FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2013年11月11日ver.)
先日のエリザベス女王杯は今年のオークス、秋華賞を制したメイショウマンボがロードカナロアに続く、2013年の国内G1年間3勝目を果たし、一定の格式の高さは保てましたが、2着から4着まではオープンクラスで勝ったことはおろか連対実績すらない馬が入り、どことなく侘しさを感じさせます。今週のマイルCS、さらには来週のジャパンCもタレント豊富の割にはしっかりとした柱が見当たらない、非常に難解なレースといった趣がありますが、今週の”特別登録”に関する記事はマイルCS以外の特別戦から、後のG1で賑わせる馬が現れるかどうかも目を向けていきつつ、ジャパンCの登録馬に関する雑感も記載していきます。

※東京スポーツ杯2歳S

昨年は藤沢和雄厩舎所属馬のワンツーフィニッシュとなった東京芝1800mの2歳重賞。今年の藤沢和雄厩舎所属馬の参戦は、前走東京芝2000mの未勝利戦を勝ったデルカイザー1頭のみですが、デルカイザーの配合はコディーノと同じ”父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンス”ということで、これがどんな結果を残すのか一つ注目です。一方で、今年は森秀行厩舎と矢作芳人厩舎の所属馬が共に2頭ずつ登録していますが、その4頭の中で唯一芝2000m戦を勝っているラングレーが前走からの距離短縮と2戦続けての東京遠征でどういった走りをするのかも、非常に興味深いものがあります。

※福島記念

第3回福島開催の締めを飾る重賞である福島芝2000mのハンデG3戦。今年の登録馬18頭は、昨年の福島記念優勝馬ダイワファルコン含めて6頭も重賞勝ち馬がおり、今年の七夕賞と同様に、福島芝2000mのハンデG3としては非常に豪華なメンバーが揃った印象がありますが、中でも特に注目したいのがマイネルラクリマ。今年は春の第1回、夏の第2回に行われてきた福島芝2000mのオープンクラスを共に勝利し、今回の福島記念も勝利すると年間通じて福島の王者として名を馳せることになることから、それが果たせるかどうかに目を向けていきたいところです。

※衣笠特別

エリザベス女王杯終了後最初の牝馬限定の特別戦。昨年は勝ったエーシンメンフィスが愛知杯を格上挑戦で勝利し、今年の上半期の古馬牝馬路線を賑わせた存在となりましたが、今回の登録馬では、今年のローズS3着馬ウリウリ、あるいは今年のクイーンCで3着同着となったイリュミナンスといった2頭の3歳牝馬が、今年のエリザベス女王杯で条件戦上がりながら好走したラキシスやトーセンアルニカに続けるかどうかに注目したいレースです。

※ジャパンC

今年は海外からの登録馬がわずかに3頭と、ディープインパクトが勝利した2006年の時の2頭に次ぐ少ない頭数となった、国際招待G1レース。外国馬の目玉的存在と見られるのが、今年のサンクルー大賞でNovellistの2着に入ったドゥーナデンで、オルフェーヴルやジェンティルドンナ、あるいはジャガーメイルといった馬たちとの対戦経験もある馬ですが、前走メルボルンCで11着に敗れており、そこからの巻き返しがあるかどうかが気になるところです。

迎え撃つ日本馬の方に目を転じてみると、頭数こそ19頭と揃っていますが、そのうちの5頭は重賞未勝利馬である一方で、今年のG1を勝った馬は前走京都で凡走しているヴィルシーナとゴールドシップの2頭と何とも微妙な布陣。とっかかりを見つけるのが非常に困難なレースとなった印象がありますが、今年3戦して未勝利でありながら、全てG1で3着以内に来ているジェンティルドンナが、ジャパンC史上初となる連覇を果たせるかどうかは、大いに注目したいところです。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 22:14:14 | トラックバック(0) | コメント(0)