FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2015年1月20日ver.)
今週は中山、京都、中京全ての競馬場で重賞が開催されますが、中山で行われるアメリカジョッキークラブCには宝塚記念を連覇したゴールドシップ、中京で行われる東海Sには昨年のフェブラリーSを制したコパノリッキーや2012年のジャパンCダートを制したニホンピロアワーズが参戦と、早くも現役トップホースたちの戦いが始まります。中山金杯で2013年の皐月賞馬ロゴタイプが始動したように、年初からG1馬の動向が活発ですが、この早期の始動が今後1年間の走りにどのように影響していくのか、その辺りは注意深く見ていきたいところです。

※東海S

イッシンドウタイ

冒頭で紹介した2頭のG1馬の他、昨年のチャンピオンズCで2着に来たナムラビクターや昨年のレパードSから6戦連続で3着以内を確保し続けているランウェイワルツ、あるいはBSN賞からみやこSにかけて3連勝したインカンテーションなど、豪華なメンバーが揃った印象がある東海Sですが、狙ってみたい1頭として取り上げたいのは、前走中山ダート1800mのオープン特別を勝ち上がってきたイッシンドウタイです。重賞勝ちがない6歳馬ですが、グランド牧場生産馬のスズカマンボ産駒というと、昨年のJBCレディスクラシックを制し、チャンピオンズCで4着に入ってきたサンビスタがいることから、好走のチャンスは十分にあると見ています。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 07:19:44 | トラックバック(0) | コメント(0)