FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

「特別登録・ファーストインプレッション」(2016年3月15日ver.)
先週の開催で桜花賞のトライアルレースが終了した中央競馬ですが、今週は三連休全てを使って開催があり、その中で皐月賞トライアルが行われることになっています。皐月賞トライアル最終戦であるスプリングSについては、今週予想記事をアップしようかと考えているところですが、この記事ではスプリングSに加え、来週行われるG1・高松宮記念についてもざっくり触れていくことにします。

※スプリングS

マイネルハニー

ノーザンファーム生産の無敗馬2頭が雌雄を決した弥生賞と比べ、いささか格落ち感が否めない今回のスプリングS。それでも、ここにもノーザンファーム生産の無敗馬が1頭登録している上、3戦2勝2着1回で重賞勝ちのキャリアを持つ非社台系生産馬が1頭が登録しており、彼らが強い勝ち方をすればまだまだ勢力図を塗り替えられる可能性があります。

その上で、さらなるどんでん返しを期待するならば、昨年の優勝馬キタサンブラックと同様に東京芝で2勝をマークし、そのうちの1勝が芝2000mの3歳500万下であるマイネルハニーではないかと見ています。

※高松宮記念

エアロヴェロシティ

上半期の芝1200m・G1である高松宮記念。今年は日本馬21頭に加え、昨年の優勝馬である香港調教馬エアロヴェロシティが参戦の構えを見せていますが、エアロヴェロシティは昨年の高松宮記念優勝後のキャリアを3戦2勝としており、走りの内容からも衰えがあるようには見えません。負ける時がだらしないことが多いので、ピンかパーといった狙い方をするのが妥当のように思えますが、日本馬の陣容を見る限りでは優勝候補筆頭です。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 07:42:04 | トラックバック(0) | コメント(0)