■プロフィール

Author:まつり駿楽
血統、ベストパフォーマンス、実績の関係性を重視した競馬予想とクラシックの展望などをしています。2012年2月3日よりキルトクール株式会社の神官として入社し、twitterやmixiを密かに更新中。fc2小説ページにて執筆活動も展開しています。

http://twitter.com/MATSURIshunraku

http://mixi.jp/show_profile.pl?id=10577262

http://novel.fc2.com/user/7234617/

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック
■月別アーカイブ
■カテゴリ
■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

高松宮記念以外の三重賞回顧
高松宮記念の開催があった先日の日本競馬は高松宮記念を含めて4つの重賞が行われました。このところ、競馬に対する情熱や勘みたいなものに陰りが見られなくもなかったりしますが、そのリハビリも兼ねながら高松宮記念以外の三重賞を簡単に振り返っておこうと思います。

※第64回毎日杯

1着・アルアイン(父ディープインパクト)

2着・サトノアーサー(父ディープインパクト)

3着・キセキ(父ルーラーシップ)

ラップタイム・12.5 - 11.1 - 11.6 - 12.2 - 12.7 - 12.0 - 11.1 - 11.3 - 12.0

現行の芝1800m戦となってからは史上初、それ以前のものを含めても13年ぶりに出走頭数が10頭を割った今年の毎日杯。結果としては、池江泰寿厩舎所属のディープインパクト産駒によるワンツーフィニッシュとなりましたが、前走シンザン記念で6着に敗れたアルアインが、前走きさらぎ賞2着のサトノアーサーの追撃を半馬身差振り切って勝利を収めました。勝ちタイムは3年ぶりに1分46秒台となりましたが、過去に1分46秒台で毎日杯を勝ったキズナとマイネルフロストは、いずれも日本ダービーで3着以内を確保しており、この時点で今年の日本ダービーにおける好走馬の1頭を見つけられたような気がしています。

※第65回日経賞

1着・シャケトラ(父マンハッタンカフェ)

2着・ミライヘノツバサ(父ドリームジャーニー)

3着・アドマイヤデウス(父アドマイヤドン)

ラップタイム・6.9 - 11.4 - 12.3 - 12.3 - 12.2 - 12.9 - 12.5 - 12.2 - 12.0 - 11.9 - 11.8 - 11.8 - 12.6

昨年の皐月賞馬ディーマジェスティ、一昨年の有馬記念優勝馬ゴールドアクターを筆頭に、レース史上初となるフルゲート16頭立てのレースとなった今年の日経賞。勝ったシャケトラはキャリア6戦目にして初めての重賞勝ちを決め、天皇賞【春】への優先出走権を獲得しましたが、4歳馬によるワンツーフィニッシュはフェノーメノが勝利した2013年以来となります。フェノーメノは日経賞に続いて天皇賞【春】も制していきましたが、シャケトラも父が天皇賞【春】優勝馬であることから、好走の可能性は大いにあると見ています。

※第24回マーチS

1着・インカンテーション(父シニスターミニスター)

2着・ディアデルレイ(父キングカメハメハ)

3着・アルタイル(父カネヒキリ)

ラップタイム・12.7 - 11.7 - 12.2 - 12.1 - 12.0 - 12.7 - 12.3 - 12.5 - 13.8

高松宮記念の10分前に発送時刻を迎えていた中山ダート1800mのハンデ重賞・マーチS。今年の川崎記念で3着に入ったコスモカナディアンが1番人気に推されていましたが、57.5kgの斤量を背負っていたインカンテーションが、3番手からの抜け出しを図って、2015年5月の平安S以来となる勝利を収めました。1着から13着まで1秒0以内の差に収まっており、ハンデキャッパーのいぶし銀的な仕事っぷりも冴えていましたが、インカンテーション自身のキャリアから言えば、オープン入りを果たしてから初めて直線で上り坂のあるコースで勝利を収めたということで、7歳馬ながら新境地に達したという趣があります。もっとも、マーチSの優勝馬が更なる重賞制覇を果たした例は、中山開催で限った話をすれば2009年のエスポワールシチーまで遡らねばならず、今回の勝利が最後の花道となる可能性も捨てきれません。

スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 07:04:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
【5着VS15着】 第47回高松宮記念回顧
昨年に続き、前走シルクロードS出走の重賞未勝利馬が勝利を収めた高松宮記念。スプリント界における新陳代謝の激しさをまざまざと見せつけられる格好となりましたが、その中身について簡単に振り返っておこうと思います。

1着・セイウンコウセイ(父アドマイヤムーン)

2着・レッツゴードンキ(父キングカメハメハ)

3着・レッドファルクス(父スウェプトオーヴァボード)

