FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

追跡・オルフェーヴル 「日本競馬史上最強の座に向けてのカウントダウン」
1999年、前年のジャパンC優勝馬であるエルコンドルパサーがフランスへ長期遠征をし、遠征2戦目となったサンクルー大賞において日本調教馬で初めての欧州芝2400mのG1勝ちを収めました。その後、フォワ賞を勝利して迎えた凱旋門賞では欧州調教馬以外の優勝まであと一歩のところまで来ながら、ゴール寸前仏愛二か国のダービーを勝ってきたモンジュー(Montjeu)に交わされて2着となりましたが、そのエルコンドルパサーの健闘以来、日本調教馬の凱旋門賞好走は夢物語ではなくなり、昨年のオルフェーヴルが3度目の日本調教馬による凱旋門賞2着となっています。

そして2013年、今年の日本ダービー馬キズナと共に、オルフェーヴルが昨年に続いて凱旋門賞に出走します。日本競馬史上7頭目のクラシック三冠馬であり、シンボリルドルフ、ナリタブライアンに続く3頭目の”クラシック三冠+有馬記念の同一年制覇”を果たしていますが、ゴールドシップ、ファレノプシスから続いた今週3回目の「追跡」では、少し違う角度からオルフェーヴルについて触れていきます。

※たった2頭

ゴールドシップの時に触れた国内芝G1を4勝以上した馬の1頭であるオルフェーヴルですが、国内の芝G1を2つ以上行っている4つの競馬場全てのG1を勝ってきているのは、2000年に古馬中長距離G1を完全制覇したテイエムオペラオー以来2頭目となります(参考記事・追跡・ゴールドシップ 「3頭目の国内4場芝G1制覇の可能性」)。

ただ、テイエムオペラオーは4歳秋の天皇賞【秋】で4場制覇を果たしたのに対して、オルフェーヴルの4場制覇は4歳の宝塚記念で果たされており、4場制覇期間内のG1連対率で言ってもテイエムオペラオーが71%なのに対し、オルフェーヴルのそれは83%であることから、この点で言えばテイエムオペラオーよりも上と見ることができます。

※未踏の才

国内の芝G1を4勝以上した馬で古馬になってからG1初勝利という馬は先週のスプリンターズSで連覇を果たしたロードカナロアが初めてとなります。そんな中、国内の芝G1・4勝以上挙げた馬の中で、5歳秋以降にG1制覇を果たしたのは、ロードカナロア以外では、オグリキャップ(1990年有馬記念)、メジロマックイーン(1993年宝塚記念)、トウカイテイオー(1993年有馬記念)、メジロドーベル(1999年エリザベス女王杯)、ダイワメジャー(2006年天皇賞【秋】、2006年・2007年マイルCS、2007年安田記念)、ウオッカ(2009年ジャパンC)、ブエナビスタ(2011年ジャパンC)の7頭で、クラシック三冠馬による5歳でのG1制覇という記録はありません。

また、オルフェーヴルは昨年宝塚記念を勝ってきていますが、宝塚記念を制した馬がその翌年のG1を勝てたのは天皇賞【春】連覇を果たしたテイエムオペラオーただ1頭で、そのテイエムオペラオーも宝塚記念連覇を逃すと、秋のG1は勝てずに現役を退きました。シンボリルドルフ、テイエムオペラオー、ディープインパクト、そしてウオッカが持つ国内芝G1最多勝記録7勝という記録は凱旋門賞出走という部分でほぼ絶望的な状況ですが、凱旋門賞を勝利し、なおかつ帰国後にG1を勝てるようであれば、芝G1を7勝以上した馬としては初めて5歳秋以降でG1を2勝した馬であり、なおかつ初めての国内外のG1勝ち馬ということで、日本競馬史上最高の競走馬として認められるのではないかと思われます。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

馬雑談【追跡】 | 21:09:56 | トラックバック(0) | コメント(0)