FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

119th forecast 「第49回金鯱賞」(◎シャドウバンガード)
昨年は上位3頭が後のG1戦線を大きく賑わせることになった中京芝2000mのG2・金鯱賞。今年はG1馬不在のレースとなりましたが、昨年と同じように、上位に来た馬が思わぬ伏兵でありながら、今後のG1を賑わせることを信じる形の予想を組み立てることにしました。

今回の予想では、重賞予想としては2012年の函館2歳S以来となる「”+と-の評価”の話を抜きにしたスタイル」というものを採っていきます。

◎・シャドウバンガード

○・フラガラッハ

▲・スピードリッパー

キルトクール・オーシャンブルー



今年の中日新聞杯でやっと2分の壁を破った新装中京競馬場の芝2000m戦。今年の金鯱賞がどんな走破時計となるかが一つのポイントになってきそうですが、グランプリ血統最重要視ということで、2005年の有馬記念優勝馬ハーツクライ産駒のシャドウバンガードを本命としました。2走前に1000万下の東京芝2400m戦を勝ち上がっていますが、条件戦における東京芝2400mは有馬記念が行われる中山芝2500mと比較的強い繋がりを持つコースで、1600万下特別敗戦からの連闘と言えども侮れない存在です。

対抗のフラガラッハは中京芝1600m重賞の中京記念を連覇してきた馬で、CBC賞連覇を果たしたマジンプロスパーと共にリニューアルされた中京競馬場の申し子的存在ですが、前走天皇賞【秋】では今年のサマー2000シリーズ優勝馬トウケイヘイローに先着し、上がり3ハロンでは2着のジェンティルドンナとコンマ1秒差だったことを踏まえると、今回の舞台では巻き返しが見込めそうです。3番手評価のスピードリッパーは今回初めて中京競馬場のレースに出走となりましたが、昨年と同じように全体の走破時計も終いの脚もさほど速さを求められないコンディションであるならば、2006年の有馬記念2着馬ポップロックの妹としての意地が見られるのではないかと睨んでいます。

今回のキルトクールは、昨年の金鯱賞勝ち馬であるオーシャンブルー。ここ2年続けて有馬記念と宝塚記念を制しているステイゴールド産駒で、自身も昨年の有馬記念では2着に入ってきましたが、ステイゴールド産駒は基本的に同じ馬が同じコースのオープンクラスのレースで好走するのは決して多くはなく、今年の有馬記念ではステイゴールド産駒が芳しい結果を残せないという先読みを踏まえた上でのキルトクール指名を行うことにしました。



単勝

シャドウバンガード

複勝

シャドウバンガード

フラガラッハ

スピードリッパー

ワイド(ボックス)

シャドウバンガード、フラガラッハ、スピードリッパー

☆勝負のワンツースリー

シャドウバンガード→フラガラッハ→スピードリッパー

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

レース予想(2013年以前) | 22:34:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
中山芝2000m・阪神芝2000mで初勝利をあげた馬による重賞勝ち
明日から始まる中央競馬の年末4週間開催。2歳戦に関して言えば、今週は重賞はお休みですが、残り3週は全て2歳重賞の番組が組まれており、中盤2週は東西で2歳王者決定戦が行われます。今年に関しては牝馬の層が厚く、阪神の2歳牝馬G1ではなく中山の2歳G1に参戦の意思を示している馬もいますが、これがどういった結果となり、来年のクラシックに結びつくか、じっくりと見ていきたいところです。

今回は中山芝2000m、もしくは阪神芝2000mで初勝利を挙げた馬がどんな重賞を勝ち上がっているのか、検証していきます。来年から中山芝2000mで2歳重賞が行われ、ラジオNIKKEI杯2歳Sがなくなる阪神芝2000mの2歳戦がどんなことになるのかも気になりますが、そういった先のことも考えながら見解を出していきます。

※中山芝2000m

・フェイムゲーム(父ハーツクライ・牡馬・2012年2歳)

京成杯

・ヴェルデグリーン(父ジャングルポケット・牡馬・2010年2歳)

オールカマー

※阪神芝2000m

・デニムアンドルビー(父ディープインパクト・牝馬・2013年3歳)

フローラS、ローズS

・アダムスピーク(父ディープインパクト・牡馬・2011年2歳)

ラジオNIKKEI杯2歳S

・パッションダンス(父ディープインパクト・牡馬・2010年2歳)

新潟大賞典

(寸評)

2012年のクラシック世代による中山芝2000m戦でキャリア初勝利をあげた馬以外は1頭ずつ重賞勝ち馬を輩出している”中山芝2000m及び阪神芝2000mで初勝利をあげた馬”ですが、その父を見ると全て現役時代に芝2400mのG1を勝ってきている馬でした。今回名前が出ている馬の重賞勝ち鞍はデニムアンドルビーのローズSとヴェルデグリーンのオールカマー以外は全て芝2000mのレースで挙げたものとなっていますが、同世代限定重賞を勝っている3頭に関しては、初勝利後即重賞でいきなり結果を残しています。一方で、古馬になってから重賞を勝っているヴェルデグリーン、パッションダンスは、2勝目を挙げるのに1年以上費やしているものの、その中に半年以上のブランクを挟んで出走したレースがあり、大事に使われている馬にもチャンスがあると言えます。

なお、上記のまとめでは重賞勝ちのみを触れているに留まっていますが、ここ3年では唯一の重賞2勝馬であるデニムアンドルビーは先週のジャパンCでジェンティルドンナとハナ差の接戦を演じて2着に入り、昨年のジェンティルドンナに続く3歳牝馬によるジャパンC連対を果たしました。また、今年のオークスで2着になったエバーブロッサムは今年の1月に行われた中山芝2000m戦にて、今年のエリザベス女王杯で2着に入ったラキシスは昨年12月の阪神芝2000m戦にてそれぞれキャリア初勝利を挙げていますが、中山・阪神の芝2000m戦で初勝利を収めた牝馬が芝2000m以上のオープンクラスに挑んできた場合、そのキャリアが大きくプラスに働くので、来年のオークス、エリザベス女王杯においてはそういった馬の存在に目を光らせておく必要があります。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 21:55:24 | トラックバック(0) | コメント(0)