FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2013年3月18日ver.)
今週は春のスプリントG1である高松宮記念が日曜日の中京競馬場で行われますが、それ以外にも3つの重賞が行われます。中山と阪神は開催後半を迎え、本格的な春の到来を感じさせますが、今年はどんな春を彩っていくでしょうか。

※日経賞

昨年はネコパンチの大逃走劇が見事に決まったG2戦。有馬記念と同じ中山芝2500mですが、有馬記念で好走したからといって、日経賞を勝てるとは限らないのがこのレースの肝とも言える部分。とはいえ、有馬記念優勝馬を父に持つアドマイヤフライト(父マンハッタンカフェ)、カポーティスター(父ハーツクライ)、ダノンバラード(父ディープインパクト)、ムスカテール(父マヤノトップガン)、メイショウカンパク(父グラスワンダー)がどういった走りをするのかは気になるところ。アメリカジョッキークラブCでダノンバラードに進路を塞がれ、苦杯を舐めたトランスワープが今度こそG2制覇を果たすのかも注目です。

※毎日杯

昨年はきさらぎ賞同様にディープインパクト産駒のワンツースリーとなった阪神芝1800mの3歳G3。今年の毎日杯登録馬でディープインパクト産駒の有力馬と見られるのが弥生賞5着のキズナで、ここを勝てば間違いなくクラシック有力候補の1頭として大きな前進が見られそうです。一方で、他の登録馬では今回と同じコースの野路菊Sを制しているラブリーデイがその時以来の芝1800m戦で再び躍進のきっかけを掴めるのかも気になります。

※マーチS

高松宮記念と同じ日に中山競馬場で行われるダートのハンデ重賞。2009年から2010年にかけてダートG1を5連勝したエスポワールシチーは4年前のこのレースで初重賞制覇を制したのを皮切りとしましたが、昨年9月に初勝利をあげてから4連勝中のジョヴァンニがその勢いを失わずに重賞初制覇まで果たせるかどうかが最大の注目ポイント。キャリア12戦で4勝2着3回3着1回の全てが今回の中山ダート1800mであるドラゴンフォルテ、ダート1800m戦は3戦全勝のフレームオブピースもジョヴァンニの同期であり、ダート世代交代の一翼を担えるかどうかを見守りたいところです。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 21:51:34 | トラックバック(0) | コメント(0)