FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2017年3月27日ver.)
高松宮記念を終え、いよいよ春競馬も本番といった趣がありますが、今年から高松宮記念に続く古馬の芝G1が行われます。今回のこの記事では、そのG1において狙ってみたい伏兵的存在について触れていくことにします。

※大阪杯

ヤマカツエース

今年からG1へと昇格された阪神芝2000mの重賞・大阪杯。今年はフルゲート割れのレースになることが確定していますが、メンバー構成を見る限りは少数精鋭といった趣があり、今回のようなG1レースがもっと多くあっても良いのではないかと感じていたりします。

そういった中で、狙ってみたい1頭は金鯱賞を連覇する格好となったヤマカツエースです。G2時代から中山芝重賞とは縁が深いレースになっていますが、昨年の有馬記念において上がり3ハロンでは最速をマークして4着に入っており、今の勢いならば上位争いを繰り広げる可能性は高いと見ています。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 22:57:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
「特別登録・ファーストインプレッション」(2017年3月13日ver.)
3月11日に3月初更新をした当ブログですが、天皇賞【春】の前哨戦である阪神大賞典と来週行われるG1・高松宮記念について触れていく今回の記事で3日連続の更新となりました。阪神大賞典の現地観戦に向けて、競馬熱が急激に高まっている感じもあったりしますが、今回は阪神大賞典に登録してきた馬の中で今後が気になる馬と、高松宮記念で狙ってみたい伏兵的存在について語っていくことにします。

※阪神大賞典

サトノダイヤモンド

2013年のゴールドシップ以来となる前年の菊花賞と有馬記念を連勝してきた明け4歳馬。サトノダイヤモンドの父ディープインパクトも2005年の菊花賞を制した翌2006年の阪神大賞典を強風の中で勝利を収めており、菊花賞と阪神大賞典との結びつきの強さを考えれば、ここは文句なしに優勝候補筆頭格ですが、天皇賞【春】に向けてはゴールドシップしかり、オルフェーヴルしかり、あるいはマヤノトップガンしかり、ことごとく失敗の歴史を刻んでいるので、前年の優勝馬シュヴァルグラン相手にどれほどの競馬ができるのか、そしてその後の調子の変遷については要チェックといったところです。

※高松宮記念

フィエロ

昨年のスプリンターズS優勝馬レッドファルクスを筆頭に21頭の登録があった今年の高松宮記念。もっとも、予想するかどうかは現状ではあまり乗り気ではなかったりしますが、今年のレースで狙ってみようと考えているのが、マイルCSを2年連続で2着に入ってきているフィエロで、ミッキーアイルでも果たせなかったディープインパクト産駒による高松宮記念制覇を果たすのではないかと考えています。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 07:54:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
「特別登録・ファーストインプレッション」(2017年2月7日ver.)
今週から安田記念の週まで土日に重賞が組まれている中央競馬。来週には中央競馬最初のG1・フェブラリーSが控えており、いよいよ2017年の競馬熱が強まる一方といった感じですが、2017年の記事としては初めてとなる「特別登録・ファーストインプレッション」では、今週の日曜日に京都競馬場で行われる京都記念において海外遠征からの復帰初戦を果たす登録馬と、来週のフェブラリーSにおいて1番人気に支持されそうな登録馬について触れていくことにします。

※京都記念

マカヒキ

昨年の凱旋門賞以来、実に4か月半ぶりの実戦が予定されている昨年の日本ダービー馬マカヒキ。昨年の京都記念優勝馬で香港ヴァーズを制したサトノクラウンと比べると、冬場の使い込まれた京都の馬場で本領発揮なるかどうか疑問を抱かないわけではありませんが、国内では皐月賞を負けたのみであり、未知の部分を含めて楽しみ最も多い馬として注目しています。

※フェブラリーS

カフジテイク

今年最初のG1であるフェブラリーS。今回は26頭の登録がありつつも、賞金上位馬の出走が不透明なところがあり、どういった出走馬となるのか読みづらいところがありますが、根岸Sを勝ってきたカフジテイクに関しては東京ダート戦における安定感から優勝候補として考えておこうと思います。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 07:21:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
「特別登録・ファーストインプレッション」(2016年12月20日ver.)
有馬記念の開催まで残り5日となった中央競馬ですが、今年の有馬記念ウィークは23日から25日までの三連休をフル活用するスケジュールとなっています。これにより、今年の中央競馬の開催は残り3日ということになりますが、この記事では24日土曜日に行われる阪神Cと25日に有馬記念の前に行われるホープフルS、以上2レースの気になった登録馬について触れていこうと思います。