(予想記事・2017年・四の予想 「第47回高松宮記念」(フィエロVSシュウジ)

ラップタイム・12.3 - 10.3 - 11.2 - 11.4 - 11.3 - 12.2

終日雨がぱらついていた中京競馬場でしたが、やや重の中で開催された今回の高松宮記念における前半600mは、中京競馬場リニューアル後の2012年以降では2番目に速い立ち上がりとなりました。この先行争いを演出したのが、ラインスピリットやシュウジ、あるいはトウショウピストといった面々でしたが、勝ったセイウンコウセイはシュウジの背後についていき、最後の直線ではシュウジを外から交わして先頭に立っていきました。2着馬、3着馬が荒れた内ラチ沿いの馬場を選択したのに対し、勝ったセイウンコウセイは馬場の3分どころから脚を伸ばしており、そこが末脚を伸ばすのに理想的なコース取りだったと言えますが、上位5頭がいずれも4枠から内側のスタートだったことを鑑みるに、基本的には内側の前目で立ち回ってきた馬たちが優位に立てるレースであったように思われます。

◎・フィエロ(5着)

勝ったセイウンコウセイが6番枠、2着のレッツゴードンキが3番枠からのスタートとなったのに対し、フィエロは2番枠からのスタートとなりましたが、出足が芳しくなく、後方からの競馬を余儀なくされました。上がり3ハロンでは2着のレッツゴードンキに次ぐ速い脚を披露しましたが、前半のロスを補うには至らず、5着に入るのがやっとといった感じ。それでも、上位5頭の中では最も立ち回りに苦労した馬であり、今後芝1200m戦線を主戦とするならば、重賞制覇のチャンスはあるように思われます。

キルトクール・シュウジ(15着)

スタートから積極果敢にハナを取りにいったシュウジでしたが、最後の直線を迎える頃には手応えをなくしてしまいました。今回のセイウンコウセイのレースぶりは、昨年のレースを制したビッグアーサーとほぼ同じ形であり、高松宮記念における勝ちパターンを見せつけられた印象もありますが、同時にシュウジのだらしなさも垣間見られたレースであり、今年のサマースプリントシリーズ以降の立ち回りで真価が問われそうな雰囲気があります。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース) | 16:35:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
2017年・四の予想 「第47回高松宮記念」(フィエロVSシュウジ)
今週は国内外でビッグレースが行われる開催週となりましたが、国内G1に関してはフェブラリーS以来の一戦となる高松宮記念の開催があります。今回の予想記事に関してはG1以外の時とほぼ同じようなスタイルで書かせてもらうことにしましたが、昨年の上位5頭が全て不在となり、新興勢力同士の戦いといった趣も持つ今年の高松宮記念において突出した評価を得るのは、果たしてどのようなデータを持つ馬になるでしょうか。

(昨年の展望記事・第46回高松宮記念の”三本柱”

(昨年の予想記事・2016年・七の予想 「第46回高松宮記念」 (レッツゴードンキVSビッグアーサー)

◇第47回高松宮記念のキーデータ【優勝馬は日本馬のみ】

1・2012年以降のレースで勝利した日本馬全てに該当していた「”芝1600m以下のレースにおいて同一距離の連戦連勝実績”を有している馬」

(優勝馬…4頭)

【該当馬】クリスマス、ティーハーフ、トウショウピスト、ナックビーナス、フィエロ、メラグラーナ、ラインスピリット、レッドアリオン、レッドファルクス、ワンインナムーン

2・2012年以降のレースで必ず3着以内入線馬を輩出していた「国内における近2走の実績が”1連対、1着外”となっている馬」

(優勝馬…2頭)

【該当馬】シュウジ、トーキングドラム、ナックビーナス、ヒルノデイバロー

3・2012年以降のレースで複数回3着以内入線実績を得ることになったロードカナロア、ハクサンムーン、ミッキーアイルに共通したデータである「10月、11月の京都芝1400m以下のオープンクラスにおける優勝実績の保持」

(優勝馬…3頭)

【該当馬】ラインスピリット



今回のレースを予想するにあたって考えていたのは、全くの良馬場であるならば、持ち時計を最優先にしながら予想を組み立てようかという部分でした。残念ながら、既に馬場は悪化しているようで、昨年のような1分6秒台の決着を見るのは難しそうですが、昨年のスプリンターズS優勝馬レッドファルクスをある程度尊重しつつ、それを打ち負かすであろう出走馬はある種の”新鮮さ”を持つ馬ではないかと睨みました。



◎・フィエロ(◇1)

キルトクール・シュウジ(◇2)



今回本命に推すことにしたフィエロは1200m戦初挑戦の出走馬となります。常識的には厳しい条件のように思えますが、不良馬場で行われた2014年の勝ち馬コパノリチャードは当時が芝1200m戦初挑戦であり、その再現を狙ってみようと考えています。

相手候補にはレッドファルクスに加え、ナックビーナスとラインスピリットを推奨します。ナックビーナスはコパノリチャードと同じダイワメジャー産駒であることもさることながら、やや重の福島、高速馬場の京都とタイプの異なる芝1200m戦を連勝したキャリアを高く評価。ラインスピリットはキーデータの3に該当する今回唯一の出走馬として狙っている馬ですが、人気を落としている要因になっているであろうここ3戦の走りも決して悪いものではなく、二桁人気で二度連対実績があることからも、好走のチャンスありと見ています。

そして、キルトクールに指名したシュウジですが、キーデータの2に該当している出走馬の中では最上位の実力馬で、本命に推したフィエロと一緒になって上位争いを繰り広げる可能性がある馬ではないかと思われます。ただ、阪急杯着外から巻き返したケースは2012年以降では存在せず、調子が下降線に入ったと見做してキルトクールという判断を下すことにしました。



単勝

フィエロ

複勝

フィエロ

ナックビーナス

ラインスピリット

馬連

フィエロ-レッドファルクス

ワイド(フォーメーション)

(1頭目)フィエロ、レッドファルクス

(2頭目)ナックビーナス、ラインスピリット、レッドファルクス

三連単(フォーメーション)

(1着)フィエロ

(2着)レッドファルクス

(3着)ナックビーナス、ラインスピリット

テーマ:中央競馬(JRA)予想 - ジャンル:ギャンブル

2017年のレース予想 | 10:59:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
3月3週の四重賞回顧
先日の三連休においては全ての日に重賞が組まれていた中央競馬。そんな中、私は阪神大賞典を現地で観戦していましたが、今回の阪神大賞典は道中の駆け引きの面白さが非常に凝縮されたレースで、「長距離戦は現場で見てこそ面白さがわかる」といった感想を抱きました。この記事では、そんな阪神大賞典を含めた先週の4つの重賞を簡単に振り返っていきます。

※第31回ファルコンS

1着・コウソクストレート(父ヴィクトワールピサ)

2着・ボンセルヴィーソ(父ダイワメジャー)

3着・メイソンジュニア(父Mayson)

ラップタイム・12.0 - 10.8 - 11.2 - 11.8 - 12.1 - 11.4 - 11.8

中京芝1400m戦としての開催が6年目を迎えた今年のファルコンS。1番人気に支持されていたのは、年初のジュニアCを勝ち上がってきたナイトバナレットでしたが、中京と同じ左回り芝1400m戦を連勝した実績のある3番人気馬コウソクストレートが外からの差し切り勝ちを決めてみせました。今回は2014年に打ち立てたタガノグランパのレースレコードをコンマ1秒更新する結果となりましたが、勝ったコウソクストレートは三代母が”10冠ベビー”のメジロリベーラで、モーリスとは異なるメジロ牝系馬の活躍を見せることとなりました。

※第65回阪神大賞典

1着・サトノダイヤモンド(父ディープインパクト)

2着・シュヴァルグラン(父ハーツクライ)

3着・トーセンバジル(父ハービンジャー)

ラップタイム・12.8 - 11.8 - 11.6 - 12.7 - 12.6 - 11.5 - 11.7 - 12.5 - 12.4 - 12.3 - 12.6 - 12.3 - 11.7 - 11.8 - 12.3

冒頭でも触れたように、道中の駆け引きの面白さが非常に凝縮されたレースになった阪神大賞典。昨年の日経新春杯を最後方からの追い込みで制したレーヴミストラルが先行する構えを見せたり、前走小倉芝2600mの特別戦を人気薄で大逃げを打ってそのまま押し切ったウインスペクトルが最初のホームストレートから先頭に立って大逃げの形を作るなどして出入りの激しいレースになった結果、13秒台のラップを一度も刻まれないタフな流れが演出されました。

そんな今年の阪神大賞典は、サトノダイヤモンドの機先を制す形で終始レースを進めてきた昨年の優勝馬シュヴァルグランが最終コーナー通過後に先頭に立つシーンがありつつも、残り200mを通過してからの脚色はサトノダイヤモンドの方が上回り、最終的にはサトノダイヤモンドがレースレコードにコンマ1秒差に迫る走りを披露した上で、2着のシュヴァルグランに対して1馬身半の差をつけて勝利しました。天皇賞【春】に向けては、菊花賞、有馬記念に続く連勝ということで、回避を余儀なくされたナリタブライアンや5着に敗れたゴールドシップのことをクローズアップして不安視したいところもありますが、”待望”と言っても過言ではない”ディープインパクト産駒牡馬による八大競走・複数回勝利馬”としての初めての競走馬であるサトノダイヤモンドには、天皇賞【春】制覇を難なく果たしてしまいそうな雰囲気を感じ取っています。

※第66回スプリングS

1着・ウインブライト(父ステイゴールド)

2着・アウトライアーズ(父ヴィクトワールピサ)

3着・プラチナヴォイス(父エンパイアメーカー)

ラップタイム・12.6 - 11.7 - 12.1 - 12.2 - 11.7 - 11.8 - 12.1 - 11.8 - 12.4

ここからは日曜日と月曜日に行われた中山芝1800mの3歳重賞について触れていきますが、皐月賞トライアル最終戦であるスプリングSは前走中山芝優勝馬によるワンツーフィニッシュが決まる中で、一昨年の阪神ジュベナイルフィリーズで2着になったウインファビラスの全弟にあたるウインブライトが上がり3ハロン最速の脚を披露して勝利を収めました。仮にウインブライトが皐月賞で3着以内に入るようなことがあれば、俄然ウインブライトが2017年クラシック世代の大黒柱的存在にのし上がってくることになりそうですが、ドリームジャーニー・オルフェーヴル兄弟と同じ”ノーザンテーストクロス持ちのステイゴールド産駒”という点では期待を抱きつつ、走破時計や上がり3ハロンの時計、そして今回の体重変動等を見ていくと、すんなりと世代のリーダー的存在に収まるようには思えないところがあります。

※第31回フラワーC

1着・ファンディーナ(父ディープインパクト)

2着・シーズララバイ(父ファルブラヴ)

3着・ドロウアカード(父ダイワメジャー)

ラップタイム・12.6 - 11.9 - 12.0 - 12.3 - 12.3 - 12.3 - 12.4 - 11.2 - 11.7

月曜日の中山競馬場で行われた芝1800mの3歳牝馬限定重賞。人気順としては、今年デビューから2戦2勝の関西馬ファンディーナ、昨年末にデビューを果たし、ファンディーナと同様に2戦2勝のデアレガーロ、昨年の阪神ジュベナイルフィリーズで4着に入ったディーパワンサが続いていましたが、1番人気に支持されたファンディーナが4コーナー先頭から楽々と抜け出しを図り、2着馬に5馬身差をつけた上で、中山芝1800m開催としてのレースレコードをコンマ2秒更新して勝利を収めました。前日に行われたスプリングSとは走破時計にして0秒3差で、「牡馬クラシックに殴り込みをかけても面白い」といった趣旨の話もちらほらと見聞していますが、ファンディーナの1つ上の兄であるナムラシングンは若葉S2着から皐月賞に参戦して7着という結果を残しており、それ以上の結果を残す可能性は十二分にあると見ています。また、桜花賞に関しても6年連続連対馬輩出中のディープインパクト産駒として期待大の舞台として楽しみにしています。

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

レース回顧(予想レース以外) | 07:59:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
「特別登録・ファーストインプレッション」(2017年3月13日ver.)
3月11日に3月初更新をした当ブログですが、天皇賞【春】の前哨戦である阪神大賞典と来週行われるG1・高松宮記念について触れていく今回の記事で3日連続の更新となりました。阪神大賞典の現地観戦に向けて、競馬熱が急激に高まっている感じもあったりしますが、今回は阪神大賞典に登録してきた馬の中で今後が気になる馬と、高松宮記念で狙ってみたい伏兵的存在について語っていくことにします。

※阪神大賞典

サトノダイヤモンド

2013年のゴールドシップ以来となる前年の菊花賞と有馬記念を連勝してきた明け4歳馬。サトノダイヤモンドの父ディープインパクトも2005年の菊花賞を制した翌2006年の阪神大賞典を強風の中で勝利を収めており、菊花賞と阪神大賞典との結びつきの強さを考えれば、ここは文句なしに優勝候補筆頭格ですが、天皇賞【春】に向けてはゴールドシップしかり、オルフェーヴルしかり、あるいはマヤノトップガンしかり、ことごとく失敗の歴史を刻んでいるので、前年の優勝馬シュヴァルグラン相手にどれほどの競馬ができるのか、そしてその後の調子の変遷については要チェックといったところです。

※高松宮記念

フィエロ

昨年のスプリンターズS優勝馬レッドファルクスを筆頭に21頭の登録があった今年の高松宮記念。もっとも、予想するかどうかは現状ではあまり乗り気ではなかったりしますが、今年のレースで狙ってみようと考えているのが、マイルCSを2年連続で2着に入ってきているフィエロで、ミッキーアイルでも果たせなかったディープインパクト産駒による高松宮記念制覇を果たすのではないかと考えています。

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

「特別登録・ファーストインプレッション」 | 07:54:32 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad