FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

67th forecast 「第48回小倉記念」(◎トーセンラー)
◎・トーセンラー

+・右回り2000m以下(2-1-3-0)

-・芝1800m以外勝利なし

○・ダノンバラード

+・右回り(2-1-3-0)

-・前走準オープン以下の優勝馬は2002年アラタマインディ以来なし

△・ゲシュタルト

+・前走やや重(0-2-1-0)

-・叩き2戦目(0-0-0-2)

キルトクール・エクスペディション

+・7月、8月の小倉芝(3-0-0-0)

-・重賞(0-0-0-4)



出走馬12頭の中、半分の6頭が重賞勝ち馬となった今年の小倉記念ですが、今回上位評価に据えた3頭はいずれも父が菊花賞・有馬記念の優勝馬で母の父系がミスタープロスペクターの馬。こうした中でサマー2000シリーズ王者に向けて最短距離にいるトーセンラーを本命とし、本命馬と同じディープインパクト産駒のダノンバラードを対抗評価。昨年秋の中山芝2200m重賞で本命馬トーセンラーと同じように好走したゲシュタルトを3番手としました。

今回のキルトクールはエクスペディション。舞台は絶好ですが、上位評価3頭と比べて力量不足と見ました。



馬連

トーセンラー-ダノンバラード

ワイド

トーセンラー-ゲシュタルト

三連複

トーセンラー-ダノンバラード-ゲシュタルト

☆勝負のワンツースリー

トーセンラー→ダノンバラード→ゲシュタルト

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 22:40:04 | トラックバック(0) | コメント(0)