FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

追跡・ディサイファ 「発掘される英雄」
今週のG1は東京競馬場で天皇賞【秋】が行われますが、クラシック最後のレースである菊花賞が終わり、3歳馬と古馬との対戦が本格化する中で、勝てばオープン入りを果たせる準オープンのレースもなかなか熾烈なレースが繰り広げられています。オープンから降級してきた馬もいれば、下級条件から連勝してきた馬もいる、百花繚乱の準オープン戦ですが、今回の追跡では、先週の日曜日の東京競馬場で行われた準オープン・甲斐路Sを勝利したディサイファについてです。ディサイファは昨年の福島記念から今年の新潟大賞典にかけてハンデG3を5戦連続で2着に来たアドマイヤタイシの弟にあたる馬で、アラブの大富豪であるシェイク・モハメド氏が所有するディープインパクト産駒の4歳馬ですが、そんなディサイファの将来性を占っていこうと思います。

※秋の東京は登竜門

◇2003年以降の秋の東京芝・1600万下特別勝ち馬で重賞を勝った馬【今年の白秋Sまでの76レース、馬名横の()内は年・距離】

クラフトワーク(2003年・1800m)…アメリカジョッキークラブC(2005年)、函館記念(2004年)、中山金杯(2005年)

ウインラディウス(2003年・1400m)…京王杯スプリングC(2004年)、東京新聞杯(2004年)、富士S(2005年)

エアシェイディ(2004年・1800m)…アメリカジョッキークラブC(2008年)

ニシノナースコール(2006年・1600m)…エンプレス杯(2009年)

ブライトトゥモロー(2006年・1800m)…新潟大賞典(2007年)

ブルーメンブラット(2007年・1400m)…マイルCS(2008年)、府中牝馬S(2008年)

ジャガーメイル(2008年・2400m)…天皇賞【春】(2010年)

シンゲン(2008年・1800m)…オールカマー(2010年)、新潟大賞典(2009年)、エプソムC(2009年)

ショウワモダン(2008年・1800m)…安田記念(2010年)、ダービー卿チャレンジトロフィー(2010年)

ダンスアジョイ(2008年・2000m)…小倉記念(2009年)

ゴールデンダリア(2009年・1800m)…新潟大賞典(2010年)

ケイアイドウソジン(2010年・1800m)…ダイヤモンドS(2012年)

フラガラッハ(2010年・1600m)…中京記念(2012年、2013年)

フェデラリスト(2011年・2000m)…中山記念(2012年)、中山金杯(2012年)

ムスカテール(2012年・2400m)…目黒記念(2013年)

ダイワマッジョーレ(2012年・1800m)…京王杯スプリングC(2013年)

サクラゴスペル(2012年・1400m)…オーシャンS(2013年)



東京競馬場が改修された2003年以降、秋の東京芝1600万下特別勝ち馬で重賞を勝った馬は17頭おり、5頭に1頭ぐらいの割合となっております。2005年を除いてほぼ毎年重賞勝ち馬を輩出し、年によっては複数頭重賞勝ち馬を輩出している”秋の東京芝1600万下特別勝ち馬”ですが、その中で中央競馬のG2以上の勝ち鞍があるのは10頭と半分以上を占めており、G1での活躍も期待されます。

そして、G1勝ち馬3頭を輩出されていますが、その中ではショウワモダン以外の2頭が父が日本ダービー馬です。先週の追跡で取り上げた白秋Sの勝ち馬ラトルスネーク(参考記事・追跡・ラトルスネーク 「青天井の才能」)も今回取り上げているディサイファも父は日本ダービー馬ですが、ラトルスネークは今週京都競馬場で行われるG2・スワンSに登録しており、昨年の甲斐路S優勝馬であるダイワマッジョーレとの対決がどうなるか興味深いところ。もちろん、ディサイファに関しても近5年で4頭重賞勝ち馬を輩出している”10月の東京芝1800m・準オープン勝ち馬”として、大きな期待をかけられそうです。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

馬雑談【追跡】 | 21:54:33 | トラックバック(0) | コメント(0)