FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第18回秋華賞の前哨戦を簡易回顧
今年の秋華賞の登録馬26頭を見ると、重賞勝ち馬は5頭いますが、うち2頭は2歳重賞1勝のみで3歳になって3着以内に入った実績はありません。一方で重賞2勝馬も2頭いますが、かたやスタートに問題がある馬とかたや二度の関西G1で共に着外に沈んだ馬と、どうにもあてにしづらいところがあります。一方で、前走1000万下特別を勝ってきた馬が3頭おり、この3頭がレースに大きな影響を及ぼしてきそうです。

今回のこの記事では、芝1800mの牝馬限定1000万下特別を勝ってきた2頭のレースと、関東の秋華賞トライアルである紫苑Sについて触れていきます。

※西海賞

1着・ティアーモ(父キングカメハメハ)

2着・アルアマーナ(父ディープインパクト)

3着・サンレガーロ(父ディープインパクト)

小倉芝1800mで行われた牝馬限定の1000万下特別。勝ったティアーモについては「追跡」でも取り上げましたが(参考記事・追跡・ティアーモ 「凱旋門の次」)、このレースの2着馬・3着馬は全姉妹の関係で、この後紹介する夕月特別では順番こそ逆転したものの7着・8着と、そちらでも僅差の争いを繰り広げていました。また、アルアマーナもサンレガーロも小倉芝1800mと関西の芝外回りの1800m戦しか勝っておらず、このレースを勝ったティアーモにしても同じようなキャラクターで芝1800mでは3戦3勝としていることから、距離延長のG1で通用するかは微妙なところです。

※紫苑S

1着・セキショウ(父シンボリクリスエス)

2着・リボントリコロール(父チチカステナンゴ)

3着・モモトンボ(父ネオユニヴァース)

昨年の秋華賞で4着に来たブリッジクライムは、関東の秋華賞トライアルであるこの紫苑Sで2着になっていた馬。今年のレースは、3走前に紫苑Sと同じコースの牝馬限定500万下を勝ったセキショウが逃げ切り勝ちを収めましたが、2着になったリボントリコロールは、ブリッジクライム同様に夏の福島芝2000m戦の勝ち鞍を有していることもさることながら、母系を見ていくと2007年の秋華賞優勝馬ダイワスカーレットとは近親関係にあり、2002年の秋華賞3着馬シアリアスバイオ以来となる紫苑S出走馬による秋華賞3着以内入線も考えておきたいところです。

※夕月特別

1着・スマートレイアー(父ディープインパクト)

2着・エアジェルブロワ(父ダイワメジャー)

3着・イリュミナンス(父マンハッタンカフェ)

ローズSの翌週に行われた、阪神芝1800mの牝馬限定1000万下特別は、スマートレイアーがコースレコードと0秒3差に迫る速い時計をマークして勝利しました。2着馬、3着馬も過去に着外になったのは2回だけであり、3着のイリュミナンスに関しては重賞で3着に入った実績もある馬だったことからも、そういった相手に勝利できたことはレベルの高さを見せた格好となります。

ただ、スマートレイアーにとって秋華賞は2000m以上のレースが初めてであることもさることながら、コーナー4つのレース経験も初めてのこと。コーナー4つのレースが未経験のままで連対したのは、2011年の2着馬キョウワジャンヌが該当していますが、キョウワジャンヌはローズS3着馬であり、3勝目のレースは牡馬混合のレースでした。これを踏まえると、秋華賞が重賞初挑戦で、なおかつ2勝目、3勝目は牝馬限定戦だったスマートレイアーにとっては、秋華賞好走はかなりハードルが高いように思われます。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 21:43:05 | トラックバック(0) | コメント(0)