FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

引き締め 第64回中山金杯&第53回京都金杯回顧
中山金杯には皐月賞馬、京都金杯には前年のG1で3着に入った馬が2頭参戦してきた今年のレースですが、そういったメンバー構成ということもあってか、レースが引き締まった印象を持ちました。

(予想記事・2015年・一の予想 「第64回中山金杯&第53回京都金杯」

※第64回中山金杯

1着・ラブリーデイ(父キングカメハメハ)

2着・ロゴタイプ(父ローエングリン)

3着・デウスウルト(父キングカメハメハ)

ラップタイム・12.3 - 10.8 - 12.5 - 11.5 - 12.3 - 12.0 - 11.6 - 11.5 - 11.4 - 11.9

展望記事などで”レース史上初の17頭立て”と度々触れてきた中山金杯でしたが、レース名称が関東では金杯【東】、関西では金杯【西】とされていた時代には17頭立て、あるいは18頭立てのレースが数回行われてきていました。そういった中で、東の金杯で16頭を超えるレースとなったのは35年ぶりとなっていましたが、レースはマイネルミラノ、ヒュウマ、メイショウナルト、あるいはケイアイエレガント辺りが序盤から積極的にレースを引っ張り、縦長の馬群を形成していました。前半1000mの通過は59秒4で、中山金杯としては速い流れだったのですが、今回の上位2頭は共に先行集団の直後で追走し、ロゴタイプが先に仕掛けて先行集団を一掃したところをラブリーデイが交わすという内容で、上位2頭の強さが際立つ内容の走りでした。

今回の上位2頭は共に外国人騎手を起用し、勝ったラブリーデイに関しては昨年のオーシャンブルーに次いで2年連続池江泰寿厩舎・ベリー騎手コンビの勝利ということになりましたが、数ある芝2000m重賞の中でも屈指のタフさを誇る金鯱賞で2年連続掲示板確保というキャリアが、今回のレコード決着においてはプラスに働いたように思います。また、2着のロゴタイプとは同期の関係ですが、今回の走りはロゴタイプとの勝負付けを済ませた印象もあり、今後の中距離戦線で中心的存在となっていくと見ています。

◎・クランモンタナ(11着)

道中は先行集団から離れた中団で追走していましたが、レース序盤から追っ付け通しで、全く見どころのない敗戦となりました。二代母にあたるスキーパラダイスの牝系は格を問わず時計に限界がある馬が多く、この馬にとって今回のレースは速すぎるレースとなった印象ですが、より遅い時計のレースであればきっちりと結果を残すタイプでもあり、開催後半のレースで期待をかけてみようと思います。

キルトクール・マイネルミラノ(15着)

最内枠から積極果敢にレースを引っ張ろうとしましたが、重賞で結果を残してきた馬などが先行争いに絡んできて、為す術なく失速していきました。経験不足による敗戦といった見方もできそうですが、前走ではっきりとした逃げを打ってしまったことがこの先における不安材料で、今後の出世も難しい気配が漂います。

※第53回京都金杯

1着・ウインフルブルーム(父スペシャルウィーク)

2着・エキストラエンド(父ディープインパクト)

3着・マイネルメリエンダ(父チーフベアハート)

ラップタイム・12.7 - 11.3 - 11.6 - 11.9 - 11.3 - 11.1 - 11.1 - 11.8

こちらはウインフルブルーム、グランデッツァ、ホウライアキコによる3頭の先行争いが繰り広げられるかと思われましたが、4番枠からスタートのウインフルブルームがハナに立つと、そのままゆったりとした流れで4コーナーまで進み、終始2番手を追走してきたグランデッツァを直線半ばで競り落とすと、終始内に潜り込んで脚を伸ばしてきた昨年の優勝馬であるエキストラエンドの追い込みをクビ差凌いで勝利を収めました。今回、掲示板に入線した5頭はいずれも4枠から内側に入った馬たちで、内側有利の馬場コンディションをフルに生かした印象もありますが、上位2頭は共に日本ダービーを制したサンデーサイレンス産駒を父に持っており、この血統的なアドバンテージも生きたように思えます。

◎・ウインフルブルーム(1着)

今年の東西金杯は共に重賞初制覇を果たしていますが、京都金杯を勝ったウインフルブルームは中山金杯を制したラブリーデイと同様に8月の小倉芝1800m戦でデビュー勝ちを収め、阪神芝外回り戦の優勝実績を持っています。ただ、ラブリーデイが距離を伸ばして結果を出してきたのに対し、こちらは距離を短めにして好成績を残すようになってきました。これに関しては、母系のスタミナ色によって左右されているのが窺えますが、この馬のようにサンデーサイレンスとプリンスリーギフトの血を兼ね備えている馬はG2ぐらいまではしぶとい先行馬として出世していくので、今後のマイル重賞における展開のカギを握る存在にはなりそうです。(単勝710、複勝280)

キルトクール・アクションスター(13着)

この馬は9番枠からのスタートで道中は中団でレースを進めていましたが、直線に入っても伸び脚は今一つで、結果を残せませんでした。騎手以前に馬のレベルが追い付いていない感じで、G1で好走歴のある馬が揃った今年に関しては荷が重かったということだろうと見ています。

スポンサーサイト



テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 20:09:38 | トラックバック(0) | コメント(0)