FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2014クラシック世代第24週
今週は注目の2歳戦が目白押しとなり、黄菊賞に関しては予想記事を立てることにしました(☆1)。結果は本命馬がブービー、キルトクール指名馬が1着と散々なものとなりましたが(☆2)、ここでは東西で行われた2歳重賞の結果はどうなったのか、それ以外の2歳戦で気になるものがあったかを中心に取り上げていきます。

(☆1・115th forecast 「黄菊賞」(◎ロードフォワード)

(☆2・女王の血を継いだ者たち 黄菊賞回顧

※京王杯2歳S

1着・カラダレジェンド(父フレンチデピュティ)

2着・クインズハリジャン(父スペシャルウィーク)

3着・ラブリープラネット(父ダイワメジャー)

11月に入って、やっと牡馬が2歳重賞を制すことになりましたが、勝ったカラダレジェンドは先週、京王杯2歳Sと同じ東京芝1400mでデビューしており、その勝利からの連闘で参戦してきていました。勝ちタイムの1分23秒1は、2005年の勝ち馬デンシャミチが叩き出した1分23秒3の時以来の1分23秒台で、将来性という意味ではあまり大きなものは望めないと見ていますが、2着馬と3着馬は関西馬で、2着のクインズハリジャンは過去2戦いずれも芝1400m戦を使って2着、1着としていた馬。3着のラブリープラネットは前走小倉2歳Sで3着に入っていた馬で、先着を許した相手が後にデイリー杯2歳Sを勝利したホウライアキコと今週のファンタジーSを制したベルカントということから、これら相手に連闘で勝利したカラダレジェンドは、現状ではまずまず才能のある馬と言えます。また、連闘とは言っても、この2戦は時計的にはさほど目立つようなものではないため、消耗度ということでも大したものではない可能性があり、次のレースでどういった走りをするかに注目です。

※ファンタジーS

1着・ベルカント(父サクラバクシンオー)

2着・モズハツコイ(父クロフネ)

3着・アドマイヤビジン(父クロフネ)

東でフレンチデピュティ産駒が勝利し、こちらもフレンチデピュティの孫が2着、3着ということで、フレンチデピュティの祭といった感じもあった今週の2歳重賞でしたが、勝ったベルカントがサクラバクシンオー産駒ということで、結果的にはスプリンターズSに縁の深い血を持つ馬が上位独占ということになりました。1000mの通過タイムが57秒1と、阪神ジュベナイルフィリーズが現行の外回り戦となった2006年以降のものでは2番目に速いもので、そういったことを踏まえれば、上位3頭の顔ぶれは納得のいく陣容と言えますが、阪神ジュベナイルフィリーズとの繋がりということで言うならば、2006年以降のファンタジーSで最も速い1000m通過タイム(56秒9)となった2007年の2着馬エイムアットビップが阪神ジュベナイルフィリーズでも3着に入っているので、必ずしも今回の上位3頭が阪神ジュベナイルフィリーズで通用しないわけではないと見ています。

※11月9日東京芝2000mメイクデビューより、デルフィーノ

1400m通過までの200mごとのラップタイムで6回も13秒台がマークされる超スローの流れから、ラスト600mで(11.7 - 10.7 - 11.0)と驚異的なスピードアップを見せた2013年の東京芝2000mのメイクデビュー第3戦でしたが、上位2頭は共に牝馬が入り、ハーツクライ産駒のデルフィーノが勝利しました。前述したレース全体の上がり3ハロン33秒4ということもあって、上位4頭が上がり3ハロン33秒台を計時していますが、勝ったデルフィーノは、上がり3ハロン2位の馬よりもさらに0秒5速い33秒2をマーク。2着馬に対してつけた差が1馬身4分の3と、流れの割に大きな差をつけた印象もあり、今年の天皇賞【秋】で2着馬に4馬身の差をつけて勝利したジャスタウェイと同じハーツクライ産駒としてどんな育ち方をするのか、期待してみようと思います。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 22:19:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
領分をわきまえて 第38回エリザベス女王杯回顧
昨年は3歳馬の出走がわずかに2頭だったエリザベス女王杯でしたが、今年は7頭が参戦し、3着に入ったアロマティコ以外の5着以内入線馬は3歳馬によって占められる形。その頂点に立ったのは、オークス、秋華賞の牝馬二冠を制していたメイショウマンボでした。

1着・メイショウマンボ(父スズカマンボ)

2着・ラキシス(父ディープインパクト)

3着・アロマティコ(父キングカメハメハ)

(予想記事・116th forecast 「第38回エリザベス女王杯」(◎ラキシス)

※自分の領域を持つ馬

2012年ラップタイム・13.0 - 11.3 - 12.9 - 12.6 - 12.6 - 12.9 - 12.7 - 11.9 - 11.5 - 12.5 - 12.4

2013年ラップタイム・12.6 - 11.3 - 12.8 - 12.9 - 13.1 - 13.5 - 13.2 - 12.7 - 11.7 - 11.6 - 11.2

昨年と同じ”雨・重馬場”で行われた今年のエリザベス女王杯。走破時計は2分16秒6ということで、昨年と同じ2分16秒台の決着となりましたが、今年はレース中盤の600mで13秒台のラップが3回連続で刻まれる緩い流れになっていました。また、昨年は残り800mから残り600mにかけての200mで11秒9を刻んだのに対し、今年は12秒7とまだ仕掛けに入っておらず、結果として最後の600mのスピードの出方に大きな違いが出ることになりました。

そうは言っても、上がり3ハロン最速をマークした馬が3頭もいるレースであり、その時計も34秒1と究極のスピード勝負になったわけではありませんでした。そんな中で勝ったメイショウマンボは、上がり3ハロン最速を出した3頭の中の1頭に入っているので、”ポスト・ジェンティルドンナ”としては最強の存在であることに疑いの余地がなくなってきていますが、オークスでも上がり3ハロン最速をマークしながらその時計は34秒6で、2着のエバーブロッサムと同じ時計をマークしていたこともさることながら、翌週のダービーで勝ち馬キズナが出した上がり3ハロンが33秒5ということで、決して上がり勝負に強い馬ではありませんでした。それとは対照的に、前走の秋華賞では上がり3ハロンの順位で言えば5位だったものの、最速馬との差はわずかに0秒4差で、自身の上がり3ハロン自体も34秒2と決して遅い時計をマークしているわけでもありませんでした。そう考えると、勝ち馬の上がり3ハロン34秒台が限度となるようなレースであれば、メイショウマンボが好走する可能性は極めて高くなるのではないかと考えています。

※急募!2000m以上のレースで勝利できる古馬牝馬

昨年のエリザベス女王杯ではオープンクラス未勝利馬が3頭掲示板に入り、うち2頭が1着と3着に入る結果となりましたが、今年もオープンクラス未勝利馬が3頭掲示板に入り、うち2頭が2着、3着と入ってきました。この3着以内に入ってきた2頭は、いずれも下半期の芝2000m以上の牡馬混合のレースを勝ち上がってきた馬で、4着に入ってきた3歳馬トーセンアルニカも、2勝目は牝馬限定戦とは言っても古馬相手に東京芝2000m戦を勝利していたことから、近い時期に芝2000m以上の優勝実績がある馬が活躍できるレースというのが、エリザベス女王杯の大きな特徴であると言えます。

勝ったメイショウマンボはオークス、秋華賞といった”エリザベス女王杯以外の芝2000m以上の牝馬限定G1・二戦”を制しており、その実績が大きなアドバンテージになったのは言うまでもありませんが、その希少価値があったからこその勝利という部分も少なからずあります。結局のところ、昨年も今年も、古馬で年内の芝2000m以上の重賞を勝っていた馬の出走がわずかに1頭しかおらず、その出走馬が不甲斐無いレースをすれば、今回のように芝2000m以上のレースを勝利してきた鮮度の高い条件戦上がりの馬が上位争いをするのは、ごく当たり前の結果だと言えます。一方で、芝1600mで行われる古馬牝馬のG1・ヴィクトリアマイルに関して言うならば、芝2000m未満の牝馬限定オープンクラスのレースが8レース(3歳以上・4歳以上、データは2012年のもの)もあり、そこで活躍できる馬にこそ大きなチャンスがあると言えます。

◎・ラキシス(2着)

今回と同じ芝2200m戦をここ2戦連勝してきた馬でしたが、今回は3番手からの積極策を採り、中団待機からの差し脚で勝負していた連勝時のものとは一変させるレースぶりを披露してきました。この馬自身の持ち味と番手の意識は今回のレースにジャストフィットしていた印象もありましたが、今年の牝馬G1・2勝馬と伍するにはまだキャリアが足りなかったように思われ、今後の成長に期待したいところです。(複勝530)

キルトクール・エディン(12着)

前走同様に緩い逃げを展開してきましたが、さすがにG1ではこの馬よりも速い終いの脚を使う馬が多かったといったところ。4着から18着までのタイム差は0秒9で、12着に入ったこの馬は4着馬との差が0秒2のところでとどまっていますが、上がり3ハロン35秒2は下から数えて4番目のものであり、前走芝2200m戦の勝利をふいにした走りであったと言えます。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 18:12:19 | トラックバック(0) | コメント(0)