■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2012年のダービー馬がもう見えた
2011年最後のエントリは、来年2012年上半期のG1優勝馬予想です。日本ダービー馬についてはこの記事の最後で触れます。



※フェブラリーS…トランセンド

前年のジャパンCダートを1番人気で制した馬のフェブラリーSは過去4頭いて全て優勝。連覇を果たした馬は1頭もいませんが、戦術を確固たるものとしたこの馬であればジャパンCダート連覇に続くフェブラリーS連覇を果たすものと見ています。

※高松宮記念…サンカルロ

新装中京競馬場は直線が400m以上になるのに加えて坂もできるということで、より上がりの速さが問われるような舞台、1200mを超える距離での実績が問われる舞台となりそうですが、特に重要になりそうなのが阪神芝1400mの実績で、今年阪神芝1400m重賞を2勝したサンカルロを新装中京競馬場の高松宮記念初代王者に指名します。

※桜花賞&オークス…ジョワドヴィーヴル

阪神ジュベナイルフィリーズの走りからは同期に敵なしといった感じで、アパパネ、オルフェーヴルに続く3年連続3歳三冠馬誕生も視野に入れています。

※皐月賞…グランデッツァ

牡馬クラシック路線は4頭の無敗のオープン馬がいますが、皐月賞に関して言えば社台ファーム生産馬が優勢で、4頭いずれも社台ファーム生産馬ではないことから付け入る隙はあります。その点から言えば、2001年の皐月賞馬アグネスタキオンを父に持つ社台ファーム生産馬グランデッツァが、2008年のキャプテントゥーレに次いで2頭目になるアグネスタキオンとの親子二代制覇を成し遂げるのではないかと考えています。

※天皇賞(春)…トーセンラー

出走があればオルフェーヴルが最有力ですが、ドバイワールドCへ向かう可能性があるということで、そうなると大混戦のレースになるのが来年の天皇賞(春)。勢力分布すらまともに把握できていませんが、オルフェーヴルをきさらぎ賞で負かしたトーセンラーはその馬体と菊花賞の走りを見る限りステイヤーとして天賦の才を持っており、ディープインパクトとの親子二代天皇賞馬になると見ています。

※NHKマイルC…レオアクティブ

朝日杯を不利な外枠からの競馬で終い勝負に出て3着と好走。マイルにメドが立ち、左回りで連を外していないことも踏まえると、この馬がNHKマイルC優勝に最も近い位置にいるのではないかと思われます。

※ヴィクトリアマイル…ホエールキャプチャ

エリザベス女王杯、オークスの走りを見ているとわずかに距離が長い印象で、その中でスノーフェアリーやアパパネといった一線級のメンバーと好勝負できたのは大きな財産です。マイル戦は4戦して連対率100%で、関東のマイルでは無敗ということからも、ヴィクトリアマイル優勝候補筆頭はこの馬です。

※安田記念…ダークシャドウ

1分56秒1という日本レコードが誕生した天皇賞(秋)以降未出走ですが、天皇賞(秋)で強い競馬を見せた馬は安田記念でも好勝負可能で、上位馬の中で最も成長の余地を残していたダークシャドウが安田記念で初の戴冠です。

※宝塚記念…ウインバリアシオン

今年のクラシックではオルフェーヴルの後塵に拝し続けてきましたが、走りはオルフェーヴル以上にまだまだ未完成。完成するとすればおそらく夏のグランプリ辺りで、ここならばオルフェーヴルがいても優勝できるのではないかと考えています。



そして、第79代日本ダービー馬となるのは…



トリップ(父クロフネ、母ビーポジティブ)



デビュー戦の走りは即ダービーを意識できる内容。クロフネ産駒で2000m以上の重賞レースを制したのは皆無ですが、母の姉にはエリザベス女王杯優勝馬でオークス2着、ドバイワールドC2着のトゥザヴィクトリーがおり、トゥザヴィクトリーも母として有馬記念2年連続3着のトゥザグローリーを輩出していることから、クロフネの歴史を変える一頭になると見ています。



それでは皆様、良いお年を…

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 12:00:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
12月の注目の2歳戦勝ち馬
有馬記念が終わって2011年もあとわずかになりましたが、12月の2歳戦は来年のクラシックを占う意味で大きなターニングポイントとなります。今回は2歳G1以外のレースで勝ってきた馬から気になる存在をピックアップしていきます。

