FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

追跡・ラキシス 「拓けてきた女傑の道」
今週の開催で中山、阪神の開催は一息つきますが、先週までの7週間の開催の中で最も素晴らしい走りを披露したということで言えば、大阪杯において同期の牡馬クラシックホースを打ち負かした牝馬・ラキシスではなかろうかと見ています。特に、2着に入ってきた同期のダービー馬・キズナとは同じ「父ディープインパクト、母父Storm Cat」という血統馬であり、昨年のエリザベス女王杯において初重賞制覇を果たしたラキシスがそれを負かしたことは、様々な意味で日本競馬のターニングポイントのように思えましたが、今回はそんなラキシスの可能性について触れていきます。

※ダービー馬をなぎ倒し、全競走馬の頂点へ…

◇エリザベス女王杯優勝後、牡馬混合重賞を勝ち上がった馬による、その後のG1連対実績【馬名横の()内はエリザベス女王杯優勝年→その後の牡馬混合重賞優勝実績】

ファインモーション(2002年→2004年札幌記念)…なし

スイープトウショウ(2005年→2006年京都大賞典)…エリザベス女王杯(2006年2着)

フサイチパンドラ(2006年→2007年札幌記念)…エリザベス女王杯(2007年2着)

ダイワスカーレット(2007年→2008年大阪杯)…有馬記念(2008年1着)、天皇賞【秋】(2008年2着)



エリザベス女王杯が今の形になった1996年以降、優勝馬が後に牡馬相手に重賞勝ちを収めた例は上記の4頭になります。ダイワスカーレット以外の3頭は牡馬相手に重賞勝ちを収めた後にさらなる重賞制覇を果たせませんでしたが、ラキシスはダイワスカーレット以外の3頭と同様に春のクラシック勝ち馬ではなく、そういった部分では今後の可能性に不安を感じさせます。

一方で、ラキシスはダイワスカーレットと同じ大阪杯の勝ち馬となりましたが、ダイワスカーレットも大阪杯においてダービー馬を負かしていました。ダイワスカーレットは同期のダービー馬にして、同じ牝馬であるウオッカと共に、近年の男勝りな女傑たちの先駆者的存在となりましたが、重賞においてダービー馬に先着し、なおかつ自身が3着以内に入った牝馬がその後どういった活躍を見せていったのかを以下にまとめることにしました。



◇重賞においてダービー馬に先着し、なおかつ自身が3着に入った牝馬による、その後の国内重賞制覇

【注1・馬名横の()内はダービー馬に先着したレースと着順・相手のダービー馬と【その馬の着順】】

【注2・複数回同じ馬に対して先着している場合は最初に先着したレースを取り上げるものとする】

【注3・日本ダービーのフルゲートが18頭に定まった1992年以降】

スターバレリーナ(1994年高松宮杯【当時は中京芝2000m・G2】2着・VSウイニングチケット【5着】)…なし

ヒシアマゾン(1995年ジャパンC2着・VSナリタブライアン【6着】)…なし

フラワーパーク(1996年高松宮杯【この年から中京芝1200m・G1】1着・VSナリタブライアン【4着】)…スプリンターズS(1996年)

エアグルーヴ(1998年ジャパンC2着・VSスペシャルウィーク【3着】)…なし

ダイワスカーレット(2007年秋華賞1着・VSウオッカ【3着】)・(2007年有馬記念2着・VSメイショウサムソン【8着】)・(2008年天皇賞【秋】2着・VSディープスカイ【3着】)…エリザベス女王杯(2007年)、有馬記念(2008年)、大阪杯(2008年)

エイジアンウインズ(2008年ヴィクトリアマイル1着・VSウオッカ【2着】)…なし

ウオッカ(2008年天皇賞【秋】1着・VSディープスカイ【3着】)・(2008年ジャパンC3着・VSメイショウサムソン【6着】)…ヴィクトリアマイル(2009年)、安田記念(2009年)、ジャパンC(2009年)

ブエナビスタ(2010年宝塚記念2着・VSロジユニヴァース【13着】)・(2010年ジャパンC2着・VSエイシンフラッシュ【8着】)…天皇賞【秋】(2010年)、ジャパンC(2011年)

ジェンティルドンナ(2012年ジャパンC1着・VSオルフェーヴル【2着】、VSエイシンフラッシュ【9着】)、(2014年有馬記念1着・VSワンアンドオンリー【13着】)…ジャパンC(2013年)、有馬記念(2014年)

デニムアンドルビー(2013年ジャパンC2着・VSエイシンフラッシュ【10着】)…なし(現役)



エアグルーヴからダイワスカーレットまで9年のブランクがあった「”重賞においてダービー馬に先着して、自身も良い結果を残した牝馬”の歴史」ですが、そこを皮切りに牝馬が牡馬の一線級と伍することが当たり前のようになってきています。もっとも、その皮切りとなっていったダイワスカーレットとウオッカは共にイレギュラーな存在ではあるのですが、ダイワスカーレットとウオッカがクラシックの中心となった2007年はJRA賞において最優秀父内国産馬を選出していた最後の年であり、父内国産の血統馬が日本競馬のリーダー的存在となったことを受けるかのように牝馬の活躍が目立ち始めたところが興味深い部分でもあります。

そういったことを踏まえつつ、2007年以降にダービー馬に先着したウオッカ以外の5頭について触れていくと、ダービー馬に先着する前に既にG1勝ちがあった3頭がさらに重賞勝ちを収めています。一方で牝馬に先着を許したダービー馬について触れていくと、5歳になって牝馬に先着を許したナリタブライアン、メイショウサムソン、エイシンフラッシュの3頭はその後のG1勝ちがありませんでした。これらのことを勘案すると、先の大阪杯からはラキシスの今後に期待が高まるばかりで、キズナに対しては悲観的にならざるを得ませんが、ラキシスに関しては東京、中山で3着以内に入ったことが未だになく、この部分がラキシスの出世にどう影響を及ぼしていくのか、今後も注目してみようと思います。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

馬雑談【追跡】 | 00:01:56 | トラックバック(0) | コメント(0)