FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

追跡・リオンディーズ 「規格外へ」(一部追記有)
今週の中央競馬の開催は三連休に合わせて行われる形になりますが、土曜、日曜には牡馬クラシックである皐月賞のトライアルレースが行われます。現状、皐月賞戦線においてはマカヒキ、サトノダイヤモンドといったディープインパクト産駒の無敗馬2頭が絶対的主役といった趣がありますが、弥生賞においてマカヒキとタイム差なしの接戦を演じたリオンディーズは、現役騎手の中では皐月賞最多勝をマークしているミルコ・デムーロ騎手とコンビを組んでおり、まだまだ見限れない存在となっています。

今回の追跡では、そんなリオンディーズの将来性について占ってみようと思います。

※伝説的な競走馬になる可能性を感じさせた”朝日杯の勝ち方”

リオンディーズは2014年のジャパンC優勝馬エピファネイアの弟で、冒頭で名前が出てきたマカヒキ、サトノダイヤモンドと同じノーザンファーム生産馬でもあります。昨年の朝日杯フューチュリティSにおいては、同じキングカメハメハ産駒で2戦2勝の重賞勝ち馬であるエアスピネルに先着した上で勝利を収め、ノーザンファームの隆盛ぶりとミルコ・デムーロ騎手の大舞台における強さを大きくアピールする存在となりましたが、今回のこの記事では、その朝日杯フューチュリティSの勝ち方について改めてクローズアップしていくことにしました。



◇1・朝日杯フューチュリティS(2000年以前は朝日杯3歳S)を無敗で制した馬による、その後の芝G1優勝実績【阪神ジュベナイルフィリーズ(2000年以前は阪神3歳牝馬S)が設立された1991年以降】

ミホノブルボン(1991年)…皐月賞(1992年)、日本ダービー(1992年)

エルウェーウィン(1992年)…なし

フジキセキ(1994年)…なし

グラスワンダー(1997年)…有馬記念(1998年、1999年)、宝塚記念(1999年)

アドマイヤドン(2001年)…なし

ローズキングダム(2009年)…ジャパンC(2010年)

アルフレード(2011年)…なし

アジアエクスプレス(2013年)…なし

◇2・朝日杯フューチュリティS優勝時点で芝1600m超の優勝実績を持っていた馬による、その後の芝G1優勝実績【阪神ジュベナイルフィリーズが設立された1991年以降】

エルウェーウィン(1992年)…◇1参照

ナリタブライアン(1993年)…皐月賞(1994年)、日本ダービー(1994年)、菊花賞(1994年)、有馬記念(1994年)

バブルガムフェロー(1995年)…天皇賞【秋】(1996年)

グラスワンダー(1997年)…◇1参照

アドマイヤコジーン(1998年)…安田記念(2001年)

アドマイヤドン(2001年)…◇1参照

エイシンチャンプ(2002年)…なし

フサイチリシャール(2005年)…なし

ローズキングダム(2009年)…◇1参照



リオンディーズの朝日杯フューチュリティSは、当時キャリア1戦馬による勝利が初めてという部分で話題になったところもありましたが、無敗の朝日杯フューチュリティS優勝馬自体は過去には7頭おり、そのうち3頭が芝のG1制覇に繋げています。芝G1制覇を果たせなかった4頭については、弥生賞勝利後に故障で現役を退いたフジキセキ以外は年明け初戦が皐月賞トライアルではなかったり、皐月賞トライアルで皐月賞の優先出走権を得られなかった馬たちであり、その点においては弥生賞2着で皐月賞の優先出走権を得たリオンディーズのクラシック制覇、あるいはその後のG1制覇に希望が持てる内容と言えます。

一方で、朝日杯フューチュリティSの前に芝1600mを超える距離のレースを勝っていた馬は過去に9頭おり、そのうちの5頭が後に芝のG1制覇を果たしています。しかし、芝のG1制覇を果たせなかった2000年代の優勝馬のうち、エイシンチャンプとフサイチリシャールは、共にリオンディーズと同様に芝2000m戦の勝ち鞍を有していました。また、2000m戦からの距離短縮で朝日杯制覇に繋げた流れは、皐月賞の3着がクラシック最高着順となったエイシンチャンプと同じであり、今後の距離延長に対する不安を少なからず残すような内容であったということも言えます。

もっとも、今回のデータに関しては朝日杯フューチュリティSが中山競馬場で開催されていた時期をピックアップしたものであり、阪神競馬場に変わったことでどうなるかという部分も今後に向けての検証材料となります。それでも、朝日杯フューチュリティSの回顧でも触れたように(参考記事・再来 第67回朝日杯フューチュリティS回顧)、当時引き出された末脚の威力は桜花賞馬となったハープスターやブエナビスタと同等以上のものであり、角居勝彦厩舎の阪神芝1600m・G1勝ち馬としては先輩にあたるウオッカやトールポピーが後に東京芝2400mの3歳G1を勝っていることを踏まえれば、ナリタブライアン以来となる朝日杯フューチュリティS優勝馬による日本ダービー制覇はもとより、クラシック三冠制覇も夢ではないように思われます。

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

馬雑談【追跡】 | 07:43:22 | トラックバック(0) | コメント(0)