FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

今年の芝2000m重賞を総ざらい+α(下半期)
芝2000mの重賞としては皐月賞、秋華賞と共にG1レースの一角を担っている天皇賞【秋】。先週は上半期の芝2000m重賞をおさらいしてきましたが(参考記事・今年の芝2000m重賞を総ざらい(上半期))、今週はサマー2000シリーズの重賞5戦と先々週に行われた秋華賞について、勝ち馬とラップタイムを中心におさらいしていきます。

また、天皇賞【秋】の前哨戦として予想していなかったオールカマーについても、この記事の最後に回顧していきます。

※七夕賞(回顧記事・やましい競馬 第49回七夕賞回顧

1着・マイネルラクリマ(父チーフベアハート)

ラップタイム・12.1 - 10.7 - 10.9 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 12.1 - 12.1 - 11.7 - 12.1

今年行われた芝2000m重賞としては最も前半600mが速いレースとなった七夕賞ですが、勝ったマイネルラクリマは今年の芝2000m重賞における勝ち馬と2着馬との差が2番目に大きい2馬身半の差をつけました(注・1位は札幌記念でトウケイヘイローが2着馬・アスカクリチャンに対してつけた6馬身差)。鳴尾記念、マーメイドS、七夕賞、そして、次の函館記念まで芝2000m重賞は4戦続けてマイル重賞勝ち馬が勝利していますが、後者の2戦に関して言えば、その前に芝2000mのオープンクラスで勝利を収めており、七夕賞の勝ち馬マイネルラクリマ、鳴尾記念と函館記念を連勝したトウケイヘイローが共に先行脚質であることからも、彼ら2頭の出るレースに関しては前半からタフな流れでレースが進む可能性は高そうです。

※函館記念

1着・トウケイヘイロー(父ゴールドヘイロー)

2着・アンコイルド(父Giant's Causeway)

3着・アスカクリチャン(父スターリングローズ)

ラップタイム・12.2 - 11.0 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 12.1 - 12.0 - 12.0 - 11.6 - 12.1

鳴尾記念に続いてトウケイヘイローが芝2000m重賞を連勝。勝ちタイム1分58秒6は2000年代に入って2番目に速い決着となりましたが、最初の2ハロンを除いたラップタイムの高低差がわずかに0秒5という驚異的な平均ラップを構成しています。七夕賞について触れる中で”マイル重賞勝ち馬による芝2000m重賞制覇”ということを語りましたが、トウケイヘイローは走路の半分以上をカーブで占めている中山芝1600mで重賞勝ちを収めており、コーナーを減速せずに走れる特性は、スタートしてすぐコーナーを迎える東京芝2000mの先手を取る意味では大きな武器であると言えます。

※小倉記念(回顧記事・帰ってきた”漢”たち 第49回小倉記念回顧

1着・メイショウナルト(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.3 - 10.8 - 11.1 - 12.0 - 11.8 - 11.9 - 12.2 - 11.8 - 11.3 - 11.9

やや重発表ながら、前半1000m58秒0は皐月賞と同じ時計。後半1000mを59秒1でまとめ、小倉芝2000mのコースレコードを0秒1更新することになりましたが、勝ったメイショウナルトは七夕賞のマイネルラクリマを彷彿とさせるような4コーナー先頭で押し切るスタイルで決めました。メイショウナルトは小倉記念の前にあげた2勝がいずれも芝2200m戦で、小倉記念の次に走ったオールカマーで宝塚記念2着馬ダノンバラードに先着の2着でゴールしていることから、グランプリを意識できる走りを見せていますが、メイショウナルト自身は今年の5月から月一のペースで使い込んでおり、ピークという観点から今年の有馬記念で勝負になるかは微妙なところです。

※札幌記念(回顧記事・異端と主流の交錯 第49回札幌記念&第48回北九州記念回顧

1着・トウケイヘイロー(父ゴールドヘイロー)

ラップタイム・12.6 - 11.3 - 12.3 - 12.8 - 12.7 - 12.7 - 12.4 - 12.7 - 13.0 - 14.0

馬場発表こそ重だったものの、一日中雨が降り続けるような天候の上、この時点で連続開催10週目ということで超低速馬場となっていた函館競馬場の札幌記念。最後の2ハロンは「13.0 - 14.0」と完全に息切れという感がありますが、3ハロン目から8ハロン目まで6連続で刻まれた12秒台のラップの高低差は、函館記念の後半1600mで作られたラップの高低差と同じ0秒5ということで、一息で2000mを走破していると言っても過言ではない走りをトウケイヘイローは見せています。

ただ、トウケイヘイローの3連勝の中で前半1000mの最速が函館記念の58秒8、後半1000mの最速が鳴尾記念の58秒5で、前後半のベストタイムを合算した1分57秒3は今年の芝2000m重賞の勝ちタイムとしては3位相当のもので突出した速さがあるとは言い難いものがあります。昨年の天皇賞【秋】の勝ちタイムとは同タイムに値しているものの、その時の上位3頭の上がり3ハロンは全て33秒台に到達していることから、函館記念や札幌記念で見せたような後続を引き付けるような逃げ方は得策とは言えないように思われます。

※新潟記念

1着・コスモネモシン(父ゼンノロブロイ)

2着・エクスペディション(父ステイゴールド)

3着・ファタモルガーナ(父ディープインパクト)

ラップタイム・13.0 - 11.1 - 11.5 - 12.0 - 12.3 - 12.4 - 11.9 - 11.4 - 10.8 - 12.5

上位3頭全て「二代父サンデーサイレンス、母の父系ノーザンダンサー」の血統馬で占められたサマー2000シリーズ最終戦は、牝馬のコスモネモシンが2010年のフェアリーS以来の勝利を収めました。今年のサマー2000シリーズは小倉記念以外の4戦でマイル重賞勝ち馬による制覇ということになりましたが、今年の皐月賞を勝ったロゴタイプもまたマイル重賞勝ち馬であり、今年の芝2000m重賞の主戦力はマイル重賞勝ち馬にあるのかもしれません。

※秋華賞(回顧記事・オークス馬の出世法を見つけたり! 第18回秋華賞回顧

1着・メイショウマンボ(父スズカマンボ)

ラップタイム・12.1 - 10.4 - 11.9 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 11.9

近2走で1000m、1200mを使ってきたビーナストリックが後続を離して逃げたレースになりましたが、1着馬から15着馬まで0秒9差の中に入る大混戦の中、勝ったメイショウマンボは2着馬に対して1馬身4分の1の差をつけ、同世代の牝馬の中で一歩リードしていることをアピールしました。メイショウマンボはフィリーズレビュー、オークスに続いて重賞3勝目となりましたが、皐月賞を勝ったロゴタイプと鳴尾記念から芝2000m重賞3連勝中のトウケイヘイロー以外の勝ち馬の父は全て芝2400m以上のG1を勝ってきている馬であり、スタミナに信用の置ける配合を持つ馬が優位であることは言えるのではないかと見ています。

ちなみに、過去の秋華賞優勝馬で、秋華賞後に芝2000m以上の重賞を勝っている馬は7頭いますが、芝2000m重賞に限るとテイエムオーシャン(2001年札幌記念)、ファインモーション(2004年札幌記念)、ダイワスカーレット(2008年大阪杯)の3頭だけで、その3頭の中で古馬になってG1を勝てたのはダイワスカーレット(2008年有馬記念)のみになります。ダイワスカーレットは3歳の時の牡馬混合重賞でシンザン記念2着、有馬記念2着という実績を残し、この点ではシンザン記念1着、ジャパンC1着としている昨年の優勝馬ジェンティルドンナの方が上ですが、古馬になってジェンティルドンナは1勝もしていないので、この辺りがどう出るかも気になるポイントです。

※オールカマー(中山芝2200m)

1着・ヴェルデグリーン(父ジャングルポケット)

2着・メイショウナルト(父ハーツクライ)

3着・ダノンバラード(父ディープインパクト)

ラップタイム・12.8 - 11.1 - 12.1 - 11.7 - 11.9 - 11.8 - 12.2 - 12.1 - 12.4 - 11.8 - 12.1

今年の目黒記念、札幌記念と続けて逃げることができなかったネコパンチが久々に大逃げを打ったオールカマーですが、3コーナーまで後方から2頭目の位置にいたヴェルデグリーンが外からの豪快な差しでメイショウナルト、ダノンバラードなどを相手に勝利しました。オールカマーでは2010年以降、トニービンの血を3代内に有している馬が1頭以上3着以内に入ってきており、今年のレースでも上位2頭がその血統馬となっております。また、古馬混合の芝2200m重賞では宝塚記念以外の3戦全てで父が日本ダービー馬の5歳牡馬が勝利を収めていますが、このレースに関しては1着から4着まで全て5歳馬ということで、ハイレベルな5歳世代ということを印象付けるレースでもありました。

なお、勝ちタイムである2分12秒0は、2008年の優勝馬でこの時は2連覇達成だったマツリダゴッホが出した時計と同じです。2007年優勝のマツリダゴッホ以来、オールカマー勝利後のG1勝利はありませんが、オールカマーの1週前に同じコースで行われているセントライト記念とのタイムで比較すると、今年は1秒5もオールカマーの方が速い時計をマーク。現在の「セントライト記念・第2週、オールカマー・第3週」の体制となった2000年以降で、共に良馬場だった過去6回(新潟開催の2002年を除く)の中でオールカマーの方が速かったのが、2009年に次いで2回目となった今年のオールカマーでしたが、2009年の2着馬ドリームジャーニーは宝塚記念優勝後の参戦で、この2走後の有馬記念で春秋グランプリ制覇を達成していることから、宝塚記念2着からの参戦で今回3着だったダノンバラードは、有馬記念有力候補という見方ができそうです。

スポンサーサイト



テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 21:26:14 | トラックバック(0) | コメント(0)