FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2012年8月8日ver.)
今週から新潟競馬は後半戦。夏競馬が終盤戦へと突入していきますが、今回はサマーマイルシリーズ第2戦の関屋記念のみのピックアップとなります。

(関屋記念)

今週の重賞は新潟マイルの関屋記念のみ。サマーシリーズの中では最も少ない3戦のマイルシリーズで、関屋記念はその2戦目にあたりますが、2009年のスマイルジャック、2010年のレッツゴーキリシマ、2011年のレインボーペガサスと過去3年の優勝馬が揃い踏みという珍しい構図となりました。彼らの評価は非常に難解ですが、ノーザンテースト、グレイソヴリンの血が注意ということで、マイネイサベル、ミッキードリーム辺りが要注意です。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 05:58:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
いざクラシックへ!注目の一頭 2013クラシック世代第10週
今週の新馬戦は札幌の2レースが4頭立て、5頭立てと少頭数になった一方で、土曜日の新潟芝1400m戦では三連単が公営競技史上最高の払戻金となる2983万馬券が飛び出すなど、エポックメイキングとなるニュースがありました。そうした中で来年のクラシックで有力候補となりそうな馬が密やかに出てきているかもしれません。

※8月4日小倉芝1800m未勝利戦より、ニシノアプレゲール

2歳コースレコードから0秒3遅い時計で勝利したニシノアプレゲールは今年の2歳が初年度産駒となるチチカステナンゴを父に持つ馬。デビューから2戦続けて中京芝1600mで2着となり、3戦目にして初勝利を収めました。牝系は1998年日本ダービー馬スペシャルウィークや2007年日本ダービー馬ウオッカと同じシラオキ系で、母父はアグネスタキオンということで、欧州の血と在来の血が巧く噛み合った配合と言えそうです。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 18:15:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
Sunday of Summer 第48回小倉記念回顧
今年も父系サンデーサイレンスが勝利を収めた小倉記念。5年連続の勝利に華を添えたのはステイゴールド産駒のエクスペディションでした。

1着・エクスペディション(父ステイゴールド)

2着・トーセンラー(父ディープインパクト)

3着・ナリタクリスタル(父スペシャルウィーク)

(予想記事・67th forecast 「第48回小倉記念」(◎トーセンラー)

1着から3着まで父系サンデーサイレンス、かつ5代内にノーザンダンサーのクロス持ちという日本の王道配合を持つ馬が独占しましたが、今年で5年連続となった父系サンデーサイレンスの勝利のスタートを切ったのがオルフェーヴルの兄のドリームジャーニーであり、その父は今回の優勝馬と同じステイゴールド。今回の結果を鑑みるに、サンデーサイレンス系の中でも特に日本競馬に順応してきた血を持つ馬こそが小倉記念の優勝馬にふさわしいと言えそうです。

◎・トーセンラー(2着)

七夕賞組では最先着となりましたが、昨年2月のきさらぎ賞以来1年半勝ち鞍から見放されております。関西圏のレースでは比較的安定した走りを見せていますが、左回りコースで全く良いところがないことから、サマー2000シリーズという観点からはかなり厳しい情勢となりました。(複140)

キルトクール・エクスペディション(1着・(/´△`\) ナンテコッタイドンガバチョ!)

昨年優勝のイタリアンレッドと同じ騎手・調教師で勝利。勝ちタイム1分57秒3も昨年のイタリアンレッドと全く同じ時計ですが、昨年のイタリアンレッドの上がり3ハロンは35秒7であったのに対し、今年は上位5頭が上がり3ハロン34秒台をマーク。そうした中でエクスペディションは昨年のクラシックで3着に入った2頭を負かしていることからも、ようやく出世のきっかけを掴めたと言えそうです。(単790、複250)

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 17:14:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
67th forecast 「第48回小倉記念」(◎トーセンラー)
◎・トーセンラー

+・右回り2000m以下(2-1-3-0)

-・芝1800m以外勝利なし

○・ダノンバラード

+・右回り(2-1-3-0)

-・前走準オープン以下の優勝馬は2002年アラタマインディ以来なし

△・ゲシュタルト

+・前走やや重(0-2-1-0)

-・叩き2戦目(0-0-0-2)

キルトクール・エクスペディション

+・7月、8月の小倉芝(3-0-0-0)

-・重賞(0-0-0-4)



出走馬12頭の中、半分の6頭が重賞勝ち馬となった今年の小倉記念ですが、今回上位評価に据えた3頭はいずれも父が菊花賞・有馬記念の優勝馬で母の父系がミスタープロスペクターの馬。こうした中でサマー2000シリーズ王者に向けて最短距離にいるトーセンラーを本命とし、本命馬と同じディープインパクト産駒のダノンバラードを対抗評価。昨年秋の中山芝2200m重賞で本命馬トーセンラーと同じように好走したゲシュタルトを3番手としました。

今回のキルトクールはエクスペディション。舞台は絶好ですが、上位評価3頭と比べて力量不足と見ました。



馬連

トーセンラー-ダノンバラード

ワイド

トーセンラー-ゲシュタルト

三連複

トーセンラー-ダノンバラード-ゲシュタルト

☆勝負のワンツースリー

トーセンラー→ダノンバラード→ゲシュタルト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 22:40:04 | トラックバック(0) | コメント(0)
前のページ