FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第75回桜花賞と第75回皐月賞の”ヒラメキ”
昨日、皐月賞の登録馬が発表されましたが、以前から度々触れているように、2015年に入ってから、ディープインパクト産駒が苦戦を続けています。その象徴とも言えるのが、皐月賞トライアル、桜花賞トライアルに出走した2戦2勝のディープインパクト産駒がことごとく敗北を喫したことですが、ディープインパクト産駒ではないものの、無敗でトライアル戦を制した馬が3頭もおり、そこに2015年クラシック世代の層の厚さを感じさせます。今回のこの記事では、桜花賞、皐月賞の登録馬の中から特に狙ってみたいと考えている馬を共に4頭ずつ取り上げていきます。

※第75回桜花賞

・ルージュバック

牝馬限定戦は今回が初めてになりますが、桜花賞は牡馬との対戦経験が重要になるレースで、その点では他の馬の追随を許していません。同世代の牝馬の中では頭一つ抜けた存在で、本命候補の一頭です。

・キャットコイン

ルージュバックと同じ3戦3勝馬ですが、こちらは桜花賞と同じ芝1600m戦を3連勝しているのが強調点になります。また、無敗のG1馬を輩出したことがある二ノ宮敬宇厩舎であることもプラスポイントで、1976年のテイタニヤ以来39年ぶりとなるクイーンC優勝馬による桜花賞制覇が果たされてもおかしくないと見ています。

・ココロノアイ

桜花賞と同じ阪神芝1600mの3歳牝馬重賞・チューリップ賞を勝ち上がってきた馬。アルテミスSから3戦続けて芝1600m重賞に出走して1着、3着、1着と優れた成績を残しており、今回の桜花賞において3着以内に入る可能性が最も高い馬と見立てています。

・レッツゴードンキ

関西馬の中で狙ってみたい存在なのが、重賞を4回使って未だ3着以内率100%をキープしているこの馬です。2011年以降ディープインパクト産駒が4連勝中の桜花賞ですが、ダービー馬の産駒という括りから見ればこの馬の父であるキングカメハメハも絡んでおり、好走のチャンスは十分にあると見ています。

※第75回皐月賞

・サトノクラウン

時計面の推しが弱く、ロジユニヴァースのように無敗の弥生賞制覇からの皐月賞惨敗というケースも考えられなくもありませんが、怪我がない限りは一冠はほぼ約束されており、今年のクラシックにおける中心的存在と見ています。

・ダノンプラチナ

デビュー戦を負け、東京芝1600m戦を連勝した上で2歳王者となり、明け3歳初戦において優先出走権を得ながら敗北を喫して本番に臨む臨戦過程は、5年前に3歳牝馬三冠制覇を果たした国枝栄厩舎の先輩・アパパネを彷彿とさせるものがあります。牝系を考えても、春のクラシックにおいて主役級の活躍を見せるのは必定と見ています。

・クラリティスカイ

弥生賞で本命に推し、その時のレース内容で一旦は評価を下げましたが、弥生賞の時よりは高速化する皐月賞の舞台であれば再浮上があってもおかしくはないと見ました。

・ドゥラメンテ

重賞未勝利、共同通信杯から約2か月ぶりの実戦、初の中山競馬場と課題は山積みですが、この馬の二代母に当たるエアグルーヴを筆頭に、ダイナカール牝系の馬はぶっつけ本番に強い血統馬なので、データ的に苦しくても狙ってみたい1頭です。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 07:40:45 | トラックバック(0) | コメント(0)