FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2015年・二の予想 「第31回フェアリーS」(マラケシュVSナイアガラモンロー)
今週の予想レースは、月曜日・成人の日に行われるフェアリーSです。出走馬16頭の内13頭が1勝馬で、残る3頭の2勝馬は前走阪神ジュベナイルフィリーズで惨敗を喫していることから、とてつもない波乱の香りが漂っています。

◇第31回フェアリーSのキーデータ

1・4年連続優勝馬輩出の”東京芝1600m戦勝ち馬”

2・4年連続3着以内入線馬輩出の”前走着外、かつ今回騎乗する騎手とでは無敗の馬”

3・4年連続3着以内入線馬輩出の”前走着外、かつ芝1600m戦以外のレースで着外になった経験を持つ馬”

中山芝1600mの3歳牝馬限定重賞として行われるようになって今年で7年目を迎えたフェアリーSですが、ここ2年に限れば東京芝1600mでデビュー勝ちを収めた馬が2戦目にフェアリーSを選択して勝利を収めています。今年のレースで東京芝1600m戦でデビュー勝ちを収めた馬は最内枠に入ったテンダリーヴォイスと8番枠のマラケシュの2頭だけですが、彼らは後に東京芝1600m戦で大敗を喫したキャリアがあるので、ここ4年の優勝馬と比べるとだいぶ信頼度に欠ける存在です。

ただ、それ以上に厄介なのが、2009年以降では5頭の優勝馬を輩出し、優勝できなかった2010年においても2着に持ち込んだ”11月の芝のレースで勝ち上がってきた馬”が誰もいないことです。本来であれば、このデータこそが一番の柱になるものでしたが、そういった馬が存在しない以上、何が起こってもおかしくはないということは言えます。



◎・マラケシュ(◇1、◇2)

キルトクール・ナイアガラモンロー(◇2、◇3)



そういった中で本命に推すことにしたのは、10月に東京芝1600mの新馬戦でデビューして逃げ切り勝ちを収めたマラケシュです。サンデーサイレンスの3×3を筆頭に多重クロスがかかっている血統馬ですが、牝系を辿ると1995年の皐月賞馬ジェニュインと同じということで、中山競馬場で真価を発揮してきそうな気配を感じます。昨年のフェアリーSにおいて単勝10番人気のニシノアカツキを2着にまで押し上げたブノワ騎手を起用してきたことも好印象で、勝利を狙える馬と見立てました。

マラケシュの対抗馬筆頭はマラケシュの外隣にいるエヴァンジルです。デビュー戦は11月の東京芝1600m戦を使い、勝ち馬とタイム差なしの2着と好走した上で次走中山芝1800m戦で勝ち上がってきたことから、フェアリーSを好走する土台はしっかりとあると言えます。現行条件となった2009年以降のフェアリーSにおいて、母父サンデーサイレンスのワンツースリーとなった2011年以外では必ず3着以内入線馬を輩出している”二代父サンデーサイレンス、母の父系ノーザンダンサー”の配合を持つ馬ということを鑑みても、こちらも優勝候補と見られる1頭です。マラケシュと同様に東京芝1600m戦でデビュー勝ちを収めたテンダリーヴォイスはエヴァンジルよりも低い評価ではあるものの、関東の競馬場ではまずまずの好騎乗を見せる北村宏司騎手を配しているのはプラスであり、今の中山芝で好走率が高いキングカメハメハの血を母父に有していることからも、好走のチャンスは十分に持っていると言えます。

一方、キルトクールに指名したナイアガラモンローは8枠15番に入ったローデッドと同じフロリースカツプ牝系の持ち主です。中山は初めてなものの、右回り芝では(1-0-1-0)としている上、昨年のスプリンターズSにおいてスノードラゴンとのコンビで初G1制覇を果たした大野拓弥騎手をテン乗りとして起用し、穴馬の気配も十分に漂いますが、過去の敗戦の中で最も勝ち馬に離されたのが芝1600m戦ということから、距離に対する不安を感じます。また、自身の上がり3ハロンがレースの上がり3ハロンより速かったことが1回だけしかないキャリアもネックであり、そういった部分でキルトクールへの指名と相成りました。



単勝・複勝

マラケシュ

エヴァンジル

馬連・ワイド

マラケシュ-エヴァンジル

三連複

マラケシュ-エヴァンジル-テンダリーヴォイス

☆勝負のワンツースリー

マラケシュ→エヴァンジル→テンダリーヴォイス

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

2015年のレース予想 | 18:30:23 | トラックバック(0) | コメント(0)