的には7枠の上位入線は堅いと考えていますが、この記事では桜花賞で優位に立てるデータについて触れていきます。

(昨年の展望記事・第76回桜花賞の”三本柱”

1・芝1600m重賞で一発解答

阪神競馬場が今の形になってからの開催としては10回行われている桜花賞ですが、その過去10回全てにおいて連対馬を輩出していたのが、”芝1600m重賞初挑戦初連対を果たしていた馬(※)”で、ここ5年の優勝馬は全てこれに該当しています。

(※…8頭)

2・芝1600m戦で真価発揮

昨年は8年ぶりに日本ダービー馬を父に持つ馬以外が勝利したものの、過去10年では2008年以外は全て日本のクラシック優勝馬を父に持つ馬が勝利している桜花賞ですが、優勝できた日本のクラシック優勝馬の産駒を見ていくと”阪神ジュベナイルフィリーズ以外の芝1600mのオープンクラスで優勝実績がある馬(※)”、もしくは”芝1600m戦で上がり3ハロン34秒0以内の脚を使って3着以内入線の実績を持つ馬(◇)”のどちらかを満たした上で、”阪神芝1600m以外の3着以内率が100%、かつ阪神以外の芝1600m戦で連対実績がある馬(☆)”が結果を残しています。

(※☆…4頭)

(◇☆…7頭)

3・連勝経験で才気煥発

桜花賞で上位争いをするのに最も重要な資質として挙げられるのが勢いで、2007年以降の3着以内入線馬を見ていくと2頭以上は連勝経験を持っています。その上でさらにデータを深めていくと、”オープンクラスの勝利を連勝する形でものにした馬(※)”が必ず1頭は連対してきています。

(※…5頭)

☆昨年の上位3頭

1着・ジュエラー(1・2に該当)

2着・シンハライト(1・2・3に該当)

3着・アットシーサイド(3に該当)

昨年のレースにおいて13番、12番、10番の順で入線したように、連対馬の馬番が隣同士、あるいは上位3頭の中で隣同士の枠番か同一枠番の組み合わせが発生しやすい桜花賞。好走する枠番に偏りが見られるとも言いかえられますが、中でも7枠・8枠のいずれかの枠に入った馬が3着以内に1頭もいなかった年は、リニューアル後の開催10年の中では2010年と2015年の2回だけで、その枠順に入った有力馬の評価はより高めておくと、軸を決めやすくなるということは言えます。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当

・芝1600m重賞初挑戦初連対を果たしていた馬

アエロリット、アドマイヤミヤビ、ヴゼットジョリー、ジューヌエコール、ソウルスターリング、ミスパンテール、リスグラシュー

※2に該当【日本のクラシック優勝馬を父に持つ馬は馬名に下線

・阪神ジュベナイルフィリーズ以外の芝1600mのオープンクラスで優勝実績がある馬

アドマイヤミヤビ、ヴゼットジョリー、サロニカ、ジューヌエコール、ソウルスターリング、リスグラシュー

・芝1600m戦で上がり3ハロン34秒0以内の脚を使って3着以内入線の実績を持つ馬

アエロリット、アドマイヤミヤビ、ヴゼットジョリー、サロニカ、ジューヌエコール、ソウルスターリング、ミスエルテ、ミスパンテール、リスグラシュー

・”阪神芝1600m以外の3着以内率が100%、かつ阪神以外の芝1600m戦で連対実績がある馬

アエロリット、アドマイヤミヤビ、ヴゼットジョリー、サロニカ、ソウルスターリング、リスグラシュー

※3に該当

・オープンクラスの勝利を連勝する形でものにした馬

アドマイヤミヤビ、ヴゼットジョリー、カラクレナイ、ジューヌエコール、ソウルスターリング、ミスエルテ、ライジングリーズン、リスグラシュー、レーヌミノル

※該当なし

アロンザモナ、カワキタエンカ、ゴールドケープ、ショーウェイ、ディアドラ、ベルカプリ

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 06:45:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
第61回大阪杯の”三本柱”
今年からG1に昇格し、4月2日に行われる大阪杯。高松宮記念と桜花賞の間に行われる一戦であり、高松宮記念から皐月賞まで4週連続でG1開催という番組編成を作り出しました。今年に関してはフルゲートにならないレースであることが確定していますが、G1レースとしての歴史をどのように積み重ねていくのか、まずはG2時代の大阪杯において好走歴を多く重ねてきたものについて触れていくことにします。

1・格の積み重ね

直近3年のレースレーティングが115以上であったこと等により、今年からG1に昇格した大阪杯ですが、2013年から毎年連対馬を輩出しているのが”芝2000m超のG1勝ち馬(※)”、もしくは”前年の重賞において2戦以上連続して掲示板を確保してきた馬(◇)”となっています。

(※…3頭)

(◇…4頭)

2・G1連対

平成に入ってからの大阪杯においては、クラシックの優勝馬が10回勝利を収めていますが、14年連続3着以内入線馬を輩出しているのが”前年のG1連対馬(※)”です。

(※…7頭)

3・重賞連続好走

1のデータの中で、”前年の重賞において2戦以上連続して掲示板を確保してきた馬”が連対馬候補として選べるという内容のことを書きましたが、その中身をもう少し精査していくと、”前年の重賞において2戦以上連続して3着以内に入った馬(※)”が10年連続3着以内入線馬を輩出しています。

(※…7頭)

☆昨年の上位3頭

1着・アンビシャス(1・3に該当)

2着・キタサンブラック(1・2・3に該当)

3着・ショウナンパンドラ(1・2・3に該当)

昨年は11頭立てのレースになる中で5頭がG1馬だった大阪杯。その5頭を退けて大阪杯を制したのが、当時重賞勝ちがラジオNIKKEI賞のみだったアンビシャスでしたが、アンビシャスは大阪杯の一つ前に出走した中山記念において同期の春クラシック二冠馬ドゥラメンテに次ぐ2着に入り、素質開花の感がありました。残念ながら、昨年の大阪杯を勝利したアンビシャスはG1で未だに3着以内入線実績がありませんが、2007年以降に4歳馬で大阪杯を制した馬は自身を含めて6頭おり、3歳時に海外遠征を経験したキズナを除いた5頭が後にG1で3着以内入線実績を一度は積んでいることから、1年ぶりの舞台でいきなり結果を残してくる可能性は高く見積もった方が良いかもしれません。

☆今年の登録馬とデータマッチ

※1に該当

・芝2000m超のG1勝ち馬

キタサンブラック、サトノクラウン、マカヒキ

・前年の重賞において2戦以上連続して掲示板を確保してきた馬

アンビシャス、キタサンブラック、ステファノス、ディーマジェスティ、ディサイファ、マカヒキ、ミッキーロケット、モンドインテロ、ヤマカツエース

※2に該当

・前年のG1連対馬

キタサンブラック、サトノクラウン、ディーマジェスティ、マカヒキ

※3に該当

・前年の重賞において2戦以上連続して3着以内に入った馬

アンビシャス、キタサンブラック、ステファノス、ディーマジェスティ、マカヒキ

※該当なし

アングライフェン、サクラアンプルール、スズカデヴィアス、マルターズアポジー、ロードヴァンドール

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 22:28:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
第34回フェブラリーSの”三本柱”
今年は2017年の開催15日目に行われることになったダートのG1・フェブラリーS。登録馬が26頭もいたレースで、実際にどの馬が出てくるか、騎手の選定も含めてなかなか判別がつきにくかったところもありましたが、木曜日に無事に発表を受けて今回の記事をアップする段となりました。”芝スタートのダートG1”という特殊な東京ダート1600m戦、その舞台で輝きを放つ出走馬がどんな特徴を有しているのか、下記のデータを踏まえて検証していきます。

