■プロフィール

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

パートナーの血・ノーザンダンサー
歴史的名種牡馬・サドラーズウェルズが種牡馬引退(netkeiba.com)

米種牡馬・ストームキャットが種牡馬引退(netkeiba.com)


今週になって,欧米のトップサイアーである2頭が種牡馬を引退するというニュースが入ってきましたが,サドラーズウェルズもストームキャットもその父系はノーザンダンサーでした。

今日の日本競馬においても,サンデーサイレンス,またはブライアンズタイムのヘイルトゥリーズン系が栄華の影には,ノーザンダンサー系のフォローが多分にありましたが,今回のこの記事では,「父系ノーザンダンサー」の馬が日本でどのような役割を担っているのかを徹底的に検証します。


(参考記事

ちょっとした父系考察

ディープな欧州血統)



・「ノーザンダンサー系の最強父系」ニジンスキー

今や世界の父系となったノーザンダンサー。その産駒の中で最高傑作と称されるのが,英国の2000ギニー,ダービー,セントレジャーと英国三冠を成し遂げたニジンスキーで,種牡馬としても欧州三冠を成し遂げたラムタラや英愛二カ国のダービーを制したシャーラスタニ(Shahrastani)などを輩出しています。

日本においては持ち込みで入ってきたマルゼンスキーが朝日杯を含めて8戦8勝,2着馬につけた差の合計が61馬身という驚異的なパフォーマンスを見せ,種牡馬としてはホリスキーやサクラチヨノオーといったクラシックホースを輩出。また,フランスダービー馬のカーリアンの産駒がフサイチコンコルドやシンコウラブリイといったG1ホースを輩出するなどかなり馴染みの深い系統ですが,産駒の特徴としては長期にわたって一線級で居続けるという一面があります。また,マルゼンスキー,カーリアンが日本で馴染んでいるようにワンクッションを置くことによって,より日本競馬への適性を高めているという特性もあります。その意味では,「父サンデーサイレンス,母の父系ニジンスキー」の種牡馬であるスペシャルウィークとダンスインザダークを比較した時,母父マルゼンスキーのスペシャルウィークの方が,母父ニジンスキーのダンスインザダークよりも種牡馬として成功する可能性が高いと見られます。

・「The Europe」サドラーズウェルズ

欧州において栄華を誇ったサドラーズウェルズですが,自身の産駒が日本のG1を制した例は一度もありません。

ただ,母父としてはエルコンドルパサーやシーザリオ,あるいはフサイチコンコルド,ヘヴンリーロマンス,父父としてはテイエムオペラオー,メイショウサムソンなどをそれぞれ輩出。ニジンスキー同様,代を重ねて英国色を薄めることによって日本への適性を示していっています。産駒の特徴としては丈夫さと能力の高さを伝えていくタイプで,使い込むたびに強くなっていくという傾向がありますが,ケガで戦線を離脱すると立ち直るのが難しいという一面を持ち合わせています。

・「偉大な兄とは違う道,でも…」フェアリーキング

サドラーズウェルズの全弟であるフェアリーキング。種牡馬としてはエリシオ,シンコウキング,ファルブラヴなどを輩出していますが,欧州のチャンピオンレースに強い馬を多く輩出し,日本でも代重ねによってチャンピオンホースを輩出した兄とは違って,こちらは短中距離寄りにシフトしています。もっとも,兄同様に追ってから味が出るタイプで,持久戦に強いタイプでもあります。

・「誇り高きフレンチマイラー」Nureyev

凱旋門賞レコードホルダーのパントレセレブルの父であるNureyev。他にも,キングマンボの母でありブリーダーズCマイル2連覇,ジャックルマロワ賞2連覇を果たしているミエスク(Miesque)やミエスク同様にジャックルマロワ賞2連覇を果たしたスピニングワールドなどを輩出しており,ノーザンダンサー系の中では屈指のトップマイラーの父系であります。

日本のトップホースではヒシアマゾンやコスモバルクなどがNureyevを父系に持っていますが,Nureyevの系統は自己主張が強い系統でもあり,母父にこの系統が入ると,その産駒は実質的に「父系Nureyev」という感じになります。また,「父系Nureyev」は東京コースのような広いコースでレースをすると本領を発揮する傾向にあり,窮屈な競馬はあまり得意としていないところがあります。

