FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

じゃあオークスは? 第71回桜花賞回顧
偉大なる父・サンデーサイレンスと同じように初年度産駒からクラシックホースを輩出したディープインパクト、前途洋洋の未来が見えてきました。



1着・マルセリーナ(父・ディープインパクト)

2着・ホエールキャプチャ(父・クロフネ)

3着・トレンドハンター(父・マンハッタンカフェ)



※オークスに向けて

父同様スタートで後手を踏みながらも、最後の直線では「飛ぶような」走りを見せたマルセリーナ。馬群を縫ってきての伸びは父とは違う器用さを持ち合わせていることを窺わせましたが、息の長い末脚は父に似たものであり、「安藤勝己騎手、松田博資厩舎」という部分からブエナビスタを彷彿とさせるものがありました。

阪神競馬場に外回りコースが新設されてからの4年間では、桜花賞の優勝馬によるオークスの成績は(2-0-1-0)と複勝圏内100%。オークスを制した2頭は桜花賞の前に阪神芝1600m戦を勝ってきており、阪神芝1600mをデビュー戦として勝ってきたマルセリーナのオークス制覇は限りなく近くなったといっても過言ではありません。とはいえ、オークスを勝ってきた2頭は、ハナ差、同着と桜花賞よりも苦戦を強いられており、まだまだ予断を許さない情勢です。

次に、桜花賞2着馬のオークスは過去4年で(0-2-0-1)と巻き返しは叶わず。桜花賞のワンツーがオークスでもそのままだったケースが2009年のブエナビスタ、レッドディザイアの時のみですが、出走しなかった1頭が日本ダービーを制したウオッカなので、東京芝2400mのレースで好勝負は可能で、新装後初めてクイーンC優勝からのステップで2着に入ってきたホエールキャプチャのオークスでのリベンジは大いに考えられるところです。

問題は桜花賞3着馬で、オークスの成績は(0-0-1-3)とかなり厳しい戦いを強いられています。着外に沈んだ3頭のうち2頭は父か母父がロベルト系で、オークスで4着以下だった桜花賞2着馬も母の父系がロベルト系ということから、母の父系がロベルトのトレンドハンターはオークスでパフォーマンスを落とし、マルセリーナ、ホエールキャプチャの二強の間を割ってくる馬は変わっている可能性が大きいと見られます。その場合は、桜花賞組ではなく別路線組から名乗りを挙げてきた馬にこそ託してみる価値があります。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 22:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
23rd forecast 「第71回桜花賞」
◎・マルセリーナ

○・トレンドハンター

△・ホエールキャプチャ


(参考記事・桜花賞展望「男勝りの桜女へ」

阪神競馬場に外回りコースが新設されてから今回で5回目を迎える桜花賞。過去4年の優勝馬のうち3頭がさらなるG1タイトルを手にしてきましたが、2007年のダイワスカーレット、2009年のブエナビスタは後に有馬記念を2年連続して連対。また、昨年の桜花賞はキングカメハメハ産駒が1着、3着と好走しましたが、暮れの有馬記念においても人気薄のキングカメハメハ産駒が3着に来たように、桜花賞という舞台は意外にも有馬記念へと通じるものがあるようです。

本命のマルセリーナは父が2006年の有馬記念馬ディープインパクト。父と同様に長く良い末脚を武器としていることはここまでの3戦の内容からも明らかで、牝馬相手には無敗を誇っています。唯一の敗戦となったシンザン記念で先着を許した2頭はその後阪神芝1800mの重賞を制しており、関西の外回りを知り尽くしたも同然のマルセリーナこそ、今年の桜花賞馬にふさわしいという感じもあります。

その相手筆頭候補は、2001年の有馬記念を制したマンハッタンカフェを父に持ち、有馬記念優勝馬を2頭輩出してきたブライアンズタイムを母父に持つトレンドハンター。連対率100%で前走フラワーCを初芝ながら勝利と、勢いを重んじる桜花賞における強力なアドバンテージを有しています。マイル未経験であることが大きなネックではあるものの、2000年代のスプリント女王ビリーヴと同一牝系であることからも、勝負はここと見ています。

スプリングS優勝馬オルフェーヴルを芙蓉Sにおいて捻じ伏せ、2008年優勝馬レジネッタと同じ「父系デピュティミニスター、母の父サンデーサイレンス、2代母の父系レッドゴッド」という血統の持ち主であるホエールキャプチャは3番手評価。連勝経験もあり、今年の桜花賞馬に最も近い存在に見えますが、前走クイーンCとしてきた馬の桜花賞は2008年のエフティマイアによる2着が最高で、新装後4年間ではクイーンC優勝馬の3着以内入線は皆無。近年流行の栗東留学を用い、どこまでやれるかといった趣です。



単勝

マルセリーナ

馬連

マルセリーナ-トレンドハンター

三連単

マルセリーナ→トレンドハンター→ホエールキャプチャ

テーマ:競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 11:09:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
2011年3月の注目3歳戦
3月11日に起こった東日本大震災の影響で関東の競馬は中止。中山競馬場で行われるはずだったレースが移設などされ、3月最後の週には阪神競馬場芝1800mで3つの重賞が行われましたが、そうした中で行われた3歳戦で気になるレースをピックアップしていきます。

※スプリングS

1着・オルフェーヴル(勝ち時計1分46秒4、上がり3ハロン34秒8)

2着・ベルシャザール

3着・ステラロッサ

3歳の阪神芝1800m戦で最上位のクラスとなった今年のスプリングSは総合力が問われるレースとなった感がありますが、上位3頭の顔ぶれを見るとグランプリに縁がありそうな趣があります。今年の皐月賞は東京芝2000mで行われる予定となっていますが、この上位3頭は皐月賞でも相当期待が持てる存在と言えそうです。

※フラワーC

1着・トレンドハンター(勝ち時計1分47秒0、上がり3ハロン35秒9)

2着・ハブルバブル

3着・マヒナ

前半1000m59秒0はこの週に行われた3つの阪神芝1800m重賞の中で最も速かったレース。勝ったトレンドハンターはこのレースに出るまでの3戦全てダート戦で、その経験が生きた印象もありますが、牝系を辿ると、2002年のスプリンターズS、2003年の高松宮記念を制したビリーヴがおり、距離が短くなる桜花賞で更なる上昇も考えられます。

※毎日杯

1着・レッドデイヴィス(勝ち時計1分47秒1、上がり3ハロン34秒2)

2着・コティリオン

3着・トーセンレーヴ

レース全体の上がり3ハロン34秒2は3重賞の中で最速でその間の1ハロンごとのラップタイムは全て11秒台でしたが、シンザン記念を制したセン馬レッドデイヴィスがクラシック参戦を目論む牡馬たちを向こうに回して重賞2連勝を成し遂げました。そうした中で、2着、3着にディープインパクト産駒が入り、上位クラスのレースにおけるディープインパクト産駒の武器は父と同様終いの切れと言えそうです。

※3月26日阪神芝2200mの未勝利戦

このレースを制したクレスコグランドは昨年のクイーンC、クイーンSを制したアプリコットフィズの半弟。ここも含めて4戦して全て2000m以上のレースを使い、なおかつ上がり3ハロンは全て2位となかなか渋い競馬を見せていますが、身体が絞れてきて更なる切れが引き出されそうです。

※3月26日小倉芝1800mの未勝利戦

このレースを制したシャイニンロミオはクイーンC勝ち馬で桜花賞3着のシャイニンルビーを姉に持つディープインパクト産駒。今年、東京から最も遠い競馬場である小倉競馬場で関東馬が3歳戦を制したのは18頭いますが、芝のレースを制したのは4頭で、芝1800m以上のレースを制したのはシャイニンロミオただ1頭。父とは違う先行押し切りで勝ったことも気になるポイントです。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 14:27:28 | トラックバック(0) | コメント(0)
桜花賞展望「男勝りの桜女へ」
昨年の2歳女王にして無敗馬のレーヴディソールが骨折で混沌としてきた今年の桜花賞。2003年以来の2歳女王不在で新たに世代の頂点に立つ牝馬がどの馬になるのか、新装後4年間の桜花賞で3着までに来た馬にある共通項から探していきます。

1・究極の瞬発力

ここ4年の中でレース全体の上がり3ハロンが35秒0を切ったのが3回と、終いの決め手勝負といった趣がある桜花賞ですが、4年間の優勝馬全てが芝1600m以上のレースで上がり3ハロン33秒台を使っての複勝圏内入線経験がありました。

2・男勝りの片鱗

2年前の優勝馬ブエナビスタが天皇賞(秋)、4年前の優勝馬ダイワスカーレットが有馬記念制覇と牡馬混合G1でも勝ちをあげてきていますが、この桜花賞でも近4年3着以内馬12頭のうち9頭が牡馬混合の芝1600m以上のレースで勝ってきていました。

3・勝ち進め!

ここ4年の優勝馬のうち3頭が桜花賞後にG1を勝ってきたように、桜花賞で上位争いをするのに重要な資質として勢いが重要。最近4年間の3着以内馬12頭のうち11頭が連勝経験を持っていました。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 12:20:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