FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2013クラシック世代第40週
先週の弥生賞ではカミノタサハラが2013年クラシック世代のディープインパクト産駒としての初重賞制覇を果たしましたが、今週行われた2つの桜花賞トライアルはまたしてもサンデーサイレンス系の中でも傍流の子供たちが活躍しました。

※フィリーズレビュー

1着・メイショウマンボ(父スズカマンボ)

2着・ナンシーシャイン(父ブラックタキシード)

3着・ティズトレメンダス(父Tiz Wonderful)

リニューアル後6年間における優勝馬は全て前走敗戦馬だったG2・フィリーズレビューですが、今年は前走勝ち馬によるワンツースリーで、見事に桜花賞への優先出走権を獲得しました。こうした中で勝ったメイショウマンボは、ただ1頭上がり3ハロン34秒台をマークして、2着馬ナンシーシャインに1馬身4分の1の差をつけました。今回の勝利で芝1400m戦を(2-1-0-0)としており、将来的にスプリント路線の活躍の期待を持ちたくなる1頭となりましたが、前走のこぶし賞は昨年カレンブラックヒルが勝った500万下特別のマイル戦で、桜花賞優勝候補としても大きく頭角を現したといったところです。

※3月9日アネモネSより、クラウンロゼ

今年、優先出走権を得たクラウンロゼ、ジーニマジックはアネモネSまで全てマイル戦というキャリアの持ち主ですが、勝ったクラウンロゼはフェアリーSに続いて中山芝1600m戦を連勝。先手を取って、最後に二枚腰で勝利を収めた前回と違い、今回は道中5番手から4コーナーで外に回し、先に抜け出していたジーニマジックを残り100mのところでかわすと4分の3馬身の差をつけてみせました。2004年のダンスインザムード以来となる無敗の桜花賞制覇に王手をかける形となりましたが、アネモネSから桜花賞制覇に結びつけたのは2002年のアローキャリー以来なし。アネモネS優勝からの桜花賞制覇に至ってはただの一度もありませんが、今年のクラシックにおいてシンデレラガールとなっているクラウンロゼの快進撃はクラシック制覇に結び付けられるかもしれません。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 16:21:28 | トラックバック(0) | コメント(0)