・「何でもアリのスーパーサイアーライン」リファール

欧州においては20世紀の欧州競馬で最強馬の1頭として数えられるダンシングブレーヴの父がリファール。日本においては,初の牝馬三冠を達成したメジロラモーヌの父系でもあり,21世紀の最強馬ディープインパクトの母の父系でもありますが,産駒のタイプは様々で,1頭で短距離,中距離,長距離をこなすような馬もいれば,障害レースで頂点を極めるような馬も輩出しています。この産駒のタイプの違いというのは,母馬が強く関わっていると個人的には見ています。

・「長寿の血」ノーザンテースト

日本で一番馴染みが深いのがノーザンテースト。産駒のタイプはリファール同様まちまちなところがありますが,トップホースになる馬はピークが長持ちする傾向があります。現役時代がフランスだったせいか,Nureyevのような自己主張の強さも若干持ち合わせていますが,代を重ねていくにつれて東京競馬場のような広いコースをあまり得意としなくなっているように見受けられます。

・「英国紳士の不思議ちゃん?」エルグランセニョール

現役時代はサドラーズウェルズよりも強かったエルグランセニョール。日本ではロドリゴデトリアーノ(Rodrigo de Triano)を通じてオークス馬エリモエクセルや昨年のスワンS勝ち馬スーパーホーネットが「父系エルグランセニョール」の名を高めています。最近ではアルナスラインの母父がエルグランセニョールですが,父系としてはピークを迎えるとG1に手が届こうかというところまで来る一方で,突如として調子を崩すといった一面もあって安定性に欠けます。昨年のダービー1番人気馬フサイチホウオー,昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを制したトールポピーの母であるアドマイヤサンデーは,その母父にエルグランセニョールの名前がありますが,フサイチホウオーが日本ダービーで期待を裏切って以降全く走らなくなった一因として,エルグランセニョールの血が絡んでいるかもしれません。

・「基軸はマイラー」ラストタイクーン

現役時代は短距離路線で活躍した馬。種牡馬としてはマイル路線を中心に活躍していますが,広いコースを好むNureyevと違ってこの馬はコースを問わないところがあります。ただ,あまり無茶なローテーションを組んでいると馬が枯れていくので,そこは注意のポイントです。

・「柔軟性に富んだ快速血統」Danzig

ノーザンダンサー系の中で最も快速馬が揃っている系統はこのDanzig系。先行力の高さはアメリカ的なイメージもありますが,父系としてより繁栄しているのは欧州方面となっています。走った国や生産拠点などの後天的要素によって,繁殖馬としてのタイプが決まるところがあるので,繁殖馬そのものの本質を見極める必要性がある系統です。

・「ごり押し歓迎のアメリカンサイアー」ストームキャット

母父がアメリカ最強馬の1頭であるセクレタリアトであるせいか,産駒のタイプも前半勝負型に出やすい典型的なアメリカンサイアー。スピード能力の高さはDanzigに引けを取りませんが,そのスピードを末脚に転化できないタイプで,そのことが日本における躍進を阻んでいるようにも思えます。

・「ポスト・サンデーサイレンス?」フレンチデピュティ

クロフネの父として名を馳せたフレンチデピュティ。今年の春の天皇賞を制したアドマイヤジュピタの父でもあるということで,今後躍進が予想される父系でありますが,過去の優秀な産駒を見ていくと割と母方の血の影響を受けやすいタイプのように見受けられます。

なお,フレンチデピュティ産駒は芝よりもダートで多くの勝ち鞍を得ていますが,中央のダート重賞を制したのはクロフネだけという意外な一面があります。また,母次第ではあるものの,小回りコースをあまり得意としていない節もあります。フレンチデピュティ産駒のG1馬であるクロフネ,アドマイヤジュピタ,ピンクカメオを見る限りでは,早め早めの勝負に出て,直線では粘り込みを図るのがベストの戦術ではないかと思われます。

スポンサーサイト
血統話 | 01:03:33 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad