FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

追跡・ジャスタウェイ 「善戦マン、返上!」
10月最後の重賞・天皇賞【秋】が終わって1週間が過ぎましたが、今年の天皇賞【秋】を勝利したジャスタウェイは実に見事な走りを披露していました。2着のジェンティルドンナにつけた4馬身差は、今年の平地G1の中では最も2着馬に対して差をつけたレースとなっております。

とはいえ、過去の実績を見ると、15戦してわずか2勝。しかも、制したレースは新潟芝1600mの2歳新馬戦とアーリントンCというもので、出世の気配を見出すことが非常に困難な馬でした。そういった馬がG1で好走する方法として何かないものかと、改めて過去の戦歴を振り返ってみたところ、興味をそそられたのが”2年連続毎日王冠で2着に入った”というもの。天皇賞【秋】の回顧記事でも、その部分についてはいくらか触れてみましたが、他の重賞で同じようなことをやった馬がG1で好走実績があったのかを手始めに、ジャスタウェイの”追跡”を行っていきます。

※同じ重賞で似たような形の惜敗を演じる意味

◇同一重賞を複数年連続2着、または3着に入った馬によるその後のG1で3着以内に入ったことがある馬【2000年以降・コースが違うレースは除外】

ダイヤモンドビコー(クイーンS2着・2001年、2002年)…エリザベス女王杯2着(2002年)

カルストンライトオ(セントウルS3着・2001年、2002年)…スプリンターズS1着(2004年)

サニングデール(シルクロードS3着・2003年、2004年)…高松宮記念1着(2004年)、JBCスプリント3着(2004年)

エイシンドーバー(小倉大賞典2着・2006年、2007年)…安田記念3着(2008年)

マコトスパルビエロ(平安S3着・2008年、2009年)…JBCクラシック2着(2009年)

ウオッカ(毎日王冠2着・2008年、2009年)…ジャパンC1着(2009年)、天皇賞【秋】3着(2009年)

ロードカナロア(セントウルS2着・2012年、2013年)…スプリンターズS1着(2013年)



過去、ジャスタウェイと同じように”同一重賞で複数年連続2着、または3着”を果たしている馬というのは、2000年以降で43頭いましたが、そこからG1・3着以内の実績を作れたのは上記の7頭です。その中でG1を勝てたのが4頭ということで、半分以上は勝ち切るところまで決めていますが、G1で2回以上3着以内に入ってこられたサニングデールとウオッカは、同一重賞を連続して同じ着順に入る合間にG1での連対実績があり、その意味では天皇賞【秋】の勝利がで初めてのG1・3着以内の実績となったジャスタウェイにとっては、さらなるG1制覇を望むのは酷ではないかと思われます。

ただ、”同一重賞で複数年連続2着、または3着”に入った馬で、達成後にG1を3着に来た7頭の共通点は、3歳・4歳、あるいは4歳・5歳で”同一重賞で複数年連続2着、または3着”に入っており、ジャスタウェイも1年目の毎日王冠2着が3歳だったことから、G1好走の可能性自体は十分に秘めていたと言えます。

※本物か贋物か

◇天皇賞【秋】で初G1制覇を果たした馬による、その後のG1優勝実績【3歳馬(2000年以前の表記では4歳馬。馬齢表記は現在のもので統一)の出走が可能となった1987年以降、2002年は中山開催】

ニッポーテイオー(4歳・1987年)…マイルCS(1987年)、安田記念(1988年)

プレクラスニー(4歳・1991年)…なし

レッツゴーターキン(5歳・1992年)…なし

ネーハイシーザー(4歳・1994年)…なし

サクラチトセオー(5歳・1995年)…なし

オフサイドトラップ(7歳・1998年)…なし

シンボリクリスエス(3歳・2002年)…有馬記念(2002年、2003年)、天皇賞【秋】(2003年)

ゼンノロブロイ(4歳・2004年)…ジャパンC(2004年)、有馬記念(2004年)

ヘヴンリーロマンス(5歳・2005年)…なし

カンパニー(8歳・2009年)…マイルCS(2009年)

トーセンジョーダン(5歳・2011年)…なし



ジャスタウェイと同じように、天皇賞【秋】でG1初制覇を果たした馬は、現在の条件となった1987年以降では11頭いますが、その後さらにG1を勝てた馬は4頭います。中山開催だった時に制した当時の3歳馬シンボリクリスエス以外の3頭のうち2頭は4歳ということで、4歳馬ジャスタウェイにもさらなるG1制覇の期待が高まります。

ただ、天皇賞【秋】で初G1制覇を果たした後のG1でさらに3着以内の実績を残せた馬は、過去に東京G2で勝利経験があったか、芝2000mを超える距離の重賞勝ちがあったので、それらの実績がないジャスタウェイの今後は必ずしも明るいものとは言えません。仮に次のレースで4着以下に沈んだ場合は、その後のG1で3着以内に入った馬は誰もいないため、次戦をどこで使い、どういった結果を残すのかが大きなカギとなります。

ちなみに、天皇賞【秋】優勝馬の次走が芝2000m以下のレースだった時の成績は(4-1-0-0)となっておりますが、いずれも年内のレースであるため、年跨ぎになるとどうなるかというのも興味深いです。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

馬雑談【追跡】 | 22:00:55 | トラックバック(0) | コメント(0)