FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

光陰 第34回ローズS回顧
先週は東西でトライアル重賞が組まれていた中央競馬ですが、秋華賞トライアルの最終戦であるローズSは、チューリップ賞と桜花賞において入れ替わりでワンツーフィニッシュを決めていたシンハライトとジュエラーの対決が大きな注目を集めていました。しかし、その結果はオークスも制して順風満帆のシンハライトと桜花賞制覇後に骨折したジュエラーとの差が明確に表れたレースになりました。

1着・シンハライト(父ディープインパクト)

2着・クロコスミア(父ステイゴールド)

3着・カイザーバル(父エンパイアメーカー)

ラップタイム・12.6 - 11.2 - 11.6 - 12.0 - 12.5 - 12.2 - 11.7 - 10.9 - 12.0

レース当日に降ったり止んだりを繰り返しながらも良馬場で開催されたセントライト記念とは対照的に、土曜日の開催終了後からかなりの降雨に見舞われて重馬場で開催されることになった今年のローズS。2歳時に2戦続けてG3で3着に入ったこともあったクロコスミアがテン乗りの岩田康誠騎手を背にハナに立ち、その直後に桜花賞3着のアットザシーサイドがついていく形になりました。そういった展開の中で、桜花賞馬のジュエラーがかかり気味に先行グループにとりついていったのに対し、オークス馬のシンハライトは中団より後ろ側に位置しながらも外に持ち出していつでもスパート可能といったレース運びを行っていました。

直線に入ってからもクロコスミアの脚色が鈍ることはなく、クロコスミアと同じようにインで脚を溜めていたカイザーバルが脚を伸ばす中でジュエラーは馬群に呑まれ失速。外に出していたシンハライトも内側で競馬をしていた2頭との差がなかなか詰まっていかない感じで走っていましたが、ラスト100mのところで内で先に仕掛けていた2頭の脚色に陰りが見られ始め、その間隙を突く形で脚を伸ばした結果、逃げ切り目前クロコスミアとハナ差の争いに持ち込み、辛くも勝利を収めました。

今回のシンハライトの勝利により、ローズSにおけるオークス馬の連対が3年連続となりましたが、ジェンティルドンナが勝利した2012年以降では4回目の記録であり、阪神芝1800m戦と東京芝2400m戦の関係性が深まるばかりの結果となりました。一方で、桜花賞馬によるローズSの成績は現行条件となった2007年以降で(2-0-1-4)となりましたが、牝馬三冠を果たすことになったジェンティルドンナとアパパネの成績を除くと(1-0-1-3)と芳しくなく、過去2回着外に沈んでいたのは芝1600m超のオープンで優勝実績がなかった馬たちでした。この点から考えれば、今回のキャリア2勝目が桜花賞だったジュエラーの凡走は必然的なものだったと言えますが、今回の結果を受けてシンハライトとジュエラーの明暗はくっきり分かれることになり、秋華賞においてはシンハライトの相手探しとして”ジュエラー以外の誰か”を見つけることが肝要となりそうです。

スポンサーサイト



テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 12:01:53 | トラックバック(0) | コメント(0)