FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2013年3月4日ver.)
今週から3週にわたって中京競馬場の開催が行われる中央競馬。その最後の週には春のスプリント王決定戦である高松宮記念が行われますが、今週は中山と中京でハンデG3が2つと阪神でジャンプ重賞と3歳牝馬G2が行われます。先週の重賞などを見ていると今年のトップホースたちは実力伯仲といった趣がありますが、果たして頭一つ抜け出す馬が現れるか、じっくりと見ていきたいところです。

※中日新聞杯

昨年は7歳馬によるワンツーフィニッシュとなった中京芝2000mのハンデ重賞。昨年の新装中京芝2000m重賞における上位馬血統を見ると春秋グランプリと縁の深い父を持つ馬が活躍していましたが、今回の登録馬の中では、前走初めて2000m未満のレースを使って5着に沈んだパッションダンス、前走京都記念が約10ヶ月ぶりの実戦だったジョワドヴィーヴル、2頭のディープインパクト産駒がどのような走りをするのか気になります。

※中山牝馬S

4度行われる春の中山芝1800m重賞としては2つ目のレース。登録馬21頭の中で前走オープン勝ちの馬が1頭もいない牝馬限定ハンデG3ということで難解なレースとなりそうですが、昨年、一昨年と優勝しているレディアルバローザが3連覇を果たすのかが最大の注目。それ以外の馬では、前走愛知杯で2着に入った4歳馬サンシャインが約3か月ぶりの実戦でどれほどの走りを見せるのか、楽しみとしたいところです。

※フィリーズレビュー

3つ行われる桜花賞トライアルの中で最も格が高い阪神芝1400mのG2。フィリーズレビュー優勝馬がクラシックを制したのは2005年の桜花賞馬ラインクラフト以来ありませんが、芙蓉S優勝馬サンブルエミューズ、クロッカスSを勝っているシーブリーズライフ、あるいはこぶし賞の勝ち馬メイショウマンボといった牡馬相手に2勝目をあげた馬が勝てば、他の桜花賞出走馬に大きなプレッシャーとなりそうです。一方で、リニューアル後6年間の優勝馬を見ると、全て前走芝1600mで敗北を喫している馬たちであり、そういった馬たちが今回はどういった結果を残すのかも気にしておきたいところです。

※アネモネS

関東で唯一の桜花賞トライアル。今回のコースである中山芝1600mを1月に勝っているクラウンロゼ、サクラディソールが同一コースの連勝を飾るのかも気になりますが、特にクラウンロゼは負けなしの馬で、無敗の桜花賞参戦を果たせるのかどうかも楽しみです。

※トリトンS

高松宮記念前としては最も格の高い、中京芝1200mの準オープン。前月の長篠Sで2着のリトルゲルダ、3着ラディアーレ、昨年の12月の浜松Sで3着となったオーシャンカレントといった、今回と同一クラス・コースで行われたレースで上位争いをした馬が今回も好走できるのかどうかも気になりますが、京都芝1200mで3連勝中のバーバラが初の中京芝1200m戦をどう走るのかも気になります。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 22:27:24 | トラックバック(0) | コメント(0)