FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第46回高松宮記念の”三本柱”
今週はフェブラリーS以来となるG1・高松宮記念が開催されますが、G1開催としては21回目を迎える今回は2年ぶりに日本馬のみのメンバー構成となりました。今回の出走馬を見渡すと、前年の芝1200m・G1勝ち馬は不在である一方で、昨年にG2の勝ち鞍がある4歳馬が2頭おり、世代交代の準備万端といった趣がありますが、そうした中で優位性を示すにはどんなデータを持っていると良いのでしょうか。

今回は出走馬が発表されたタイミングでアップということになりましたので、データの該当馬云々は出走馬のみとします。

(昨年の展望記事・第45回高松宮記念の”三本柱”

1・高速対応決着

今の中京競馬場となった2012年以降では5回目を迎える高松宮記念では、1分8秒台の決着と1分10秒超えの低速決着が半々となっていますが、1分8秒台となった2013年と2015年では、1着馬に海外の芝1200m・G1馬が入り、2着馬にはサマースプリントシリーズの重賞で優勝実績がある馬が入ってきています。

2・低速対応決着

先週の土曜日に不良馬場の中でレースを使われたため、1分10秒を超える決着になる可能性を考慮したい状況になっていますが、そうなった2012年と2014年は、ダート戦で勝利経験がある馬が連対しています。

3・”ほどほど”の決着

1と2のデータに関しては時計別で話を進めていきましたが、中京競馬場がリニューアルされた2012年以降、時計に関係なく3着以内入線馬を1頭は輩出し続けているのが、”国内における近2走の実績が「1連対、1着外」となっている馬”です。

☆昨年の上位3頭

1着・エアロヴェロシティ(海外)

2着・ハクサンムーン(1・3に該当)

3着・ミッキーアイル(3に該当)

前年のシルクロードSを最後に勝ち星から遠ざかっていたストレイトガールが単勝1番人気に支持される中、そのストレイトガールを香港スプリントで打ち負かしたエアロヴェロシティが日本のトップスプリンターを一蹴した昨年の高松宮記念。残念ながら、今回連覇の期待があったエアロヴェロシティは今週の月曜日に疝痛が判明し、回避を余儀なくされましたが、2着のハクサンムーン、3着のミッキーアイルはこのレースの後に芝1200m戦を勝ったことがなく、逆転の余地はだいぶ残されていると言えます。

☆今年の出走馬とデータマッチ

※1に該当

・サマースプリントシリーズの重賞で優勝実績がある馬

アクティブミノル、ウキヨノカゼ、ウリウリ、スギノエンデバー、ティーハーフ、ハクサンムーン

※2に該当

・ダート戦で勝利経験がある馬

スノードラゴン、ヒルノデイバロー、ローレルベローチェ

※3に該当

・国内における近2走の実績が「1連対、1着外」となっている馬

アースソニック、サクラゴスペル、サトノルパン、ハクサンムーン、ミッキーアイル

※該当なし

アルビアーノ、エイシンブルズアイ、ビッグアーサー、ブラヴィッシモ、レッツゴードンキ

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 23:29:26 | トラックバック(0) | コメント(0)