FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2013年11月25日ver.)
今週から4週間、中山競馬場と阪神競馬場で行われる中央競馬。福島記念終了から中1週で行われる第3場の競馬場は中京競馬場で、来年の下半期ダートG1・チャンピオンズCもそこで行われますが、今年は2002年以来11年ぶりとなる11月と12月を跨ぐ形での年末開催第1週で、どういったレースが繰り広げられるかに注目です。

今回は土曜日に行われる重賞2つとそれ以外で気になるレースを二つピックアップ。そして、来週の阪神ジュベナイルフィリーズについても取り上げていきます。

※ステイヤーズS

年末の中山開催のオープニングを飾る芝3600mのG2戦。平地戦最長距離のレースであるステイヤーズSに今年は14頭の登録がありますが、トウカイトリック、マイネルキッツの過去の優勝馬に対して、新顔勢がどういったレースをするのかが気になるところ。特に、ディープインパクト産駒の4歳馬エックスマークは、今年9月に中山芝2000mの準オープン戦を勝利してオープン入りを果たしており、その時以来の中山競馬場でどんな結果を残すのか楽しみです。

※金鯱賞

今年は1998年の優勝馬であるサイレンススズカのメモリアルレースとして行われる中京芝2000mのG2戦。昨年は勝ったオーシャンブルーが有馬記念で2着、2着のダイワマッジョーレが今年の春に京王杯スプリングCを勝利し、秋にはマイルCS2着、さらに3着のアドマイヤラクティが今年に入ってG1レース4勝馬のゴールドシップに対して3度先着を果たすという出世馬多数となったレースですが、彼ら3頭はオープン入りしてからの勝利経験がなかった馬でした。今年の登録馬16頭を見ると10頭が重賞未勝利馬となっておりますが、気になるのはゴールドシップと同じ須貝尚介厩舎のシャドウバンガードと、小倉記念から約4か月のブランクがあるオルフェーヴルと同じ池江泰寿厩舎のラブリーデイの2頭。特にシャドウバンガードについては父がハーツクライ、母父がRainbow Questと有馬記念と縁の深い血統を有しており、連闘で格上挑戦の参戦ながらも要注意の存在です。

※千両賞

2007年から現行の阪神芝1600m戦となった2歳の500万下特別。3着までに入ってきた馬たちは、毎年1頭は重賞戦線においても活躍をする馬が現れてきますが、今回のメンバーでは野路菊賞2着のウインフルブルーム、11月の京都芝1600mのメイクデビューで勝利を挙げた外国産馬エイシンブルズアイ、あるいは萩S3着で中京記念連覇のフラガラッハの弟フェルメッツァがどんな走りをするか楽しみです。

※ターコイズS

ジャパンCダートが行われる日の中山競馬場のメインレースである芝1600mの牝馬限定オープン特別。登録馬15頭のうち前走重賞出走馬はたったの2頭で、1000万下からの参戦が見込めるレースにもなっていますが、過去に今回と同じコースで行われるフェアリーSを勝ち上がってきたダンスファンタジア、トーセンベニザクラがどんな走りをするのかは気になるところ。また3頭登録のある3歳馬はいずれも楽しみな存在ですが、清水Sで牡馬相手に勝利したウインプリメーラが今年のフェアリーS8着以来となる中山競馬場でどんな決着を見るのかも気になります。

※阪神ジュベナイルフィリーズ

今年のジャパンCで牝馬がワンツーフィニッシュを決め、デイリー杯2歳Sまでの2歳牡牝混合重賞を制圧したことで、非常に活気の感じられる2歳女王決定戦。小倉2歳S、デイリー杯2歳Sを連勝したホウライアキコ、新潟2歳Sで1頭だけ上がり3ハロン32秒台をマークして2着馬に3馬身の差をつけたハープスターの二強ムードが漂いますが、極悪馬場の函館競馬場で行われた札幌2歳Sを勝ってきたレッドリヴェールがその時以来の実戦でどんな走りをするのかはとても気になります。今回は11頭までが賞金順で出走枠を確保しており、残り7頭の出走枠を12頭が争う形になっていますが、京王杯2歳Sで5着になり、父も母も”トーセン”の冠名を受けているトーセンシルエットがその出走枠を得ると面白いことになるのではないかと見ています。

◇「競馬思考履歴」更新のお知らせ

今回の更新では、昨日のジャパンCについてのより細やかな雑感を書き連ねています。ゴールドシップは”不思議ちゃん”?

競馬思考履歴

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 23:04:53 | トラックバック(0) | コメント(0)