■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第78回菊花賞の”三本柱”
二冠馬を除く日本ダービー馬の不参加が当たり前のものになりつつある菊花賞。昨年はG1で3着以内に入ってきた経験のある馬たちで1着から3着まで占められましたが、今年はどんな実績を持つ馬たちが結果を残すのでしょうか。

(昨年の展望記事・第77回菊花賞の”三本柱”【一部修正有】

1・軸は”クラシック好走馬”

神戸新聞杯が芝2400mとなった2007年以降で、春のクラシックにおいて3着以内に入ってきた馬の菊花賞の成績は(6-3-1-17)となっております。その中で、3着以内に入ってきた10頭は全て”デビューから2戦を終えた時点で1勝以上、かつ連対率100%を確保していた馬”でしたが、勝った6頭は全て”下半期初戦において人気以上の結果を残してきた馬”でした。

2・要は”神戸新聞杯”

菊花賞の前哨戦の中で最も重要なレースが阪神芝2400mの神戸新聞杯で、2007年以降で見ていくと2007年と2009年以外の8回において神戸新聞杯出走馬が3着以内に2頭入ってきています。その中で、”デビュー戦を勝ち上がり、クラシックを連対してきた神戸新聞杯優勝馬”、もしくは”古馬混合1000万下への出走歴がある神戸新聞杯3着馬”のいずれかに該当している馬が勝利を収めてきていますが、前者に関しては”神戸新聞杯の2着馬が皐月賞後から神戸新聞杯出走前までの成績を2戦以上かつ勝率5割以上としてきた馬”だった時、後者に関しては”神戸新聞杯の優勝馬がG1馬、かつ神戸新聞杯の2着馬が菊花賞を回避、もしくは重賞未勝利馬”だった時にそれぞれ勝利を挙げています。

3・肝は”関東重賞着外”

昨年は美浦所属の皐月賞馬ディーマジェスティが4着に沈み、菊花賞における関東馬の連対は2004年2着のホオキパウェーブを最後に途切れていますが、その一方で躍進しているのが”関西芝重賞で連対実績を持ち、かつ関東重賞で着外になった経験を持つ馬(※)”で、2010年から7年連続して連対馬を輩出し続けています。

(※…3頭)

☆昨年の上位3頭

1着・サトノダイヤモンド(1・2に該当)

2着・レインボーライン(3に該当)

3着・エアスピネル(3に該当)

昨年のクラシックは桜花賞を除いて全てディープインパクト産駒が勝利を収めましたが、その勝利は全て異なる馬たちによって果たされ、ディープインパクト産駒の可能性の大きさを示すこととなりました。

一方で、菊花賞においては昨年も含めて、1枠か2枠に入った馬による3着以内入線が6年連続となっていますが、ここ6年の中で二桁馬番の馬による3着以内入線は11頭にも及び、単純な数の上では外側の枠に入った馬の方が優位に立っています。この中で、連対にまで漕ぎ着けた6頭はいずれも下半期最初の重賞で3着以内に入ってきた馬たちで、ある程度実力が伴っていないと、菊花賞の連対馬となることは難しいものとなっています。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1の参考データ

・春のクラシックで3着以内に入った馬による”デビューから2戦を終えた時点の成績”

アルアイン(皐月賞1着)…(2-0-0-0)

ダンビュライト(皐月賞3着)…(1-1-0-0)

・春のクラシックで3着以内に入った馬による”下半期初戦の人気と着順”

アルアイン…セントライト記念(1番人気2着)

ダンビュライト…神戸新聞杯(4番人気4着)

※2の参考データ

・神戸新聞杯出走馬

1着・レイデオロ【回避】→”G1馬”、”デビュー戦を勝ち上がったクラシック連対馬”

2着・キセキ→”皐月賞後から神戸新聞杯前までの成績(2-1-0-0)”、”重賞未勝利”

3着・サトノアーサー→”古馬混合1000万下への出走歴・なし”

4着・ダンビュライト

6着・ベストアプローチ

7着・マイスタイル

10着・アダムバローズ

※3に該当

・関西芝重賞で連対実績を持ち、かつ関東重賞で着外になった経験を持つ馬

アルアイン、サトノアーサー

※該当なし

アダムバローズ、ウインガナドル、キセキ、クリノヤマトノオー、クリンチャー、サトノクロニクル、スティッフェリオ、トリコロールブルー、プラチナヴォイス、ブレスジャーニー、ベストアプローチ、ポポカテペトル、マイスタイル、マイネルヴンジュ、ミッキースワロー

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 20:29:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
第22回秋華賞の”三本柱”
今週と来週は京都競馬場で3歳G1が行われますが、今週行われる秋華賞は3歳牝馬限定の一戦となります。今年は昨年と同様にオークス馬不在のレースとなりますが、どういったデータを持ち合わせている馬が優位に立てるのでしょうか。

(昨年の展望記事・第21回秋華賞の”三本柱”【一部修正有】

1・日本ダービー馬を父に持った上で有すべき実績

2009年から2015年にかけて、3歳牝馬三冠の初戦にあたる桜花賞において日本ダービー馬の産駒が勝利し続けてきましたが、この秋華賞においても2009年以降では日本ダービー馬の産駒が3着以内に1頭は必ずいました。

その上で、連対できた日本ダービー馬の産駒を見ていくと、”キャリア6戦以内で2ターンのレースを勝ち上がっている馬(※)”、もしくは”阪神芝外回りのレースを3歳上半期までに勝利している馬(◇)”に該当していました。

(※…5頭)

(◇…3頭)

2・父が日本ダービー馬でない馬による逆襲のカギ

2004年の日本ダービー馬であるキングカメハメハの産駒・アパパネが3歳牝馬三冠戦を完全制覇した2010年以降、日本ダービー馬の産駒と日本ダービーを勝てなかった国内G1優勝馬の産駒との対決の色彩が濃くなっている秋華賞ですが、日本ダービーを勝てなかった国内G1優勝馬の産駒が連対を果たしていた時の共通のデータとして、”3歳G2で3着以内入線実績持ち(※)”といったことが挙げられます。

(※…1頭)

3・ここ3年におけるワンツーフィニッシュ

ここ3年の上位3頭の傾向を見ていくと1着馬が1のデータに、2着馬が2のデータに該当していますが、1のデータに該当していた1着馬は”3歳時に芝2000m以上の勝利経験を有した馬”であったのに対し、2のデータに該当していた2着馬は”4戦目までの成績で3着以下1回、かつ重賞で連対実績を持った馬”となっていました。

☆昨年の上位3頭

1着・ヴィブロス(1・3に該当)

2着・パールコード(2・3に該当)

3着・カイザーバル(該当なし)

昨年は重賞に格上げされて最初の年だった紫苑S出走馬によるワンツーフィニッシュとなった秋華賞。もっとも、1着馬、2着馬共に紫苑Sでは敗れていた関西馬で、そこからの巻き返しで結果を残すこととなりましたが、上位3頭に共通して言えたのが3歳牝馬クラシックには出走してこなかった馬たちで、このような組み合わせになったのはオークス馬に加えて桜花賞馬も不在だった2002年以来の出来事でした。その上で、3歳牝馬クラシック不出走馬による秋華賞制覇は、昨年のものも含めて7回ありますが、そのうちの5回は桜花賞馬かオークス馬のいずれか、はたまた両者が不在だったレースであることから、今年も3歳牝馬クラシック不出走組に対する評価は高めておいた方が良いかもしれません。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当【日本ダービー馬の産駒限定】

