FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

京都芝内回り1400m、京都芝内回り1600m、京都芝1800mで初勝利をあげた馬による重賞勝ち
今週から始まる秋の京都競馬の開催。8週連続で開催される中でG1レースは4つ組まれていますが、将来性を占う意味では、この京都で行われる2歳戦が特に注目されます。今年のダービー馬であるキズナは、秋の京都開催第1週に行われた京都芝1800mのメイクデビューを、今年のオークス馬であるメイショウマンボは秋の京都開催最終週の芝1400mメイクデビューをそれぞれ勝利していきましたが、今年はどんな逸材が現れ出世していくのか、まずは今週の2歳戦で組まれている京都芝内回り1400m、京都芝内回り1600m、京都芝1800mで初勝利をあげた馬による重賞勝ちについて取り上げていきます。

※京都芝内回り1400m

・メイショウマンボ(父スズカマンボ・牝馬・2012年2歳)

優駿牝馬【オークス】、フィリーズレビュー

・タマモベストプレイ(父フジキセキ・牡馬・2012年2歳)

きさらぎ賞

・コパノリチャード(父ダイワメジャー・牡馬・2012年2歳)

アーリントンC

・クラレント(父ダンスインザダーク・牡馬・2011年2歳)

デイリー杯2歳S、富士S、東京新聞杯、エプソムC

(寸評)

京都芝内回り1400mをキャリア初勝利としてクラシック制覇に結びつけたのは2005年の桜花賞馬ラインクラフト以来となったメイショウマンボ。ラインクラフトは桜花賞前にフィリーズレビューを勝利しており、この辺りもメイショウマンボと重なるところがありますが、基本的には2000m以下の活躍が目立ちます。意外にも、ここで名前が出た4頭はいずれも父系サンデーサイレンスの馬ですが、どちらかというと傍流の血統馬であり、そういった馬たちの活躍を期待するとすれば、京都芝内回り1400mのメイクデビュー、未勝利戦は興味深いレースとなると思われます。

※京都芝内回り1600m

・ダイワマッジョーレ(父ダイワメジャー・牡馬・2013年3歳)

京王杯スプリングC

・カレンブラックヒル(父ダイワメジャー・牡馬・2012年3歳)

NHKマイルC、ニュージーランドトロフィー、毎日王冠

・ジョワドヴィーヴル(父ディープインパクト・牝馬・2011年2歳)

阪神ジュベナイルフィリーズ

・エピセアローム(父ダイワメジャー・牝馬・2011年2歳)

セントウルS、小倉2歳S

・レッドデイヴィス(父アグネスタキオン・せん馬・2010年2歳)

シンザン記念、毎日杯、鳴尾記念

・サダムパテック(父フジキセキ・牡馬・2010年2歳)

マイルCS、弥生賞、京王杯スプリングC、東京スポーツ杯2歳S

・ドナウブルー(父ディープインパクト・牝馬・2010年2歳)

関屋記念、京都牝馬S

(寸評)

マイル以下での活躍が目立つ、”初勝利が京都芝内回り1600m戦だった馬”。父を見ると皆サンデーサイレンス直子の産駒となっておりますが、3頭の牡馬に関しては全て古馬混合のG2以上の勝ち鞍を有しており、クラシック以外で楽しみが持てるのが特長ではないかと思われます。

※京都芝1800m

・エピファネイア(父シンボリクリスエス・牡馬・2012年2歳)

神戸新聞杯、ラジオNIKKEI杯2歳S

・キズナ(父ディープインパクト・牡馬・2012年2歳)

東京優駿【日本ダービー】、京都新聞杯、毎日杯、フォワ賞

・トーセンラー(父ディープインパクト・牡馬・2011年2歳)

京都記念、きさらぎ賞

・トーセンレーヴ(父ディープインパクト・牡馬・2011年3歳)

エプソムC

・ダノンシャーク(父ディープインパクト・牡馬・2011年3歳)

京都金杯

・ダノンバラード(父ディープインパクト・牡馬・2010年2歳)

アメリカジョッキークラブC、ラジオNIKKEI杯2歳S

(寸評)

京都芝1800mでキャリア初勝利をあげたディープインパクト産駒は将来有望ということが如実にわかる豪華なラインアップ。ここで名前が出ている馬ではトーセンレーヴ以外は全てG1で3着以内に入った経験を持ち、2歳のメイクデビュー勝ち馬に関しては皆クラシックで3着に入ってきた経験があります。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 18:34:38 | トラックバック(0) | コメント(0)