FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

追跡・コパノリチャード 「秋に飛び出す若駒」
菊花賞が終わって3歳限定戦が完全に終了。3歳馬と古馬との対決がいよいよ激化していきますが、菊花賞の次の週にあたる先週の競馬で、いきなり3歳馬が古馬混合の芝重賞を制覇してきました。勝った重賞レースは京都芝1400mのG2戦・スワンSで、勝ち馬となったのは今年のアーリントンC勝ち馬であるコパノリチャード。スワンSを3歳馬が制したのは2004年以来の出来事で、その時の勝ち馬は今年のきさらぎ賞優勝馬タマモベストプレイの全兄にあたるタマモホットプレイでしたが、彼らのように秋の京都競馬場で行われた古馬混合重賞を勝利した3歳馬が、その先のG1で活躍出来ているかどうかを検証していきます。

※蕾み出す秋、開花するは翌年

◇秋の京都古馬混合重賞を3歳で勝利した日本馬による、その後のG1・3着以内の実績【2000年以降(京阪杯は2005年まで京都芝1800m、2006年から京都芝1200m)】

アグネスデジタル(2000年マイルCS)…南部杯1着(2001年)、天皇賞【秋】1着(2001年)、香港C1着(2001年)、フェブラリーS1着(2002年)、安田記念1着(2003年)、クイーンエリザベス2世C2着(2002年)

ジョウテンブレーヴ(2000年京阪杯)…なし

テンザンセイザ(2001年京阪杯)…天皇賞【秋】3着(2003年)

ファインモーション(2002年エリザベス女王杯)…マイルCS2着(2003年)

ギャラントアロー(2003年スワンS)…マイルCS3着(2003年)

アドマイヤグルーヴ(2003年エリザベス女王杯)…エリザベス女王杯1着(2004年)、天皇賞【秋】3着(2004年)、エリザベス女王杯3着(2005年)

タマモホットプレイ(2004年スワンS)…なし

ダイワエルシエーロ(2004年京阪杯)…なし

フサイチパンドラ(2006年エリザベス女王杯)…エリザベス女王杯2着(2007年)

アンバージャック(2006年京阪杯)…なし

ダイワスカーレット(2007年エリザベス女王杯)…有馬記念1着(2008年)、有馬記念2着(2007年)、天皇賞【秋】(2008年)

リトルアマポーラ(2008年エリザベス女王杯)…なし

ロードカナロア(2011年京阪杯)…スプリンターズS1着(2012年、2013年)、香港スプリント1着(2012年)、高松宮記念1着(2013年)、安田記念1着(2013年)

ハクサンムーン(2012年京阪杯)…スプリンターズS2着(2013年)、高松宮記念3着(2013年)



コパノリチャードと同じように、”秋の京都古馬混合重賞を3歳で勝利した日本馬”で、その後のG1で3着以内に来たのは14頭中9頭います。その中で、G1勝ちを果たした4頭は、いずれも古馬混合重賞制覇の後に果たした最初のG1制覇が4歳の時のもので、そのG1を制す前に4歳になってからのG2・G3の重賞勝ちがあります。

一方で、G1・3着以内の実績を作ることなく現役を退いた5頭については、”関東馬”、”古馬混合重賞勝ちの前に関東芝重賞の勝利経験があった馬”、”古馬混合重賞を勝った次走が年内でG1以外のレースに出た馬”のいずれかに該当しています。ただ、秋の京都で古馬混合重賞を制した3歳馬が年内の他の重賞を勝ったケースというのは先に触れたG1・3着以内の経験を持つ馬でも誰もおらず、コパノリチャードが次にどのレースに出るのかが一つのカギになります。

ちなみに、コパノリチャードはスワンSの勝利で、京都芝のレースを3戦3勝としていますが、京都以外で唯一勝利したアーリントンC含めて、全ての勝利は前半600mが35秒台となっています。短距離の先行馬としては、かなりおとなしい入りとなっていますが、これが今後どういったように作用するのかというのも気になるポイントです。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

馬雑談【追跡】 | 20:58:38 | トラックバック(0) | コメント(0)