FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2014クラシック世代第23週
今年のクラシック世代は、新潟2歳Sを皮切りに、重賞レースで2歳のコースレコードを更新されることが3回ありましたが、来年のクラシックを担う現2歳馬のレースもなかなかのスピードを感じさせるレースが多くなっています。一方で、2歳というまだ成長途上の段階から才能で押し切るようなレースをして、来年以降の飛躍に支障は出ないのかというような心配の種もないわけではありませんが、今週の2歳戦のピックアップは2つのマイル戦から取り上げていきます。

※アルテミスS

1着・マーブルカテドラル(父ダイワメジャー)

2着・パシフィックギャル(父ゼンノロブロイ)

3着・ニシノミチシルベ(父タイキシャトル)

昨年は2歳のコースレコードが打ち立てられた東京芝1600mの2歳牝馬重賞でしたが、今年は1分35秒2という至って平凡なタイムとなりました。こうした中で、今回の上位3頭は全て関東馬によって占められましたが、勝ったマーブルカテドラルは芙蓉Sに続いてオープンレース連勝を果たしました。

マーブルカテドラルの母ヘルスウォールは2002年のチューリップ賞優勝馬で、今回の勝利で母子マイル重賞制覇となりましたが、母は2002年の牝馬三冠路線を完走したものの、桜花賞5着後は尻すぼみ。5歳秋からG1を4勝していったダイワメジャーを父に迎えたマーブルカテドラルが、今後さらなる活躍を見せられるかどうかは、次のレースの内容が重要となります。

※11月2日京都芝1600m未勝利戦より、ミッキーアイル

2歳の芝1600m戦で1分32秒台の走破時計が記録されたのは、京都の未勝利戦。その走破時計・1分32秒3は、今年の京都競馬場で行われてきた48戦の芝1600mのレースとしては最も速い決着となりましたが、勝ったミッキーアイルは2着馬に対して5馬身の差をつけて圧勝しました。2着から5着までの着差を見ても、3馬身、1馬身半、4馬身と、ミッキーアイルが持つ類稀なるスピードは将来への期待を大きく膨らませるものでしたが、ミッキーアイルはデビュー戦の時に後のデイリー杯2歳S2着馬のアトムと対決して、アトムに後れを取っての2着。マイル重賞連対馬と2歳の芝マイルレコードホルダーが再び相見えた時に、どういった決着を見るのかも、楽しみとなりました。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 21:26:30 | トラックバック(0) | コメント(0)