FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

いざクラシックへ!注目の一頭 2016クラシック世代第40週
今週の3歳戦は東西で桜花賞トライアルが開催された中央競馬。どちらのレースも、近年は本番の桜花賞と繋がりが弱まっているばかりか、上位馬がその場限りのパフォーマンスで先に実を結ばないことも少なからずありますが、今回のこの記事ではここ3年の優勝馬のうち2頭が後にG1連対を果たしているフィリーズレビューについて語っていきます。

※フィリーズレビュー

1着・ソルヴェイグ(父ダイワメジャー)

2着・アットザシーサイド(父キングカメハメハ)

3着・キャンディバローズ(父ディープインパクト)

本番の桜花賞より200m短い距離でありながら、格付けで言えば一週前のチューリップ賞よりも上に位置するフィリーズレビュー。桜花賞トライアル最終戦という位置付けも有している中、今回は桜花賞優勝実績のある騎手でワンツースリーとなりました。その上で、上位3頭のうち2着馬と3着馬は京都芝”外回りの1400m”の優勝経験を持っていましたが、勝ったソルヴェイグは京都芝”内回りの芝1400m”でデビュー勝ちを果たした馬で、上位3頭の中では最内枠からのスタートを生かすレースぶりを披露してきました。上位3頭の中で唯一デビューから乗り替わりなしということもアドバンテージだったように思われますが、将来性という部分で話すならば、母の3つ上の兄が2009年の高松宮記念3着馬であるソルジャーズソングであり、今回の条件がベストだったという可能性も少なからずあるように感じられます。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

Road_to_Derby | 16:51:02 | トラックバック(0) | コメント(0)