・キャリア6戦以内で2ターンのレースを勝ち上がっている馬

ファンディーナ、リカビトス

・阪神芝外回りのレースを3歳上半期までに勝利している馬

カワキタエンカ、ブラックスビーチ、メイショウオワラ

※2に該当【日本ダービーを勝てなかった国内G1優勝馬の産駒限定】

・3歳G2で3着以内入線実績持ちの馬

リスグラシュー、レーヌミノル

※3に該当

・3歳時に芝2000m以上の勝利経験を有していた”1のデータ”の該当馬

リカビトス

・4戦目までの成績で3着以下1回、かつ重賞で連対実績を持った”2のデータ”の該当馬

レーヌミノル

※該当なし

アエロリット、ヴゼットジョリー、カリビアンゴールド、タガノヴェローナ、ディアドラ、ハローユニコーン、ブラックオニキス、ポールヴァンドル、ミリッサ、モズカッチャン、ラビットラン

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 21:39:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
第58回宝塚記念の”三本柱”
今年から大阪杯がG1に昇格したことにより、”春三冠”の最終戦に位置付けられることになった宝塚記念。今年は大阪杯、天皇賞【春】と連勝したキタサンブラックが参戦を表明し、”春三冠”の創設元年にいきなり三冠達成の偉業に挑む格好となりましたが、そんな宝塚記念において優位に立てるデータについて、これから触れていきます。

(昨年の展望記事・第57回宝塚記念の”三本柱”

1・年明けからの鮮度を活かして

ここ4年続けてG1勝ちのあるディープインパクト産駒の牝馬が3着以内に入り続け、昨年は前年のエリザベス女王杯優勝馬であるマリアライトが勝利を収めましたが、ここ4年の宝塚記念において最先着入線を果たした牝馬は”当年の3月以降の重賞で連対実績を残している馬(※)”となっています。

一方で、ここ4年の宝塚記念における牡馬の最先着馬は、いずれも”年内最初のレースを勝ち上がってきた馬(◇)”となっています。

(※…1頭)

(◇…3頭)

2・年末の屈辱をバネにして

現行の6月末開催に移行された2000年以降、宝塚記念は”上半期最後のドリームレース”と称されたりもしていますが、そんな宝塚記念において上位争いを繰り広げてきた馬の共通項の一つに、「前年最後のレースが”宝塚記念とは正反対の時期にあたる12月の国内重賞”で、そこで着外に負けた馬(※)」というものがあり、阪神開催としては13年間継続して3着以内入線馬を輩出しています。

(※…6頭)

3・己の速さを武器にして

阪神競馬場がリニューアルされて初めて開催された2007年以降、”芝2000m未満の重賞勝ち馬(※)”が連対し続けていますが、そのデータを持つ馬のもう一つの特長を見ていくと”国内の年内最初のレースを連対してきた馬(◇)”ということが浮かび上がってきます。

(※…7頭)

(◇…6頭)

☆昨年の上位3頭

1着・マリアライト(1・2に該当)

2着・ドゥラメンテ(1・3に該当)

3着・キタサンブラック(3に該当)

昨年はグレード制導入後初めてG1馬による上位独占が果たされた宝塚記念。その上で、牝馬の強豪馬を数多く輩出してきたディープインパクト産駒による初めての父子宝塚記念制覇が果たされることになりましたが、ここ8年の連対馬の父を見ていくとステイゴールドか日本ダービー優勝馬か、あるいは春秋いずれかのグランプリ優勝馬に限られており、この辺りは父がG1馬ではないキタサンブラックにとっては少々苦しいところではあります。とは言え、キタサンブラックの父はディープインパクトの全兄であるブラックタイドで、ここ8年で5勝しているステイゴールド産駒のうち延べ4頭は母父が父内国産のメジロマックイーンだったので、血統的なマイナスがあるとは言い難いようにも思えます。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当

