FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

113th forecast 「第74回菊花賞」(◎フルーキー)
昨年は重賞勝ち馬がわずか2頭だった菊花賞ですが、今年は6頭が参戦。これはオルフェーヴルがクラシック三冠を達成した2011年と同じ頭数で、2007年以降では3番目に多い形となっておりますが、今年は3年ぶりとなる古馬1000万下特別勝ち馬による菊花賞制覇を主軸として予想を組み立てました。

(展望記事・第74回菊花賞展望 「”巻”の算」

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第74回菊花賞」

【データルール1・展望記事で該当していたデータの番号を、印の横の「」内に記載】

【データルール2・[レ]のデータにおいて出走馬中3頭以下が該当するものであれば、そのデータに”下線”を、1頭のみのものは”【】”を加える】

1枠1番・ケイアイチョウサン(…)「なし」

+・3年連続連対馬輩出の”父が芝2400m・G1の勝ち馬で自身が東京芝の勝利経験を持つ馬”[レ]、前走4着以下で次走が前走と違う競馬場(2-0-1-1)[自]

-・ラジオNIKKEI賞勝利の次のレースで敗れた馬は過去6頭おり、いずれもG1で3着以内に入った経験なし[自]

2003年から2006年までの4年連続で菊花賞2着の騎手となった横山典弘騎手がパートナーを組むのは、ステイゴールド産駒の重賞勝ち馬。ラジオNIKKEI賞と同様にインコースからの奇襲には警戒しておきたいところですが、対エピファネイアということを考えると、ワンパンチ足りないのではないかと見ています。

1枠2番・ネコタイショウ(…)「なし」

+・【近5年で3頭3着に来ている”父が現役時代にG1を勝てなかったサンデーサイレンス産駒で、自身は3歳春に芝2000m戦勝利経験がある馬”[レ]】

-・3歳夏に北海道のレースを使った馬による連対は2002年2着のファストタテヤマ以来なし[レ]

今年の秋のG1二戦でいずれも3着に来ている池添謙一騎手の騎乗馬は、昨年の日経賞でウインバリアシオンやルーラーシップなどを相手に逃げ切ったネコパンチの弟。この馬の過去の2勝はいずれもローカルの道悪競馬で、おおよそ菊花賞の舞台に向くとは思えませんが、エピファネイアにとってはこの馬の出方が大きなポイントになるのではないかと見ています。

2枠3番・エピファネイア(▲)「1・2・3」

+・2007年以降では2011年以外の年において必ず1頭以上3着以内に入っている”関西芝外回りで勝利経験のある父が非サンデーサイレンス系”[レ]、2000年以降の東京優駿【日本ダービー】2着馬で秋初戦を勝利で飾った馬は4頭おり、いずれもその後G1を勝利[自]、2007年以降の神戸新聞杯優勝馬で、神戸新聞杯前に芝2000m以上の重賞勝ちがあった馬による3歳秋最初のG1(2-0-1-0)[自]

-・2007年以降の神戸新聞杯優勝馬で、出走前の重賞制覇が1回以下の馬による3歳秋のG1(0-0-0-3)[自]

基本的には優勝候補筆頭の馬と見ていますが、過去に連対した6戦全てにおいて連対馬の相手は母系がアメリカ血統であったのが一つのポイントになります。枠から見た戦術としては、両隣が菊花賞優勝ジョッキーで、外に同厩舎の馬という組み合わせも非常に厄介で、最初の坂の対処次第では惨敗も視野に入れています。

2枠4番・フルーキー(◎)「1・2」

+・2007年以降で皐月賞馬、ダービー馬不在となった2008年、2010年では、古馬混合1000万下特別1戦目で勝利した馬が優勝[レ]、2007年以降では2011年以外の年において必ず1頭以上3着以内に入っている”関西芝外回りで勝利経験のある父が非サンデーサイレンス系”[レ]

-・”芝2000以上で未勝利、かつオープンクラスで未勝利の馬”による3着以内入線は、2007年以降では2009年優勝のスリーロールス1頭のみ[レ]

今年3月デビューで、ここ2戦は古馬混合戦で連勝を重ねている旬の馬。秋の阪神芝1800mで行われた1000万下特別の野分特別勝利と浜中俊騎手という組み合わせは、2009年の優勝馬であるスリーロールスと同じであり、神戸新聞杯優勝馬が必ずしも盤石とは言えないことから、狙い目のトップにこの馬を据えることにしました。

3枠5番・テイエムイナズマ(…)「2」

+・近5年では2011年以外の4年で必ず1頭以上3着以内に入っている”1勝目が阪神芝外回りで前走菊花賞トライアル”[レ]、京都芝外回り1600m戦となった1997年以降のデイリー杯2歳Sを1分34秒台で勝った中央所属馬は自身除いて過去5頭おり、いずれも阪神ジュベナイルフィリーズから菊花賞までの世代限定G1において一度は3着以内入線を果たす[自]

-・朝日杯で掲示板を外した2歳重賞勝ち馬による2000m以上のG1は2002年菊花賞2着のファストタテヤマ以来3着以内なし[自]

昨年のデイリー杯2歳Sでは途中から抑えきれない感じの競馬になってごり押しで勝った部分もありましたが、その後の成績は芳しくなく、ファストタテヤマの再現を狙うのは難しいと見ています。

3枠6番・ヤマイチパートナー(…)「1・3」

+・近5年では2011年以外連対馬を輩出している”3歳夏の阪神競馬場で勝利経験を持つ馬”[レ]

-・「2400mとなった2007年以降の神戸新聞杯で4着以下かつオープンクラス未勝利」は連対なし[レ]、3歳夏に北海道のレースを使った馬による連対は2002年2着のファストタテヤマ以来なし[レ]

神戸新聞杯の負け方を見る限りではスピードが足りない印象で、武豊騎手とのコンビでないことも大きな減点材料です。

4枠7番・アクションスター(…)「なし」

+・近5年では2011年以外の4年で必ず1頭以上3着以内に入っている”1勝目が阪神芝外回りで前走菊花賞トライアル”[レ]

-・【京都新聞杯出走馬による3着以内馬は2002年2着のファストタテヤマ以来なし[レ]】、「2400mとなった2007年以降の神戸新聞杯で4着以下かつオープンクラス未勝利」は連対なし[レ]、”芝2000以上で未勝利、かつオープンクラスで未勝利の馬”による3着以内入線は、2007年以降では2009年優勝のスリーロールス1頭のみ[レ]

アグネスタキオン産駒は菊花賞で狙える血統ではありません。

4枠8番・タマモベストプレイ(…)「3」

+・2003年以降のきさらぎ賞優勝馬できさらぎ賞出走前ので芝の勝利が2回あった関西馬は4頭おり、いずれも後のG1で1回以上連対あり[自]

-・2000年以降のきさらぎ賞で勝ちタイムが1分48秒台かつ2着馬が重賞未勝利馬だった時の優勝馬は6頭おり、いずれも3歳秋のG1で3着以内なし[自]

エピファネイア、テイエムイナズマと共に今年のクラシック三冠を皆勤した1頭ですが、距離延長と年月を重ねるごとに内容が乏しくなっており、狙い目には入りません。

5枠9番・インパラトール(…)「2」

+・【3年連続連対馬輩出中の”2勝目が芝1800mのオープンクラス”[レ]】

-・【前走1600万下特別出走馬による3着以内入線は2000年以降なし[レ]】

きさらぎ賞を取り消したところからリズムが狂っている印象で、前走古馬混合の準オープンに出たこともいただけません。

5枠10番・バンデ(…)「1・2」

+・2007年以降では2011年以外の年において必ず1頭以上3着以内に入っている”関西芝外回りで勝利経験のある父が非サンデーサイレンス系”[レ]

-・3歳夏に北海道のレースを使った馬による連対は2002年2着のファストタテヤマ以来なし[レ]

前走の内容は優秀でしたが、目標にされる可能性が出てきた部分も踏まえると、今回は狙いを下げたいところです。

6枠11番・ヒラボクディープ(…)「2」

+・3年連続連対馬輩出の”父が芝2400m・G1の勝ち馬で自身が東京芝の勝利経験を持つ馬”[レ]、過去3年の青葉賞優勝馬はいずれも父が芝2400mのG1勝ち馬で、3歳秋に一度はG1連対を果たしている[自]

-・【セントライト記念で3着以下に負けたダービー出走馬は2000年以降3着以内なし[レ]】

青葉賞の内容が平凡で、出世の気配がありません。

6枠12番・ナリタパイレーツ(…)「3」

+・2007年以降では2011年以外の年において必ず1頭以上3着以内に入っている”関西芝外回りで勝利経験のある父が非サンデーサイレンス系”[レ]

-・すみれS優勝後、皐月賞で4着以下に敗れた馬によるクラシック3着以内入線は、2000年の日本ダービーで3着となったアタラクシア以来なし[自]

すみれSの勝ち馬で春のクラシック参戦も敗退という形は、菊花賞に向けて良い材料ではありません。

7枠13番・ダービーフィズ(…)「なし」

+・【2年連続3着以内入線馬輩出の”父が菊花賞馬もしくは父が菊花賞馬輩出のセントライト記念2着馬”[レ]】、3年連続連対馬輩出の”父が芝2400m・G1の勝ち馬で自身が東京芝の勝利経験を持つ馬”[レ]

-・【セントライト記念優勝馬がG1で3着以内に入った経験のない馬だった時の2着馬は、2000年2着のトーホウシデン以来連対なし[レ]】

血統的に長い距離は歓迎ですが、輸送に弱いのがネック。騎手の腕にも不安があります。

7枠14番・サトノノブレス(…)「なし」

+・東京以外(2-1-2-0)[自]

-・【2007年以降の神戸新聞杯3着馬で勝ち鞍全て同一距離の馬は(0-0-1-3)[レ]】、”芝2000以上で未勝利、かつオープンクラスで未勝利の馬”による3着以内入線は、2007年以降では2009年優勝のスリーロールス1頭のみ[レ]

芝1800m以外未勝利の神戸新聞杯3着馬という流れは、昨年9着のマウントシャスタと同じであり、血統的にも距離延長が歓迎という性質ではありません。

7枠15番・ユールシンギング(…)「なし」

+・【2007年3着馬ロックドゥカンブと同じ、セントライト記念とその前のレースを連勝した馬[レ]】

-・重賞未勝利馬の身でセントライト記念制覇を果たしたのは2000年以降4頭おり、1頭もG1で3着以内なし[自]

セントライト記念の勝利は特に見るべきものがなく、京都経験があまりない騎手起用にも疑問があります。

8枠16番・アドマイヤスピカ(○)「2」

+・【菊花賞トライアル前に芝2400mの勝利経験を有し、なおかつ菊花賞トライアルで優先出走権を得た馬は2007年以降(1-3-0-0)[レ]】、2007年以降では2011年以外の年において必ず1頭以上3着以内に入っている”関西芝外回りで勝利経験のある父が非サンデーサイレンス系”[レ]

-・”関西の3歳500万下・芝2400m”を勝ち上がってきた馬による、秋の3歳重賞連対はなし[自]

今年秋の京都開催で猛威を振るってるキングマンボの血を持つ馬は今回この馬だけ。3月に中央所属のジョッキーとなり、先週終了段階で年間100勝達成と関東リーディングジョッキー関東リーディング2位となっている戸崎圭太騎手の腕にも期待です。

8枠17番・ラストインパクト(キルトクール)「なし」

+・【2007年以降で皐月賞馬、ダービー馬不在となった2008年、2010年では、芝2000m以上の古馬混合1000万下特別を勝利した馬が優勝[レ]】

-・「2400mとなった2007年以降の神戸新聞杯で4着以下かつオープンクラス未勝利」は連対なし[レ]、G2となった2001年以降の青葉賞3着馬は、3歳重賞で3着以内なし[自]

前走は乗り替わりに加えて、発走前に落鉄のアクシデントもあって良い結果が出ませんでした。今回は主戦騎手の川田将雅騎手とのコンビで上昇気配もありますが、関西外回りで勝利経験がないのがネックで、今回のキルトクールに指名することにしました。

8枠18番・マジェスティハーツ(△)「2・3」

+・【4年連続3着以内入線を果たしている、菊花賞トライアルをダービー連対馬の次の着順で入って優先出走権を得た馬[レ]】、近5年では2011年以外連対馬を輩出している”3歳夏の阪神競馬場で勝利経験を持つ馬”[レ]、2007年以降で皐月賞馬、ダービー馬不在となった2008年、2010年では、古馬混合1000万下特別1戦目で勝利した馬が優勝[レ]、近5年では2011年以外の4年で必ず1頭以上3着以内に入っている”1勝目が阪神芝外回りで前走菊花賞トライアル”[レ]

-・【2007年以降の神戸新聞杯の連対馬で神戸新聞杯が芝2000m以上のオープン初連対だった時は(0-0-0-3)[レ]】、”芝2000以上で未勝利、かつオープンクラスで未勝利の馬”による3着以内入線は、2007年以降では2009年優勝のスリーロールス1頭のみ[レ]

森一馬騎手に乗り替わってから(2-1-0-0)と良績を残しながら、通算勝利数がG1への騎乗可能な31勝に到達しなかったことから、(1-0-0-3)の武豊騎手に乗り替わり。マジェスティハーツ自身に本格化の兆しもあり、力量的に十二分に勝負できる馬と見ていますが、フルーキーと比べて上がり目が弱いと見て評価を控えめにしました。



単勝

フルーキー

複勝

アドマイヤスピカ

馬連

フルーキー-エピファネイア

馬単

フルーキー→マジェスティハーツ

ワイド

フルーキー-アドマイヤスピカ

三連単

フルーキー→マジェスティハーツ→アドマイヤスピカ

☆勝負のワンツースリー

エピファネイア→フルーキー→アドマイヤスピカ

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 20:05:23 | トラックバック(1) | コメント(0)