FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2015年・一の予想 「第64回中山金杯&第53回京都金杯」
今年の金杯予想は3年ぶりに東西両方をやる形としました。昨年の金杯は東西共に外国人騎手起用馬が勝利しましたが、2015年はどうなるでしょうか。

なお、今年のレース予想に関してですが、クラシック、春秋の天皇賞、ジャパンC、宝塚記念、有馬記念に関しては全ての出走馬について解説し、それ以外の重賞ではレースのキーデータを紹介した上で、キーデータの該当番号と合わせて◎とキルトクールを出していきます。

※第64回中山金杯

◇第64回中山金杯のキーデータ

1・7年連続3着以内入線馬を輩出している「芝2400m・G1勝ち馬の父を持つ”芝1800m、あるいは芝2000mのオープン連対馬”」

2・7年連続3着以内入線馬を輩出している「両親または自身の血統が”父サンデーサイレンス、母の父系ノーザンダンサー”で、なおかつ自身がノーザンダンサーのクロス持ち」

3・5年連続3着以内入線馬を輩出している「前年下半期に準オープンを勝ち上がっている馬」

今年の中山金杯はレース史上初めてとなる17頭立てのレースになりますが、メンバー構成ということで言っても2012年の皐月賞馬ロゴタイプが参戦ということで、正月早々豪華なレースとなった趣があります。ただ、ロゴタイプは昨年一度も勝てずじまいで、他の馬が台頭してくる可能性が十二分にあります。



◎・クランモンタナ(◇1、◇2、◇3)

キルトクール・マイネルミラノ(◇1、◇2、◇3)



そういった中で本命視したのは、暮れの中山重賞ということで言えば中山大障害、ホープフルS、有馬記念と3連勝中のディープインパクト産駒であるクランモンタナです。右回りの芝2000m戦で優勝実績はありませんが、血統的には兄が2008年の皐月賞馬キャプテントゥーレだったり、昨年の有馬記念を制したジェンティルドンナと同様にLyphardクロス内包のディープインパクト産駒ということで、中山芝重賞に対する適性はなかなか高いと見られます。また、昨年のリーディングジョッキーにして、ジェンティルドンナの有馬記念制覇に貢献した戸崎圭太騎手ということもプラスに働くと見て、本命視することにしました。

相手筆頭には昨年の有馬記念2着馬トゥザワールドと同じ「父キングカメハメハ、母父サンデーサイレンス」の配合を持つデウスウルト、その次点としてロゴタイプと見ています。デウスウルトはここ2戦の内容がいかにも中山金杯向きといった趣がありますし、ロゴタイプは芝2000m以下でデムーロ兄弟を迎えた時に4着以下になったことがない実績を買いました。

一方、キルトクールに指名したマイネルミラノは、昨年の中山金杯優勝馬と同じステイゴールド産駒で、古馬になった昨年から(4-2-0-0)というキャリアを持つ上がり馬です。実績を積むにつれて時計面でも改善されており、その勢いを生かして勝利する可能性もありますが、中山金杯で先行押し切りを決めた馬があまり多くない上に、マイネルミラノと同じように先行主張型の馬が多くて展開面で厳しくなることが予想されることから、キルトクールに指名することにしました。



単勝・複勝

クランモンタナ

ワイド(ボックス)

クランモンタナ、デウスウルト、ロゴタイプ

☆勝負のワンツースリー

クランモンタナ→デウスウルト→ロゴタイプ



※第53回京都金杯

◇第53回京都金杯のキーデータ

1・芝1600m戦となった2000年以降毎年3着以内入線馬を輩出している”芝1600mのオープンクラスで連対実績を持つ馬”

2・5年連続連対馬輩出の”年末の阪神芝外回り戦で勝利経験がある馬”

3・4年連続3着以内入線馬を輩出している”近2か月以内に優勝経験がある馬”

こちらも今年は18頭立てとなった京都金杯。昨年、一昨年とルメール騎手騎乗のディープインパクト産駒が勝利していますが、今年はルメール騎手の騎乗はなく、ディープインパクト産駒の参戦は昨年の優勝馬であるエキストラエンドただ1頭となっています。そういった中で、昨年の関西芝1600m重賞はほとんどがディープインパクト産駒による勝利となりましたが、騎手ということで見ても岩田康誠騎手、蛯名正義騎手、川田将雅騎手、浜中俊騎手、外国人騎手2名と偏りが見られます。この中で、今回の京都金杯に騎乗する騎手は岩田騎手と浜中騎手の二人ですが、共にディープインパクト産駒以外の馬に乗っている上、過去に勝利を収めたことがあるコンビで勝負しており、この辺りの取捨選択も重要になっていきそうです。



◎・ウインフルブルーム(◇1、◇2)

キルトクール・アクションスター(◇2、◇3)



そういった中で本命に推すのは、ディープインパクトと同じ日本ダービーを制したサンデーサイレンス産駒であるスペシャルウィークを父に持つウインフルブルームです。前走はエイシンヒカリにハナを譲ってそのまま見せ場なく敗れ去りましたが、過去3戦のマイル戦に関してはどのレースもとても優秀で、真価を発揮できる舞台と見ています。もう一頭の逃げ馬であるホウライアキコは外枠に入れられ、内側の4番枠に入ったこの馬が思うが儘にレースを作れるというのも利点で、勝利を意識できます。対抗格には、芝2000m以下で日本人騎手を起用して4着以下になったことがないフルーキーで、G1以外のマイル重賞では存在感が強い「母父サンデーサイレンス」が生きると見ています。また、関西ではほとんど崩れていないシェルビーを3番手評価とします。

一方、キルトクールに指名するのは、前走12月の阪神芝1800mの準オープンを勝ち上がってきたアクションスターです。年末年始の良馬場で行われたレースでは結果を残し続けており、昨年のジャパンCを勝利したエピファネイアや2013年のダービー馬キズナと何度も戦ってそこそこ善戦できていることから、格落ちの感のある今回のレースで結果を残してきても何ら不思議ではありませんが、今年で2年目の騎手である松若風馬騎手がここで結果を残すのは難しいと判断し、キルトクールで勝負です。

単勝・複勝

ウインフルブルーム

馬連・ワイド

ウインフルブルーム-フルーキー

☆勝負のワンツースリー

ウインフルブルーム→フルーキー→シェルビー

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

2015年のレース予想 | 22:38:53 | トラックバック(0) | コメント(0)