・ダノンオリエント(12月4日阪神芝1800m未勝利)

上がり3ハロン33秒3という決め手勝負で逃げ切ったダノンオリエントは2008年秋華賞馬ブラックエンブレムの弟。デビューから2戦は馬群の中でレースをしていましたが、前走とここで姉と同じように先行脚質に転向して結果を残しており、2012年クラシックのペースを握ってくる存在となりそうです。

・ヴィルシーナ(エリカ賞)

阪神ジュベナイルフィリーズと同じ日に行われた阪神芝2000mの特別戦は、エイシンフラッシュ、キングカメハメハ、アドマイヤベガ、タヤスツヨシといったダービー馬4頭などを輩出している出世レースですが、これを制したヴィルシーナはディープインパクト産駒の牝馬で近親にラジオNIKKEI賞を無敗で制したフレールジャックがいる血統馬です。牝馬のエリカ賞制覇は後にエリザベス女王杯を連覇したアドマイヤグルーヴが果たしており、ジョワドヴィーヴルのライバルとして立ちはだかりそうです。

・ワールドエース(12月17日阪神芝1800m新馬)

2歳リーディングトップに輝いたディープインパクトの産駒の中でも特に優秀と見られるのが、このレースを制したワールドエース。2007年にマイルから2400mの重賞をG1レース3勝を含む5連勝したManduroを叔父に持つ血統馬ですが、父と同じように少しスリムな形を持ち、直線で見せた一瞬の脚は他を圧倒していました。2着とのタイム差は0秒1ですが、ゴール前ではほとんど手綱を緩めており、2012年クラシックの主役となりそうです。

・アダムスピーク(ラジオNIKKEI杯2歳S)

2歳戦重賞のトリを務めるラジオNIKKEI杯2歳Sは2年連続ディープインパクト産駒の優勝。ディープブリランテと共に2戦2勝のディープインパクト産駒の重賞勝ち馬となったアダムスピークはヘイローのクロス持っていますが、このヘイローのクロスを持っている馬に関しては今回で4年連続優勝馬を輩出となっており、2008年優勝馬ロジユニヴァース、2009年優勝馬ヴィクトワールピサは後にクラシックタイトルを手にしています。いずれも2003年日本ダービー馬ネオユニヴァースの産駒ですが、ディープインパクトの産駒もこの流れを継承していくか注目です。

・アドマイヤブルー(ホープフルS)

有馬記念の日に行われる2歳のオープン特別を制したアドマイヤブルーは、アダムスピーク、アルフレード、ジョワドヴィーヴル、ディープブリランテに続く無敗のオープン馬としての年越しを果たしました。父が昨年の優勝馬ベルシャザールと同じキングカメハメハで、母の近親に2006年日本ダービー2着のアドマイヤメインがいる血統の持ち主ですが、逃げ一辺倒だったアドマイヤメインとは違い、この馬は先行して競り合いを制するスタイルで、デビューから5秒も時計を詰めたところからも、センスの塊のような存在です。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 08:29:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
昨日の成功は今日の失敗、今日の失敗は明日の成功 第56回有馬記念回顧
2011年の中央競馬のフィナーレを飾った有馬記念は、今年のクラシック三冠馬オルフェーヴルが勝利。2009年優勝馬ドリームジャーニーとの兄弟有馬記念制覇を果たしました。



1着・オルフェーヴル(父ステイゴールド)

2着・エイシンフラッシュ(父King's Best)

3着・トゥザグローリー(父キングカメハメハ)

(このレースの予想記事・44th forecast 「第56回有馬記念」(12月25日一部加筆修正)



※壁を超えたオルフェーヴル、超えられなかったブエナビスタ

今年の有馬記念は宝塚記念優勝馬アーネストリーがハナを切ったものの、他の馬の出方をうかがう形で消極的な逃げを展開。道中14秒台のラップが二度も刻まれるキャンター並みのスローペースでほとんどの馬が折り合いに苦心し、好位置確保もままならない中で、ブエナビスタは終始アーネストリーを射程圏内に入れながらレースを進め、後ろでモタモタしていたオルフェーヴルは1コーナーから2コーナーにかけて馬群を縫って、向正面で馬群の外へ脱出します。向正面に入ってからペースがグングンと上がっていき、レースの質も一気にタイトなものへと変化しますが、迎えた最終コーナーではブエナビスタは八方塞がりになり、かたやオルフェーヴルは2006年のディープインパクトを思わせるような軽いフットワークで外から脚を伸ばし先行集団に取り付きます。結果的にはここで明暗がはっきりする形となり、ブエナビスタが脚を伸ばしたのは横にいたエイシンフラッシュが進出を始めた残り200mの辺り。先に抜け出しを図っていたオルフェーヴルはエイシンフラッシュとの叩き合い、一歩遅れて仕掛けに入ったトゥザグローリーの追撃を凌いで勝利をモノにしました。

※”小回り”の決め手勝負

今回勝利を収めたオルフェーヴルは中山芝初勝利。内回りコース自体も初めての勝利となり、広いコースで強さを見せてきた馬とは思えないほどの完勝でしたが、三冠の内容を振り返ると、皐月賞が行われた東京芝2000mは中山コース並みのトリッキーなコースで3馬身差圧勝。日本ダービーは不良馬場と直線でナカヤマナイトと激しく競り合う厳しいレースを強いられながらも、その競り合いを見事に制して真一文字に脚を伸ばして勝利。菊花賞では二周目の淀の坂の下りから進出を開始して最終コーナーで先頭に並びかけ、ゴール前で緩める余裕を見せて快勝していることから、今回のような小回りでも強さを失わない下地は持っていました。

2着に入ったのは昨年の日本ダービー馬エイシンフラッシュで、新旧ダービー馬によるワンツーフィニッシュとなりましたが、エイシンフラッシュが日本ダービー以外に勝ってきたレースは全て内回りコース。昨年の有馬記念、今年の宝塚記念で上がり3ハロン2位を記録しているように、この馬の走りもまた小回りでこそ本領発揮といった感じです。3着のトゥザグローリーは昨年の中日新聞杯と有馬記念の経験が大きく生かされていた形で、グレード制導入後では4頭目となる2年連続3着馬となりました。また、この2頭は天皇賞(秋)、ジャパンC共に複勝圏外でしたが、この結果を見ると有馬記念への適性の高さと秋の凡走続きによる鮮度の高さで乗り切ったという印象もあります。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 19:19:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
44th forecast 「第56回有馬記念」(12月25日一部加筆修正)
2011年の有馬記念はG1ホース9頭、うち6頭が今年のG1を勝っている馬で、まさに総決算と呼ぶにふさわしい一戦となりました。百花繚乱のメンバーが揃った中で勝利を掴むのは果たしてどの馬なのか、全ての出走馬の見解を出していきます。

(参考記事・有馬記念展望 「主と役」

1枠1番ブエナビスタ(…)

+・グランプリ実績は4戦全て2着、「ジャパンCを2番人気以内で勝利した馬」の有馬記念はグレード制導入以後5頭いて(4-1-0-0)

-・「ジャパンCが年内初G1勝ち」の有馬記念はグレード制導入以後4頭いて全て着外、ジャパンC連対牝馬の有馬記念は全てジャパンC以下の着順

ウオッカ、メジロドーベルと同じように2歳から5歳にかけて4年連続でG1を制した女傑ですが、グランプリのVからは見放され続けています。前走ジャパンCで勝利は収めたものの、今回はその好走と臨戦課程が足かせとなると見て無印としました。

2枠2番ヴィクトワールピサ(…)

+・中山競馬場4戦全勝、2000m6戦全勝

-・「前年の有馬記念覇者で当年の国内G1で未勝利の馬」はグレード制導入以後8頭いて全て着外

春先好調でありながら秋に不振に陥っている状態は1994年有馬記念優勝馬にして三冠馬のナリタブライアンが翌1995年の有馬記念へ臨んだ状況と近いものがあります。今年勝利を収めたレースが2000m以下ということを踏まえても、ここで勝機を見出すのは難しいところがあります。

3枠3番ヒルノダムール(△)

+・大阪杯レコード勝ち

-・天皇賞(春)優勝馬の有馬記念好走馬は1985年優勝馬シンボリルドルフ以外、全て阪神大賞典をステップにした馬

父マンハッタンカフェは10年前の有馬記念優勝馬、母父ラムタラは1995年の凱旋門賞馬で、血統的なグランプリ適性の高さは屈指の存在。また、マンハッタンカフェもラムタラも型破りなキャリアでチャンピオンになった経緯を持っており、凱旋門賞帰りの初戦となるこの有馬記念で波乱の目となりそうな1頭です。

3枠4番ペルーサ(出走取消)

+・芝2000mは6戦して複勝率100%

-・中山未勝利の関東馬

2002年から2004年にかけて有馬記念3連覇を飾った藤沢和雄調教師の管理馬で、父は2004年の覇者ゼンノロブロイ。引退レースとなった2005年有馬記念以外で掲示板を外さなかった父と違い安定性に欠けた走りで、戦績を見ても成長が見られないことから、昨年4着からのジャンプアップは望めないと見ていました。

4枠5番エイシンフラッシュ(▲)

+・昨年の有馬記念、今年の宝塚記念共に上がり3ハロンがメンバー中2位

-・3歳以降10月から12月までのレースで全て着外

今年は未勝利となっている昨年の日本ダービー馬ですが、2005年有馬記念優勝馬ハーツクライから社台ファーム生産馬による有馬記念複勝圏内入線が続いており、今年その記録を続ける可能性が最も高いのがはっきりとしたマイナス材料がないこの馬と見ています。

5枠6番キングトップガン(…)

+・重賞勝ちが同距離の目黒記念と函館芝2000mの函館記念

-・8歳で中山芝初出走、前走初G1のジャパンCで優勝馬から2秒3差の敗戦

今年に入って重賞を2勝した8歳馬で、父は1995年有馬記念優勝馬のマヤノトップガン。距離実績はまずまず優秀ですが、重賞2勝はいずれも軽ハンデを活かしたレースであり、定量戦のここは苦戦を免れそうにもありません。

5枠7番トゥザグローリー(△)

+・有馬記念と関連性の強い京都芝2200mと阪神芝2400mの重賞勝ち

-・天皇賞(秋)からジャパンCにかけてパフォーマンスのレベルがダウン

グランプリで好走できる資質の高さは今年春のG2レース連勝を見ても明らか。ダイワメジャー、エアシェイディと2年連続3着が二組続く流れで昨年の3着馬ということで三組続く2年連続3着の期待を持っています。

5枠8番ローズキングダム(…)

+・朝日杯優勝、神戸新聞杯優勝は2009年優勝馬ドリームジャーニーと同じ

-・今年に入ってG1の連対なし

昨年は出走取消となりましたが、今年の宝塚記念で4着とグランプリ適性は高そうです。しかし、G1馬という立場にも関わらず今年の古馬G1を4戦使って複勝圏内ゼロという実績は評価を割り引かざるを得ません。

6枠9番オルフェーヴル(◎)

+・「三冠達成当年」の有馬記念は(2-1-0-0)、兄が2009年春秋グランプリ制覇のドリームジャーニー

-・中山芝は1戦して未勝利

三冠達成同一年有馬記念制覇を果たした2頭は、いずれもオルフェーヴルと同様に敗戦を経験し、かつ非根幹距離重賞勝ちを持っていた馬。菊花賞の走りとジャパンCにおけるウインバリアシオンの走りを鑑みると、この馬の優勝はほぼ確実です。

6枠10番トーセンジョーダン(…)

+・「天皇賞(秋)優勝、ジャパンC連対」の有馬記念はグレード制導入以後6頭いて(2-3-1-0)

-・父系トニービンは連対なし、グランプリ実績・5着、9着

「天皇賞(秋)優勝、ジャパンC連対」の条件を満たしてきた6頭はいずれも4歳馬でどちらかのレースで単勝2番人気以内に支持された馬ですが、この馬は5歳馬でどちらのレースも単勝5番人気以下の伏兵的存在。マイナス面が致命傷になりかねないレベルのもので無印にします。

7枠11番ジャガーメイル(…)

+・2500m重賞2連対

-・父系トニービンは連対なし、重賞勝ちが天皇賞(春)のみ

ペルーサの出走取消により今回唯一の関東所属の出走馬となりましたが、前走ジャパンC3着で古豪健在をアピールしています。7歳にして有馬記念初挑戦ですが、昨年の宝塚記念で8着に敗れたところを見ると、グランプリへの適性はさほど高くなさそうです。

7枠12番アーネストリー(○)

+・宝塚記念レコード勝ち、「宝塚記念優勝直後のG2で連対した馬」の有馬記念はグレード制導入以後で4頭いて全て優勝

-・「宝塚記念で初G1制覇を果たす前のレースで負けていた馬」の有馬記念は1997年のマーベラスサンデーによる2着が最高

宝塚記念優勝、佐藤哲三騎手、佐々木晶三厩舎というと2004年2着のタップダンスシチーを彷彿とさせるもの。今年の宝塚記念が初G1制覇というのが勝利において大きなマイナスですが、複勝圏内では大きな信頼を寄せられる1頭です。

8枠13番レッドデイヴィス(…)

+・阪神芝外回り重賞を2勝

-・2000m以上の勝利経験なし、有馬記念が国内G1初出走の馬は2006年のポップロックによる2着が最高

24年連続JRAG1制覇の記録がかかっている武豊騎手が騎乗するこの3歳セン馬は今年初めのシンザン記念でオルフェーヴルを負かしています。近年の有馬記念で鍵となっている阪神芝外回りで重賞2勝のキャリアがありますが、芝2000m以上の勝利経験を持たないことのマイナスを上回ることができるのか気になるところです。

8枠14番ルーラーシップ(△)

+・前走と同一以下のクラスでは全勝、不良馬場の金鯱賞差しきり勝ちなど芝2000mは4戦して連対率100%

-・距離延長実績はプリンシパルSの勝利以外全て着外

自身のキャリアで初となるG1連戦。前走からの距離延長で勝てたのがG3からオープン特別という流れで来たプリンシパルSのみで苦しいレースを強いられそうですが、2ヶ月以上の間隔を空けて使ったレースは2戦2勝と鉄砲駆けする馬で、複勝圏内は大いに考えられます。



馬単

オルフェーヴル→アーネストリー

ワイド

(軸)オルフェーヴル

(相手)アーネストリー、エイシンフラッシュ、ヒルノダムール、トゥザグローリー、ルーラーシップ

三連単(フォーメーション)

(1着)オルフェーヴル

(2着)アーネストリー、エイシンフラッシュ

(3着)アーネストリー、エイシンフラッシュ、ヒルノダムール、トゥザグローリー、ルーラーシップ

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 23:04:38 | トラックバック(0) | コメント(2)
有馬記念展望 「主と役」
6年ぶりのクラシック三冠馬が誕生し、日本調教馬で初めてドバイワールドCを制した2011年の日本競馬。そのフィナーレを飾る有馬記念は6年前と同じクリスマス決戦となりますが、その頂点に立つ馬はどの馬なのか、過去5年の上位馬に見られる傾向を見ていきます。

1・G1ホースの意地とは?

1年の締めを飾る有馬記念は創設時のコンセプトであるオールスター戦の様相を見事なまでに体現しているG1の中のG1ですが、過去5年で3着以内に入ってきたG1ホースは延べ9頭。その中で皐月賞馬と桜花賞馬が共に4頭ずつ、天皇賞(秋)優勝馬が3頭となっており、2008年優勝馬ダイワスカーレット以外は年内にG1勝ちがありました。

2・中山と阪神と外回り

千葉県にある中山競馬場の芝2500mで行われる有馬記念ですが、過去5年の3着以内馬15頭の東西所属を見ていくと、関東馬が5頭であるのに対して関西馬が10頭と、関西馬優勢となっています。

こうした中で、5頭の関東馬は全て過去に中山競馬場の重賞勝ちがありました。一方の関西馬については、2008年2着のアドマイヤモナークを除いた9頭の関西馬が阪神競馬場で勝利経験があり、昨年優勝のヴィクトワールピサを除いた9頭の関西馬が外回りコースの勝利経験がありました。

3・有馬記念で初めてのG1馬券

かつては競馬史上において世界最高の売上を記録していた有馬記念ですが、この有馬記念において初めてG1レースで複勝圏内である3着以内に入ってきたのは5頭います。その5頭はいずれも年内に芝2000m以上の重賞勝ちがあった上に過去に芝2200m戦の優勝経験がありました。

なお、芝2200mの優勝経験については、過去5年の3着以内馬15頭のうち11頭が該当しており、該当していなかった4頭は年内のG1を2勝以上していたか国内のG1で複勝圏内を外したことがなかった馬でした。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 21:58:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad