■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

東京芝1600m・阪神芝1600mで初勝利をあげた馬による重賞勝ち
明日から始まる2歳戦、そのこけら落としは東京競馬場と阪神競馬場で行われます。阪神競馬場で行われる2つの新馬戦は5頭、7頭と少頭数であるのに対し、東京競馬場で行われる2つの新馬戦は13頭、12頭と、まずまずの盛況ぶりを見せていますが、阪神競馬場改修後に生まれたダービー馬やオークス馬が勝利を収めてきたコースにおいてキャリア初勝利をあげた馬が、そこからどんな重賞を勝っているのでしょうか。桜花賞前の週に勝ち上がった馬を取り上げる形で、2011年クラシック世代以降から検証していきます。

※東京芝1600m

・サクラプレジール(父サクラプレジデント・牝馬・2013年3歳)

フラワーC

・ウキヨノカゼ(父オンファイア・牝馬・2012年2歳)

クイーンC

・クラウンロゼ(父ロサード・牝馬・2012年2歳)

フェアリーS

・ヒラボクディープ(父ディープインパクト・牡馬・2012年2歳)

青葉賞

・ハナズゴール(父オレハマッテルゼ・牝馬・2011年2歳)

チューリップ賞、京都牝馬S

(寸評)

昨年のチューリップ賞で後の3歳牝馬三冠馬ジェンティルドンナと先の阪神ジュベナイルフィリーズを勝ったジョワドヴィーヴルをまとめて差し切ったハナズゴールを皮切りに、父系サンデーサイレンスのマイナー種牡馬を父に持つ牝馬がマイル重賞で活躍しているのが、東京芝1600m戦で初勝利をあげた馬となっています。

※阪神芝1600m

・テイエムイナズマ(父ブラックタイド・牡馬・2012年2歳)

デイリー杯2歳S

・メイケイペガスター(父フジキセキ・牡馬・2012年2歳)

共同通信杯

・ジェンティルドンナ(父ディープインパクト・牝馬・2011年2歳)

桜花賞、優駿牝馬【オークス】、秋華賞、ジャパンC、ローズS、シンザン記念

・アヴェンチュラ(父ジャングルポケット・牝馬・2010年2歳)

秋華賞、クイーンS

・エイシンオスマン(父ロックオブジブラルタル・牡馬・2010年2歳)

ニュージーランドトロフィー(阪神芝1600m)

・グルヴェイグ(父ディープインパクト・牝馬・2010年2歳)

マーメイドS

・マルセリーナ(父ディープインパクト・牝馬・2010年2歳)

桜花賞

(寸評)

阪神ジュベナイルフィリーズ、桜花賞と牝馬G1が2つ行われる阪神芝1600mですが、2013年クラシック世代でここを初勝利としてG1を手にした馬はいませんでした。とはいえ、牝馬で重賞を勝った4頭のうち3頭は見事にG1勝利に結びつけており、このコースで初勝利をあげてオープンクラスを勝つような牝馬が現れれば、その馬は大物と見て良いと考えられます。

スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 19:07:29 | トラックバック(0) | コメント(0)
阪神競馬場改修後のダービー馬とオークス馬たち
去る今月26日に第80回の東京優駿【日本ダービー】が行われましたが、明日6月1日から2014年のクラシックに向けての2歳馬の戦いが始まります。

この記事では、阪神競馬場が改修されてから行われた7年間の東京優駿【日本ダービー】と優駿牝馬【オークス】の勝ち馬がどこで勝ち星をあげ、前走がどこのレースだったかも見ていきながら、検証を行います。

※東京優駿【日本ダービー】

2013年・キズナ(父ディープインパクト)

京都芝1800m・2回、阪神芝1800m、京都芝2200m

前走・京都新聞杯1着

2012年・ディープブリランテ(父ディープインパクト)

阪神芝1800m、東京芝1800m

前走・皐月賞3着

2011年・オルフェーヴル(父ステイゴールド)

新潟芝1600m、阪神芝1800m、東京芝2000m

前走・皐月賞(東京芝2000m)1着

2010年・エイシンフラッシュ(父King's Best)

京都芝2000m、阪神芝2000m、中山芝2000m

前走・皐月賞3着

2009年・ロジユニヴァース(父ネオユニヴァース)

阪神芝1800m、札幌芝1800m、阪神芝2000m、中山芝2000m

前走・皐月賞14着

2008年・ディープスカイ(父アグネスタキオン)

京都芝1800m、阪神芝1800m、東京芝1600m

前走・NHKマイルC1着

2007年・ウオッカ(父タニノギムレット)

京都芝内回り1600m、阪神芝1600m・2回、京都芝外回り1600m

前走・桜花賞2着

(寸評)

2013年のキズナによって、阪神競馬場改修後初めて2000m超の勝ち鞍を持つ馬、かつG1未出走馬によるダービー制覇が成し遂げられましたが、芝2000m戦のみで3勝をあげたエイシンフラッシュ以外の6頭は関西の外回りで勝利経験を有しています。また、7頭中4頭は「父子ダービー制覇」となっている一方、それ以外の3頭は3つの競馬場で勝利を収めているのも一つのポイントです。

※優駿牝馬【オークス】

2013年・メイショウマンボ(父スズカマンボ)

京都芝内回り1400m、京都芝内回り1600m、阪神芝1400m

前走・桜花賞10着

2012年・ジェンティルドンナ(父ディープインパクト)

阪神芝1600m・2回、京都芝外回り1600m

前走・桜花賞1着

2011年・エリンコート(父デュランダル)

札幌芝1500m、阪神芝1800m、阪神芝2000m

前走・忘れな草賞1着

2010年・アパパネ(父キングカメハメハ)

東京芝1600m・2回、阪神芝1600m・2回

前走・桜花賞1着

2010年・サンテミリオン(父ゼンノロブロイ)

中山芝2000m、中山芝1800m、東京芝2000m

前走・フローラS1着

2009年・ブエナビスタ(父スペシャルウィーク)

京都芝内回り1600m、阪神芝1600m・3回

前走・桜花賞1着

2008年・トールポピー(父ジャングルポケット)

京都芝2000m、阪神芝1600m

前走・桜花賞8着

2007年・ローブデコルテ(父Cozzene)

函館芝1800m、京都芝外回り1400m

前走・桜花賞4着

(寸評)

1600m未満の勝利経験を持っていたエリンコート、ローブデコルテ、また桜花賞で敗れていたトールポピーはオークス後一度も勝てないまま引退している一方で、桜花賞前にG1以外の重賞を勝っていた2頭のオークス馬はその後も大きく活躍しており、メイショウマンボの今後が非常に興味深いところです。2011年と2013年のクラシック世代は父が日本ダービー馬ではない馬によって阪神ジュベナイルフィリーズを勝っており、そこが一つの大きな境目となります。

※阪神競馬場の重要性は増すばかり

阪神競馬場改修後7年間の東京優駿【日本ダービー】と優駿牝馬【オークス】の優勝馬で阪神競馬場のレースを勝っていなかった馬は2010年のオークスで同着優勝となったサンテミリオンと、阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬と桜花賞馬がどちらもいなかった2007年のオークス馬ローブデコルテの2頭だけです。また、2013年のオークス馬メイショウマンボに関しては、エイシンフラッシュ同様に直線400m以上のレースでは勝っていませんが、エイシンフラッシュは4歳時は未勝利だったもののG1で3回3着以内に入り、昨年の天皇賞【秋】では日本ダービー以来の勝利を収めていることから、息の長い活躍を見込めます。

※踏み外しながらタイトルを手にした反動?

2013年のダービー馬となったキズナは2000年のアグネスフライト以来となるG1未出走馬によるダービー制覇を果たしましたが、アグネスフライトはダービー後に一度も勝てず、G1で一度も3着以内に入ってこれませんでした。オークスを勝った馬が秋以降で活躍した馬を見ても桜花賞を勝った馬ばかりですし、ダービー馬で見ても、秋以降の活躍があった馬はダービー前にG1の連対経験を有していた馬ばかりということから、2013年のダービー馬とオークス馬はいろいろな意味で試金石となりそうです。

そして、来年2014年クラシック世代は、東日本大震災があった2011年生まれの馬たちによる戦いとなります。新たな価値を得た75代目のオークス馬、81代目のダービー馬が現れるのか、興味深く見守っていきます。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 18:46:25 | トラックバック(0) | コメント(0)
レース参考まとめ「第63回安田記念」
今週は鳴尾記念に出走予定があったジョワドヴィーヴルと安田記念に出走予定があったフィフスペトルが調教中の事故で亡くなるという悲しい出来事がありました。ジョワドヴィーヴルは2011年の阪神ジュベナイルフィリーズ優勝馬、フィフスペトルは2011年のマイルCS2着馬ということで重賞戦線で大いに活躍してきた馬でしたが、そういった馬でも必ずしも明るい未来が待っているわけではないのが競馬の厳しさでもあります。

そうした中で、今年の安田記念に出走する日本のG1馬は5頭、G1未勝利ながら3着以内に入ってきた経験を持つ馬は4頭います。一方で、今年に入って初めて重賞を勝った馬は2頭いますが、その中で優位に立てるのはどんな馬なのか、昨年の安田記念以降でポイントになりそうな記事をまとめておきます。

(第63回安田記念の参考記事)

62nd forecast 「第62回安田記念」(◎サダムパテック)

より速く、より強く 第62回安田記念回顧

70th forecast 「第57回京成杯オータムハンデ」(◎スピリタス)

日本競馬の進化 第57回京成杯オータムハンデ回顧

71st forecast 「第46回スプリンターズS」(◎ロードカナロア)

ブッチギリのスプリンター、誕生なるか? 第46回スプリンターズS回顧

74th forecast 「第146回天皇賞(秋)」(◎ルーラーシップ)

日本競馬最高峰を極めた人馬に捧ぐ 第146回天皇賞(秋)回顧

76th forecast 第29回マイルCS(◎レオアクティブ)

充実と円熟が混ざり合って 第29回マイルCS回顧

79th forecast 「第64回阪神ジュベナイルフィリーズ」(◎アユサン)

波乱は”進行形” 第64回阪神ジュベナイルフィリーズ回顧

80th forecast 「第64回朝日杯フューチュリティS」(◎ネオウィズダム)

運命的なマイラー 第64回朝日杯フューチュリティS回顧

88th forecast 「第43回高松宮記念」(◎エピセアローム)

”中京”スプリント覇者 第43回高松宮記念回顧

1月から3月の古馬芝G2簡易回顧

89th forecast 「第73回桜花賞」(◎トーセンソレイユ)

未来と過去の裏返し 第73回桜花賞回顧

NHKマイルCとヴィクトリアマイルの前哨戦を簡単に回顧

92nd forecast 「第18回NHKマイルC」(◎ガイヤースヴェルト)

マイナーサンデー 第18回NHKマイルC回顧

93rd forecast 「第8回ヴィクトリアマイル」(◎サウンドオブハート)

返り咲き 第8回ヴィクトリアマイル回顧

94th forecast 「第74回優駿牝馬【オークス】」(◎エバーブロッサム)

たった一つのG1勝ちより… 第74回優駿牝馬【オークス】回顧

95th forecast 「第80回東京優駿【日本ダービー】」(◎ロゴタイプ)

結束の80代目 第80回東京優駿【日本ダービー】回顧

第63回安田記念展望 「”混”の算」

第63回安田記念の前哨戦を簡単に回顧

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース参考まとめ | 18:59:47 | トラックバック(0) | コメント(0)
第63回安田記念の前哨戦を簡単に回顧
安田記念を迎えるまでに今年行われた古馬による牡牝混合の芝1600m重賞は4戦ありますが、その勝ち馬が安田記念の出走優先順18番目以内にいるのは、マイラーズCの勝ち馬グランプリボスのみとなっております。それによってさらなる混沌を呼ぶマイル戦線ですが、果たしてどんなところがポイントになってくるのか、東京芝1400mで行われた京王杯スプリングCも合わせて検証していきます。

※京都金杯

1着・ダノンシャーク(父ディープインパクト)

2着・トライアンフマーチ(父スペシャルウィーク)

3着・ヤマニンウイスカー(父マンハッタンカフェ)

今年1月の京都開催は内側を通った馬の活躍が目立ち、このレースもその例から漏れませんでしたが、勝ったダノンシャークは2着馬に0秒4差をつけて重賞初制覇を果たしました。ダノンシャークは次走マイラーズCで3着となりましたが、共に外国人騎手を起用しており、今後のレースで日本人騎手が乗るようだと割引が必要になるかもしれません。

※東京新聞杯

1着・クラレント(父ダンスインザダーク)

2着・ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー)

3着・トライアンフマーチ(父スペシャルウィーク)

勝ったクラレントは昨年秋の東京芝1600mのG3・富士S以来となる重賞3勝目をあげましたが、4歳馬の収得賞金半額による賞金順下降に加え、レーティングでも110に到達せず、マイルCSと同じように除外が濃厚です。そうした中で、京都金杯2着のトライアンフマーチが3着に入り、京都金杯と同じように母の父系が欧州血統の馬による上位独占というのは一つのポイントになりそうです。

※ダービー卿チャレンジトロフィー

1着・トウケイヘイロー(父ゴールドヘイロー)

2着・ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー)

3着・ダイワファルコン(父ジャングルポケット)

勝ち時計の1分32秒6は、グレイトジャーニーが勝った2006年以来となる1分32秒台の決着となりましたが、昨年秋に同じ中山芝1600mのハンデG3である京成杯オータムハンデにおいてマークされた日本レコードよりも1秒9も遅い決着でした。そんな中で、勝ったトウケイヘイローの父ゴールドヘイローは、これが産駒の重賞初勝利となり、今年の関東マイル戦線のトレンドである「産駒の重賞初勝利」を踏襲する形と言えます。

※マイラーズC

1着・グランプリボス(父サクラバクシンオー)

2着・サンレイレーザー(父ラスカルスズカ)

3着・ダノンシャーク(父ディープインパクト)

昨年は13着に敗れたグランプリボスが勝利を収めましたが、国内ではスワンSから3戦続けて連対中と、トップマイラーの1頭として大きな柱となった感があります。こうした中で2着に入ったサンレイレーザーについて触れると、今回の安田記念では残念ながら除外対象となってしまっていますが、父ラスカルスズカにとって初めての重賞連対馬の輩出となり、今後の活躍如何ではトップマイラーの1頭として名を連ねていきそうです。

※京王杯スプリングC

1着・ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー)

2着・トライアンフマーチ(父スペシャルウィーク)

3着・ガルボ(父マンハッタンカフェ)

安田記念よりも200m短いG2戦を勝ったのは、ここまでマイル重賞2戦連続2着だったダイワマッジョーレ。昨年のサダムパテックに次いで4歳馬の勝利となりましたが、単勝1番人気馬による勝利ということではグラスワンダーが勝った1999年以来の出来事となります。グラスワンダーは次の安田記念において京王杯スプリングCで2着だったエアジハードに敗れてしまいましたが、この時のグラスワンダーと同じように、左回りのマイル以下ではまだ一度も3着以下に沈んだことがないという実績は、ダイワマッジョーレにとって大きな武器と言えます。一方で、上位3頭の血統を見ると、東京新聞杯とかなり酷似しており、これをどう読み解くかがマイル戦線を捉える大きなポイントとなりそうです。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 21:47:01 | トラックバック(0) | コメント(0)
第63回安田記念展望 「”混”の算」
ここ3年では2回、1分32秒を切る決着を見ている安田記念。今年の日本ダービーの勝ちタイム2分24秒3はレース史上4番目の決着で、その後に行われた目黒記念ではコースレコード樹立と高速決着が続いており、昨年のコースレコードを更新するのではないかと見られますが、そんな安田記念で上位争いをしてきそうな馬たちが持つポイントをピックアップしていきます。

(昨年の展望記事・第62回安田記念展望 「重と厚」

1・関東のマイルを支配

現在、芝1600mの日本レコードとなっているコースは中山競馬場ですが、ここ3年では中山芝1600m重賞の連対馬が必ず1頭は連対しています。

2・究極のマイラーへ

NHKマイルC、ヴィクトリアマイルと続く東京マイルG1の最後を飾る安田記念ですが、近3年では芝マイルG1の連対経験持っていた馬が必ず1頭は連対しています。

3・短距離馬としての純化?

距離という視点で一つポイントになるのが安田記念が行われる芝1600mの±200m実績。一昨年までの3年間では芝1800m戦重賞勝ち馬が必ず3着以内にいましたが、昨年は芝1400m重賞勝ち馬によるワンツーフィニッシュとなり、昨年までの3年間で見ても、芝1400m重賞勝ち馬による連対が続いています。

☆昨年の上位3頭

1着・ストロングリターン(2・3に該当)

2着・グランプリボス(1・2・3全てに該当)

3着・コスモセンサー(該当なし)

この時の上位2頭はいずれも東京芝1400mの重賞勝ちの実績を持ち、前年に東京芝1600mG1で連対した経験を持ちながら、前走京王杯スプリングCでは4着以下に沈んでおりました。3着のコスモセンサーも3歳時に芝マイルで重賞勝ちがあり、年内はマイル戦で(1-1-1-0)としながら、その中に重賞勝ちはありませんでしたが、そんな3頭は自身、もしくは父の産駒が朝日杯優勝を果たしていました。

☆今年の登録馬(日本馬)とデータマッチ【父が朝日杯優勝馬を輩出、もしくは自身が朝日杯優勝馬は馬名に下線

※該当なし

クラレント、サクラゴスペル、サンレイレーザー、ショウナンマイティ、シルポート、ダノンシャーク、タムロスカイ、トライアンフマーチ、ハナズゴール、ファイナルフォーム

※1に該当

エーシントップ、ガルボ、カレンブラックヒル、グランプリボス、スマイルジャック、ダイワマッジョーレ、トウケイヘイロー、フィフスペトル、レオアクティブ

※2に該当

ヴィルシーナ、カレンブラックヒル、グランプリボス、サダムパテック、フィフスペトル

※3に該当

(芝1400m重賞勝ち馬)

エーシントップ、グランプリボス、サダムパテック、ダイワマッジョーレ、レオアクティブ、ロードカナロア

(芝1800m重賞勝ち馬)

カレンブラックヒル、サダムパテック、スマイルジャック、ダークシャドウ、ナカヤマナイト、マイネイサベル

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 19:07:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad