FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2012年8月13日ver.)
夏競馬の開催は残り3週ですが、今週はサマーシリーズのスプリント、2000の重賞が行われます。2000の方は夏のローカル開催として最も格が高いG2・札幌記念が行われますが、そこで1勝以上かつ13ポイント以上獲得という優勝資格を得る馬が現れるのか、サマーシリーズの登録馬についての見解を述べていきます。

(札幌記念)

2009年の日本ダービー馬ロジユニヴァースが実戦復帰の初戦として2年前のレースで2着に入った札幌記念を指名。果たして無事に出走にこぎつけ、完走できるのかどうか、レースを迎えるまでハラハラドキドキですが、出走が決まれば是非ともキルトクールに指名したいところです。

優勝争いという点では昨年の優勝馬トーセンジョーダンとドバイデューティーフリー以来の実戦となるダークシャドウの昨年秋の天皇賞でワンツーを決めた2頭が頭一つ抜けた恰好。6勝中5勝が芝2000mの新潟大賞典勝ち馬ヒットザターゲットがどこまで戦えるかといったところでしょうか。

(北九州記念)

今回の登録馬で最も重い斤量を背負っているのが3年前の優勝馬であるサンダルフォンで57.5㎏。ここ5年は1分7秒台の決着ですが、4頭出しのエーシン軍団の中では最年少の4歳馬エーシンヒットマンが最も気になる存在。ジュエルオブナイル、エピセアロームの過去の小倉2歳S優勝馬がどこまで戦えるかも注目です。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 22:12:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
いざクラシックへ!注目の一頭 2013クラシック世代第11週
11日に2つのオープン特別が組まれた2歳戦、どちらのレースも開催締めくくりの2歳Sへ大きなステップを踏んだ感がありますが、この土日で初勝利をあげた馬の中にはクラシックで大きな期待を抱ける馬がいるのではないかと見ています。

※8月12日札幌芝1800mメイクデビューより、コディーノ

札幌芝1800mで上がり3ハロン33秒台をマークして勝利を収めた初めての馬となったコディーノは藤沢和雄厩舎にとって初めてのキングカメハメハ産駒。藤沢和雄厩舎所属馬で札幌芝1800mの2歳戦で初勝利をあげた馬というと、2005年のセントライト記念優勝馬キングストレイル、2007年スプリングS優勝馬フライングアップル、あるいは今年の札幌日経オープンで札幌芝2600mのコースレコードを樹立したルルーシュなどが挙がりますが、血統的にはキングストレイルと同じくハッピートレイルズを2代母に持ち、1993年のマイルCS優勝馬シンコウラブリイとは近親の間柄となります。また、前半3ハロンが39秒台で全体の上がり3ハロンがそれよりも4秒以上速いレースで勝った馬というと今年の桜花賞、オークスで2着のヴィルシーナ、2009年の札幌記念優勝馬のヤマニンキングリーがおり、関東馬の台風の目となっていきそうです。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 21:00:09 | トラックバック(0) | コメント(0)