FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2013年上半期の中央競馬ダート重賞を簡易回顧
今週行われる33回目のジャパンCには外国馬の参戦が3頭となり、2006年の2頭に次ぐ少ない頭数となりましたが、2009年以来の外国馬の参戦が見込める来週のジャパンCダートは今年で招待レースとしての役割を終え、来年から中京競馬場のダート1800mのG1・チャンピオンズCとして生まれ変わることになりました。これにより、中央競馬で行われるダートG1は全て左回りのレースとなり、右回りのダートG1級のレースは地方競馬に委ねられることになりましたが、そんな阪神ダート1800mで行われる最後の年となった今回のジャパンCダート、その予想準備記事として、ここではフェブラリーSより後に行われた中央競馬のダート重賞に関する簡単な回顧を行っていきます。

今回は上半期の分について触れていきます。

※マーチS

1着・グランドシチー(父キングカメハメハ)

2着・バーディバーディ(父ブライアンズタイム)

3着・フレイムオブピース(父ウォーエンブレム)

スタートからハナに立ったバーディバーディが、3コーナーから後続を引き離して直線では大きなリードを作りましたが、坂を上り始めたところで失速を始めたところにグランドシチーが差し込んできて、最後はハナ差、グランドシチーが先着を果たしました。グランドシチーは古馬になってからこのマーチSまで中山ダート1800mを5戦4勝2着1回とほぼパーフェクトな走りを見せていますが、それ以外のコースでこれといった実績が残せていない現状を考えると、中山ダート1800mに対する適性の高さもさることながら、能力そのものに関しては、トップレベルからは一枚以上格下という見方が妥当ではないかと睨んでいます。

※アンタレスS

1着・ホッコータルマエ(父キングカメハメハ)

2着・ニホンピロアワーズ(父ホワイトマズル)

3着・ハートビートソング(父ゼンノロブロイ)

ジャパンCダートと同じ阪神ダート1800mのG3ですが、東海S3着から始動し、佐賀記念、名古屋大賞典と連勝していたホッコータルマエと前年のジャパンCダート優勝馬ニホンピロアワーズのマッチレースとなり、最後は4分の3馬身の差でホッコータルマエが先着しました。ホッコータルマエは、アンタレスS勝利後にかしわ記念、帝王賞と上半期の地方ダートG1を連勝し、下半期初戦の南部杯ではエスポワールシチーの逃げ切りに屈したものの、次走JBCクラシックではワンダーアキュートなどを相手に逃げ切り勝ちを収めていることから、中距離以上ではもはや絶対的な存在になったと言えます。

※平安S

1着・ニホンピロアワーズ(父ホワイトマズル)

2着・ナイスミーチュー(父キングカメハメハ)

3着・ナムラタイタン(父サウスヴィグラス)

今年から京都ダート1900mのレースとなった平安Sですが、アンタレスSに続いて59kgを背負っていたニホンピロアワーズが3番手からの抜け出しで勝利しました。2着のナイスミーチューとは半馬身差でしたが、ニホンピロアワーズは一度抜けてからソラを使っており、その後の帝王賞ではホッコータルマエに再び先着を許したものの、昨年、一昨年と2年連続でジャパンCダート2着のワンダーアキュートよりも前でゴールの2着に入っていることから、ダート界で安定したトップホースの1頭という評価に大きな揺らぎはありません。

※ユニコーンS

1着・ベストウォーリア(父Majestic Warrior)

2着・サウンドリアーナ(父ケイムホーム)

3着・サウンドトゥルー(父フレンチデピュティ)

3着・ケイアイレオーネ(父Henny Hughes)

レース当日の午前中まで雨が降っていた関係で重馬場で行われた3歳限定のダート重賞でしたが、中団あたりで競馬をしていたベストウォーリアが後方から脚を伸ばしてきたサウンドリアーナの追撃を1馬身4分の1凌いで勝利を収めました。東京ダート1600mで行われたユニコーンSとしては初めてレースの上がり3ハロンが35秒台となったレースで、勝ったベストウォーリアがマークした上がり3ハロンは35秒0と極めて優秀なスピードを見せてきましたが、後にシリウスSを勝利したケイアイレオーネを含めた上位4頭はいずれもこの時点では1600mを超える距離で優勝した実績はなく、このレースの勝ち馬であるベストウォーリアは次走ジャパンダートダービーで勝ち馬クリソライトに2秒0の差をつけられて完敗していることから、距離が短いレースの方が活躍が見込めるのではないかと思われます。

◇「競馬思考履歴」更新のお知らせ

21日は完全にお休みという形をとらせてもらいましたが、今回の更新ではジャパンCの予想に繋がるポイントをちらほら書き込んでいます。ただ、22日分の書き込みは、もう少し続くかもしれません…

競馬思考履歴

スポンサーサイト



テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 18:06:52 | トラックバック(0) | コメント(0)