・当年の3月以降の重賞で連対実績を残している牝馬

ミッキークイーン

・年内最初のレースを勝ち上がってきた牡馬

キタサンブラック、サトノクラウン、ミッキーロケット

※2に該当

・前年最後のレースが”宝塚記念とは正反対の時期にあたる12月の国内重賞”で、そこで着外に負けた馬

シュヴァルグラン、ヒットザターゲット、ミッキークイーン

※3に該当

・芝2000m未満の重賞勝ち馬(国内の年内最初のレースを連対してきた馬は馬名に下線

キタサンブラックサトノクラウン、ヒットザターゲット、ミッキークイーン、レインボーライン

※該当なし

クラリティシチー、ゴールドアクター、シャケトラ、スピリッツミノル

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 22:26:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
第67回安田記念の”三本柱”
2017年の日本ダービーが終わり、今年も6月に差し掛かりましたが、今週は6週連続G1開催のトリを務める安田記念が行われます。今年は4年ぶりに外国馬が2頭参戦し、その時と同じようにフルゲートの開催となりそうですが、ウオッカが連覇を果たした2009年以降、日本馬の独壇場となっている安田記念において優位に立てるデータが如何様なものか、下記に書き連ねていきます。

(昨年の展望記事・第66回安田記念の”三本柱”

1・慣れ親しんだ斤量【その一】

上半期の東京5週連続G1のトリを飾るレースでもある安田記念は、古馬の斤量に関しては天皇賞や宝塚記念と同じ”牡馬58kg、牝馬56kg”という設定となっておりますが、ウオッカが連覇を果たした2009年以降、必ず連対馬を1頭以上輩出しているのが”安田記念と同一斤量以上で勝利経験を持つ馬(※)”となっております。

(※…6頭)

2・慣れ親しんだ斤量【その二】

1のデータでは”安田記念と同一斤量以上で勝利経験を持つ馬”による連対が続いているという話をしましたが、”前年、または当年のオープンクラスにおいて安田記念と同一斤量以上を背負い3着以内に来た馬(※)”については2006年2着のアサクサデンエンを起点として11年連続して3着以内入線馬を輩出し続けています。

(※…7頭)

3・国内の安定勢力

ウオッカが2勝目をあげた2009年以降において必ず3着以内入線馬を輩出しているデータの一つとして”国内の近3走で1勝以上、かつ3着以内率100%の馬(※)”があります。

(※…5頭)

☆昨年の上位3頭

1着・ロゴタイプ(2に該当)

2着・モーリス(1・2・3に該当)

3着・フィエロ(該当なし)

昨年は28年ぶりに12頭立てのレースとなった安田記念。海外G1を勝ち上がってきたモーリスとリアルスティールが人気を分け合う形になっていましたが、2013年の皐月賞馬であるロゴタイプがスローの逃げを展開して、そのまま押し切るという決着となりました。良馬場の安田記念において1分33秒0を切れなかったのは2009年以来の出来事でしたが、16頭以下の安田記念としては2番目に速い決着であり、この辺りにも高速化の影響が垣間見られます。見方を変えれば、フルゲートとなった今回のレースに関しては1分32秒台、もしくは1分31秒台の決着を想定した予想を組み立てていくのが肝要なようにも思われますが、その場合は左回り実績や芝1600m戦における走破時計を重んじていくのが良さそうです。

☆今年の出走馬とデータマッチ【日本馬のみ】

※1に該当

・安田記念と同一斤量以上で勝利経験を持つ馬

クラレント、ヤングマンパワー、レッドファルクス、ロゴタイプ

※2に該当

・前年、または当年のオープンクラスにおいて安田記念と同一斤量以上を背負い3着以内に来た馬

イスラボニータ、ステファノス、レッドファルクス、ロゴタイプ

※3に該当

・国内の近3走で1勝以上、かつ3着以内率100%の馬

イスラボニータ、エアスピネル、グレーターロンドン、レッドファルクス

※該当なし

アンビシャス、サトノアラジン、サンライズメジャー、ディサイファ、トーキングドラム、ブラックスピネル、ロジチャリス、ロンギングダンサー

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 07:38:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
第84回東京優駿【日本ダービー】の”三本柱”【一部修正有】
明日には出走馬と枠順が発表される84回目の東京優駿【日本ダービー】。今年は19頭が登録しており、除外対象馬は1頭のみという少数精鋭のレースになりましたが、過去の好走データが如何様なものになっているのか、以下に書き出していきます。

(昨年の展望記事・第83回東京優駿【日本ダービー】の”三本柱”

1・競馬場に左右されない強さ

東京競馬場がリニューアルされてから今年で15回目を迎える日本ダービーですが、その間に必ず連対馬を輩出してきていたのが”2か月以内に2つの異なる競馬場で連勝している馬(※)”でした。

(※…1211頭)

2・テン良し、中良し、終い良し?

重賞未勝利馬による日本ダービー連対は1996年優勝馬であるフサイチコンコルドを最後に途切れていますが、阪神競馬場に外回りコースが作られてから行われてきた2007年以降の連対馬20頭の実績を見ていくと、”デビューから2連勝以上マークした馬(※)”、”朝日杯フューチュリティS以降の重賞で連続3着以内入線の経験を有している馬(◇)”、もしくは”3歳戦初戦を勝ち上がっている3歳重賞勝ち馬(◆)”のいずれかに該当しています。

(※…4頭)

(◇…10頭)

(◆…5頭)

3・重み増す”芝1800m戦”

2007年以降の連対馬のパターンでもう一つ大きなものは、”2勝目が芝1800m戦で連勝絡みの馬(※)”ですが、2008年からはそれに加えて”芝1800m戦を起点とした連勝馬(◇)”が結果を残しています。

(※…6頭)

(◇…7頭)

☆昨年の上位3頭

1着・マカヒキ(1・2・3に該当)

2着・サトノダイヤモンド(1・2に該当)

3着・ディーマジェスティ(2・3に該当)

昨年は皐月賞の上位3頭が順番を変える形でそのまま入ってきた日本ダービー。同時にディープインパクト産駒による上位独占も果たされることになりましたが、日本ダービーにおいてディープインパクト産駒が3着以内に入ってきた年は、オークスにおいて3着以内に2頭以上入ってきていた年でもありました。そういった意味では、今年のオークスにおいてディープインパクト産駒は3着以内入線を確保することができなかったことから、他の種牡馬の産駒による躍進を視野に入れながら予想を行うのが肝要と言えそうです。

そして、ここ10年の日本ダービーの中で1枠または2枠に入った馬による3着以内入線が2012年を除いて1頭は入ってきており、明日の枠順発表で予想の大勢が決まると言っても過言ではありません。

☆今年の登録馬とデータマッチ【サトノクロニクルは除外対象馬】

※1に該当

・2か月以内に2つの異なる競馬場で連勝している馬

アドミラブル、アルアイン、クリンチャー、レイデオロ

※2に該当

・デビューから2連勝以上マークした馬

アメリカズカップ、アルアイン、サトノアーサー、ダイワキャグニー、レイデオロ

・朝日杯フューチュリティS以降の重賞で連続3着以内入線の経験を有している馬

アルアイン、サトノアーサー、ダンビュライト、ペルシアンナイト、マイネルスフェーン

・3歳戦初戦を勝ち上がっている3歳重賞勝ち馬

アドミラブル、アメリカズカップ、ウインブライト、カデナ、キョウヘイ、スワーヴリチャード

※3に該当

・2勝目が芝1800m戦で連勝絡みの馬

アメリカズカップ、ウインブライト、サトノアーサー、ダイワキャグニー

・芝1800m戦を起点とした連勝馬

アドミラブル、アルアイン、ウインブライト、ダイワキャグニー

※該当なし

サトノクロニクル、ジョーストリクトリ、トラスト、ベストアプローチ、マイスタイル

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 22:55:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad