FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

112th forecast 「第18回秋華賞」(◎シャトーブランシュ)
中央競馬では4戦行われる同世代の牝馬限定G1で唯一、最後の直線が400m未満のレースである秋華賞。2013年クラシック世代の牝馬限定G1は全て1番人気の馬が3着以下に沈んだ一方で、一度重賞ないしG1で敗れ去った馬が巻き返す形で勝利を収めていますが、今回の予想もそれをベースにしながら組み立てていきました。

なお、今回の秋華賞からデータの記載についてもう一つ追加していきます。詳細については、”参考まとめ記事”のリンクの後に、データルールとして記載します。

(展望記事・第18回秋華賞展望 「”乱”の算」

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第18回秋華賞」

【データルール1・展望記事で該当していたデータの番号を、印の横の「」内に記載】

【データルール2・[レ]のデータにおいて出走馬中3頭以下が該当するものであれば、そのデータに”下線”を、1頭のみのものは”【】”を加える】

1枠1番・スマートレイアー(△)「3」

+・3年連続優勝の「父が日本ダービー馬で芝マイルの優勝経験のある馬」[レ]、4年連続連対馬輩出の「父が有馬記念優勝馬で芝マイルの優勝経験のある馬」[レ]、2007年以降で牝馬三冠馬が誕生した2010年、2012年以外の4回は全て1年以内の連勝実績の中に芝1800m戦優勝実績を持つ馬が勝利[レ]

-・重賞未出走馬による連対は2007年以降なし[レ]、2月以降にキャリア初勝利を挙げた馬による連対は2007年以降ではなし[レ]

今年のダービー優勝馬キズナと同じ”1枠1番、武豊騎手騎乗のディープインパクト産駒”。今年4月にデビューして2戦2勝とした後に3か月の休養を挟み、今回のレースで下半期3戦目というローテーションは上がり目という点において疑問が残りますが、過去3勝の内容から見てスピード能力は同世代の牝馬の中ではトップクラスの1頭で、才能で押し切る可能性も十分にあると見ています。

1枠2番・シャトーブランシュ(◎)「1・2」

+・2年連続ワンツーフィニッシュの「2勝目が牡馬混合戦の馬」[レ]

-・【ローズS2着馬が父系サンデーサイレンスではない時は2007年以降(0-0-0-3)[レ]】

今回のメンバーで4頭いる芝2000m以上の牡馬混合戦で勝利経験を持つ馬の1頭ですが、この馬に関しては2走前に古馬と牡馬に交じって芝2000m戦を勝利していることから、同世代の芝2000m勝ちを持つ牝馬としては最強と目される存在です。父キングヘイローの馬というと、7年前にカワカミプリンセスがオークスに続いて無敗で制していますし、母父トニービンで末脚の確実性も担保していることから、今回の秋華賞における優勝候補筆頭と見ることにしました。

2枠3番・ティアーモ(○)「3」

+・3年連続3着以内馬を輩出している「古馬との対戦で勝利経験のある、母父サンデーサイレンスの馬」[レ]、2007年以降で牝馬三冠馬が誕生した2010年、2012年以外の4回は全て1年以内の連勝実績の中に芝1800m戦優勝実績を持つ馬が勝利[レ]

-・重賞を1回以上使い、3着以内に入ったことが一度もない馬は2007年以降で3着以内に入った馬はなし[レ]、2月以降にキャリア初勝利を挙げた馬による連対は2007年以降ではなし[レ]

先週の京都大賞典でゴールドシップ相手に大金星を挙げたヒットザターゲットと同じキングカメハメハ産駒、その京都大賞典で2着に入ったアンコイルドと今年の凱旋門賞を制したTreveと同じTrillion牝系ということで、血統的な勢いでは随一の存在。スマートレイアーと同じ前走芝1800mの牝馬限定1000万下特別を勝ってきた馬ですが、こちらは一発で1000万下のレースを勝利し、ローテーションにゆとりを持っていることから上がり目も十分に期待できますし、オークス出走のキャリアが生きてくるのではないかと見ています。

2枠4番・コレクターアイテム(…)「なし」

+・4年連続連対馬輩出の「父が有馬記念優勝馬で芝マイルの優勝経験のある馬」[レ]、4年連続3着以内入線馬を輩出している「東京芝初出走初オープン勝ち馬」[レ]

-・重賞勝ちが芝1600m以下のものだけでローズSで3着以下に沈んだ馬は2007年以降3着以内なし[レ]

3戦目のアルテミスSで全てを使い切ったかのようなその後の落ちぶれぶりを見るにつけ、現状では上がり目を見出すのは難しいと見ています。

3枠5番・セキショウ(…)「3」

+・3歳限定のコーナー4つの芝コース(2-1-0-0)[自]

-・前走中山は2001年3着のレディパステル以来3着以内入線馬はなし[レ]、前走2000m以上の非重賞は2007年以降連対なし[レ]、重賞を1回以上使い、3着以内に入ったことが一度もない馬は2007年以降で3着以内に入った馬はなし[レ]

過去の走りからスピード感が全く感じられない馬で、全く狙いに入ってきません。

3枠6番・ウリウリ(キルトクール)「3」

+・3年連続優勝の「父が日本ダービー馬で芝マイルの優勝経験のある馬」[レ]、4年連続連対馬輩出の「父が有馬記念優勝馬で芝マイルの優勝経験のある馬」[レ]

-・【ローズSで3着に入った”キャリア2勝以下の馬”は2007年以降(0-0-0-3)[レ]】

ローズSで本命にした馬ですが(参考記事・108th forecast 「野路菊S&第31回ローズS&第67回セントライト記念」)、今回の登録馬の中では上がり目が少々弱く感じられる馬で、マイル戦以外の勝利がないことも考慮してキルトクールにすることにしました。

4枠7番・トーセンソレイユ(…)「2」

+・3年連続優勝の「父が日本ダービー馬で芝マイルの優勝経験のある馬」[レ]、2007年以降で牝馬三冠馬が誕生した2010年、2012年以外の4回は全て1年以内の連勝実績の中に芝1800m戦優勝実績を持つ馬が勝利[レ]

-・重賞未勝利馬でローズSが4着以下だった馬による3着以内入線馬はなし[レ]、重賞を1回以上使い、3着以内に入ったことが一度もない馬は2007年以降で3着以内に入った馬はなし[レ]

ネオユニヴァース産駒の牝馬で重賞勝ちがあるのはイタリアンレッド1頭のみで、イタリアンレッドは5歳になってから初重賞制覇を果たした鬼っ子的存在。母の父系ノーザンダンサーという配合もスプリングS、皐月賞と連勝したアンライバルドのみで、アンライバルドも皐月賞後は全くの不発に終わっていることからも、桜花賞以後凡走続きのこの馬に勝算は見出せません。

4枠8番・マコトブリジャール(…)「なし」

+・ここ2年で3頭3着以内に入っている古馬混合戦2勝馬[レ]、2年連続ワンツーフィニッシュの「2勝目が牡馬混合戦の馬」[レ]

-・前走中山は2001年3着のレディパステル以来3着以内入線馬はなし[レ]、前走2000m以上の非重賞は2007年以降連対なし[レ]、重賞未出走馬による連対は2007年以降なし[レ]、2月以降にキャリア初勝利を挙げた馬による連対は2007年以降ではなし[レ]

キャリア3勝目の古馬混合1000万下のレースも牡馬との対戦でものにしたのは、キャリア的には最も優秀と言っても良さそうですが、父系ミスタープロスペクター、母の父ブライアンズタイムという牝馬戦線で活躍馬がほとんどいない血統構成から、狙いからは外すことにしました。

5枠9番・ノボリディアーナ(△)「1・2」

+・2007年以降で牝馬三冠馬が誕生した2010年、2012年以外の4回は全て1年以内の連勝実績の中に芝1800m戦優勝実績を持つ馬が勝利[レ]、2年連続ワンツーフィニッシュの「2勝目が牡馬混合戦の馬」[レ]、京都芝(3-0-0-0)[自]

-・重賞未勝利馬でローズSが4着以下だった馬による3着以内入線馬はなし[レ]、重賞を1回以上使い、3着以内に入ったことが一度もない馬は2007年以降で3着以内に入った馬はなし[レ]

データ的には最も勝利に近い存在と目される1頭。「父フレンチデピュティ、母父サンデーサイレンス」という配合は器用貧乏なところがあるので評価を下げましたが、それでもローズSからの巻き返しという点では期待が持てる存在です。

5枠10番・サクラプレジール(…)「なし」

+・2007年以降で牝馬三冠馬が誕生した2010年、2012年以外の4回は全て1年以内の連勝実績の中に芝1800m戦優勝実績を持つ馬が勝利[レ]

-・2月以降にキャリア初勝利を挙げた馬による連対は2007年以降ではなし[レ]

オークスからのぶっつけ参戦で、オークス出走時の臨戦過程も踏まえると、あまりにも見切り発車という感が否めません。

6枠11番・リボントリコロール(▲)「3」

+・3年連続3着以内馬を輩出している「古馬との対戦で勝利経験のある、母父サンデーサイレンスの馬」[レ]、2年連続ワンツーフィニッシュの「2勝目が牡馬混合戦の馬」[レ]

-・前走中山は2001年3着のレディパステル以来3着以内入線馬はなし[レ]、前走2000m以上の非重賞は2007年以降連対なし[レ]、重賞未出走馬による連対は2007年以降なし[レ]、2月以降にキャリア初勝利を挙げた馬による連対は2007年以降ではなし[レ]

二代母スカーレットリボンはダイワメジャーとダイワスカーレット、2頭の芝2000m・G1優勝馬を輩出したスカーレットブーケの全姉にあたる馬ということで、牝系ベースでは今回の有力候補の1頭。桜花賞馬不在としては直近のレースにあたる2002年の勝ち馬ファインモーションは3歳夏に芝2600mの1000万下特別を古馬や牡馬に交じって圧勝していますが、この馬も500万下とは言え、芝2200mのレースを古馬や牡馬相手に勝利しており、スタミナ勝負になれば浮上の可能性が大きい存在です。

6枠12番・エバーブロッサム(…)「なし」

+・芝2000m以上(1-2-0-0)[自]

-・重賞未勝利馬でローズSが4着以下だった馬による3着以内入線馬はなし[レ]

今年のオークス2着馬ですが、未だ1勝馬で前走は初の関西遠征で14着大敗。成長度という点で疑問が残ります。

7枠13番・リラコサージュ(…)「1・2」

+・4年連続3着以内入線馬を輩出している「東京芝初出走初オープン勝ち馬」[レ]

-・重賞未勝利馬でローズSが4着以下だった馬による3着以内入線馬はなし[レ]、スイートピーSで年内初の芝勝利を挙げた馬は2007年以降3頭いて、いずれもG1で3着以内の入線経験なし[自]

スイートピーS勝利後の2戦の走りがあまりに平凡で、単純に力不足と見ています。

7枠14番・デニムアンドルビー(…)「なし」

+・【中山G1馬を父に持つローズS優勝馬は(2-2-0-0)[レ]】、【春のクラシックで3着以内に入ったことのあるローズS優勝馬は2007年以降(2-0-1-0)[レ]】、4年連続3着以内入線馬を輩出している「東京芝初出走初オープン勝ち馬」[レ]

-・【フローラS優勝馬は2007年以降(0-0-0-4)[レ]】、2月以降にキャリア初勝利を挙げた馬による連対は2007年以降ではなし[レ]

芝2000m重賞勝ちの後に芝1800m重賞制覇はG1制覇に向けては非常に大きなマイナス。重賞実績(2-0-1-0)としているものの、出足が壊滅的に鈍い割には上がり3ハロンが取り立てて速いわけでもなく、積極的に狙えるような馬ではありません。

7枠15番・ビーナストリック(…)「1」

+・ここ2年で3頭3着以内に入っている古馬混合戦2勝馬[レ]

-・重賞未出走馬による連対は2007年以降なし[レ]、2月以降にキャリア初勝利を挙げた馬による連対は2007年以降ではなし[レ]

マイルを超える距離を使ったのは一度だけでその時は13着と大敗。ここまでの臨戦過程から狙える要素はほぼ皆無ですが、ここ2戦は1200m以下のレースで先行押し切りの形で勝利しており、展開のカギを握っています。

8枠16番・メイショウマンボ(…)「2」

+・2年連続ワンツーフィニッシュの「2勝目が牡馬混合戦の馬」[レ]、4年連続3着以内入線馬を輩出している「東京芝初出走初オープン勝ち馬」[レ]

-・2007年以降のオークス優勝馬で芝1600m未満の勝利経験を持つ馬は過去2頭おり、オークス後の重賞で一度も連対なし[自]

メンバー最多の4勝をマークしていますが、その勝ち方を見る限りでは、高速決着の芝2000m戦は不向きと見ています。

8枠17番・ローブティサージュ(…)「2」

+・2006年阪神ジュベナイルフィリーズ以降の阪神芝1600mで行われた牝馬G1の勝ち馬で、G1勝利の前に芝1800m戦で3着以内に入った経験のある馬は過去5頭おり、いずれもその後のG1で1勝以上している[自]

-・重賞勝ちが芝1600m以下のものだけでローズSで3着以下に沈んだ馬は2007年以降3着以内なし[レ]

昨年の2歳女王ですが、3歳になってからの4戦全て4着以下と早枯れの印象。今の高速馬場に対応できるだけのスピードを有しているようにも思えず、狙いからは外します。

8枠18番・セレブリティモデル(…)「なし」

+・2007年以降の忘れな草賞連対馬でその後のG1で連対を果たした3頭と同じ「1勝目が2歳戦」[自]

-・重賞未勝利馬でローズSが4着以下だった馬による3着以内入線馬はなし[レ]、重賞を1回以上使い、3着以内に入ったことが一度もない馬は2007年以降で3着以内に入った馬はなし[レ]、1勝目以降、前走と違う競馬場(0-0-0-4)[自]

過去の2勝はいずれも外国人騎手とのコンビで、日本人騎手とのコンビでは良さが活かされないのではないかと見ています。



単勝

シャトーブランシュ

ティアーモ

複勝

シャトーブランシュ

ティアーモ

リボントリコロール

ワイド(ボックス)

シャトーブランシュ、ティアーモ、ノボリディアーナ

馬単(フォーメーション)

(1着)シャトーブランシュ、ティアーモ、スマートレイアー

(2着)シャトーブランシュ、リボントリコロール

三連複(軸1頭ながし)

(軸)シャトーブランシュ

(相手)ティアーモ、リボントリコロール、スマートレイアー、ノボリディアーナ

三連単

ティアーモ→シャトーブランシュ→ノボリディアーナ

スマートレイアー→リボントリコロール→ティアーモ

☆勝負のワンツースリー

シャトーブランシュ→リボントリコロール→ティアーモ

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 17:37:53 | トラックバック(1) | コメント(0)