FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2016年高松宮記念の前哨戦を簡易回顧
今日の朝9時に枠順が発表された高松宮記念。改めて出走馬を見ていくと、ディープインパクト産駒とサクラバクシンオー産駒がそれぞれ3頭ずつ参戦しており、両者の産駒で出走馬の3分の1を占める形になりましたが、今回のこの記事では、スプリンターズSの後に行われた古馬混合の芝1600m未満の重賞を簡単に振り返っておこうと思います。

※京阪杯

1着・サトノルパン(父ディープインパクト)

2着・ビッグアーサー(父サクラバクシンオー)

3着・アースソニック(父クロフネ)

ラップタイム・12.5 - 10.7 - 10.8 - 10.9 - 11.2 - 11.3

スプリンターズS後最初の芝1200m重賞である京阪杯。ジャパンC当日に行われたにも関わらず、このレースには武豊騎手が参加していましたが、最初の1ハロン以外全て11秒5を切る高速ラップを刻む中で、上位2頭だけが1分8秒を切る決着を演出し、内の4番手を進んできたサトノルパンが、サトノルパンより一つ後ろのグループから進んできたビッグアーサーの猛追をアタマ差凌いで勝利しました。今回の走破時計である1分7秒4は芝1200m戦となった2006年以降では最速の決着であり、レース全体の上がり3ハロンは今回の3着馬であるアースソニックが勝利した2013年と同じものでしたが、失速度合という部分ではこちらの方が少なめに抑えられており、この時のサトノルパンはロードカナロア不在となった2014年以降の芝1200m重賞としては最高のパフォーマンスを披露したようにも見受けられます。

※阪神C

1着・ロサギガンティア(父フジキセキ)

2着・ダンスディレクター(父アルデバラン)

3着・ビッグアーサー(父サクラバクシンオー)

ラップタイム・12.5 - 11.1 - 11.2 - 11.8 - 11.3 - 11.7 - 11.8

関西最後の重賞レースでありながら、第4回以降全て美浦所属馬が勝利している阪神芝1400mのG2戦・阪神C。この時も美浦・藤沢和雄厩舎所属のロサギガンティアが2年前のスプリングS以来となる重賞制覇を果たしましたが、フジキセキ産駒の短距離牡馬というと、2009年、2010年に阪神Cの連覇を果たし、高松宮記念も2010年、2011年と連覇を果たしたキンシャサノキセキがおり、ロサギガンティアもスプリンターとしての資質は高いように思われます。これは、2着のダンスディレクターが後にシルクロードSを勝ったことや3着のビッグアーサーがシルクロードS前まで芝1200m戦においては連対率100%だったことからも垣間見られるところですが、残念ながらロサギガンティアにはスプリント路線参戦の予定はないようで、この辺りもスプリント路線の才能の枯渇を感じたりもしています。

※シルクロードS

1着・ダンスディレクター(父アルデバラン)

2着・ローレルベローチェ(父サクラバクシンオー)

3着・ワキノブレイブ(父マイネルラヴ)

ラップタイム・12.0 - 10.9 - 10.8 - 11.1 - 11.4 - 11.7

レース前日までの天候不順から回復基調の中で行われた年内最初の芝1200m重賞・シルクロードS。この時は内側を通る馬以外の結果が不調に終わり、1番人気に推されたビッグアーサーも大外16番枠からのスタートとなったことでその煽りを受ける形になりましたが、勝ったダンスディレクターは1枠1番という枠の利を生かしつつも、出走馬の中で唯一1分8秒切りを達成しました。もっとも、そんなダンスディレクターが直前で回避となってしまい、今年のシルクロードSからの参戦組としては2着のローレルベローチェが最先着馬としての出走となりましたが、ローレルベローチェはこの時のシルクロードSを含めてここ4戦続けてハナに立っているものの、前半600mのラップタイムが33秒5を切ったことが一度もなく、スプリント戦の逃げ馬としてはまだまだ貧弱な存在であるように見受けられます。

※阪急杯

1着・ミッキーアイル(父ディープインパクト)

2着・オメガヴェンデッタ(父ゼンノロブロイ)

3着・ブラヴィッシモ(父Fastnet Rock)

ラップタイム・12.1 - 10.5 - 11.2 - 11.4 - 11.2 - 11.4 - 12.1

一昨年のNHKマイルC優勝馬ミッキーアイルが同年スワンS以来となる約1年5か月ぶりの勝利を収めた今年の阪急杯。昨年の番手に控える形とは異なり、スタートからダッシュを効かせてそのまま逃げ切るという、3歳時に見せた連勝スタイルを採用する形で勝利をモノにしましたが、今回の走破時計である1分19秒9は、サクラバクシンオーが1994年のスワンSを制した時と同じ時計で、上がり3ハロンではミッキーアイルの方が速い時計をマークしています。また、阪神芝1400mとして開催された阪急杯のレースレコードという点では、2011年にサンカルロが叩き出した1分20秒1をコンマ2秒塗り替える形になりましたが、21世紀の芝1400m重賞において勝ち時計が1分20秒0を割ってきたのは5回あり、その時の優勝馬5頭のうち4頭が次走着外、1頭が現役引退となっていることから、この時のミッキーアイルの勝利は今後に対して悲観的な色合いの方が濃いです。

※オーシャンS

1着・エイシンブルズアイ(父Belgravia)

2着・ハクサンムーン(父アドマイヤムーン)

3着・スノードラゴン(父アドマイヤコジーン)

ラップタイム・11.6 - 10.3 - 10.8 - 11.3 - 11.4 - 12.1

秋のスプリントG1・スプリンターズSと同じ中山芝1200m戦として行われたオーシャンSですが、このレースの翌日に開催された弥生賞と同様に、今回は重賞として開催された2006年以降では最も速い時計で決着がつきました。これは、かつてロードカナロアにも先着したことがあるハクサンムーンが、昨年のスプリンターズSと打って変わって前半から躊躇いなく飛び出していけたことが大きかったのではないかと見ていますが、上位3頭のうちハクサンムーン以外の2頭が中団より後ろからの競馬をしており、ハクサンムーンの健在ぶりをアピールするレースになったと見ています。

その上で、今回勝利を収めたエイシンブルズアイは、過去に芝1800m重賞の毎日杯でマイネルフロストとハナ差の2着に入った実績のある馬で、このオーシャンSに関しても、芝1600mのオープン特別である洛陽Sで2着に入ってからの参戦でした。重賞となった2006年以降のオーシャンSにおいて、芝1600m超の連対実績を持っていた優勝馬は第1回のネイティヴハート以外誰もおらず、そのネイティヴハート自身も芝1600mを超える距離で連対実績があるのは地方競馬で唯一芝コースが存在する盛岡競馬場でのものなので、中央競馬の芝1600mを超える距離で連対実績がある優勝馬というと今回のエイシンブルズアイが初めてとなります。

一方で、オーシャンS優勝前に芝1600mの優勝実績があった馬は、過去にはアーバニティ、キンシャサノキセキ、サクラゴスペルと3頭おり、いずれも後に芝1200mのG1で1回は3着以内入線の実績を積むことができているので、デビューから3戦目までに芝1600m戦を2勝しているエイシンブルズアイは今年のスプリントG1はもとより、来年以降のスプリントG1においても常に警戒すべき存在になったと言えます。

スポンサーサイト



テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 23:28:12 | トラックバック(0) | コメント(0)