FC2ブログ
 
■プロフィール

まつり駿楽

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社。fc2小説ページの他、2019年11月2日より「駿楽牧場」にて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

http://shunraku-bokujou.ldblog.jp/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

第50回スプリンターズSの”三本柱”
ディープインパクトが凱旋門賞に参戦した2006年以降、日本の競馬ファンにとってはカレンダーによって毎日王冠や京都大賞典と同様に凱旋門賞の前座といった趣を持ち始めたG1・スプリンターズS。昨年のスプリンターズSを制し、その後に現役続行してヴィクトリアマイルの連覇を達成したストレイトガールが引退したことにより、今年のレースは役者が揃っていない雰囲気も少し感じていたりしますが、どんなデータに該当していれば優位に立てるかを、この記事でまとめていこうと思います。

(展望記事・第49回スプリンターズの”三本柱”

1・トップスプリンターの領域に踏み込んでいる者

新潟開催となった2014年、及び中山開催に戻ってきた昨年のレースでは勝ちタイムが1分8秒0を超える低速決着を見ているスプリンターズSですが、直近5年間の3着以内入線馬の中には、”芝1200m戦を勝ってきた競馬場が3つ以上ある”、もしくは”同じ競馬場の芝1200m戦で3勝以上している”のいずれかに該当していた馬が必ず1頭はいました。

2・もう一つの領域に踏み込んだ者

9年前のスプリンターズSにおいて芝1400m重賞を2勝していたアストンマーチャンが逃げ切ってからというもの、短距離G1における芝1400m戦の重要度が増しているところがありますが、このスプリンターズSにおいて”芝1400mのオープンクラスの勝利が絡んだ連勝記録を持つ馬”による3着以内入線が7年続いています。

3・これからトップスプリンターの領域に踏み込む者

2012年、2013年と連覇を達成したロードカナロアを筆頭にリピーターレースとしての色彩も強いスプリンターズSですが、中山開催として行われた直近4回の3着馬を見ていくと、いずれも”年内の連勝記録を持つ、G1未出走馬”となっていました。

☆昨年の上位3頭

1着・ストレイトガール(1に該当)

2着・サクラゴスペル(1、2に該当)

3着・ウキヨノカゼ(3に該当)

昨年はレース史上初の”前半3ハロンより後半3ハロンの方が速いレース”となったスプリンターズS。このレースの結果を受けた当初は、東京芝の重賞勝ちがあったことが武器となったという趣旨の話を回顧記事に盛り込みましたが、スプリンターズSの後に行われた二つのG1においても東京芝の重賞勝ちがあった馬が勝利を収めており、一時期ほど中山競馬場で求められる資質が東京と異なるものではなくなった趣があります。今回の登録馬の中で東京芝の重賞勝ちがあるのは、サクラゴスペルとミッキーアイルの2頭だけで、両者共にビッグアーサーとの直接対決で敗れていることから、少々信用できないところがありますが、もう一つ重要なのが1着と3着に入ってきた牝馬2頭はいずれも芝1200m重賞を含めた芝1200m戦の連勝実績があり、そこを重視すれば、高松宮記念、セントウルSと連勝中のビッグアーサーはもとより、キーンランドCで重賞2勝目をマークしたブランボヌールの浮上を考えておきたいところです。

☆今年の登録馬とデータマッチ

※1に該当

・芝1200m戦を勝ってきた競馬場が3つ以上ある馬

ティーハーフ、ネロ、ビッグアーサー

(除外)ワキノブレイブ

・同じ競馬場の芝1200m戦で3勝以上している馬

サクラゴスペル、ティーハーフ、ビッグアーサー

(除外)ラヴァーズポイント

※2に該当

・芝1400mのオープンクラスの勝利が絡んだ連勝記録を持つ馬

ウリウリ、サクラゴスペル

(除外)なし

※3に該当

・年内の連勝記録を持つ、G1未出走馬

レッドファルクス

(除外)ナックビーナス

※該当なし

サトノルパン、シュウジ、スノードラゴン、ソルヴェイグ、ダンスディレクター、ブランボヌール、ベルカント、ミッキーアイル、レッツゴードンキ、レッドアリオン

(除外)アクティブミノル

スポンサーサイト



テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

レース展望 | 06:53:23 | トラックバック(0) | コメント(0)