※阪神C

スノードラゴン

年内最後の関西重賞でありながら、第4回以降では関東馬が7連勝中となっているG2・阪神C。今年は昨年の優勝馬ロサギガンティアを筆頭に7頭の登録がある関東馬ですが、その中で最も気になったのが、2年前のスプリンターズS優勝馬であるスノードラゴンです。オープン入りを果たしてからというもの、3着以内に入ってきたのは1200m戦のみですが、アドマイヤコジーン産駒というとアストンマーチャンやマジンプロスパーが芝1400m戦で重賞勝ちを収めており、今回の出走馬の多くが先行馬であることを考えると、後方からの差し脚に定評があるスノードラゴンにとっては好機ではないかと考えております。

※ホープフルS

コスモス

一昨年からラジオNIKKEI杯2歳Sの回次を引き継いだ上でG2へと格上げされた、中山芝2000mの2歳重賞・ホープフルS。一昨年から連覇を果たしてきたディープインパクト産駒はサングレーザー1頭だけで、デイリー杯2歳Sからの臨戦過程がどうなるかは気になりますが、最も気になった登録馬は川崎競馬からの参戦を目論むコスモスです。オーナーである岡田繁幸氏のコスモスに対する評価は、札幌2歳S制覇を手土産に中央入りを果たし、先日の朝日杯フューチュリティSにおいて5着に入ってきたトラストよりも上と見立てていますが、父も母父もダートで活躍してきた競走馬で、芝で活躍できるかどうかは未知数なところがあります。とは言え、中山芝重賞においてブライアンズタイムの血を持つ馬が活躍が目立っていることを考えれば、父がブライアンズタイム産駒のフリオーソであることはむしろ好都合であり、いきなり勝利を収めてくる可能性があるようにも感じています。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 22:24:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
「特別登録・ファーストインプレッション」(2016年12月13日ver.)
中央競馬の開催も残り2週間となった2016年。リーディング争い、そしてJRA賞に向けての戦いはまだまだ予断を許さない状況が続いていますが、今回は今週行われる朝日杯フューチュリティSにおいて狙っている馬と来週開催される有馬記念において本命に推そうとしている馬について触れていこうと思います。

※朝日杯フューチュリティS

クリアザトラック

ディープインパクト産駒が不在だった阪神ジュベナイルフィリーズとは対照的に、こちらはディープインパクト産駒の登録馬が3頭もいる、2歳馬の頂点を決める一戦・朝日杯フューチュリティS。先週の阪神ジュベナイルフィリーズでは7頭中6頭が抽選を潜り抜ける形になったのに対し、こちらの抽選組は7頭中4頭が出走できる構成ということで若干狭き門となっていますが、抽選組で狙ってみたいと考えているのが、昨年のリオンディーズと同じ角居勝彦厩舎所属馬にしてディープインパクト産駒の1頭であるクリアザトラックで、クロウキャニオン一族にとって悲願のG1制覇なるかという部分でも注目しています。

※有馬記念

サトノダイヤモンド

直近10年の優勝馬の中で、JRA賞を受賞した馬が7頭いるグランプリ・有馬記念。今回は18頭の登録がある中で、今年のG1を勝ち上がってきたのはキタサンブラック、サトノダイヤモンド、マリアライトの3頭だけと、やや寂しいメンバーになった雰囲気もありますが、有馬記念の勝利を以て、香港Cを圧勝し、年間のG1勝利数を3としたモーリスを凌いで年度代表馬に選ばれる可能性があるのは、キタサンブラックかサトノダイヤモンドの2頭と睨んでいます。キタサンブラックは中山競馬場で(2-0-2-0)としているので、上位争いの可能性が極めて高い馬ですが、負けた2戦が共にG1であることからつけ入る隙があり、神戸新聞杯、菊花賞と、ディープインパクト産駒が不得手としてきた重賞を連勝してきたサトノダイヤモンドの方が強いと見て本命に推そうと考えています。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 07:16:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ 次のページ