FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

追跡・ダノンプラチナ 「飛び級の是非」
去る1月6日、2014年度のJRA賞が発表されました。詳報についてはここでは触れませんが、昨年から阪神へ移行した朝日杯フューチュリティSの優勝馬で最優秀2歳牡馬に選出されたダノンプラチナの陣営から、出走馬の決定方法に関する意見が出されました。

最優秀2歳牡馬はダノンプラチナ 満票で選出、抽選対象から栄冠【スポーツニッポン】

昨年の2歳G1は共にオープン勝ちがなかった関東馬が勝利を収めることになりましたが、朝日杯を勝利したダノンプラチナは阪神ジュベナイルフィリーズを制したショウナンアデラと同様に2勝馬ではあったものの、ダノンプラチナより賞金上位の馬が多かったことから、5分の4の抽選を潜り抜ける必要がありました。この朝日杯で最終的に抽選で除外になったのは今週のシンザン記念に出走するレンイングランドで、レンイングランドは朝日杯の翌週に行われたクリスマスローズSを制したことから、互いにとって良かったとも言えますが、今回のこの記事では朝日杯を制したダノンプラチナの今後を展望すると共に、出走馬の決定方法に関する私見を述べていこうと思います。

※”日本一のターフ”を知る2歳王者

冒頭でも触れたように、昨年から朝日杯は中山から阪神へ舞台を移すことになりましたが、2011年から2013年にかけてオープンクラス未勝利の馬が連勝してきた中で、昨年のダノンプラチナもその流れに続くことになりました。ダノンプラチナは、抽選対象だったとは言え、500万下を勝っている2勝馬であることかられっきとしたオープン馬として参戦してきていましたが、朝日杯が牡馬の2歳王者決定戦、阪神ジュベナイルフィリーズが2歳牝馬の頂上決戦といった趣になった1991年以降、オープン勝ちがない馬による朝日杯制覇はダノンプラチナより過去の馬で言うと7頭います。



◇1・オープン勝ちがないまま朝日杯フューチュリティSを制した馬によるその後の国内G1優勝実績【1991年以降】

ミホノブルボン(1991年)…皐月賞(1992年)、日本ダービー(1992年)

エイシンプレストン(1999年)…なし

メジロベイリー(2000年)…なし

ゴスホークケン(2007年)…なし

アルフレード(2011年・現役)…なし

ロゴタイプ(2012年・現役)…皐月賞(2013年)

アジアエクスプレス(2013年・現役)…なし



上記7頭の中で、エイシンプレストン、メジロベイリー、ゴスホークケンは1勝馬の身で朝日杯制覇を果たしていますが、その3頭はいずれも朝日杯後の国内G1では勝利を収めることは叶いませんでした。2011年のアルフレード、2013年のアジアエクスプレスはミホノブルボンと同様に2戦2勝のキャリアを以て朝日杯制覇に繋げていき、2015年1月10日時点で現役を続けていますが、アルフレードは翌2012年のNHKマイルCで2着に入ったものの、日本ダービーで惨敗後長期休養を余儀なくされて、復帰後の走りは芳しいものとは言えません。また、アジアエクスプレスも長期休養を挟んだり、皐月賞敗戦後ダート戦を主戦としていることから、芝でのG1制覇は難しくなっている状況です。これらのことを踏まえると、オープン勝ちがない朝日杯制覇はその後のキャリアにおいてあまり有難味がないものに思えますが、皐月賞制覇に繋げたミホノブルボンとロゴタイプは、ダノンプラチナと同様に朝日杯制覇直前のレースにジャパンCウィークの東京芝1600m戦を選択し、そこで勝利を収めていたという共通点がありました。

これに関しては、過去にミホノブルボン、ロゴタイプを含めて10頭が似たようなキャリアで結果を残していますが、その後の国内G1優勝実績について触れたものが下記の◇2となります。



◇2・朝日杯フューチュリティS制覇直前に東京芝を勝った馬によるその後の国内G1優勝実績【1991年以降】

ミホノブルボン…上記データ(◇1)参照

バブルガムフェロー(1995年)…天皇賞【秋】(1996年)

マイネルマックス(1996年)…なし

グラスワンダー(1997年)…有馬記念(1998年、1999年)、宝塚記念(1999年)

アドマイヤコジーン(1998年)…安田記念(2002年)

コスモサンビーム(2003年)…なし

フサイチリシャール(2005年)…なし

ローズキングダム(2009年)…ジャパンC(2010年)

グランプリボス(2010年)…NHKマイルC(2011年)

ロゴタイプ…上記データ(◇1)参照



ダノンプラチナと同じ関東馬で”東京芝勝利からの朝日杯制覇”を果たしたのはバブルガムフェロー、グラスワンダー、ロゴタイプの3頭ですが、彼らはいずれも3歳の時点でG1制覇を果たすことに成功しています。逆に、G1制覇を果たせなかったマイネルマックス、コスモサンビーム、フサイチリシャールの3頭には、”異なる競馬場でのオープンクラスの連勝を果たした関西馬”という共通点がありました。幼少の頃から様々な競馬場やレーススタイルで活躍できるのは、潜在的な能力の高さや早熟性の高さが生きている一方で、消耗度合が激しくなる一面もあり、年を重ねての成長に向けては悪影響を及ぼしているという見方が、以上のデータからは垣間見られます。

なお、明け3歳となったダノンプラチナは、2015年の始動戦を皐月賞トライアル最終戦であるスプリングSを予定していますが、”朝日杯フューチュリティS優勝前の近2走が左回りの芝で連勝、かつスプリングSに出走した馬”の成績は(2-0-0-0)で、いずれも後に芝2000mのG1勝ちを収めています。このキャリアからは日本ダービーよりも皐月賞の方が適性が高い可能性もあり、昨年末の記事で今年のダービー馬最有力候補と見立てのはやや勇み足の感もありましたが、阪神ジュベナイルフィリーズが今の形になった2006年からウオッカ、トールポピー、ブエナビスタ、アパパネと、優勝馬が4年続けて東京芝2400m・G1ホースとなったことを重視しています。何より2010年代に入って二度ダービー2着の苦汁を味わってきている蛯名正義騎手がパートナーであることから、ダノンプラチナのダービー制覇によって蛯名騎手の八大競走完全制覇が今年こそは果たされるのではないかと考えています。

※直近の勝者にこそ重賞制覇のチャンスを

さて、ここからは重賞における出走馬の決定方法に関する話を進めていきますが、2015年1月10日時点で使用されている出走馬の決定方法が以下のリンクになります。

出走馬決定順一覧(特別登録)の見方【JRA】

昨年からクラシックだけではなく、いくつかのG1においても特定の重賞を勝つことによって優先出走権が得られるシステムが作られましたが、基本的にはクラスを区分するために使用される”収得賞金”によって出走順が決められています。古馬のオープンクラスにおいては、過去1年で得た収得賞金や過去2年におけるG1級競走で得た収得賞金を合算して決定がなされていますが、これと似たような決定方法を2歳・3歳重賞に取り込んだらどうかというのが一つの案です。

具体的な事を話していくと、第一に収得賞金によって出走馬を決めつつ、同じ収得賞金であった場合は、近2走の本賞金(1着から5着に入った時に得られる賞金)を重んじるといった形式です。冒頭でも触れたように、昨年の朝日杯フューチュリティSに関しては収得賞金900万の馬がダノンプラチナを含めて5頭おり、そのうちの4頭が抽選によって出走可能となっていましたが、今この段で取り上げた形式を以て出走馬を決めた場合、新馬戦、500万下特別と連勝してきたペプチドウォヘッドの次に、未勝利、500万下特別と連勝してきたダノンプラチナが入り、除外されるのは500万下の一般戦を勝ち上がったのみのメイショウマサカゼとなります。近走勢いに乗っている馬を出走枠に組み込みやすく、抽選を行う手間が省けることから、除外対象となった馬の路線変更が容易になるという利点もありますが、特別戦で得られる本賞金は3着までに入ると付加賞金が得られるものの、その付加賞金がレースによってまちまちであるため、場合によっては芝不振でダートで強い馬が芝のG1に参戦しやすくなったり、その逆のケース、さらには短距離馬が長距離G1に出走するなど、距離カテゴリーが異なるところからのG1参戦という懸念もあります。出走決定順における確定枠下位の収得賞金が上がれば上がるほどそういった懸念は現実になりやすくなることからも、これを以ても盤石な決定方法とは言いにくいのですが、ダノンプラチナのように当該G1に近い条件で結果を残してきた馬をいち早く出走枠に組み込むには今取り上げた案が有効策ではないかと考えています。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

馬雑談【追跡】 | 08:28:37 | トラックバック(0) | コメント(0)