FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

東京芝2000m・京都芝2000mで初勝利をあげた馬による重賞勝ち
今週のG1は京都芝2000mで行われる3歳牝馬の一戦・秋華賞ですが、2歳戦でも今週から芝2000m戦が組まれています。2歳戦としては最長距離のレースである芝2000mですが、秋の天皇賞が行われる東京芝2000mと秋華賞が行われる京都芝2000mで初勝利を挙げた馬はどんな重賞を勝ち上がっているのか、検証していきます。

※東京芝2000m

・カミノタサハラ(父ディープインパクト・牡馬・2012年2歳)

弥生賞

・コスモオオゾラ(父ロージズインメイ・牡馬・2011年2歳)

弥生賞

・フェノーメノ(父ステイゴールド・牡馬・2011年2歳)

天皇賞【春】、青葉賞、セントライト記念、日経賞

・スマートロビン(父ディープインパクト・牡馬・2010年2歳)

目黒記念

※京都芝2000m

・ヒストリカル(父ディープインパクト・牡馬・2011年2歳)

毎日杯

・ブライトライン(父フジキセキ・牡馬・2011年2歳)

ファルコンS

(寸評)

東京芝2000mで2歳戦が始まったのは1997年。2001年までは3戦組まれており、2003年に東京競馬場が改修されてから徐々に開催が増えてきている条件ですが、2009年のアリゼオ、ペルーサを皮切りに、現在4年連続で東京芝2000mの2歳戦で初勝利を挙げた馬による重賞制覇が果たされています。2010年2歳世代からのメンバーを見ると上記のような結果となっておりますが、名前が出てきた4頭は2勝目も芝2000mで挙げており、同じ距離で進化のある走りを見せていることが、その後の出世に貢献していると言えそうです。

一方、3年前の皐月賞馬とダービー馬が初勝利を挙げた京都芝2000mについて触れると、2011年クラシック世代以降は下火になっている印象が強いです。上に名前が出ている2頭は、いずれも2勝目以降に芝2000m戦の勝利がなく、そのまま短距離路線へシフトしていっている面がありますが、3年前の皐月賞馬とダービー馬は東京芝2000mで初勝利を挙げて出世した馬たちと同様に2勝目も芝2000m戦であり、そういった馬が現れるようであれば、来年のクラシックに期待が持てる存在となります。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 18:31:22 | トラックバック(0) | コメント(0)