FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

118th forecast 「第33回ジャパンC」(◎ジェンティルドンナ)
今年で33回目を迎えたジャパンCは過去にずっと評価してきた馬をキルトクールに指名した一方で、史上初の連覇達成か、あるいは史上初の重賞未勝利の日本調教馬による制覇かで揺れることになりました。

(展望記事・第33回ジャパンC展望 「”都”の算」

(参考まとめ記事・レース参考まとめ「第33回ジャパンC」

【データルール1・展望記事で該当していたデータの項目番号を、印の横の「」内に記載。2つ以上該当していたデータの項目番号があれば、数字の左隣に”☆”、外国馬は「外国馬」と表記】

【データルール2・[レ]のデータにおいて出走馬中3頭以下が該当するものであれば、そのデータに”下線”を、1頭のみのものは”【】”を加える】

1枠1番・ヴィルシーナ(…)「3」

+・【5年連続3着以内入線馬を輩出している”年内の芝1600m・G1で連対経験のある牝馬”[レ]】、5年連続連対馬輩出の「年内の芝1600m重賞出走歴のある馬」[レ]

-・下半期の国内G2以下のレースで3着以下になった日本馬による連対は2001年の優勝馬ジャングルポケット以来なし[レ]

東京競馬場の牡馬混合戦で好走するにはスピードが全く足りません。

1枠2番・ナカヤマナイト(…)「3」

+・【3年連続3着以内入線馬を輩出している「上半期の中山芝重賞の勝ち鞍がある馬」[レ]】

-・過去にG1出走歴がありながら一度も連対経験のない馬による3着以内入線は1994年の3着馬ロイスアンドロイス以来なし[レ]

ジャパンCを好走できる実績の下地が脆弱です。

2枠3番・アンコイルド(○)「なし」

+・6年連続3着以内入線馬を輩出している「東京芝2000mのオープンクラスで勝利経験がある馬」[レ]、平成の天皇賞【秋】4着馬の次走が年内のG1で、なおかつ次走から見て過去1年以内に芝2400m以上の重賞で連対経験を持っていた馬の成績(1-3-1-0)[自]

-・下半期の国内G2以下のレースで3着以下になった日本馬による連対は2001年の優勝馬ジャングルポケット以来なし[レ]、過去にG1出走歴がありながら一度も連対経験のない馬による3着以内入線は1994年の3着馬ロイスアンドロイス以来なし[レ]

今年のジャパンCにおけるアポロソニック的存在と見ている馬。母系が今年の凱旋門賞優勝馬Treveと同じ系統であることも心強いですし、Storm Birdの血を持つ馬は使い込んで強さを発揮してくる馬なので、重賞未勝利と言えど決して油断ならない存在です。

2枠4番・エイシンフラッシュ(キルトクール)「1・☆3」

+・5年連続連対馬輩出の「東京芝2400mの勝利経験を持つ馬」[レ]、6年連続3着以内入線馬を輩出している「東京芝2000mのオープンクラスで勝利経験がある馬」[レ]、年内G2以上の勝利がある天皇賞(秋)3着馬による次走年内は2003年以降(1-2-1-0)[自]

-・”年内のG1で未勝利、かつ年内の芝2000m以上の重賞で未勝利”の天皇賞【秋】3着馬がその後の年内のG1で3着以内に入ってきたのは、1994年のジャパンC3着馬ロイスアンドロイス以来なし[自]

過去3回ジャパンCに出走して全て着外に終わっている馬ですが、いずれの年も私は高い評価をしてきています()。ミルコ・デムーロ騎手とのコンビ継続と内枠スタートといった具合に過去最高の臨戦過程を経ている今回は、それまでの凡走の歴史を覆す可能性を大いに有していますが、ミルコ・デムーロ騎手とのコンビでジャパンCが上手くいったのはテン乗りのスクリーンヒーローだけで、それ以外では凡走続きであることから、その歴史のはざまを最高に楽しむためのキルトクール指名を行います。

3枠5番・トーセンジョーダン(…)「2」

+・6年連続3着以内入線馬を輩出している「東京芝2000mのオープンクラスで勝利経験がある馬」[レ]、4年連続3着以内入線馬を輩出している「年内、もしくは前年の芝3000m以上の重賞で連対経験のある馬」[レ]、前走着外に負け、次走が前走と同じ競馬場のレースだった場合は(2-0-0-1)で、全て前走以上の着順[自]

-・天皇賞(秋)10着以下の馬による3着以内入線はなし[レ]、下半期の国内G2以下のレースで3着以下になった日本馬による連対は2001年の優勝馬ジャングルポケット以来なし[レ]

昨年秋から能力的に厳しさを感じさせるレースが続いており、2年前の出来を望むのは酷と見ています。

3枠6番・アドマイヤラクティ(…)「2」

+・4年連続3着以内入線馬を輩出している「年内、もしくは前年の芝3000m以上の重賞で連対経験のある馬」[レ]

-・下半期の国内G2以下のレースで3着以下になった日本馬による連対は2001年の優勝馬ジャングルポケット以来なし[レ]、過去にG1出走歴がありながら一度も連対経験のない馬による3着以内入線は1994年の3着馬ロイスアンドロイス以来なし[レ]

今年の天皇賞【秋】を制したジャスタウェイと同じハーツクライ産駒。こちらも勝ち味に遅いタイプですが、ジャスタウェイよりも決め手という意味では鈍らに過ぎるので、今回のレースで3着以内に入るのは厳しいと見ています。

4枠7番・ジェンティルドンナ(◎)「1・☆2・☆3」

+・3年連続2着馬輩出の「前年の東京芝2400m以上の重賞勝ち馬」[レ]、4年連続優勝馬を輩出している”半年以内に東京芝と阪神芝外回りの両方で重賞勝ちを収めている馬”[レ]、5年連続連対馬輩出の「東京芝2400mの勝利経験を持つ馬」[レ]

-・年内未勝利で天皇賞【秋】を2着になった馬は芝2000m戦となった1984年以降7頭おり、次走年内のG1だった馬の成績は(0-0-1-6)[自]

昨年のジャパンCを含めてG1を3勝してきた岩田康誠騎手とのコンビを解消して、スノーフェアリーとのコンビでエリザベス女王杯を連覇しているライアン・ムーア騎手との新コンビ結成という部分が勝負の分かれ目ということになると思われますが、岩田騎手以外とのコンビでは(3-1-0-0)と連対率100%の上、唯一岩田騎手以外でG1を勝利したオークスに関しては2着馬ヴィルシーナに対して0秒8差の圧勝を披露しています。今回のメンバーではジャスタウェイのような”出し抜け”を想定しづらく、以上諸々のことを勘案すると、史上初のジャパンC連覇濃厚と見ています。

4枠8番・ファイヤー(…)「なし」

+・【5年連続3着以内入線馬輩出の「父が日本のクラシック優勝馬で、自身は前走優勝馬」[レ]】

-・下半期の国内G2以下のレースで3着以下になった日本馬による連対は2001年の優勝馬ジャングルポケット以来なし[レ]

騎手時代数々の波乱を演出してきた本田優・現調教師が今回のジャパンCに送り出してきたのは、芝未勝利かつ3走前には障害レースを走ってきた馬です。前走の勝利をもってオープン入りを果たしたその実力ではおおよそ勝負になるとは思えませんが、人という観点から見ると非常に不気味な存在です。

5枠9番・デニムアンドルビー(△)「☆3」

+・【7年連続3着以内入線馬輩出の「年内の芝2000m重賞優勝経験のある馬」[レ]】、4年連続優勝馬を輩出している”半年以内に東京芝と阪神芝外回りの両方で重賞勝ちを収めている馬”[レ]、6年連続3着以内入線馬を輩出している「東京芝2000mのオープンクラスで勝利経験がある馬」[レ]、3歳のG2以上の勝利経験があり、なおかつ1996年以降のエリザベス女王杯で5着に来た3歳馬は過去6頭おり、2000年5着のシルクプリマドンナ以外の5頭がその後の重賞を2回以上連対している[自]

-・過去にG1出走歴がありながら一度も連対経験のない馬による3着以内入線は1994年の3着馬ロイスアンドロイス以来なし[レ]、2007年以降のローズS優勝馬で、秋華賞を勝てなかった馬は過去4頭おり、いずれもその後の芝2000m超のレースで3着以内に入ったことはなし[自]

父・母父共に21世紀の日本ダービー優勝馬であることから、血統的には東京芝2400m戦の申し子的存在であり、データで見ても十分に上位争いの期待が持てる馬です。ただ、4月のオークストライアル・フローラSから前走エリザベス女王杯までコンビを組んでいた内田博幸騎手がゴールドシップに騎乗することから、浜中俊騎手との新コンビとなりますが、ゴールドシップと同様の出の悪さから”牝馬版ゴールドシップ”と目されてきた一方で、昨年の秋のG1・3戦全てで出遅れ続けてきたルーラーシップと同じ角居勝彦厩舎所属馬ということから、乗り替わった今回もスタート失敗の懸念があり、そこが大きな見どころとなりそうです。

5枠10番・ドゥーナデン(…)「外国馬」

+・初めての競馬場における芝2400m戦(4-3-2-1)[自]

-・前走3000m以上の古馬は3着以内なし[レ]

7歳のジャパンCで日本競馬初経験というのはあまり感心できるキャリアではありません。

6枠11番・ルルーシュ(…)「2」

+・3年連続2着馬輩出の「前年の東京芝2400m以上の重賞勝ち馬」[レ]

-・前走非G1で3着以下は2001年3着のナリタトップロード以来3着入線以内なし[レ]、下半期の国内G2以下のレースで3着以下になった日本馬による連対は2001年の優勝馬ジャングルポケット以来なし[レ]、過去にG1出走歴がありながら一度も連対経験のない馬による3着以内入線は1994年の3着馬ロイスアンドロイス以来なし[レ]

近年の藤沢和雄厩舎所属のオープン馬は詰めの甘さが顕著であり、今回のような大舞台で上位争いをするのは困難と見ています。

6枠12番・ホッコーブレーヴ(…)「なし」

+・5年連続連対馬輩出の東京芝2400mの勝利経験を持つ馬[レ]

-・前走非G1で3着以下は2001年3着のナリタトップロード以来3着入線以内なし[レ]、下半期の国内G2以下のレースで3着以下になった日本馬による連対は2001年の優勝馬ジャングルポケット以来なし[レ]

血統的にはジャパンCよりも有馬記念、あるいは日経賞で期待をかけたくなる存在で、前走アルゼンチン共和国杯で5着に来た程度ではお呼びではありません。

7枠13番・ゴールドシップ(…)「2・☆3」

+・【前年の春クラシック優勝かつ年内G1優勝(3-3-2-0)[レ]】、4年連続3着以内入線馬を輩出している「年内、もしくは前年の芝3000m以上の重賞で連対経験のある馬」[レ]

-・前走非G1で3着以下は2001年3着のナリタトップロード以来3着入線以内なし[レ]、下半期の国内G2以下のレースで3着以下になった日本馬による連対は2001年の優勝馬ジャングルポケット以来なし[レ]

この馬の好走ゾーンである”レース全体の上がり3ハロンが35秒0以上かかるコンディション”はとても望めない上、馬自身のメンタル面も落ち目に入っている可能性があり、今回は全くの無印です。

7枠14番・シメノン(…)「外国馬」

+・4年連続3着以内入線馬を輩出している「年内、もしくは前年の芝3000m以上の重賞で連対経験のある馬」[レ]

-・前走3000m以上の古馬は3着以内なし[レ]

一時は障害で出世を目論んでいた馬で、実績的に見ても日本の高速馬場に合っているとは言い難いです。

8枠15番・スマートギア(…)「なし」

+・5年連続連対馬輩出の「年内の芝1600m重賞出走歴のある馬」[レ]

-・前走非G1で3着以下は2001年3着のナリタトップロード以来3着入線以内なし[レ]、下半期の国内G2以下のレースで3着以下になった日本馬による連対は2001年の優勝馬ジャングルポケット以来なし[レ]、過去にG1出走歴がありながら一度も連対経験のない馬による3着以内入線は1994年の3着馬ロイスアンドロイス以来なし[レ]

昨年の中日新聞杯優勝を最後に目立った活躍がなく、3年以上もG2で見せ場がない状況では、とても狙える馬ではありません。

8枠16番・ヒットザターゲット(▲)「1・2・3」

+・1年以内に西日本の重賞勝ちがあった2000年以降の京都大賞典優勝馬は過去に8頭おり、いずれも後にG1で1回以上3着以内に入っている[自]

-・過去にG1出走歴がありながら一度も連対経験のない馬による3着以内入線は1994年の3着馬ロイスアンドロイス以来なし[レ]、京都大賞典の制覇が初めての古馬G2以上のレースにおける勝利で、なおかつ過去にG1の連対経験がない馬による年内のG1における3着以内入線は、1996年の優勝馬マーベラスサンデー(1996年有馬記念2着)以来なし[自]

京都大賞典を優勝した時に手綱を取っていた北村友一騎手が騎乗停止処分を受けていることから、今年のダービージョッキーにして先週のマイルCSを連覇している武豊騎手との初コンビ結成。京都大賞典の走りからはジャパンCのフィットしそうな走りを見せていますし、京都大賞典と同じようにテン乗りで勝負という流れからも、上位に食い込むチャンスは大きいと見ています。

8枠17番・ジョシュアツリー(…)「外国馬」

+・4年連続3着以内入線馬を輩出している「年内、もしくは前年の芝3000m以上の重賞で連対経験のある馬」[レ]

-・カナディアン国際Sの次走成績(0-0-0-3)[自]

2010年以来3年ぶりの参戦となるジャパンC。ジャパンCと同じ左回りの芝2400m・G1であるカナディアン国際Sを3勝している実績は立派ですが、それ以外の実績が芳しくないことから、狙いからは外します。



単勝

ジェンティルドンナ

アンコイルド

複勝

アンコイルド

ヒットザターゲット

馬連(ながし)

(軸)ジェンティルドンナ

(相手)アンコイルド、ヒットザターゲット

馬単

アンコイルド→ジェンティルドンナ

ワイド

アンコイルド-ヒットザターゲット

三連単

ジェンティルドンナ→ヒットザターゲット→デニムアンドルビー

アンコイルド→ジェンティルドンナ→ヒットザターゲット

☆勝負のワンツースリー

ジェンティルドンナ→アンコイルド→ヒットザターゲット



2010年から2012年のジャパンC予想リンクとエイシンフラッシュの評価

16th forecast 「第30回ジャパンC」→エイシンフラッシュ・◎

40th forecast 「第31回ジャパンC」→エイシンフラッシュ・○

77th forecast 「第32回ジャパンC」(◎ルーラーシップ)→・エイシンフラッシュ・○

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 16:05:23 | トラックバック(1) | コメント(0)