FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

2016年・十九の予想 「第52回七夕賞」(アルバートドックVSダコール)
2013年より、夏の福島の開催が下半期頭に変わったことを受けてか、時計の出方が大きく変わってきているサマー2000シリーズ初戦の七夕賞。当然ながら、好走馬に見られる傾向もそれ相応なものになっています。

◇第52回七夕賞のキーデータ

1・3年連続優勝馬輩出中の”5月の京都芝で優勝経験を持つ馬”

2・3年連続2着馬輩出中の”京都芝2400m以上の準オープン以上で優勝経験を持つ馬”

3・福島開催では5回連続連対馬輩出中の”前走重賞で二桁着順だった馬”

ラジオNIKKEI賞以上に短期間のデータで好走馬の傾向を引っ張り出すことになった七夕賞ですが、そういったことも配慮し、連対馬までのデータを取り上げていくことにしました。その上で、キーデータの1に該当しているのはマイネルラクリマ、メイショウナルトといった過去の七夕賞優勝馬以外にアルバートドック、ダコールの2頭となっています。また、キーデータの2に関しては昨年の2着馬であるステラウインドの他にはダコールとメイショウカンパクの2頭なっていますが、3年連続優勝馬を輩出しているデータと2着馬を輩出しているデータを併せ持つダコールは連対候補として有力視したくなるところです。

ただ、今回引っ張り出してきたデータの中で、福島開催最終週時も含めて好走馬を輩出してきた唯一のデータであるキーデータの3に関しては、キーデータの1に該当しているマイネルラクリマや、キーデータの2に該当しているステラウインド、メイショウカンパクの他に4頭いるものの、ここにはダコールが該当していません。そのダコールは過去2回七夕賞を走っていますが、いずれも掲示板には入ってきているものの、人気よりも下の着順に終わっているので、そういった観点からではダコールの取り扱いに難しさを覚えます。



◎・アルバートドック(◇1)

キルトクール・ダコール(◇1、◇2)



その上で、今回の七夕賞では本命もキルトクールもディープインパクト産駒としましたが、本命に推したアルバートドックは、七夕賞が夏の福島開催の最終週に組まれていた最後の年である2012年にアスカクリチャンで勝利したことがある須貝尚介厩舎所属馬ということで評価を高めました。4歳馬の勝利は1999年のサンデーセイラを最後に16年間途切れていますが、今年のように安田記念を終えた段階で中央競馬のG1を2勝以上していた4歳馬が3頭以上いた年は、NHKマイルCと秋華賞が始まった1996年の3歳馬が4歳になった1997年以降で見ると、1998年、1999年、2002年、2006年、2011年と5回あり、1998年以外の4回は4歳馬が3着以内入線を果たしていることから、今年の七夕賞において最も信頼できる馬として本命に推すことにしました。

また、アルバートドックの相手候補に据えるのは、メイショウカンパクとシャイニープリンスの2頭です。メイショウカンパクは4年前にG2の京都大賞典を勝利しながら、その後19戦連続して6着以下と全くいいところがありませんが、この連敗の中で最も良い着順となったのが、七夕賞と福島芝2000mハンデ重賞である昨年の福島記念で、コース適性に対する不安はありません。また、七夕賞は基本的に関東所属の騎手の活躍が目立つレースですが、今回コンビを組む江田照男騎手は単勝10番人気以下の不人気馬による重賞勝ちが7回ある騎手であり、そういったことも加味して勝負してみようと思います。もう一頭の高評価馬であるシャイニープリンスはキーデータの該当馬ではありませんが、2走前に今回と同じコースのオープン特別で2着馬に0秒5差をつける圧勝劇を見せており、3年前の優勝馬であるマイネルラクリマに近しいキャリアを踏んでいることが好材料です。

そして、夏の福島の開催日程が現行のものとなった2013年以降のデータから最有力候補と言っても良いダコールを今回のレースにおけるキルトクールとしました。理由としては先に触れた過去2回の七夕賞の実績ということもありますが、4年前の夏にオープン入りを果たしてからというもの、前走と同等以上の格のレースを使って着順を上げたケースはわずかに2回しかなく、その2回にしても上げた着順一つだけなので、今回の七夕賞における連対馬とならないと判断してキルトクールに据えることにしました。



単勝

アルバートドック

メイショウカンパク

複勝

メイショウカンパク

ワイド(ながし)

(軸)アルバートドック

(相手)メイショウカンパク、シャイニープリンス

☆勝負のワンツースリー

アルバートドック→メイショウカンパク→シャイニープリンス

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2016年のレース予想 | 21:56:13 | トラックバック(0) | コメント(0)