なお、今回からG1の展望においては提示する好走データの期間内における勝利数についても触れていくことにします。

(昨年の展望記事・第33回フェブラリーSの”三本柱”

1・”東京ダート1600m”という特殊コース

冒頭でも触れたように、中央競馬におけるダート1600m戦は芝スタートである東京競馬場のみ開催されています。そんなコースで行われるフェブラリーSは、今の東京競馬場の形になってからの開催としては今年で14回目となりますが、2005年以外の12回においては、”東京ダート1600mのオープンクラスを勝ち上がってきた馬(※)”が3着以内に1頭は入ってきています。

(※…4頭)

2・適性と鮮度の高さが問われる”年内最初のG1の矜持”

2014年から中央競馬のダートG1は左回りのみとなりましたが、東京競馬場がリニューアルされて最初に行われた2004年以降では、”前年秋以降に左回りの国内ダート重賞を勝っていた馬(※)”、あるいは”左回りのダート重賞出走時に先着を許した馬がダートG1馬のみの馬(◇)”、いずれかに該当する馬が毎年1頭は連対しています。

(※…8頭)

(◇…2頭)

3・王者の証”ダート重賞で1番人気1着”

ここ4年続けて”ダート重賞で1番人気1着の経験のある馬”が勝ち続けているフェブラリーS。コパノリッキーが連覇を達成した2015年も”ダート重賞で1番人気1着の経験のある馬(※)”であったインカンテーションが2着に入りましたが、この時を含めて4年連続して連対馬を輩出する格好となっているのが”ダート重賞で1番人気1着の経験のある、フェブラリーS初出走馬(◇)”です。

(※…3頭)

(◇…3頭)

☆昨年の上位3頭

1着・モーニン(2・3に該当)

2着・ノンコノユメ(1・2に該当)

3着・アスカノロマン(2に該当)

昨年は7年ぶりに4歳馬によるワンツーフィニッシュとなったフェブラリーS。フェブラリーSがG1に昇格してから、4歳馬によるワンツーフィニッシュが決まったのは1997年、2005年、2006年、2009年、そして昨年と計5回ありますが、2009年以外の4回は同期の4歳馬が上半期・下半期のいずれかで中央競馬G1を2勝以上しており、世代レベルをある程度推しはかることができると言えます。

また、ここ10年の優勝馬の馬齢を見ていくと、4歳馬が3勝、5歳馬が5勝、6歳馬が2勝となっていますが、5歳以上の優勝馬7頭のうち、連覇を達成した2015年のコパノリッキーを除いた4頭は前年の優勝馬と同期の馬となっており、昨年の優勝馬と同期のライバル馬の成長には注意を払う必要があるレースにもなっています。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当

・東京ダート1600mのオープンクラスを勝ち上がってきた馬

ゴールドドリーム、コパノリッキー、ノンコノユメ、ブライトライン、ベストウォーリア、モーニン

※2に該当

・前年秋以降に左回りの国内ダート重賞を勝っていた馬

カフジテイク、コパノリッキー、サウンドトゥルー、ホワイトフーガ

・左回りのダート重賞出走時に先着を許した馬がダートG1馬のみの馬

なし

※3に該当

・ダート重賞で1番人気1着の経験のある馬【フェブラリーS初出走馬は馬名に下線

アスカノロマン、インカンテーション、カフジテイクケイティブレイブ、コパノリッキー、ベストウォーリア、ホワイトフーガ、モーニン

※該当なし

エイシンバッケン、キングズガード、デニムアンドルビー、ニシケンモノノフ

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 00:27:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
第61回有馬記念の”三本柱”(一部修正有)
明日は2歳馬の頂点を決める朝日杯フューチュリティSの開催がありますが、グランプリ・有馬記念の開催までは既に10日を切りました。今年はクリスマス決戦となる有馬記念ですが、その有馬記念において優位に立てるデータをここに書き記しておこうと思います。

(昨年の展望記事・第60回有馬記念の”三本柱”

1・始め良ければ終わり良し

今年で61回目を迎えることになった有馬記念ですが、クラシック三冠馬ナリタブライアンが勝利した1994年から22年間継続して3着以内入線馬を輩出しているのが”年内初戦を勝ち上がってきた馬”です。

2・八大競走最終戦として

1年の締めを飾る有馬記念は創設時のコンセプトであるオールスター戦の様相を見事なまでに体現しているG1の中のG1であり、日本ダービーを頂点とした五大クラシック、春秋の天皇賞と並ぶ”八大競走”の最終戦に位置付けられていますが、グラスワンダーが連覇を達成した1999年以降、クラシックの連対馬による3着以内入線が続いています。

この中で、クラシックの優勝馬による3着以内入線は11年間続いていますが、3着以内に入ってきた上で最先着を確保したクラシックの優勝馬は、”年内最初のG1(国内外問わず)で3着以内に入っている馬”、もしくは”年内最初の重賞を勝ち上がっている馬”のいずれかに該当しています。これに対し、クラシックの最高着順が2着に甘んじていた馬たちの3着以内入線は、クラシック連対馬による3着以内入線が始まった1999年以降では11頭いますが、11頭全てに該当していたのが”クラシックレースの連対以外で芝2000m超のオープンクラスで連対実績を持っていたこと”であり、連対を果たした8頭はいずれも先のデータを3歳時に達成していた馬たちでした。

3・重荷を負っても勝つ

古馬の牡馬が出走できる芝のG1としては高松宮記念、スプリンターズS、マイルCS、そしてジャパンCと同じ斤量設定となっている有馬記念ですが、ディープインパクトが引退レースに勝利をあげた2006年から10年連続して3着以内入線馬輩出しているのが”有馬記念の斤量よりも重い斤量で勝利経験のある古馬”です。

☆昨年の上位3頭

1着・ゴールドアクター(1・3に該当)

2着・サウンズオブアース(2に該当)

3着・キタサンブラック(1・2に該当)

グレード制が導入された1984年以降としては初めてG1を勝っていない馬によるワンツーフィニッシュとなった昨年の有馬記念。そういった中で、上位3頭は年は違えど菊花賞で3着以内に入ってきた馬たちでしたが、2005年2着のディープインパクトを皮切りに11年連続して連対馬を輩出し続けているのが”10月の京都芝G1で3着以内に入った経験を持つ馬”で、ここ5年に関して言えば”京都芝G1で連対経験のある、有馬記念初出走馬”が結果を残し続けています。

また、有馬記念に関して言えば、昨年の上位3頭のように有馬記念初出走馬による活躍こそ重んじるべきレースであり、リピーターになるには有馬記念以外のG1を2勝以上していないと厳しいところがあることを踏まえて予想を組み立てることが肝要となります。

☆今年の登録馬とデータマッチ【出走不可のトーセンバジルは除く】

※1に該当

・年内初戦を勝ち上がってきた馬

ゴールドアクター、サトノダイヤモンド、ヤマカツエース

(除外)なし

※2に該当

・年内最初のG1(国内外問わず)で3着以内に入っているクラシック優勝馬

キタサンブラック、サトノダイヤモンド、ミッキークイーン

(除外)なし

・年内最初の重賞を勝ち上がっているクラシック優勝馬

サトノダイヤモンド

(除外)なし

・”クラシックレースの最高着順が2着”で、クラシックレースの連対以外で芝2000m超のオープンクラスで連対実績を持っていた馬【3歳で果たしていた馬は馬名に下線

サウンズオブアース、サトノノブレス

(除外)なし

※3に該当

・有馬記念の斤量よりも重い斤量で勝利経験のある古馬

キタサンブラック、ゴールドアクター、サトノノブレス、シュヴァルグラン、マリアライト

(除外)なし

※該当なし

アドマイヤデウス、アルバート、サムソンズプライド、デニムアンドルビー、ヒットザターゲット、マルターズアポジー、ムスカテール

(除外)トウシンモンステラ

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 00:12:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad