■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2012年8月27日ver.)
今週の競馬から9月に突入しますが、そこが夏競馬の最後。札幌競馬場に関しては今週の開催終了後にスタンドの改修工事が行われるため、来年の開催はありませんが、各競馬場一つずつレコードが更新された中での締めくくりはどういったものになるでしょうか。

※札幌2歳S

6月の阪神開幕週でしのぎを削ったトーセンパワフルとラウンドワールドが札幌芝1800mの2歳重賞・札幌2歳Sで再戦。ラウンドワールドは今回と同じコースのコスモス賞で勝利を収め、中央馬としての登録馬では唯一の2勝馬ですが、トーセンパワフルは兄が4年前のこのレースの優勝馬ロジユニヴァースで、血が勝つか、キャリアが勝つかが見物です。一方で、札幌芝1800mのメイクデビューを制したエデンロック、グランデアモーレ、コディーノがどういった変わり身を見せるのか、前走クローバー賞で2着に入った道営所属のジェネラルグラントがどこまで戦えるのか、この辺りも注目となりそうです。

※小倉2歳S

札幌2歳Sは土曜日の開催ですが、こちらは日曜日の開催。前走小倉2歳Sと同じコースのフェニックス賞で2着馬に1秒0の差をつけて圧勝したエーシンセノーテがその再現を果たせるかどうかに期待が集まりそうですが、九州産馬限定のメイクデビューで同じ日・同じコースのメイクデビューよりも速い勝ちタイムで制したせん馬カシノランナウェイの走りも気になるところ。また、父が9年前のこのレースの覇者メイショウボーラー、母父が2000年大阪杯優勝馬メイショウオウドウ、2代母が2歳の小倉2戦で共に2着馬に1秒以上差をつけたメイショウアヤメという生粋の”メイショウ軍団”の血を持つメイショウユウダチも注目株です。

※新潟記念

今年のサマー2000シリーズ最終戦は夏の新潟最終週の開催。七夕賞勝ち馬のアスカクリチャン、小倉記念優勝馬エクスペディションはここで5着以上、函館記念優勝馬トランスワープは4着以上でシリーズ優勝の資格を得ますが、七夕賞4着のケイアイドウソジン、函館記念4着のトウカイパラダイス、小倉記念3着のナリタクリスタル、そして七夕賞、小倉記念で連続2着のトーセンラーのいずれかが勝利すれば、彼らに優勝のチャンスが巡ってきます。この7頭がどういった結果を残すのかというのもさることながら、サマーシリーズ初の優勝馬なしということが起こるのか否か。2年前の新潟2歳S優勝馬マイネイサベル、昨年の新潟2歳S優勝馬モンストールがどのような走りをするのかも注目です。

※丹頂S

8月最初の札幌で行われた札幌日経オープンと同じ札幌芝2600mのオープン特別でこちらはハンデ戦。登録馬20頭のうちオープン馬は7頭ですが、その中からはウィリアムズ騎手で連勝してきたカノンコード、アクシデントにより2度行われたドバイゴールドカップを完走したマカニビスティーの走りに注目。一方で格上挑戦の馬の中では、目黒記念で3着だったコスモロビンが別格の存在で、札幌日経オープンでレコードを打ち立てたルルーシュと同じゼンノロブロイ産駒として共に出世を果たせるか、今後の中長距離戦線におけるターニングポイントの一戦となるかもしれません。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 21:12:02 | トラックバック(0) | コメント(0)
いざクラシックへ!注目の一頭 2013クラシック世代第13週
今週行われた新潟2歳Sでは2歳のコースレコードが作られましたが、同じ日、同じコースで行われたメイクデビューも将来性たっぷりと言えそうな馬が出てきました。

※8月26日新潟芝1600mメイクデビューより、レッドジャイヴ

勝ちタイム1分34秒9はこのコースの新馬戦としては初めての1分34秒台の決着。新潟2歳Sがレコード決着となっているので、勝ちタイムだけで大出世という声を上げるのは勇み足にすぎますが、それでも勝ち馬と2着馬が同じ時計で走って3着馬がそこから0秒7も遅れているとなれば十分に出世の予感は感じさせます。また、レース全体ラップの中に10秒台がないということも興味深い点ですが、勝ったレッドジャイヴは中団からの差し切りという味のある競馬を見せました。今年の2歳馬最終世代となるアグネスタキオン産駒で母父はKingmamboのアウトブリード配合の血統馬ということからも、まだまだ奥は深そうです。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 17:04:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
終いの決め手を研ぎ澄まして 第32回新潟2歳S回顧
今年の新潟2歳Sは上位3頭が2歳のコースレコードを上回りましたが、今回と同じコースの未勝利戦で上がり3ハロン33秒7を計時して勝利を収めたザラストロがこのレースの優勝馬となりました。

1着・ザラストロ(父ホワイトマズル)

2着・ノウレッジ(父Street Sense)

3着・サウンドリアーナ(父ケイムホーム)

(予想記事・69th forecast 「第32回新潟2歳S」(◎・エフティチャーミー)

今回の上位3頭はいずれも前走で上がり3ハロン最速をマークして勝利というキャリア持ち。2着のノウレッジは新潟ダート1200mからのステップということで少々特殊なタイプと言えますが、1着馬と3着馬は共にダンシングブレーヴの血を2代内に有していました。ダンシングブレーヴというと1997年桜花賞馬キョウエイマーチや2000年高松宮記念優勝馬キングヘイロー、あるいは2001年桜花賞馬テイエムオーシャンなどを父として輩出していますが、やや気まぐれなところを見せながらも早い時期から高いポテンシャルを感じさせるのが産駒の特徴で、直線の長い新潟外回りコースでそれがフルに活かされたといった趣があります。

◎・エフティチャーミー(13着)

道中は2番手グループの追走となりましたが、この馬の前半1000mが59秒2とキャリアやコース形態を考えるとかなりタフな流れを作った恰好で、直線では全く見せ場なく終わってしまいました。前走ダリア賞が中団より後ろからの競馬だったことを考えると、今回の走りは失敗だったと言えそうです。

キルトクール・シゲルイルカザ(6着)

道中は勝ったザラストロよりも少し前の競馬でしたが、直線での決め手勝負には加わることができませんでした。勝ち馬から0秒8離されての敗戦ですが、牝系を辿ると菊花賞3着のメガスターダムや2年前の新潟2歳S優勝馬マイネイサベルと同じ流れを汲んでおり、今後重賞戦線でしぶとい活躍を見せてくるかもしれません。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 16:46:51 | トラックバック(0) | コメント(0)
69th forecast 「第32回新潟2歳S」(◎・エフティチャーミー)
◎・エフティチャーミー

○・ユキノユウダン

△・モーニングコール

キルトクール・シゲルイルカザ



函館2歳Sと同じようにほぼ直感スタイルで。本命エフティチャーミーは前走ダリア賞で上がり3ハロン最速をマークして2着に入線。今年の関屋記念でレコード勝ちしたドナウブルーの父がディープインパクトでしたが、その全兄にあたるブラックタイドを父に持つ血統からも勝機十分です。対抗のユキノユウダンは直線に坂のある東京、福島の芝1800mを使って3着、1着。宝塚記念優勝馬3頭輩出しているステイゴールド産駒で、ディープインパクト産駒と共に来る傾向があることからも注意が必要です。3番手評価のモーニングコールは2002年阪神ジュべナイルフィリーズ優勝馬ピースオブワールドを母に持つ馬で、昨年の優勝馬と同じように新潟芝1400mでデビュー勝ちを収めているのが好印象です。

キルトクールに指名したシゲルイルカザは昨年の優勝馬と同じアドマイヤマックス産駒。中京芝1600mデビュー勝ち馬としてどこまでやれるか注目ですが、その時の勝ちタイムが1分40秒0というのがネックと見ました。



単勝

エフティチャーミー

複勝

エフティチャーミー

ユキノユウダン

ワイド(ながし)

(軸)エフティチャーミー

(相手)ユキノユウダン、モーニングコール

三連複

エフティチャーミー-ユキノユウダン-モーニングコール

☆勝負のワンツースリー

エフティチャーミー→ユキノユウダン→モーニングコール

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 16:24:34 | トラックバック(0) | コメント(2)
「特別登録・ファーストインプレッション」(2012年8月20日ver.)
今週は札幌・新潟で3つの平地重賞が行われますが、新潟の重賞は昨年までトリを務めていた新潟2歳Sとなっております。夏競馬は残り2週となりましたが、ここを飛躍のきっかけとする馬が現れるか、今回は3つの重賞をピックアップしていきます。

※エルムS

今年は北海道開催が短くなっているため、8月に行われることになった札幌ダート1700mの重賞。2走前のかしわ記念で2年ぶりにダートG1を制したエスポワールシチーが登録しており、当然のように優勝候補筆頭ですが、前走同じコースのしらかばSを1番人気1着としたマーチS優勝馬サイレントメロディ、ダート1800mで現在4連勝中で通算7戦6勝2着1回としているローマンレジェンドが強敵。そして、2009年の札幌記念を制しているヤマニンキングリーが札幌の芝・ダート重賞制覇を果たすかどうかも注目です。

※新潟2歳S

昨年はモンストールがレースレコードタイで勝利した新潟2歳S。今年はドナウブルーが新潟2歳Sが行われる芝1600mのコースレコードを更新しましたが、ドナウブルーと同じディープインパクト産駒の出走はゼロでした。ただ、キャリア最上位と目されるダリア賞2着のエフティチャーミーは父がディープインパクトの兄ブラックタイドで、勝機は十分と見られます。あとは、東京芝1800mでデビューしたトーセンレディ、ユキノユウダンがどのような戦い方をするのか気になりつつ、マイル重賞に強い母父サンデーサイレンスを持つモーニングコール辺りが有力と見ています。

※キーンランドC

札幌記念の翌週に行われるサマースプリントシリーズ重賞という立ち位置は変わらなかったこのレース。函館スプリントSと関連性が強く、優勝馬ドリームバレンチノが出走してくれば軸は間違いなしと見たいところですが、昨年3着で前走アイビスサマーダッシュを制したパドトロワがどのようなレース運びをするのかが気になるところ。テンの速さには定評があるテイエムオオタカの存在もあわせて、どのような前半3ハロンとなるかが今後のカギとなってきそうです。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 22:21:26 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad