FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2013年の芝2400m・2500m重賞を総ざらい(東京以外)
今週は7週連続G1開催の2週目としてマイルCSが行われますが、来週は東京芝2400m・G1の第3戦目にあたるジャパンCが行われます。ジャパンCが終わると、その4週間後に年内の中央競馬最後のG1であるグランプリ・有馬記念が行われることになりますが、この記事ではジャパンCが行われる芝2400m、有馬記念が行われる芝2500m、それぞれの距離の重賞を総ざらいしていきます。

今回はその中でも、ジャパンCが行われる東京競馬場以外の芝2400m・芝2500m重賞について触れていきます。

日経新春杯

1着・カポーティスター(父ハーツクライ)

ラップタイム・12.5 - 11.6 - 11.8 - 12.2 - 12.3 - 12.3 - 12.5 - 12.5 - 12.1 - 11.9 - 11.6 - 11.7

1月の京都で行われた芝2400mのハンデG2は、内側圧倒的有利という状況下で上位3頭の馬番が1から3というベタな結果に終わりました。勝ち時計2分25秒0は、その前の3年間で2分25秒0を切る勝ちタイムとなっていたことを考えると物足りないですが、ラップタイムの上下動ということで言えば0秒9ということで、かなりシビアなレース展開であったことは窺えるところで、平均的に脚を使うようなレース運びであれば、またどこかで穴をあけても何ら不思議ではないと思われます。

日経賞

1着・フェノーメノ(父ステイゴールド)

ラップタイム・6.8 - 11.5 - 12.2 - 12.0 - 12.4 - 12.8 - 12.7 - 12.3 - 12.3 - 12.0 - 11.6 - 11.7 - 11.7

2歳、3歳春と中山芝2000m戦で結果を残せなかったフェノーメノが3歳秋のセントライト記念に続いて中山重賞2勝目を挙げたレース。日経新春杯の上位2頭を2着、3着に従える形でフェノーメノが勝利していますが、フェノーメノは日経賞の勝利を受けて天皇賞【春】も制したものの、続く宝塚記念では4着に沈んでしまい、天皇賞【秋】に向けての調整過程で脚部不安が見られたことから、秋は全休ということになってしまいました。調子・馬場というファクターはあるにせよ、日経賞勝ち馬が後にG1を勝てたのは、2000年代に入ってからはフェノーメノ以外ではメイショウドトウ(2001年優勝馬・同年の宝塚記念でG1制覇)とイングランディーレ(2003年優勝馬・2004年天皇賞【春】を制覇)の2頭だけで、その2頭も2回目のG1制覇は果たせていないことから、復帰後の活躍を期待するのも微妙なところです。

また、日経賞勝ち馬によるその年の有馬記念連対は、1985年に有馬記念連覇を果たしたシンボリルドルフまで遡らねばならない一方で、2着馬、3着馬については穴馬として結果を残すことがあるので、近走結果が芳しくなくても注意が必要です。

※神戸新聞杯(回顧記事・解き放て 第61回神戸新聞杯回顧

1着・エピファネイア(父シンボリクリスエス)

ラップタイム・12.5 - 10.5 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.5 - 13.0 - 13.0 - 12.0 - 11.1 - 10.8 - 12.6

皐月賞、ダービー共に2着と高い素質を見せながら、3歳になって未勝利だったエピファネイアがラジオNIKKEI杯2歳S以来勝利を収めた菊花賞トライアルの神戸新聞杯。レースの上がり3ハロン34秒5は、イコピコが阪神芝2400mのコースレコードを作った2009年の神戸新聞杯のそれと同じ時計ですが、イコピコは4コーナー9番手であったのに対して、エピファネイアは道中中団待機から4コーナーで4番手に上がって先頭の馬を射程圏内に置いており、レースの自在性という意味ではエピファネイアが圧倒的に優れていることが窺えます。続く、菊花賞では好スタートから難なく3番手につけて、直線ではほとんど馬なりのまま2着のサトノノブレスに5馬身の差をつけて圧勝しており、昨年、一昨年に続き、強い菊花賞馬の誕生と言った趣があります。

※京都大賞典(回顧記事・万歩(マンボ)のリズム 第64回毎日王冠&第48回京都大賞典回顧

1着・ヒットザターゲット(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.9 - 11.6 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 12.4 - 11.7 - 11.4 - 11.1 - 11.6 - 11.3 - 12.0

前半の1200mが73秒8だったのに対し後半の1200mが69秒1で、なおかつ12秒0より遅くなったラップが後半には一つもないという超ロングスパートの形となった一戦。これを制したヒットザターゲットは、過去に新潟大賞典と小倉大賞典、2つのハンデG3戦を勝利していましたが、ヒットザターゲットの重賞2勝目となった今年の小倉大賞典は、トップハンデである57kgを背負いながらメンバー中最速の上がり3ハロンをマークしており、この時も後半1200mで12秒0より遅いラップが一つもなかったことから、今回の京都大賞典ではそのキャリアが生きたという見方が強くなりそうです。

なお、ヒットザターゲットの父であるキングカメハメハにとっては、5頭目の芝2400m重賞勝ち馬の輩出となりましたが、過去4頭の芝2400m重賞勝ち馬はいずれも芝2400m重賞1勝目の後にG1で3着以内に入ったことが一度はあります。天皇賞【秋】では残念な結果に終わったヒットザターゲットですが、今後も引き続き警戒が必要です。



◇日経新春杯・日経賞の回顧記事

1月から3月の古馬芝G2簡易回顧

スポンサーサイト



テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 23:55:43 | トラックバック(0) | コメント(0)