FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

鮮烈 第52回新潟記念回顧
サマー2000シリーズ最終戦の新潟記念は、2014年と同じようにディープインパクト産駒によるワンツーフィニッシュが決まりましたが、上位人気2頭によるワンツーフィニッシュは2002年以来の決着となりました。

1着・アデイインザライフ(父ディープインパクト)

2着・アルバートドック(父ディープインパクト)

3着・ロンギングダンサー(父シンボリクリスエス)

(予想記事・2016年・二十四の予想 「第52回新潟記念」(ダコールVSアルバートドック)

ラップタイム・12.8 - 11.0 - 11.2 - 11.4 - 12.1 - 12.0 - 11.9 - 11.7 - 11.5 - 11.9

さて、冒頭でも触れたように、今年はディープインパクト産駒による新潟記念制覇が果たされましたが、サマー2000シリーズ年間3勝は2014年と同じ記録であり、サマー2000シリーズにおけるディープインパクト産駒の存在感は増していく一方です。

その上で、今回勝利を収めたアデイインザライフは、横山典弘騎手のJRAの全10競馬場の重賞制覇に貢献することになりましたが、今回のレースも含めて3戦続けて芝2000m戦を使って勝ち続けており、芝2000m適性に特化していることが窺えます。アデイインザライフの母父はスプリンターズS連覇のサクラバクシンオーで、配合的に今年の天皇賞【春】を制したキタサンブラックに近いところがありますが、こちらはキタサンブラック以上に母方にノーザンダンサー系の血が密集しており、アデイインザライフの距離適性に関してはその辺りの影響もあるように感じられます。アデイインザライフのサマー2000シリーズの参戦は今回の新潟記念のみで、残念ながらシリーズ制覇は果たせませんでしたが、今回の走りを見る限りでは、天皇賞【秋】においても存在感を存分に見せつけてきそうな雰囲気があり、狙い目に考えておきたい一頭になりました。

◎・ダコール(16着)

今回のレースにおいてディープインパクト産駒は5頭出走していましたが、ディープインパクト産駒の出走馬の中で唯一サマー2000シリーズ3戦目となったこの馬の体重変動が最も大きなものとなっていました。レースではスタートを遅れ気味に出していきながら、内側のスペースの空き方や後方馬群の緩やかな流れを突いて3コーナーで2番手まで上がってきていましたが、直線に入ってからは息が上がってしまい、為す術なく敗北。元々、七夕賞の好走が新潟記念において足枷になるところがあったとは言え、この落差に関しては年齢的なものも大きかったように思われますが、この馬自身の今後に関してはリフレッシュできた時に改めて考えておこうという評価にとどめておきます。

キルトクール・アルバートドック(2着・(/´△`\) ナンテコッタイドンガバチョ!)

サマー2000シリーズ3戦目で大きく失速したダコールとは対照的に、七夕賞勝利からの直行で参戦してきたアルバートドックは、七夕賞よりもさらに体重を4kg増やして挑み、アデイインザライフの4分の3馬身後ろの2着に入ってきました。勝ったアデイインザライフと共に今が成長期と言わんばかりの走りを見せつけてきましたが、勝ったアデイインザライフと3着のロンギングダンサーは今回が下半期初戦となっており、上がり目を残していた馬たちによる上位争いといった趣のある決着となりました。

なお、今回2着に入ったアルバートドックがサマー2000シリーズの優勝馬となりましたが、新潟記念で敗北を喫しながらサマー2000シリーズの優勝馬となったのは過去に2頭おり、かたやG1で2着、かたや重賞を3勝と更なる出世を果たしていきました。また、七夕賞の勝ち馬で同じ年の新潟記念においても3着以内に入ってきた唯一の存在であるアスカクリチャンは新潟記念3着の翌年にアルゼンチン共和国杯を制していますが、現在のアルバートドックはアスカクリチャンと同じ須貝尚介厩舎所属馬であることから、そういった部分を鑑みても、G1好走のチャンスが少なからずあるように見受けられます。(複勝210円)

スポンサーサイト



テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 17:14:41 | トラックバック(0) | コメント(0)